なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年04月
ARCHIVE ≫ 2008年04月
      

≪ 前月 |  2008年04月  | 翌月 ≫

函館レトロ市電『函館ハイカラ號』

昨年、秋に函館に行った際、駅前の電停で待っていたらとってもレトロな市電がやってきました。
Tram3.jpg
『函館ハイカラ號』
“號”の字が時代がかっていますね。
この電車は大正から昭和初期ごろに走っていたチンチン電車を復元したもので、運行は4月中旬から10月31日まで。火曜と荒天の日は運休。
5月に行った時は雨だったので、どうりで走っていなかったハズです。
ゴールデンウィークは火曜日も走るみたいですヨ。



車内は木造で椅子は赤のビロード調。
車内灯もレトロでハイカラって感じですね。
Tram2.jpg


レトロ市電は料金を女性の車掌さんに支払います。
Tram1.jpg
運転士さんの制服もレトロ。
運転席は乗り降りする所にあって半分“外”なんですね~。
これじゃあ荒天の運休は納得です。



これはもう少し後の時代っぽい市電。
Tram.jpg



ちょっとポルトガルで見た路面電車に似てないかな・・・?
Ascensor02_20150608165754444.jpg
↑青リスボン・アルファマ地区を走る路面電車。



さらに新しい市電はこんな感じ。
Tram4.jpg


函館に行ったら、うまく捉まえていろんなタイプの市電に乗ってみるのもいいですね。

初乗りは200円、1日乗車券は大人600円。
『函館ハイカラ號』でカード式の乗車券は使えないようなので、チケットを買うときに確認した方がいいでしょう。

ちなみこんなバスも走ってました。
BonnetBus.jpg
『函館浪漫號』
トトロの猫バスみたい。
乗車は予約制のようなので残念ながらこの時は乗れませんでしたが、「乗車してみたいなぁ」と思ったら、駅前のバス案内所で聞くか函館バスまで問い合わせてみてくださいね。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ミュンヘンのビア・レストラン

昨日に引き続きビールのご紹介です。
昨年12月にミュンヘンに行ってきました。
カゼを引いてしまって体調最悪で夜はバタンキューでしたが、飲むもの飲んだら治るかも・・・ということで到着初日の夜からホテルの部屋でもビール、ビール、ビールでした。

《ヴァイセスブロイハウス ~WeissesBrauhaus~》
市庁舎前のマリエン広場のすぐ近くにあるんですが、工事の足場があってちょっと分かりづらかった・・・。
WeissesBrauhaus7.jpg

ここはシュナイダー・ヴァイスという小麦ビールの醸造所の直営店。
ミュンヘンはビールの都だけあって醸造所直営店が多いですね。ガイドブックに載っているだけでも結構あります。



入口は小さいんですが店内は奥に広かったです。
WeissesBrauhaus1.jpg



小麦ビールってこんな感じです。
WeissesBrauhaus6.jpg

もう辛抱たまらず写真を撮る前に飲んでしまった・・・。
ケルシュと違って一杯の標準的な量は500mlぐらい。
小麦ビールも色々な味があって、一回の食事では全部飲みきれませんね~。



そして、ミュンヘンといえばやっぱり『白ソーセージ』
WeissesBrauhaus2.jpg

独特の甘いソースを付けて食べるんですが、ワンともはちょっと苦手だったんですよね・・・。しかも知らなかったとはいえソーセージも皮ごと食べてたし・・・。
でも名物ですからね、本場のを試してみましたよ。
これが意外と美味しかったんですね~。やっぱり本場のは違いますね~。
この白ソーセージ、お昼で終わっちゃうところが多いようです。



ニュルンベルクの焼きソーセージ
WeissesBrauhaus5.jpg

表面は香ばしく中はジューシー。
本場は同じバイエルン州のニュルンベルグです。



キノコのホワイトソースがけオムレツ
WeissesBrauhaus3.jpg

ふわふわで美味しかったです。
ソーセージ以外のメニューもいいですね。




《Rechthaler Hof》
中心街とは逆方向にあったので最終日まで気が付かなかったんですが、ホテルの並びにあったビア・レストラン。ミュンヘン中央駅の側、アルヌルフ通り沿いにある「エデン・ホテル・ヴォルフ(EdenHotelWolff)」の並びにありました。
RechthaleHof4.jpg



昔の農家的な雰囲気を演出しているんでしょうか。
装飾がとっても目を引く店内でした。
RechthaleHof7.jpg RechthaleHof6.jpg


奥の席に日本人が沢山座っていてバケツみたいなジョッキでビールを飲んでいましたけど、ほとんどの人が残していました。もったいね~。


予備知識無しで注文したビール。
RechthaleHof3.jpg

とっても美味しかったんですけどね・・・一杯目と二杯目は違うビールを注文しようと思ったら一杯目からすでに注文と違っていたようです。結果的に違う種類は試せましたが、何を飲んだのか分からなくなってしまいました。
最初にテーブル担当だったオバちゃんが全くヤル気が無かったようで、適当に定番を持ってきたようです。ビールを間違えるなぁ!途中から違う人がテーブル担当になりました。



一度は食べたかったヴィーナーシュニツェル
RechthaleHof.jpg

村上春樹の本で読んでから食べたかったんですよ~。
オーストリアの料理かと思っていましたが、ドイツでも食べれることを知って今回注文してみました。コロモがサクサクで美味しかったですぅ。



ソーセージの盛合わせ
RechthaleHof1.jpg

ソーセージのメニューも一杯あったんですけど、選べないので盛合わせを頼んでみました。悪くないけどヴァイセスブロイハウスの方が美味しかったかな・・・。

ミュンヘン、今度はオクトーバーフェストの時に行ってみたいですね。
でもオクトーバーフェストって基本が1リットルのジョッキなんですよね・・・そんなに何杯も飲めないかもねぇ・・・(一杯でお腹いっぱいになりそう)。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ケルンのビール『ケルシュ』のお店

昨日、ドイツのビールの画像をご紹介した流れで、
今日はケルンの地ビール“ケルシュ”を飲んだお店をご紹介します。
ケルシュの苦味とコクとスッキリした後味。
未だに忘れられない味です。

ケルンに行ったのは06年6月、ワールドカップ真っ只中でした。
着いた日の前日はイングランド-スウェーデン戦があって、夜中まで大変な騒ぎだったそうです。そういえばホテルの窓から両国の国旗が下がっていたりしてまだ熱気が残っていましたね。

『ブラウハウス・ジオン ~Brauhaus SION~』
ここは着いた日の夕食で行ったお店です。
ガイドブックに書いてあった“自家製ケルシュ”に惹かれて入ってみました。
場所はケルン大聖堂の後ろ辺りにあって、外観以上に中は広くビア・ホールのイメージ通り。時間は夜7時を過ぎていましたけど、まだ昼間みたいに明るくて変な感じでしたね。
SION.jpg

細長いグラスで飲むのが特徴で、大きさは今はあまり見かけなくなった缶ジュースのロング缶ぐらい。
すぐ飲めちゃうので、地元の人は一度に2~3杯まとめて注文するんですよ~。次々に追加されるので、お店の人はコースターに印を付けて数えていました。縦棒4本に横棒1本で、なんとなく漢字の「冊」に似ているかな。ちょうど日本人が「正」の字を書いて数えるのと同じですね。

ケルシュを運ぶトレーもお釜型UFOみたいで特徴的。
ちゃんとした名前はなんていうんでしょう???

食事はお店の人のお勧めを注文。
それがコレ↓
SION2.jpg

料理名が分からないのでウチでは便宜上、手前のマンガに出てくるような骨付きのお肉を「あのお肉」、奥のぐるぐるソーセージを「とぐろソーセージ」と呼んでいます。
ホントは何ていうんでしょうね???
お勧めだけあって美味しかったし食いでもありました。



『フリュー・アム・ドーム ~fruh am Dom~』
(正確には“Fruh”の“u”の上にマル2つ)
ケルン2日目のお昼に行ったお店。
ここもケルン大聖堂に近くて、メインストリート「ホーエ通り」から路地を少し入った所。路地を抜けるとちょっとした広場があって、色んなお店のビア・ガーデンになっていました。肝心なビールの写真が無いんですが、『ジオン』と同じように細長のグラスです。ここは自家製ではないようですが十分、美味しかった。
DSCN2208.jpg

お昼なので軽くソーセージとザワークラウトを注文。
ソーセージ、ザワークラウト、ビールの繰り返しって最高笑

ワンとも達は、またドイツに行ったら「ケルシュを飲むためだけ」に
ケルンに寄るかもしれません。
きっとこの2件以外にも美味しいお店があるんでしょうねぇ。

他に“ケルシュ”お勧めのお店があったら教えてくださーいびっくり


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ニッセン・キャンペーン『ドイツ旅行』プレゼント

通販のニッセンが、「がんの子供たちとその家族」を支援する活動の一環として「nissen飛行船プロジェクト」を実施中です。
九州エリアはもう終了したようですが、今は関西エリアの上空を飛行しているようですよ。これから東海、関東、北海道と順に飛行予定です。
空を見上げた時、ニッセンのの飛行船を見かけたら、「がんの子供たちとその家族」を支援しているんだなぁ・・・と思い出しながら見てみて下さいね。

さらに飛行船の発祥地ドイツにちなんで

「ドイツ旅行」プレゼント!!

でもドイツのどこに行くのかは紹介されていないんですよね~。
ドイツ+飛行船=ツェッペリン伯爵縁の地を巡る旅、でしょうか。
ドイツならどこでもOKな自由旅行、でしょうか。
ま、それは当ってからのお楽しみですね。
応募期間は8月14日まで

ワンともは、当ったらまずビール。

ケルンで飲んだ「ケルシュ」
SION.jpg
ケルン『SION』



ミュンヘンで飲んだ「小麦ビール」
WeissesBrauhaus6.jpg
ミュンヘン『ヴァイセスブロイハウス』



街中で買った缶ビールいろいろ。
MunchenBeer.jpg

美味しかった~笑

また飲みた~い!


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


函館の地ビール・レストラン

《函館ビール》
春も秋も行った地ビール醸造所に併設されたブリュワリー・レストラン。
場所は『金森洋物館』や『はこだて明治館』など赤レンガ倉庫が並ぶベイエリアの近く。

ここのビールは函館山の地下水を使って醸造されているそう。

少しずつ3種類のビールが試せるセット。
左から「五陵の星(ヴァイツェン)」「明治館(アルト)」「北の一歩(エール)」「北の夜景(ケルシュ)」
※ケルシュはセットに含まれないので別注文。
DSCF0460.jpg
他に賞を獲った「社長のよく飲むビール」がありますが、アルコール度数が高いので飲み過ぎ注意です。



お食事は↓こんな感じ。
HakodateBeer3.jpg HakodateBeer1.jpg
画像左「シーフード・サラダ」、画像右「レイモンハウス元町のソーセージ盛り合わせ」「唐揚げ」「ガーリックトースト」



ウチ的に是非モノの「パエリア」
HakodateBeer5.jpg
どこでも、メニューにあればだいたい注文します。
2人で食べちゃったけど苦笑…ホントは何人前なんだろう???

夜になるとステージでの演奏があります。
春はピアノとフルート、秋はピアノと歌でした。
HakodateBeer2.jpg

みんな、ちゃんと聴いてあげてっ!sn



《金森ビール》
金森赤レンガ倉庫の一角にあるもう一つの地ビールレストラン。
この辺りは夜になるとライトアップしていてとってもキレイです。
DSCF0512.jpg


画像左が「函館開拓史ビール(ピルスナー)」 
右が「函館赤レンガビール(エール)」
KanamoriBeer4.jpg

サッポロビールもあります。樽生ギネスもあるようです。



ここにも『レイモンハウス』のソーセージ盛合わせがありますよ。
KanamoriBeer1.jpg


春は全部で7種類のビールを飲みました。
量は7杯分以上ですけどね~あ


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


SEIKO5 SUPERIOR

数日前、ダンナ・ピットが「時計買っていい?」というので
「いいよ」と言ったら・・・
「いや~、やっと出てきたんだよね~。どこ探しても売り切れでサ~、出てきた時に買わないとすぐなくなっちゃうんだよね~」

ダメって言ってないんだけど・・・たはー

で、今朝届きました、ご所望の時計が。
DSCN2901.jpg



SEIKO5 サスペリア がーん

決して一人では見ないで下さい、

きゃー!!


じゃなくて・・・

スーペリア~SUPERIOR~

一見黒なんですが、ちょっと角度を変えると文字盤に市松模様が出ます。
今回買ったのは日本製ですが、韓国製もあってディテールが少しずつ違うんだそうです。輸出用の商品で、日本製は生産数が少ないから手に入れるのが大変なんですって。(へぇ~、そうなんだ・・・)


左の青い文字盤のは今まで使っていたものですが、
リューズの位置がちょっと違うの分かります?
DSCN2899.jpg

今回買った時計のお値段は2万円にちょっと欠けるぐらいです。

ダ:「ホントはロレックスとか欲しいって言いたいけどさ~」

ワ:「言うだけなら、いいよ~」

みなさんの彼氏やダンナさんも街角のショーケース(もしくはPCの画面)に

ガップリ喰いついていることありませんか?

だいたいその先には時計、カメラ、車がありませんかぁ???


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


函館朝市・丼ぶり横丁

函館ラーメンと並んでダンナ・ピットが呪文のように唱えていたのが“イクラ丼” 。去年は5月と9月の2回行ったうち何杯のイクラ丼を食べたのか・・・カウントしてみます。

丼ぶり横丁は函館朝市の中の一番駅寄りの所にあって、北海道の美味しい海鮮を丼ぶりで食べることができます(丼ぶり以外のメニューもあり)。

朝市は↑Oこんな感じ。
DSCF0578.jpg

実家へのお土産に 買いましたヨ~。とってもGOODでした。



①『櫻桂』
函館で最初に食べたお店。
Oukei.jpg

朝食と昼食のちょうど間ぐらいだったので、横丁全体がそんなに混んでいませんでした。ここのお隣は前にもご紹介した『函館麺や一文字』朝市店です。

お味は少しマイルドな感じだったかな。
すぐガッついてしまって肝心のイクラ丼の画像がナイのが残念・・・。



②『いくら亭』
去年5月に行った時、2日目の朝ゴハンで食べました。
ここのは比較的味がシッカリしていてダンナ・ピットはお気に入りみたいです。味が濃いの好きだもんね~。でも、濃いというかシッカリした感じです。
DSCF0524.jpg DSCF0525.jpg

ワンともは“ウニ・イクラ丼”。ウニが入るとちょっとお高くなります。



③『馬子とやすべ』
ここはメディアにもよく登場するらしくて、お店には沢山の色紙が。
MakotoYasubei.jpg


5月に行った時はとっても混んでいて入るのを断念。再度9月に行った時は着いてすぐ行きました。
これが食べたくて朝ゴハン抜きました。
優しい味のイクラ。ワンともは“ミニ海鮮丼”を。
MakotoYasubei1.jpg MakotoYasubei2.jpg

ウニが入るとミニでもレギュラーのイクラ丼より200円ぐらい高いです。



④『まえかわ』
9月の2日目の朝に行ったお店。
前日の夜にお腹イッパイ食べた上、夜食まで食べたダンナ・ピット。
更に朝から丼ぶり飯ですヨ・・・絵文字名を入力してくださいワンともはパスしてアイスを食べながら、ダンナ・ピットのイクラ丼を見るだけにしました。
Maekawa1.jpg


どのお店もそうなんですが、イクラは自家製で少しずつ味付けが違うので、あれこれ食べ比べてお好みの味を見つけるのも楽しいですよ。
行けなかったお店は次の機会に行ってみたいですね。

実は2回ともおすし屋さんでイクラのにぎりを食べたし、お土産で瓶詰めのイクラを買って家でも食べたので、全部でどのぐらいの量を食べたのかなぁ。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


雨の函館旅行・2007年5月③

前回からちょっと間が空きましたが、函館旅行の続きです・・・

ホテルにチェックインした後、しばらく休憩してから元町の方へ出掛けてみました。雨は止む気配がありませんでしたけど、ホテルの前からレクサ元町に乗って“元町公園”で下車旧函館区公会堂へ。

重要文化財の建物は壁が水色、柱や窓枠がクリーム色という鮮やかなコロニアル様式の洋館。明治期に大火事で焼失しましたが再建され、増改築を繰り返したあと昭和50年に今の姿に修復されたそうです。
DSCF0538.jpg
晴れていればこんなにステキな姿が見れるんですけどね・・・
残念ながらドンヨリ・・・泣き顔
(上画像はやっと晴れた最終日に撮影したもの)



公会堂のバルコニーから見た函館湾もネズミ色でした号泣
DSCF0451.jpg

開館時間 《4~10月》10:00~19:00 《11~3月》9:00~17:00
入館料 大人300円 子供150円

館内のハイカラ衣裳館ではタキシードやドレスのレンタルをしていて、鹿鳴館みたいな格好をして写真を撮ることが出来ますよ。カメラは自前のですけどね・・・。何組か衣裳を着て歩いているのを見かけました。雨の閉館間際でもいるんだからオン・シーズンはいっぱいいるんだろうなぁ。
衣裳レンタル料は20分1,000円

この後、すぐ前の元町公園内にある写真歴史館へ。
写真歴史館は旧北海道庁函館支庁庁舎の2階。1階は観光案内所。
こちらも明治38年に建てられた木造2階建ての歴史的建造物です。
新旧のカメラはモチロンのこと、日本最古の銀板写真のレプリカや当時の風俗、写真技術に関する色々なものが展示してありました。特に修正技術はスゴかったですよ。目を閉じているものを鉄筆みたいので描いて開いた状態にしちゃうんですからえぇ今じゃパソコンでチョイチョイですよね。
入館料 大人200円 子供100円

旧函館区公会堂も写真歴史館もレクサ元町なら“元町公園”で下車、
最寄の電停は“末広町”です。

男の三大オモチャ・・・車、時計、カメラ。
ご多分に漏れずダンナ・ピットは全部大好きなので、あーだこーだと喜んで見ていました。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


リヨン駅の素敵なレストラン『ル・トラン・ブルー』

リヨン駅はフランス国鉄とメトロが数線乗り入れていて、TGVなどの長距離列車も停まる大きな駅。古き良き時代の旅情漂うレストラン『ル・トラン・ブルー ~Le Train Bleu~』はそのリヨン駅構内にあります。
LeTrainBlue10.jpg
入口はホームから見て正面2階。

『ル・トラン・ブルー』は英語の『ブルートレイン』。ベル・エポック調の装飾が華やかな店内の窓からは、発着する列車を眺めながら食事することができるんです。鉄道マニアにはたまらないロケーションでしょうね。



また映画『ニキータ』に登場したことでも有名。
ちょうど主人公のニキータが初めて暗殺をするシーンで使われました。トイレも映画そのまま。用は足したのに写真撮るのを忘れてしまった・・・。苦笑
LeTrainBlue9.jpg
こんなにゴージャスなレストランなのにドレスコードはカジュアル
ジーンズ、スニーカーOKですが、あまりな格好は浮きますよ~。



ここはメニューがフランス語でサッパリ・・・。
事前にゲットしていたJCBカードのショッピング&ダイニングパスポートに載っていたコースメニューを指差し注文・・・フランス語が分からなくてもいいようにけフランス語で書いてあったので・・・汗;
JCBカード・ショッピング&ダイニングパスポートは、海外でのJCBカード加盟店や優待情報などが載っている冊子で、JCBカード会員のみが利用可能です。インターネットからも請求できますが、空港でも入手できますよ。請求無料。)



最初はサラダから・・・
LeTrainBlue4.jpg
グリーンサラダ。
海外旅行では意外と野菜の摂取が減るので生野菜が嬉しい。



コースとはいえ、選択するモノはあるんですヨ~。
ここはお互い英語で・・・ネ。
LeTrainBlue.jpg LeTrainBlue2.jpg



前菜。画像左がお肉系、右が魚系。
お肉系は荒挽きソーセージのような感じ、魚系は白身魚のフレークのような感じ。前菜の割には量が多かったですね。
LeTrainBlue5.jpg LeTrainBlue3.jpg
メイン。画像左が鶏のグリル、右がサーモンのグリル。
ボリュームだと、お肉系を選んだダンナ・ピットの方がお得感ありました。




デザートは、画像左がミルフィーユチックな生地のサクサク感とベリーの甘酸っぱさがグーナイス右は3色アイスの盛り合わせ。見た目もカワユかったですオンプ 
LeTrainBlue6.jpg LeTrainBlue7.jpg



食後のコーヒーはエスプレッソ。
LeTrainBlue8.jpg

また甘いお菓子が付いてくるのがいいですね。
苦い、甘い、苦い、甘い・・・至福のワンツーですよ~笑


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


そば粉のクレープのお店『ティ・ブレーズ』

昨日のブログの中に登場したソバ粉のクレープ(ガレット)のお店
『ティ・ブレーズ ~Ty Breiz~』をご紹介します。
場所はモンパルナス駅から徒歩5~6分ぐらい
電報局や郵便博物館のあるヴォージラール通り沿いにあります。

ソバ粉のクレープはフランス・ブルターニュ地方の郷土料理で、昔は貧しい家庭の料理だったそうです。フランスでもソバ粉が獲れるんですね。

『ティ・ブレーズ』は、“パリで一番おいしいクレープ屋”に選ばれたこともあるお店です。ガイドブックにも載っているし日本の雑誌にも紹介されたことがあるらしく、お店の入口には記事の切抜きがいくつも貼ってありました。そんなんで日本人のお客さんも多いのか日本語のメニューもありましたし、単語ですがお店の人もいくつかの日本語を話してくれましたよ。


ハンバーグと玉子のクレープ
海外では珍しい半熟玉子がのってました。ハンバーグはクレープの中に隠れています。
TyBreiz4.jpg



サーモンとキャビア
なんでも日本語にしちゃったせいかメニューには「鮭とイクラ」になってましたね。最初はフランス人もイクラを食べるのかと思ったんですが、出てきたらキャビアでした。嬉しい誤解でしたけど、イクラもイケるんじゃないかと思うんですが・・・どうでしょう?
TyBreiz3.jpg



とっても美味しかったオリジナル・サラダ
いわゆるツナ・サラダなんですけど、何かひと工夫あるんでしょうね。
玉ねぎは入っていたと思いますが、マネしてもできませんでした。
TyBreiz1.jpg

ちょっと食べちゃった後でスイカを戻して撮ったんですが、
ボケてますね・・・手書き風シリーズ汗1



そして外せないのがブルターニュ名物・リンゴふるーつ☆Cultivation・りんごのお酒『シードル』
TyBreiz5.jpg

ほんのり甘くて、発泡も優しくて、飲み口爽やかでした。
器もカワイイでしょ。オンプ 



ビールも飲みましたよ。
フランスにはご当地ビールって特に無いらしくて、周辺の国から輸入したものを飲んでいるみたいです。ドイツとスペインの銘柄が多かったかな。
でもブルターニュは文化的に英国に近いのでご当地ビールがあるんですね。お店には3種類あったので全部飲んでみました。
TyBreiz.jpg TyBreiz2.jpg

画像右のビールはノンアルコールだったような・・・。
ご覧のように濁っているので、たぶん無濾過なんでしょうね。発泡もキツくなくて優しい口当たり。古典的なビールってこんな味?っていう感じでした。

ここは店内もスタッフも感じ良かったし、ガレットも美味しかったので、今度パリに行くことがあったらまた行きたいお店ですね。



日本にも東京・神楽坂にソバ粉のクレープのお店があります。
ブルターニュ出身のオーナーが日本初のソバ粉のクレープ店を開店させたのがここ『ル ブルターニュ ~LE BRETAGENE~』
ブルターニュではソバ粉のクレープのお店を“クレープリー”と言うそうです。
ソバの花から採った珍しい蜂蜜のクレープがあるんですよ。個性的な風味で美味しかったです。モチロン、ここでもシードルをお試し下さい。
テラス席もあるのでこれからの季節は気持ちいいでしょうね。
お昼はとっても混んでいるので、時間があればズラした方がいいと思います。

『ル ブルターニュ ~LE BRETAGENE~』
東京都新宿区神楽坂4-2
03-3225-3001
11:30-22:30(LO) 11:30-21:00(土・日)、休 月曜日
飯田橋駅から徒歩7~8分ほど。
毘沙門天のお向かいにある路地を入った所にあります。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


『フランスの旅』が当たる!キャンペーン

昨日に引き続き、『フランスの旅が当たる』キャンペーンのご紹介・・・
今年は日本とフランスの交流が始まってから150年なんだそうです。

ワンともも一回だけパリに行ったことがありますけど、ルーブル美術館だけで1日がかり。あれもこれもと思うと何日あっても足りない感じです。
ちょうどオランジュリー美術館がリニューアル・オープンしたばかりで長蛇の列が…。でも頑張って並んで観てきましたよ~。
DSCN2287.jpg DSCN2288.jpg
モネ「睡蓮」(オランジュリー美術館)
偶然にもダンナ・ピットの知人と遭遇。世界は広いハズなのにダンナ・ピットはよく海外で偶然 知り合いに出遭う人です。



フランスはまた食事が美味しかったにっこり
いくら食べても大丈夫な胃袋が欲しいぐらい。
メニューは、なんて書いてあるのかサッパリでしたけどね…。
TyBreiz4.jpg TyBreiz3.jpg
そば粉のクレープ・ガレットのお店「ティブレーズ」
画像左が玉子とハンバーグ、画像右がサーモンとキャビア

そんな日仏交流150年を記念して
『フランスの旅』が当たるキャンペーンを実施中びっくり

簡単なクイズに答えて応募すると・・・エールフランスの往復航空券+フランスレイルパス4日間+パリとノルマンディーの2泊分の宿泊券が当たります。
応募の〆切りは7月15日まで。

プレゼントの応募ホームは・・・こちらまで。
フランス観光については・・・『フランス政府観光局』まで。

すごーく重いのでなかなかサイトが開きませんが、辛抱強くお待ち下さい。

航空券のプレゼントはよくありますけど、レイルパスと2泊分の宿泊券が付くのは気前がいいですね。今はユーロが高いから宿泊費もバカにならないし、レイルパスも結構高いんですよ~。
ワンともは、このプレゼントが当たったら『モン・サン・ミッシェル』に行ってみたいなぁ、と思っています。

残りのパリでの宿泊は、以前ご紹介した『ル・マルセー・バスティーユ』をご参考までに・・・。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


スペイン『サラゴサ万博への旅』が当たる!キャンペーン

今年の6月からスペイン第5の都市「サラゴサ」で「水」をテーマにした
『サラゴサ国際博覧会』が開催されます笑
(開催期間 2008年6月14日~9月14日)

サラゴサは2000年以上前にローマ人によって築かれ、中世にはアラゴン王国の都がおかれた歴史ある街。ゆえに世界遺産も点在。
またスペインを代表する画家ゴヤの出身地でもあります。
オリーブやチーズが特産品で、他にもジビエ料理にアラゴン産ワインなどがお勧めだそうですよ。アクセスはバルセロナの方がちょっと近い気もしますけど、最近は高速鉄道AVEの開通でマドリードからのアクセスも良くなったみたいですね。

そんなサラゴサ万博の開催を記念して

『サラゴサ万博への旅』などが当たるキャンペーン

を実施中ですびっくり 応募期間は6月2日まで。


プレゼントの応募フォームは・・・こちらから。
万博についての詳細は・・・『サラゴサ万国博覧会』まで。
スペインの観光については・・・『スペイン政府観光局』まで。





※ゴヤの作品は主にマドリードにあるプラド美術館で見ることが出来ます。
DCP_0186.jpg
『プラド美術館』



ゴヤの代表作「着衣のマハ」と・・・
DCP_0184.jpg



「裸体のマハ」
ちょっとボケちゃって、スイマセン…
DCP_0185.jpg



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


雨の函館旅行・2007年5月②

チェックインまで時間があるのでホテルのフロントに荷物を預け、さっそく観光に出かけました。まずは情報収集にJR函館駅の中にある観光案内所へ。
DSCF0416.jpg

駅前は雨で人通りもまばらでした。

元町や金森倉庫のある西部地区を巡回している小型バス『レクサ元町』に乗ってルートを一周してみることに。
このバスの運転手さんは、みんな女性なんですよ。
料金は乗車一回ごとに100円、一日乗車券は300円。
観光案内所や運転手さんから購入します。運行時間は朝の9時ぐらいから夕方まで、20分間隔ぐらいで回っていたと思いました。
DSCF0417.jpg


『レクサ元町』の車窓から元町あたりをザザッと見て位置関係を確認した後、JR函館駅の一つ手前『Queen's Port Hakodate/摩周丸&クラシックカーミュージアム』で下車。
DSCF0440.jpg

ゴールデンウィークの後だし雨なので、観光バスが1~2台停まっている他は人出もまばらでしたね。

《摩周丸》
青森と函館を結んでいた連絡船です。
今はミュージアムとして青函連絡船の歴史の紹介や装備品が展示されています。
止むどころかだんだん雨が強くなってきて甲板に出るのもためらわれる感じでした。
晴れていればきっと気持ちよかったでしょうね…泣き顔
DSCF0448.jpg DSCF0459.jpg
上の画像はホテルの窓から見た摩周丸です。夜はライトアップされます。



《クラシックカーミュージアム》
内部はコンクリート打ちっぱなしでガレージのような雰囲気。
とにかくたくさんの車が展示されていましたよ。
アメリカの車がほとんどだったと思います。
馬車にエンジンが付いたような古―いのから60年代のスポーツタイプまで各年代を網羅していて、中には実際に座席に座れるのもありました。
DSCF0426.jpg

入口を入ってすぐは↑こんな感じです。
すぐ傍まで寄って見ることができます。


画像上の車の前後には布団が干せそうです。
奥に見えるのはホントにクラシックですね。
DSCF0425.jpg



座席の部分の形がなんとなく馬車の名残があって優雅な感じです。
クラシックカーミュージアム3



「アンタッチャブル」や「コットンクラブ」に出てきそう。
DSCF0438.jpg



コロンとしてかわいいスタイル。でも結構大きさはありますよ。
DSCF0430.jpg



ちょっと今の車に近くなってきました。それでも40年ぐらい前の車です。
DSCF0431.jpg



車好きのダンナ・ピット。
摩周丸と比べると俄然、撮影枚数が多いですね。
※画像の撮影はほぼダンナ・ピットです。
 たまに混じっているヘタクソなのはワンとも撮影。

ここは船と車が両方楽しめていいですよ。
2館共通券 1,400円(07年5月時点)


          次は③、旧函館区公民館&写真歴史館へ ひよこ ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


雨の函館旅行・2007年5月①

最近、雨が多い東京。
また雨が降ってきました。
「そういえば去年の函館旅行は雨だったなぁ」などと思い出したりして・・・。
折りしも来月にはまた北海道へ旅行に行きますし、去年の旅行をちょっと振り返っていこうと思います。

去年の旅行もユナイテッド航空のマイルを利用した特典旅行でした。
羽田―函館の往復に必要なマイル数は15,000。
ダンナ・ピットのマイルから二人分(30,000マイル)のチケットを交換しました。

出発は5月18日(金) 6:40 羽田発ANA4781便
予約はANAですが飛行機はエア・ドゥー。ANAとの共同運航便でした。
お昼に着く便は取れなかったので早朝便にしたんですが、こちらもほぼ満席でしたね。
珍しいエコノミーの2階席があったので、モノは試しに利用してみましたが快適でしたよ。
DSCF0409.jpg



約1時間20分で函館に到着です。
羽田は晴れていましたけど、函館は予報通り『雨』泣き顔
ハズレませんでしたねぇ…。
HakodateAirPort.jpg
(上画像は去年9月に撮影したもの)
函館空港からJR函館駅までは約8km。
空港バスを利用すると約20分。
路線バスだと約35分。
空港バスは湯の川温泉とJR函館駅を経由してホテルJALシティが終点となります。
乗り方は整理券を取って、降りる時に払います。

【空港バス路線&料金】
函館空港-湯の川温泉-金堀町-大森町-JR函館駅前-函館国際ホテル-ホテルJALシティ
初乗り220円、終点までは410円


           次は②、摩周丸&クラシックカーミュージアムへ ひよこ



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


デルタとノースウェスト合併

この間、ノースウェスト航空のマイレージプログラム『ワールドパークス』のキャンペーンは気前が良くていい、という事を書いたばっかりで合併のニュースですあちゃー

いろんな記事を読むと、どうやらノースウェスト(米航空5位)がデルタ(同3位)に吸収されるような形の合併のようですね。合併後は社名も『デルタ』になるし、本社の場所もデルタの現本社があるアトランタだし、CEOもデルタの現CEOがなるとのこと。
大西洋両岸に強いデルタとアジアに強いノースウェスト。
路線が競合しない点でメリットが一致したわけですね。
合併後の航空機数800機、従業員数75,000人、ネットワーク67カ国の世界最大規模の航空会社になるのだとか。デルタのパイロットだけで6,000人もいるそうですえぇ労組とは話し合いがつかないままでの合併合意というのは、両社ともかなりピンチということでしょう。
まぁどっちも一度破綻してますからね。

ノースウェストはこの合併を機にコンチネンタル(同4位)との提携を解消。
コンチはコンチでユナイテッド(同2位)の持ち株会社と合併協議中だというし、この2社に限らず業界の再編はまだまだありそうなニュアンスの記事でした。運賃を値上げしても燃油サーチャージを導入しても原油の高騰に追いつかないんですね…。誰が吊り上げているやら、腹立たしい怒

さて、気前のいいワールドパークスはどうなるんでしょう???
一番の心配はそこです。
デルタとノースウェストは『スカイチーム』というプログラムで繋がっていますが、今後デルタのプログラムのルールが適用されるとイマイチ・・・いやイマサンぐらいになっちゃうので、合併後はどうなるのかちょっと心配ですうーん…
今後は様子を見ながら検討ですが、できればデルタがノースウェストのプログラムを踏襲してくれたらいいんですけどねぇ…。

それにしてもノースウェストは設立82年。
日本航空の立ち上げ時の運航を担当していたんだとか。
そこがなくなると思うとちょっと寂しいですね…。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


函館ラーメン『函館麺や一文字』

このページを、遠いドイツからラーメンに思いを馳せる
『地味だけど、ドイツ生活』
のNoraさんのご主人に捧げます。

去年の9月末、函館は湯の川にある『函館麺や一文字』
場所は函館空港と函館駅を結ぶ空港バスのルート沿い(278号)の海側、小さな川の河口付近にあります。
住所 函館市湯の川町2-1-3
営業 11:00~翌1:00、休 木曜
駐車場 4台、最寄駅 電停湯の川温泉から徒歩10分
Ichimonji.jpg

午後2時ごろ行ったんですが、お客さんがまだ順番待ちしていました。



店内はテーブル席が10卓ぐらい、カウンター席が5~6席ぐらい。
Ichimonji2.jpg


『塩ラーメン(714円)』
海洋深層水で仕込んだ鶏と魚介のスープに細麺。
サッパリだけどコクがあって、期待を裏切らない美味しさでした。
Ichimonji4.jpg


『チャッチャ系醤油ラーメン(735円)』 ※画像は大盛り。
Ichimonji3.jpg

“チャッチャ系”って何だろう…?
未だに調べもせず、ただ美味しかったと言うばかり。
塩に比べるとコッテリした感じ、でもしつこくない味わいでした。
こちらもお薦めです。
※大盛りは+105円

ギョーザ(5個290円)も美味しかったですよ。
お土産もあります。

Noraさん、Tamaさん、いかがでしたか?
函館ラーメンは、あと2ヶ所ネタがあるので近々またご紹介しますね。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ワールドパークス『ニッポン500マイル・キャンペーン』

もうご存知の方も多いと思いますが、先日書いた気前のいいワールドパークスのキャンペーンについてご紹介。
最近、日本国内の航空機をご利用になった方は、その搭乗券の半券やお客様控えを捨てずにキープして!!

このキャンペーンは、日本国内で利用した飛行機の搭乗券を所定の用紙に貼って送ると、ワールドパークスに500マイル加算される『ニッポン500マイル・キャンペーン』です。
提携していないANAに乗ってもスカイマークに乗っても、格安航空券でも特典旅行でも、日本国内で利用した航空券ならOK。
実際にワンともは去年、特典旅行で函館に行った分を送って加算されました。
500マイルを獲得しようと思うと普通運賃で羽田-北九州の片道と同じぐらい、ツアーだと沖縄への片道とだいたい同じぐらいなので結構大きいですね。

【キャンペーン内容】
期間: 2008年4月1日~2009年3月31日フライトまで
対象路線: 日本国内の定期路線の全ての航空会社・運賃・クラス
獲得マイル: 片道フライトにつき500ワールドパークスマイ

※詳しくはノースウェスト航空のホームページをご参照下さい。

一般会員でも最大10フライト(5,000マイル)分を獲得できるので、今から新規でワールドパークスに加入しても国内のフライトだけで最大5,000マイル獲得できる可能性があるわけです。しかもワールドパークスは有効期限が無いので、このまま貯めっぱなしでもOK。しかも利用した航空会社のマイルも貯まるし、ワールドパークスにも貯まるし、一石二鳥のキャンペーンなんですね。ワールドパークスで貯まったマイルはJALの特典旅行と交換が出来ますよ(JALは発券のみの提携)。

ワンとも的に、ノースウェストにはずっと太っ腹でいて欲しいなぁ。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ラーメン「麺まがり」

ダンナ・ピットが某ラーメン好きが集まるサイトで探してきたラーメン屋さん『麺まがり』
評価も高くて1度行ったらハマったらしく、今回で2度目です。

最寄り駅は東西線「葛西」駅。
環七側から出てすぐ左の通り沿いにある2Fのショットバーがお店です。
MenMagari5.jpg MenMagari6.jpg

ショットバーを昼間だけ間借りして営業しているので『麺まがり』というらしいです。
〝曲がり〟かと思ってたんですが〝間借り〟だったんですね。



メニューはそんなに多くないです。 スープがなくなると店じまい。
MenMagari7.jpg MenMagari8.jpg



店内はショットバーの雰囲気。
4人掛けのテーブルが3つ、カウンター席が6席ほど。
MenMagari4.jpg



メニューの裏書きを見て待ちます。
裏書きにはラーメンに対する店主の思いが…。
MenMagari3.jpg MenMagari2.jpg



濃いけどしつこくないスープに中太のちぢれ麺。
麺にスープがよくからんでとっても美味しいっ笑
MenMagari9.jpg

珍しいのがトッピングの〝エリンギ〟。 このエリンギにハマる人も多いとか。
味付け玉子が最後の1個だったので半分にしてもらいましたオンプ 

間借りだからそのうちどこかに移転しちゃうかもねぇ…。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ANAマイレージクラブ…う~ん…。

今回の北海道旅行でユナイテッド航空にマイルを溜めるのはとりあえず終了です。替わってスターアライアンス系のマイルはANAマイレージクラブに溜めていこうと思い、去年Edy付きのプログラムに入会しました。

でも、この4月から新ルールに変わって爽やかにキャンペーンもしていますが、どうも内容が良くないですね。
特に特典旅行との交換全般が。
距離と期間で細かくなった分、マイル数の確認も面倒だし、交換マイル数も実質多くなって特典旅行に行きにくくなった思うんですよねうーん…
同じ時期の沖縄行きに必要なマイル数がJALだと15,000なのに対し、
ANAは14,000~23,000。
まぁJALは除外期間がありますけど。
ハイシーズンの23,000マイルだとユナイテッドでグァムに行くより掛かるんですよね。(ユナイテッドで日本-グァムは20,000マイル)
なんだか改悪で問題になっている首都高の距離別料金制みたい…じゃない?

ワンとも的にはEdyの方が使い勝手がいいし、スターアライアンス系の加算もできるのでメリットがあると思ったんですけど、

なんだかガッカリだなぁ・・・ANA・・・。

でも基本的にメインはワールドパークス
他と比べてシステムがシンプルだし、
なんと言っても有効期限が無いし、
時々、意味不明な気前のいいキャンペーンがあるので。


JALにはワールドパークスを抜けないでほしかったなぁ。
(特典旅行の発券はしてくれますけどね)
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


特典旅行・チケット予約

昨日、希望の便の航空チケットが取れなかったので旅行自体を6月にずらそうと思ったんですが、やっぱりダンナ・ピットのお休みが6月以降は厳しいらしい。
もう5月で取れる日付・時間で行くことにしました。

今朝、ユナイテッド航空にTELして5月中のチケットが予約できました。
行きの早朝便か帰りの夜便が空いていれば良かったんですが、残念ながら昼着・昼発しか空きがありませんでした。仕方ないデスね。

早速、ザザッと予定を立ててみました。

1日目 お昼に着いたら「ラーメン村」~「旭山動物園」へ。
2日目 美瑛・富良野へ。
3日目 お昼の飛行機なので帰るだけになりそうかなぁ…。


移動はレンタカーにするつもりです。
それにしても美瑛・富良野って1日で大丈夫かしら???
ガイドブックやWebを見てると行きたい所が多すぎて絞りきれない~苦笑
これから効率よく回る方法を考えなきゃ。

何にしても晴れてほしいデス。
去年5月の函館は雨で不完全燃焼だったから、
また秋に行っちゃいましたしねぇ。
できれば桜が咲いているといいなぁ桜の木

DSCF0501.jpg
雲がかかって姿の見えない「函館山」。(07年5月、五稜郭タワーから)


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


特典旅行☆旭山動物園~富良野・美瑛

ダンナ・ピットの有効期限切れ間近のマイルを使って、旭山動物園と富良野・美瑛2泊3日の旅行を計画中です。
計画好きトラベラー「ワンとも」としてはこの話しが出た頃からルンルン音符でいっぱい調べていたんですよ。
でも今朝、航空券予約の電話をしたら
希望のチケットが取れませんでしたっ泣き顔

ゴールデンウィーク明けだから大丈夫だろうと
ノンビリ構えていた私が甘かった…がっくり
ユナイテッド航空のマイルでANAのチケットを予約するんですが、
提携会社だから割り当ても少ないんでしょうね。

3月休んだばっかりで、ダンナ・ピットもそんなにお休みできないし、
5月9日以降の金曜か月曜のどちらかを休みにして週末を絡めた2泊3日で、出発は朝便、帰りは昼便でと思っていたんですけどダメでした。

羽田-旭川は往復とも朝・昼・夜の1日3便ありますが、どちらも朝と夜はいっぱい。特に土曜日の行きは昼もいっぱいでした。
ANAのホームページから通常のチケットの空席照会を見ても朝と夜は埋まり気味です。帰りは昼便希望だから、こっちは大丈夫なんですけどね。

去年も同じ5月の中ごろ函館に行った時は朝便には余裕があったので、
今回も同じ感覚でいたんですが・・・目論見が外れてしまいました。
ANAマイレージクラブのルール変更と何か関係あるのかな???

希望通りのチケットをゲッとするには、もっと後ろに日程をずらして
予約受付開始と同時にTELしないとダメかも。
ユナイテッド航空の特典旅行の予約は2ヶ月前から。
これから予約受付で週末がらみは6月13日(金)だから、
TELするのは4月13日(日)かぁ・・・お休みだけど早起きしなきゃうーん…

それにしても、6月の旭川~富良野・美瑛ってどんな感じなんでしょう?
確かラベンダーにはちょっと早いんですよね。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


機内食(タイ航空)

旅行前に航空会社のご当地メニューも楽しめる機内食。
タイ航空は美味しいと聞いていたので楽しみにしていましたオンプ 

行きの選択はお肉かお魚。

ダンナ・ピットが選んだお肉。
こちらは早速のタイ料理。ちっと辛いけど白いご飯にピッタリ。
AirlineFoodGo3.jpg



ワンともが選んだお魚。
トマトソースがかかったイタリアン風。こちらは辛くなかったです。
麺はリングイーネかな。おソバと冷麦も付いて麺尽くしでしたね。
ワインも美味しかった。どこのワインかチェックしておけばよかった…。
AirlineFoodGo2.jpg



到着1時間半前ぐらいになると軽食も出ました。
ハムとポテトのサンドイッチ&オレンジジュース
AirlineFoodGo1.jpg



帰りのメニューは1種類のみ。
時間的に朝食という感じでしょうか。
AirlineFoodBack1.jpg

でも、お腹の調子が悪くてあまり食べられませんでした・・・残念。



帰りも到着前に軽く食べ物が出ました。
くるみ餡ぽいペーストが入ったデニッシュ&コーラ。
甘過ぎず美味しかったですよ。
AirlineFoodBack2.jpg


それにしてもファーストクラスのスペシャルミール(出発の48時間前までの連絡が必要)はゴージャスですね。
和洋中泰のメニューがあって、ロブスターやフォアグラもあるしトムヤンクンもあるんですよ~。食べてみたいですね~。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


スワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)

2006年にバンコク市内中心部から約30km東に新しくできた国際空港です。今回の観戦旅行で初めて利用しました。

到着した時はあまりに急いでいたので、
到着ロビーの写真が全くありません手書き風シリーズ汗1

出発ロビーは4F。

早朝だったので市内からの道はスイスイで30分ぐらいで着きましたが、
空港内はすでに大混雑
○の部分がスタック!!ガーン
Suvarnabhumi5.jpg

行き先や出発時間に関係なくクラスごとにまとめてチェックインするので、利用者の多いエコノミーは長蛇の列でした。
出発時間の2時間前よりもさらに20分ほど早く着きましたが、結局30分ぐらい並んだかも・・・。

それにチェックインカウンターで荷物を預けるまで荷物の検査が全くなかったんですよね・・・。ドンムアンの時はしつこいぐらいチェックしたらしいんですが、こんなんで大丈夫なのかな?このまま積み込みだと危険物があっても分からないと思うんだけど絵文字名を入力してください

その後の出国審査場が狭いうえに審査ブースが少ない。
当然混みまくりです。
ここも15分以上並んだでしょうか…。

やっとこさ出国審査を終わって免税店で最後のお買い物。
免税店のエリアは広くてお店も品揃えも充実していました。
Suvarnabhumi3.jpg



でも免税とはいえ空港で買うお土産は、市内の物価よりちょっとお高めでしたね。
Suvarnabhumi2.jpg



手荷物検査場付近から見た搭乗ゲート付近。
Suvarnabhumi1.jpg


搭乗前に手荷物検査はありましたけど、「あの後、預け入れ荷物は検査したのかな?」と思いつつ機上の人となりました。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


特典旅行の燃油サーチャージ

今年の10月でダンナ・ピットのユナイテッド航空のマイレージの有効期限が切れるので、その前に使っちゃわないと…ということで北海道旅行を計画中です。
(スターライアンス系はこれからANAの方に溜めていく予定)

そこでふと思ったのが
特典旅行にも燃油サーチャージって掛かるのか?
ということ。
去年使った時は掛からなかった気がしたんですが、ガンガン値上がりしている燃油費ですからね、「もしかして…」と思ってユナイテッド航空に問い合わせてみました。

それによるとユナイテッド航空とANAは燃油費の負担は無し。
それ以外の提携航空会社はそれぞれお問い合わせ下さいとのこと。
ちなみにユナイテッド航空便であればウェブで予約ができて、その場合の発券手数料は無料になりますが、それ以外の提携航空会社はTELで予約のうえ発券手数料が15ドルかかるそうです。

ついでにワールドパークスの燃油サーチャージについても訊いてみました。こちらはマレーシア、アリタリア、タヒチ・ヌイ以外は負担無し。
予約は、ノースウウェスト航空のウェブからできる場合と出来ない場合があるようなのでホームページかTELでの確認が必要です。
発券手数料はWebからは無料、TELの場合は15ドルの手数料が掛かります。

しかしノースウェストもユナイテッドも運賃を払って乗る場合の燃油サーチャージは高いなぁ・・・。特典旅行分も乗っけられてるのかしら???
かといって特典旅行で燃油サーチャージを取られると腹立たしいですしね。ウ~ム、早く無くならないかなぁ…燃油サーチャージ。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


パリのおしゃれプチホテル

前号のFIGARO japon4/5号にパリのおしゃれプチホテルという特集で、私達が泊まったことのあるホテルが紹介されていました。

Le Marceau Bastille Hotel
(ル マルソー バスティーユ ホテル)

LeMarceauBastille3.jpg

白いシンプルな外観です。
この建物は19世紀中ごろからずっとホテルだったんですって。



バスティーユ広場に近くて、リヨン駅も徒歩圏内。
バスティーユ広場には広場を囲むようにレストランやカフェがたくさんあって、リヨン駅構内には映画「ニキータ」で使われたレストラン「ル・トラン・ブルー」があります。セーヌ川を挟んでサンジェルマン・デュ・プレも近いですよ。
LeMarceauBastille.jpg

ギャラリーを兼ねるシンプルモダンなフロント&ロビー。
この奥に朝食ビュッフェスペースと中庭があります。
スタッフも適度にフレンドリーで好感がもてました。




客室は「URBAN」「ECOLO」の2タイプ。
部屋数は55。

私達が泊まったのは入口が中庭に面している部屋で
「ECOLO」だった思います。
LeMarceauBastille2.jpg

間違えて喫煙ルームで予約してしまって「失敗したなぁ」と思っていたら、ここが一番広い部屋だったみたい。
バスタブ付きのバスルームも清潔で広め。
ベッドの両脇にスーツケースを広げるくらいのスペースはありましたし、
クローゼットがウォークインになっていて使いやすかったです。

この時の宿泊料(朝食なし)は3泊で480ユーロ。
06年6月のレートで71,324円でした。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


バンコク・創作タイ料理レストラン「オン・ファースト-On First-」

バンコク最後の夜はちょっとおしゃれな夕食。
BTS「プロム・ポーン駅」のすぐ側。
エンポリウム2Fにある創作タイ料理レストラン「On First」へ。
OnFirst11.jpg



入口はちょっとライトを落としてあって少し目立たない感じ。
OnFirst10.jpg



白を基調に赤を効かせた明るい店内。
テーブルや椅子は木を使っていて全体的にナチュラルな感じです。OnFirst9.jpg




(画像左)ナシとリンゴが入った『マジック・シーザーサラダ』
(画像右)『エビの揚げギョーザ』
甘酸っぱいタレと辛いタレをお好みでかけて。
OnFirst6.jpg OnFirst5.jpg



(画像左)『チキンのドライカレー』そんなに辛くありません。
(画像右)ドライカレーに付いてくる『チキンスープ』
スープはビーフかチキンが選べたので今回はチキンを選択。
スープはまったく辛くないサッパリ味です。
OnFirst4.jpg OnFirst3.jpg



『巾広ライスヌードルひき肉のせ』
お料理自体は辛くありません。お好みで酢っぱ辛いソースをかけて。
OnFirst1.jpg



そして・・・衝撃の『青長ナスの揚げもの』
メニューに〝辛いマーク〟無し。
OnFirst12.jpg

不意打ち唐辛子爆弾がお口の中で炸裂!!

ドッカーン!!!!!

地獄料理の後はトイレも覚悟が必要です。
唐辛子爆弾の地獄は翌日までつづいたのでした…号泣

あ、この日のお会計は1,000バーツ(約3,000円)ちょっとでした。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


オールド・バンコク「シーロム・ビレッジ」

昼食の後、Kちゃんご夫妻と一緒にシーロム・ビレッジへ。

場所はBTSスラサック駅から徒歩5分ほどのシーロム通り沿い。ソフィテル・シーロムとホリディ・イン・シーロムの間ぐらいにあります。オリエンタルやシャングリラも近いですね。
日本の旅行ツアーのコースにも入っている場合もあるらしいですよ。
SiLomVillage4.jpg



ラーマ5世時代(約100年ぐらい前)の古い洋館15件を改装して作られた観光エリアで、正式にはシーロム・ビレッジ・トレードセンターと言うようです。
SiLomVillage2.jpg



古き良きオールド・バンコクを感じながら食事やショッピングが出来るようになっていました。ホテル(現代的な建物でした)も隣接していてマッサージやスパもあるみたいです。
SiLomVillage5.jpg

シアター・レストラン「ルアン・テープ」では食事をしながらタイ舞踊が鑑賞できるそうですよ。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


バンコク・3日目の昼食「トン・クルアン」

警察署へ行ってポリスレポートをゲットしたら
ホッとしてお腹が空いてきました。
そういえばカードを止める作業でロクに朝ご飯も食べれなかったしなぁ…。
スリの件がなかったら、もうご飯食べ終わってる時間だったんだよね~。

というワケで・・・日本語通訳をやっているタイ人のNさんセレクト、
トンロー警察署からも近いタイ料理レストラン
「トン・クルアン -Tong Krueeng-」へ。

在タイのKちゃんとそのご主人も合流して5人でワイワイとお食事しました。

ここのレストランは、日本人のお客が多いらしく現地駐在員の方々もよく利用するというガイドブック必携のお店みたいです。

定番のグリーン・カレー。
コレ食べたっけかなぁ???
お皿が遠くて食べ損ねたかも…。
TongKrueeng1.jpg



ニガウリの葉の炒め物。
TongKrueeng2.jpg

ちとボケてしまいました。
中華の〝青菜炒め〟のような味でそんなに辛くないし、
苦味もなかったですよ。
日本では実の部分しか食べませんけど、
知らないだけで沖縄の人は食べているのかしら…。



野菜に辛ミソをつけて食べるおつまみ系のお料理。
TongKrueeng4.jpg

画像でちょうどスプーンにかぶっている蕗(ふき)のような野菜は蓮の茎だそうです。見た目のイメージほど筋々していなくて食べるとやっぱりレンコンのような味がするんですよ。〝へぇ~〟って感じでした。



青いパパイヤのサラダ『ソムタム』
TongKrueeng3.jpg

地獄料理でも書きましたけど辛いです。
でもソムタムを食べる時っていつも誰かが「あんまり辛くしないで」ってお願いしてくれているような気が…。
手加減無しのソムタムって本当はどのぐらい辛いんだろう???

写真を撮り忘れてしまったんですが『鶏肉の葉包み揚げ』も食べました。
チリソースに漬けた鶏肉をパンダンという葉に包んで揚げたお料理で、スモークチキンのような感じかな。
やっぱりちょっと辛いですけどね。

他にそれぞれビールやらコーラやら飲み物を一杯ずつ頼んで、全部で1,000バーツ(約3,000円)ぐらいでした。

今回は食べませんでしたけど蟹のカレー「プーパッポンカリー」が人気だそうです。時価ですけどネ。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


バンコク・2日目の昼食

ちょっと昨日の内容と日にちが前後しますが、
朝食をたくさん食べた2日目の朝。
お昼になっても小腹が空くぐらいだったので、
ちょうどブラブラしていた東急1Fのカフェへ。
東急はサイアム・スクエアにある日系のデパートで、
MBKとは棟続きになっています。
MBK2.jpg



ダンナ・ピットはちょっとスパイシーな鶏のグリルと
タイ・ビール〝チャーン〟。
TokyuCafe1.jpg TokyuCafe3.jpg



私はチョコレート・パフェとスイカ・ジュース。
TokyuCafe2.jpg TokyuCafe4.jpg

このスイカ・ジュースはハマリましたね~。
特に暑かったから最高にお美味しかった笑
メニューには英語でWater Melon Shakeって書いてありましたけど、
確かにジュースというよりちょっとゆるいシェイク…というかスムージーって感じです。

パフェは生クリーム少なめアイス多め。
味はフツーに美味しかったですよ。
アイス&ジュースでお腹壊すかナ、と思いましたけど
案外大丈夫でした。

値段はちょっと忘れちゃいましたけど、
全部で1,000円ぐらいだったかな…。

ここのカフェはパン屋さんも併設していて(パン屋さんがカフェを併設しているのかも)、ここで買ったパンは持ち込みOKみたいでした。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


バンコク・足裏マッサージ

お財布が無いことに気付いた3日目の朝…ガーン
慌てて電話をかけてカード類を停止し、警察への被害届けは
午後から日本語の通訳をしているタイ人のNさんと待ち合わせて行くことになりました。

それまでの時間、部屋でクサっていても仕方ないので
足裏マッサージへ行ってみることに。

ホテルの前の通り沿いには足裏マッサージのお店がたくさんあって選ぶのに困ってしまうほど。
何を基準に選んでいいのかよく分からないので、なんとなく雰囲気で決めて入店。それがこのお店です↓。
FootMassage.jpg

ちょっとお店の名前を控えてくるのを忘れちゃいましたけど、
ホテル近くのファミリー・マートのちょっと先ぐらいにあって、
ガラス張りの店内が明るい20席ぐらいのお店でした。
最初にお茶が出てきて足をスクラブで洗ったらマッサージ開始。

店 員  「お客さん、きのう財布をスラれましたね」

ワンとも 「えっ!?どうして分かったんですか???」

店 員  「足の裏に書いてありますよ、フフフ…」


ってコトはありませんが、足裏マッサージっていうから足だけかと思ったら肩から背中までやってくれるんですよ。
かなり気持ちよくてやみ付きになりそうです。
ダンナ・ピットが「痛い」って脅かすから身構えていましたけど、全然痛くなかったし場所によってはイタ気持ちいいぐらいでしたね。
むしろダンナ・ピットの方が「イテ、イテ」言ってました。
ケケケ…。
店員さんは細身なのにスゴイ力でグイグイやるんですよね。
コツがあるのかもしれないけど手が疲れたりしないのかな?

1時間ぐらい念入りにやってもらって一人250バーツ。
チップを入れても2人で700バーツぐらいでした。
※1バーツ3円ぐらい。

郊外に行くともっと安いお店もあるみたいですけど、
行き帰りでまた足が疲れちゃったら意味ないし、
ホテルの近くで十分だと思いました。

ああ、また行きたい足うらマッサージ…。
今度は心配事が無い状態で受けたいな~。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム