プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

下北沢

先週末、連休の初日に下北沢に行ってきました。
下北沢はダンナ・ピットが学生時代によく行っていた街なんだそうです。
2017 下北沢①
『下北沢駅南口』



線路の地下化に伴って駅前の様子もだいぶ変わってしまったようです。
地上の線路はもう取り払われていました。
2017 下北沢⑨



駅の北口には戦後の闇市の名残の商店街があったそうなんですが、今では八百屋さんとおでん屋さんが残るのみのようです。
今後、線路と闇市の跡地はどうなるんでしょうね。
2017 下北沢⑪

2017 下北沢⑩



商店街の細い道沿いには色んなお店が立ち並んでいました。
古着屋さんが多いのでも有名だそうで、リーズナブルな物からビンテージ物まで色々あるらしいですよ。
2017 下北沢④



あと、やっぱり有名なのが劇場でしょうか。
同じ演劇の街でも日比谷界隈とはずいぶん雰囲気が違います。

上が『ザ・スズナリ』で下が『本多劇場』
これ以外にも小劇場をいくつか目にしました。
2017 下北沢②

2017 下北沢⑧



ダンナ・ピットが学生時代にCDを漁ったという『disk union』
2017 下北沢③



こちらは一発当てようと通った『パチンコ ミナミ』
四半世紀を超えた現在も営業中でした。
2017 下北沢⑥

で、負けた時は500円だけのこして近所の定食屋さん『千草』に行っていたそう。おからが無料だったらしいですよ。
千草は残念ながら2013年に閉店。



若者とサブカルの街にもこんなお堂があるんですね。
2017 下北沢⑤
『北澤庚申堂』



次回はランチを食べたお店と一服した喫茶店ををご紹介します。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ

THEME:お出かけ日記 | GENRE:日記

2017 人形町せともの市

今年も行ってきました、人形町のせともの市
8月7日から3日間に催されていましたが、今回は初日と最終日の2回行ってきました。7日も暑かったんですが9日はもっと暑かった…熱中症指数「危険」でしたからね。
DSC_0457_20170809193134748.jpg



今年も色んな焼き物のお店が出ていました。
DSC_0451.jpg



露天に置いてある陶器は熱くて触れないほどでした。
DSC_0468_201708091931145d8.jpg



中にはガラスも。
DSC_0458_20170809193054064.jpg



恒例の陶芸の体験コーナー。
DSC_0455.jpg



こちらは長崎の波佐見焼。
DSC_0463_20170809193055385.jpg DSC_0465_20170809193057e77.jpg




こちらは大分県日田の小鹿田焼。
DSC_0467.jpg



で、こちらが今年の戦利品。

まず、美濃焼の小丼とリーフデザインの小皿。
DSC_0477.jpg

去年買ったのを割ってしまって…。
割ってしまった器と同じような物を探していたんですが見付からなかったので、正反対の白系のシンプルな物を買いました。

リーフのデザインの小皿を一枚おまけで貰ったんですが、ペアにしたかったのでもう一枚は購入。
最終日だったので少し割引もしてもらっちゃった。



それから、レトロ・モダンな市松模様のガラスの器。
アイスを盛って食べたいな。アイスはやっぱレディ・ボーデンでしょう。
DSC_0489.jpg


7日はちょっと熱中症っぽくなってしまったので、9日は途中の水分補給も忘れず、帰ってきてからもポカリ一気飲みで熱中症予防しました。
1、2時間歩いただけで具合悪くなってしまうのに、お店の人は露天に一日中いるので大変だったでしょうね。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ

THEME:お出かけ日記 | GENRE:日記

鋸山(のこぎりやま)②

鋸山の続きです。

“地獄のぞき”の後は大仏広場を目指して下の方の方へ。

近道もありましたが“千五百羅漢道”の方へ行ってみました。
これが、行ってよかったのか悪かったのか…
見た目は涼しそうな山中ですが、すごーく蒸し暑かったうえに、こんな急な石段を登ったり下りたり登ったり下りたり…。一年に一回は意図せぬ山登りをする羽目になっている気がします。
DSC04056.jpg



さて、千五百羅漢ですが、これは鋸山の山肌に点在する石像群です。
これらの石像群は、上総桜井(千葉県木更津市)の石工・大野甚五郎英令が門弟27人とともに21年かけて彫ったものだそうで、1553体ある石像群には一つとして同じ顔がないと言われているそうですよ。
DSC04057.jpg

DSC04061.jpg

DSC04063.jpg

DSC04067.jpg

DSC04071.jpg

DSC04074.jpg



暑さと疲労でやっと辿り着いた“大仏広場”
こちらの大仏も大野甚五郎英令率いる石工集団が3年かけて彫り上げたものだそうですで、正式には“薬師瑠璃光如来”というそうです。
DSC04076.jpg


お参りして写真を撮ってから近くの自販機でポカリを買って一気飲み!
こういう所のジュースは高いから極力買わないようにしているんですが、もうそんなことは言っていられないほどの脱水状態で。この後、もう一本買って飲み切りました。



大仏広場より少し下のエリアにあった“大黒堂”“薬師本殿”
ご本尊は右の薬師本殿に安置されているそうです。
DSC04081.jpg DSC04083.jpg



さらにこの下には表参道などがありましたが、消耗が激しかったのでパスしました。この後、来た道を登って戻らないといけないですからね。


そう!下ったからには登らねばっ!!
だいぶショートカットして戻ったんですが、その分、道はキツめでした。
ケーブルカーの駅で降りてきた人たちが雨に降られたように汗だくだった理由は、こういうことだったんですね。


下りのロープウェイの出発時間まで山頂駅で休憩。
DSC04089.jpg



下に見えるのは金谷漁港でしょうかね。遠くにかすかに見えるのは三浦半島かな。木更津と三浦半島を往復するフェリーも運行しています。
DSC04085.jpg


夏の鋸山は涼しくないっ!
暑いのが苦手な人には夏はおススメしません。
そして、結構な山道なので、ちゃんとした靴を履いていったほうがいいですよ。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ

THEME:日帰りお出かけ | GENRE:旅行

鋸山(のこぎりやま)①

少し間が空いてしまいましたが、連休の日帰り旅行の続きです。

2日目は千葉県富津市にある鋸山(のこぎりやま)に行ってきました。
朝早く家を出ましたが、やっぱり途中で少し渋滞。
アクアラインはかなり混んでいたようです。

鋸山には有料無料あわせた駐車場がいくつかありますが、今回はロープウェイに乗るのでロープウェイの駐車場へ行きましたが、ここでも駐車場待ちの渋滞でした。

少し待って第二駐車場へ案内されたんですが、第二駐車場はロープウェイ乗り場の傍にある第一駐車場から400メートルぐらい山道を登った所にあるんですよ。帰りのことを考えるとげんなりしました。
うちより後ろに並んだ車が第一の方に案内されているのを見ると、まぁ、タイミングが悪かったなぁって思いましたよねぇ。ちなみにロープウェイ乗り場の駐車場は無料です。


さて、鋸山のロープウェイ
料金は片道500円、往復930円。
往復切符を買いました。昔の電車の切符みたいで懐かしい。
DSC_0435.jpg



ロープウェイはスイス製だそうです。
定員は40人だったでしょうか。
この日は少しガスっていたんですけど、天気がいいと富士山やスカイツリーも見えるようですよ。
DSC04033.jpg



山頂に着いたら真っ白で…
DSC04040.jpg




山頂からまぁまぁな山道を登ったり下りたりしてたどり着いたのが“百尺観音”
石段もガタガタなので結構疲れました。
DSC04043.jpg



以前、アップした画像はこの百尺観音に行く道すがらの景色です。
DSC04041.jpg



百尺観音から見た“地獄のぞき”
DSC04046_20170726185251fdd.jpg



その地獄のぞきから見た百尺観音の場所。
DSC04051.jpg



反対側はこんな感じです。
DSC04054.jpg



地獄のぞきも怖いですけど、地獄のぞきへ行く道もなかなかですから、
実際に行って体験してほしいですね。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ

THEME:日帰りお出かけ | GENRE:旅行

『大谷資料館(大谷石採掘場)』

この間の3連休初日は栃木県にある『大谷資料館(大谷石採掘場)』
に行ってきました。

ということで、さえさん、大正解です!
ちょ~涼しかったですよ。

東京からだと高速で2時間ちょっとぐらいでしょうか。
割と宇都宮市に近い場所にあって、駐車場は無料でした。
入場料は大人800円、小人400円。
DSC04026.jpg



採掘場は地下にあるんですが、もう下っていく途中から冷えた空気が上がってきて涼しかったです。

中はものすごい広さでした。
写っている人を見ると採掘場の大きさがわかるかと思います。
実際はもうちょっと暗めです。
DSC03940.jpg

DSC03980.jpg

DSC03989.jpg



ここでは、いろんな映画作品の撮影が行われているんですよね。
確か、次の3ヶ所も何かの撮影で使われた場所だったと思います。
DSC03944.jpg

DSC03961.jpg

DSC03994.jpg



この壁には2つの採掘跡がありますが、上が手彫りで下が機械掘りです。
手掘りはつるはしを使っていたそうですよ。
大谷石は比較的柔らかいそうですが、でも大変ですよね。
DSC03962.jpg



所々、外が見える場所も。
この画像を撮った場所は靄っていてとても幻想的だったんですが、みんな上手く撮るのに苦労していました。実際に見てもらうのが一番いいんですけどね。
DSC03984.jpg



最初にアップした画像は石垣の強度を測る展示の場所にあった機械です。
ちょっと何か分からないんですが、ウインチでしょうかね。
DSC04008.jpg



石垣の強度を測るための石積み。
DSC04009.jpg



この機械は石の裁断機。
DSC04014.jpg



で、裁断した石の大きさの見本。
3cm厚くなるごとに15kgずつ重くなっています。
正確な大きさや重さに切り出すのも大変な技術ですよね。
DSC04013.jpg



最後に入場口のそばにある展示室を見学しました。
DSC04025.jpg


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ

THEME:日帰りお出かけ | GENRE:旅行
ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY



CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: