なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP ≫ CATEGORY ≫ アメリカ
CATEGORY ≫ アメリカ

ペリコプター

ちょっと脱線…

苫小牧市科学センターのヘリコプターで思い出したんですが、
ワンとも達はヘリコプターに乗ったことがあります。

観光用のヘリコプターですけど、20年近く前にニューヨークで。

今は結構高いですけど、あの頃はそうでもなかったと思うんですよね。
なにせウチが乗るぐらいなので。

ヘリは飛行機と違って離陸も着陸もフワッと上がってフワッと降りる感じでした。

ちょうど薄暮の時間帯だったので、夕日に染まるマンハッタンが見られて良かったですよ。
1996 NewYork ヘリポート


実は待合室で順番を待っている時、ジョン・トラボルタが現れたんですよ、
「サタデー・ナイト・フィーバー 」の。
確か、ヘリでJFKまで行くような事を言っていたと思います。

トラボルタが現れた途端、さっきまで投げるようにチケットを売っていた窓口のオバちゃんが「ぎゃあああ!トラボルタよぉぉぉ!サイン、サインー!!」と小躍りしてはしゃいでいました
あまりの豹変ぶりに、こっちはドン引き

オバちゃんの反応から察するに、
予約ナシの飛び込みだったのかもしれません。

あ、トラボルタは終始にこやかで感じ良かったですよ。

この時、トラボルタを撮るか自分達を撮るかで迷ったんですよね。
なにせ、当時はフィルムカメラ。
しかも、あと1枚撮ったらフィルムが終わりそうだったので。
結局、自分達のを優先して上の写真を撮りました。

今だったら写真どころか動画も撮れますよね。



マンハッタン上空 ヘリコプター遊覧飛行ツアーの予約なら…
VELTRA


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


BELLAGIO(ベラッジオ)~Las Vegas~

昨日の『弾丸トラベラー』はラスベガスでした。
トラベラーの泊まったホテルはワンとも達が2004年に泊まったBELLAGIO(ベラッジオ)
確か以前は子供お断りの高級ホテルだったと思いましたが、着いたらロビーで子供が遊んでいました。9.11以来そんな事言ってられなくなったのかな。
画像が無くて残念ですがロビーの天井に華やかなガラスのオブジェがあります。
BELLAGIO
『ホテル外観』


ホテルの前に広がる人口の池で行われる無料のショー。
結構キレイで見ごたえがあります。
昼間もやっていますが見るならやっぱり夜。
ホテルのレストランOlivesの窓側の席からは噴水のショーを見る事が出来ますが予約が必要。
シルクド・ソレイユ『O(オー)』のシアターもここ。
BELLAGIO・噴水ショー
『噴水のショー』


ラスベガスのホテルの部屋は大概が広ですがここもご多分に漏れず広かったです。ベージュを基調にした落ち着いた高級感のあるインテリアとファブリック。
BELLAGIO・ゲストルーム
『ゲストルーム』

バスルームは車が3台は停められるほどムダに広くて、
エアコンが効きすぎていてすぐ湯冷めします。
BELLAGIO・バスルーム
『バスルーム』
とても一枚には収まりません。


ホテルの裏側は乾いた眺めが広がっていました。
BELLAGIO・View① BELLAGIO・View②
『部屋からの眺め』
画像左に写るホテルは『リオ・オールスイート・ホテル&カジノ』
画像右、ホテルの横にあるのは『シーザス・パレス』の工事View。
もう今は完成していると思います。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


HOTEL CIRCUS CIRCUS(サーカス・サーカス) in Las Vegas

初めてのラスベガスで利用したホテルはストリップのメイン辺りからはちょっと外れた所にあるCIRCUS CIRCUS(サーカス・サーカス)
家族連れが多い経済的なホテルでした。
格安ツアーのホテルだからこんなものでしょう。
当時はトラムも頻繁に走っていて移動に不自由は感じませんでした。

エントランスは夜になると電飾ギラギラで暑かった…。

部屋は別館の角部屋だったのでちょっと広めだったかも。
室内はちゃんと掃除してあって問題なし。
ラスベガスのホテルって規模が大きいから部屋までが遠くて大変。
サーカース・サーカス
ただ、ここの中華レストランのスタッフ(ほぼ白人)は白人優先で対応していて、ちょっと嫌なモノを感じました。有色人種がイヤなのにナンで中華レストランで働くの???汗;



部屋の窓からはストラトスフィア・タワーの眺め。
手前の鉄骨の塔はバンジー・ジャンプ台。
下はプールになっていました。
時々挑戦者が来ては飛んでいるのを見ましたが何故か女の人が多かったです。
このバンジー、今はもう無いみたいです。
今は世界中にもっと凄いバンジー・スポットがいいぱありますしね。
バンジー バンジー・夜
昼と夜のバンジージャンプ台(2001年6月ラスベガス・米)
奥の京都タワーっぽいのはストラトスフィアタワー


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ラスベガスのホテル TREASUR ISLAND Las Vegas(トレジャーアイランド)

シルク・ド・ソレイユ『MYSTERE(ミスティア)』の常設ステージがあるホテルTREASUR ISLAND(トレジャーアイランド)

宿泊したことはありませんがホテルのエントランス前で行われる無料ショーを観に行ったことがあります。あのクオリティで無料はお得です。人気が高いので早めに行かないといい場所で観れません。ワンともみたいに背が低いと大変。せっかくいい場所が取れても前の親子が肩車なんてしちゃうと見えなくなっちゃうんですよね。ちょっと後ろのことも考えて欲しい…。

このショーはディズニーランドのカリブの海賊っぽいセットが造ってあって、船も動くし大砲も鳴るし火も吹くし結構楽しめるショーでした。

01年に行った時は海賊と海軍の戦いでしたが、04年に観に行ったら海賊とアマゾネスの戦いに変わっていました。ホテルのHPを読んだらアマゾネスじゃなくて海の妖精だったみたい。日没に合わせてのショーですが、子供も観ているのに海の妖精があんな女王様っぽいコスチュームじゃ刺激的だと思うんですけど…。
トレジャーアイランド・海賊ショー トレジャーアイランド・海賊ショー2
海賊ショー『The Sirens of TI』(ラスベガス・米)
左が2001年、右が2004年の時のもの。
狙ってるワケじゃないんですけど、どうしても手前に頭髪の薄い方の後頭部が写っちゃう事が多い…かお


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ド・ソレイユ)

土曜日の『世界ふしぎ発見』は“CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ド・ソレイユ)”特集でした。
シルク・ド・ソレイユはカナダ・ケベックの大道芸人グループから始まり、今ではサーカス・エンターテイメント集団として世界中で有名ですね。

ワンとも達は『アレグリア』『キダム』『ドラリオン』の日本公演を観ていて、来年の『コルテオ』も楽しみにしています。

今年の10月1日には東京ディズニーランドの近くにできた常設シアターでの公演が始まりますし、これもいずれ行くつもりです。
ドラリオン
『DRALION(ドラリオン)』の特設会場
(代々木公園・東京/2007年2月)


ワンとも達が初めてシルク・ド・ソレイユのステージを観たのは、
2001年のラスベガスでの『MYSTERE(ミスティア)』
MYSTERE.jpg

ガイドブックに人気があるとは書いてありましたけど、行けば何とかなると思ってチケットは現地に行ってから買うつもりでした。
ところが『O(オー)』は滞在中の3日間一つも空きが無く、『MYSTERE(ミスティア)』はギリギリ一番前の一番端っこの席が開いていただけ。一番前の席と言うのはちょっと上を見上げる感じになりますが、出演者の体温とか息遣いが伝わってくるので、ある意味レアな体験ができる席でした。演技中のハッとかホッとかタイミングを取っている声やゼイゼイしているのがちょっと聞こえてきたりするのです。


翌年は事前に予約して行ったので『O(オー)』を観ることができました。
テーマが“水”のこの舞台は、ステージが瞬時にプールになったり元に戻ったリする大掛かりな仕掛けが見事でした。ワンともは今のところこれが一番の傑作だと思います。

『O(オー)』は未だに人気が高いので、もし観たい場合は事前に予約した方がいいと思います。“CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ド・ソレイユ)”のHPか、公演場所のホテルBELLAGIO(ベラッジオ)のHPからもできるが日本語はありません。手数料は掛かりますが日本の旅行会社でも代行手配してくれます。ちなみに『MYSTERE(ミスティア)』はホテルTreasure Island(トレジャーアイランド)


04年に観た『ZUMANITY(ズーマニティ)』はちょっと大人のシルク・ド・ソレイユで、確かR-15指定だったと思います。他の公演と違ってマイク・パフォーマンスが多いので英語が分からないとちょっとキツイ。

全部は理解できなかったですが映画『ピンク・フラミンゴ』みたいな恰好のMCが下品な下ネタを連発しているのは分かりました…。最後にはちょっとホンワカして終わります。公演&予約はホテルNew York-New York(ニューヨーク・ニューヨーク)

今ラスベガスではシルク・ド・ソレイユの新作が次々と発表されているようです。もう終わっちゃったけどラスベガスでのセリーヌ・ディオンのステージ演出もシルク・ド・ソレイユでした。

観る前は内心「え~、ショー?まぁ観てもいいけど…」的な態度だったダンナ・ピットですが、『MYSTERE(ミスティア)』で完全にシルク・ド・ソレイユにハマり、今ではファンクラブにも入っています。そして時々送られてくるメルマガを見ては「観たい、観たい」と呟いています(^_^;)


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム