プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

バルセロナからブリュッセルへ

2月12日(月)、早朝にバルセロナ(エル・プラット)空港へ。
空港バスはまだ運航していない時間なのでタクシーで向かいました。
早朝だったので道も空いていてスムーズでした。
料金は30ユーロちょっとだったと思います。
思い返しても、往復で買ってしまった空港バスのチケットが勿体なかった…


バルセロナからブリュッセル行きのチケットはイベリア航空で予約しましたが、
運航がVuelingなのでVuelingのカウンターでチェックイン。
しばらく利用しない間にずいぶん進化していて、このずらーっと並んだ近未来的な機械でチェックインするんですよ。
預け入れ荷物のタグも出てくるので自分で荷物に巻き付けます。
2018 バルセロナ エル・プラット空港



荷物もこのタッチパネルを操作して自分でベルココンベアーに流すんですが、
もう、どうやったのか忘れちゃいました。
やるのダンナ・ピットだから、ダンナ・ピットが憶えていればいいや。
2018 バルセロナ エル・プラット空港②


一応、係員がいて手助けはしてくれるんですが、
こういう方式に慣れていない人には結構ハードルが高いですよね。


飛行機は6時50分発。
この日の朝6時のブリュッセルの天気は晴れですが気温が2℃。
2018 バルセロナ エル・プラット空港⑤



いつもの光景ですが、機内持ち込み荷物の大きい人が多い。
この荷物収納の調整でいつも時間を食うんですよねぇ…。
これだけはライアンエアーぐらい厳しくやってもいいと思う!
2018 バルセロナ エル・プラット空港④



約2時間20分でブリュッセルに到着。
ブリュッセル空港からブリュッセル中央駅までは電車で移動。
2018 ブリュッセル空港駅



運賃は片道9ユーロ(約1,200円)で、だいたい20分弱の乗車です。
乗車券はこんな感じ。券売機で購入しました。
2018 ブリュッセル 鉄道チケット



ブリュッセルの車窓から。
2018 ブリュッセルの車窓① 2018 ブリュッセルの車窓②

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





CATEGORY:2018 バルセロナ&ベルギー
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

ランブラス通り

夕食のお店に向かう途中、パレードに出くわしました。
子供がたくさんロバ山車の後をついて回っていました。
なんか、ゴミ箱が写った画像でナンですが…
2018 サンタ・エウラリア祭①


前日から何かお祭りのような雰囲気があって、時期的にカーニバルかなと思っていましたが、“サンタ・エウラリア祭”というバルセロナの準守護聖人のお祭りだったようです。

今さら気が付いたんですが、バルセロナの大聖堂の名前は
“サンタ・エウラリア大聖堂”でした。
聖エウラリアの遺体はこの大聖堂の地下に安置されているそうです。

今年は2月9日から12日までの開催。
聖女エウラリアは13歳で殉教したので、お祭りでは主に子供向けのイベントが多いようですよ。

この日の午前中、市庁舎前の広場で“人間の塔”も披露されたみたいですが、
お祭り自体を知らなかったので見られるはずもなく…。
でも、きっとすごい人出で、行っても見られたかどうか分かりませんね。


ロバの山車がサンジュセップ市場の横の建物前に集結。
ひとしきり音楽に合わせてダンスを披露。
このダンスでこの日のイベントが終了だったようです。
動画がちょっと暗くて残念ですが…
(※音が出ます。音量注意)




夕食の後、ホテルに戻る道すがら通った“ランブラス通り”
去年の8月にこの通りでテロがありましたが、とてもそんな事があったとは思えないほど以前と変わらない様子でした。
2018 ランブラス通り



こちらは同じ日の昼間に撮った“カタルーニャ広場”
ランブラス通りの一方の起点です。
去年の10月、カタルーニャ独立を巡り大勢の人が集まった場所です。
独立派の人達でしょうかね、広場の一角に旗を立てたりテントを張ったりしている集団を見受けました。
2018 カタルーニャ広場

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





CATEGORY:2018 バルセロナ&ベルギー
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

『マリスコ(MariscCo)』

旅行記の続きです。

昨期から早い時間の試合開始が増えてきたリーガ。
今回観たヘタフェ戦が終わったのがだいたい18時過ぎ。
いつも試合終了が遅くて食べ損ねていた夕食ですが、
今回はレストランへ出かけていく余裕がありました。

しかし、この日は日曜日。
ランチは営業していても夜はお休みするレストランも少なくありません。
夜も営業しているお店は観光客相手のお店が多い中心部に多いですが、
冒険して失敗するより安全策を取って、何度か行って味も知っている
レイアール広場の『マリスコ(MariscCo)』にしました。
ダリと所縁のある建物のお店で、一日通しで営業しています。
2018 MariscCo⑩

2018 MariscCo① 2018 MariscCo②
『マリスコ(MariscCo)』
Plaça Reial, 8, 08002 Barcelona, Spain <MAP>
月-日 10:00-01:00




まずはビール。
以前はジョッキだったんですがグラスに変わりましたね。
2018 MariscCo⑥



ヨーロッパを旅行していると生野菜が食べたくなります。
でも、もうこれでお腹が半分ぐらい膨れる量。
2018 MariscCo⑤



我家のイカ不足は深刻😅
2018 MariscCo④



冬の風物詩マテ貝のソテー
2018 MariscCo③



いつもはイカ墨のパエリアですが、今回はフィデウアにしてみました。
う~ん、味が薄くてイマイチ。アイオリソースも付かなかったし。
やっぱりここではイカ墨を食べるべきでしたね。
2018 MariscCo⑧

2018 MariscCo⑦



最後にコーヒーを飲んでお終い。
2018 MariscCo⑨


上記のメニューに白のグラスワインを足して
78.32ユーロ(約10,000円)でした。

ここと、お隣のラス・キンザ・ニッツは日曜の夜も開いている貴重なお店です。
どちらもガイドブックに載っている観光客多めのお店ですが、比較的美味しくて満足できるお店だと思います。
ま、今回のフィデウアはハズしちゃいましたけど(笑)。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





CATEGORY:2018 バルセロナ&ベルギー
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

『FCバルセロナ メガストア』

2月11日は日曜日だったので、バルセロナ市内にあるバルサのオフィシャル
ショップは閉まっていました。

仕方がないので試合前にメガストアで買い物をすることにしました。
2018 カンプノウ③
『カンプ・ノウ』



入店前に手の甲にスタンプを押されました。
いつからこんなシステムが?
ここ何年かはメガストアで買い物をしていないので分かりません。
このスタンプ、結構強力で1~2日はうっすら残っていましたよ。
2018 FCBメガストア①


店内のレイアウトはそんなに変わっていませんでしたが、
ちょくちょくマイナーチェンジはあります。
今回のレジ担当者はとっても手際が良くてスムーズでした。

ここはレプリカユニフォームにネームを入れるためのブース。
希望の選手のユニが無い時は、ネームの無いユニをレジに持って行くと
お会計の後に希望のネームと番号を入れてくれます。
ネーム代は別料金で、文字数によって値段が変わります。
レジからネーム入れ、受け渡しまでは流れ作業。
プリントが終わったユニはネーム入れブース横のカウンタで受け取ります。
2018 FCBメガストア②


メガストアのネーム入れは、レジでちゃんと伝票を添付するので
間違いは少ないでしょう。
以前、カタルーニャ広場近くのショップでネーム入れてもらった時は、
口頭でのやり取りだったから間違えられましたもん。


今回買ったレプリカユニフォームはCOUTINHO(コウチーニョ)。
ワンともは久しぶりにマフラーも買いました。
2017-2018 FCBレプリカユニ①



今期から胸スポンサーは“Rakuten”… 漢字じゃなくて良かった。
スポンサー料金は年間65億円ですって。
そんなに儲かってるんだ、楽天って。
2017-2018 FCBレプリカユニ②



そして、10ユーロで当日の日付と対戦カードのプリントを入れてもらいました。
このサービスが毎試合なのか、この試合だけだったのか、試合当日に購入した場合だけなのかも分かりません。
もし気になる場合はレジスタッフに聞いてみてください。
2017-2018 FCBレプリカユニ③


この後、試合観戦でしたが、結果は0-0の引き分けでした。
『ラ・リーガ 23節 FCバルセロナ ‐ヘタフェ』


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





CATEGORY:2018 バルセロナ&ベルギー
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

『カサ・アマトリェール(Casa Amatller)』

グラシア通りの一角に建つ『カサ・アマトリェール(Casa Amatller)』は、
オランダ風の切妻屋根が特徴的なモデルニスモ建築で、プーチ・イ・カダファルクの設計でリフォームされました。
画像には一部しか写っていませんが、向かって右隣りがカサ・バトリョ(ガウディ)、左隣りが王室御用達「ロエベ」が入っているカサ・リェオ・モレラ(モンタネール)と、モデルニスモ三大建築家の手掛けた建物が並んで建っています。
Faborit Casa Amatller⑫



建築主はチョコレート製造業を行っていたアマトリェール氏。
プーチが設計だけでなく内装や家具までトータルコーディネートした結果、
新築した時の金額よりリフォーム代の方が上回っていたとか。
長期の修復を終えて2015年から一般公開されています。
ここまでは無料で誰でも入れますよ。
Faborit Casa Amatller⑪



カサ・アマトリェールは1797年創業のスペイン最古のチョコレート店。
建物の一階奥にはチョコレートショップとカフェが併設されています。
ランチへ行く前に立ち寄ったら日本人(ほぼカップル)だらけでした。
Faborit Casa Amatller⑥
『Faborit Casa Amatller』
Passeig de Gràcia, 41, 08007 Barcelona, Spain <MAP>
月-金 8:00-22:00、土・日 8:30-22:00




インスタ映えするオシャレでカワイイ店内。
Faborit Casa Amatller②



スイーツがメインですが、サラダやサンドイッチなどの軽食もあるので、
甘い物が苦手な人と一緒でも大丈夫。
Faborit Casa Amatller④

Faborit Casa Amatller① Faborit Casa Amatller③



ワンとも達はホットチョコレート(XOCOLATA)をいただきました。
添えてあるパンが少し温めてあってふわっと柔らかくて美味しかったんですよ。
ちなみに生クリームもりもり(XOCOLATA +NATA)の方がダンナ・ピットです。
Faborit Casa Amatller⑤
ホットチョコレート(3.30ユーロ)、生クリームもりもり(3.90ユーロ)



帰りがけにショップでお買い物。
右下の画像の缶ケースにミュシャの絵が入ったチョコは空港でも売っています。
三代目アマトリェール氏がミュシャのパトロンだったので、
パッケージに採用されているそうです。
Faborit Casa Amatller⑧

Faborit Casa Amatller⑨ Faborit Casa Amatller⑩


これまで全くノーチェックだったカサ・アマトリェール。
それもそのはず、全面的な一般公開は2015年からだったようです。
2階部分も見学してみたいんですが見学料が14ユーロからと結構高いんですよ。
そういえば、お隣のカサ・バトリョも高くて一度も見てないなぁ…。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





CATEGORY:2018 バルセロナ&ベルギー
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行
ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY



CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: