なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年06月
ARCHIVE ≫ 2008年06月
      

≪ 前月 |  2008年06月  | 翌月 ≫

旅先での病

最近、ダンナ・ピットがカゼをひきました。
近くのお医者に行って薬をもらってきたので、今はかなり回復した様子。

その前は2~3日ノドが痛くてモノが飲み込めませんでした。

そんな時の食事にワンともはカレーを作りました。
そこまで痛いとは思っていなかったからで意地悪じゃないですよ。

仕方ないのでお蕎麦を茹でて食べさせましたが、カゼをひいても食欲の落ちないダンナ・ピットは蕎麦だけでは足りなかったらしく、頑張って具なしのカレーをご飯に掛けて食べました。意外と蕎麦よりカレーの方がマシだったようです。

実はご近所さんにも何人かノド風邪を引いている人がいますが、今流行っているんでしょうかね…。


ワンともは去年の12月ミュンヘン~バルセロナ旅行の時、このノド風邪に罹りました。行きの飛行機でクシャミ・鼻水がヒドかったんですが機内の乾燥か何かアレルギーが原因だと思っていました。
着いた日の夜、ノドが痛くなりカゼだと確信しましたあちゃー

カゼ薬は持っていましたけど、経験からこのノド風邪は市販薬では治らないだろうと思っていたら案の定、全然効きませんでした…泣き顔

せめてノド飴が欲しいと思っていたら、ミュンヘン中央駅の駅中のお店で
“VICKS”を発見!あの「ヴィックス・ヴェポラッブ」のノド飴かと一瞬喜んだけど、よく見たら“WICK”でしたd001紛らわしい…。

まぁ、無いよりはマシ。これを購入してミュンヘンにいる間中、舐め続けました。そこれこそ寝ている間も。別な種類のも買ってみました。
このセイかどうか分からないですけど、ず~っとお腹がユルくてかなりシンドかったですマジですか
甘味料がキシリトールだったのかもしれない…。

そして偶然ポーチに入っていたマスクに湿らせたガーゼを挟み、掛けたまま寝ました。空気が乾燥しているから何もしないで寝るよりはマシでしたが、しばらくするとガーゼが乾くので夜中に何度か起きて湿らせました。

ワンともが何故ガーゼを持っていたかというと、知る人ぞ知る「クロロフィル」という化粧品を使っているからです。
クロロフィルは化粧水を付けたりする時にガーゼを使います。

マスクはお徳用の紙製だったので、湿らせたガーゼを挟んでいたらいつ切れるとも限りません。
そこでマスクを現地調達しようとしましたが日本のように気軽に売っていませんでした。

マリエン広場近くの薬局で奥から出してもらって購入。
ドイツの人はマスクを使わないんでしょうかね???
そういえばバルセロナでも見なかったですね。
DSCF1240.jpg
↑青ドイツで買ったマスク。使いづらい…。

ミュンヘンではこの状態で観光し、ビールを飲み、夜は発熱しました。
元気だったらビールがもっと美味しかっただろうと思うと悔やまれてなりません号泣

バルセロナに移動してから残り4日、体調に自信が無かったのでとうとう薬局でカゼ薬を買いました。

これは効きました。
ものすごく効きました。

まず1日目でのノド痛みがかなり引き、帰る頃にはすっかり元気になりましたが、ある意味、ダンナ・ピットに伝染したともいえますかね…絵文字名を入力してください
でも、症状が違ったので、ワンともが伝染したんじゃないと思うんですけどね。

あっちの人は遠慮なく咳したりクシャミしたりしていましたから。

バルセロナのカサミラの近くの薬局に行ったんですが、観光客が多いせいか英語が通じました。

「ノドが痛くて何も食べられない」と(ダンナ・ピットが)説明したら、タブレット状の薬を出して色々と成分を説明してくれました。

この店員さん、ちょっとオカマっぽかったので、
このタブレットを「オカマから買ったトローチ」=「カマトロ」と命名。
一箱20粒入って4ユーロちょっとだったと思います。

高いばかりで全然効かない日本の市販薬と違って効果もお値段もかなり優秀。
海外の薬は強いってよく聞きますけど特に副作用などは無かったです。
飲み残っていたものもこの間終わってしまったので、またバルセロナに行った時に買ってこようと思います。
Medicine.jpg
右下のタブレットが「カマトロ」。その上がそのパッケージ。
その上が“WICK”


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


『ルネッサンス・チューリヒ・ホテル』 ~Renaissance Zurich Hotel~

EURO続きで話しが飛んでしまいましたが、今回はスイスで宿泊したホテルについて。

ダンナ・ピットの会社が加盟している福利厚生システムを利用して予約してみました。
日本語で手配できるから安心。
位置関係もよく分からないまま決めた
『ルネッサンス・チューリヒ・ホテル』
~Renaissance Zurich Hotel~


マリオット系列のホテルだったことを最近知りました。
オフシーズンだったので物価の高いスイスでもさほど高いとは思いませんでしたがオンシーズンは結構高いです。


まず、空港からホテルまでのタクシー代が高くて驚きましたが、
この時は「タクシー料金は高いんだろう」ぐらいにしか思いませんでした。
でももうこの時すでに物価高の予兆はあったのです。

そして夕食で行ったホテルのレストランの値段を見てダンナ・ピットが壊れました…絵文字名を入力してください

このホテルは空港に近く、街に遠かった…。
ホテルから空港と街の両方にシャトル・バスが出ていて、どちらも有料 街へのシャトルは有料。

空港行きは予約制。
中心部へのシャトルバスは20分おきぐらいに往復していて乗り放題。

料金は一人一日1800円ぐらいだったと思いました。
安くないけどタクシーを使うよりは割安でしたし便利でしたがバス停でバスを待っているのは寒くて辛かったです。
夜の気温は-1℃ぐらいだったから風

ホテルは暖房が利いているけど体が冷え切ってしまってなかなか温まらなかったので、バスタブにお湯を張って足湯をしました。やっぱり足が冷えているといつまでも寒いですね。

外観は社屋みたいでしたけど中は落ち着いてシックな感じのホテルでした。
部屋も広いし、バスルームも清潔。設備も備品も問題なし。

周囲の景色はちょっと殺風景で生活感がありましたけど、空港に近いホテルですし会議や研修の設備も整っているらしいので、トランジットやビジネスには十分なのかもしれません。
ただ観光目的ならもうちょっと中心部に近いほうが良かったかなぁ、とは思いました。



『ルネッサンス・チューリヒ・ホテル』
~Renaissance Zurich Hotel~

Thurgauerstrasse 101
Zurich-Glattpark, 8152 Switzerland
Phone: 41 44 874 5000
Fax: 41 44 874 5001


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


EURO2008 スペイン完封勝利

スペインが脱税監督率いるロシアに完封で勝利。
24年ぶりの決勝進出。

やったーーーーー!!

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

ボールポゼッションはやや高いものの0-0で前半を折り返したときは、ちょっと後半も膠着したらマズイと思っていたけど、やっぱり得点が入ると流れが変わりましたねぇ。
どれもキレイなゴールで気持ちよかったです。
バルサ・ファンとしてはやっぱり1点目のイニエスタからシャビのゴール。
できれば背番号はバルサと同じシャビ“6”、イニエスタ“8”がいいな。

リードが1点しかないのに2人も交代して交代枠を使った時には「血迷ったか!?」と思ったが、まさかこれが功を奏するとは。小刻みに震えているのに確実にツボを刺す鍼師のような経験とカンのなせる業か…怖ろしいようなスゴイような…思い出す 来期はフェネルバフチェっていう話しもあるけど、決勝の結果次第では引きとめもあるかもしれませんね。

それにしてもTBSの実況はプロレス中継かと思うような高揚の仕方。内容も浅くて、あからさまに“強豪を破るロシアの図”を期待してドラマッチクにしようとするのが見え見え。各選手のリーグでの活躍に触れる部分も少なかったし、1点目はバルセロナ・ホットラインぐらい言ってもよさそうなものだけど…。これに比べるとWOWOWの実況はマニアックで面白いんですけどね~。

もうここまできたら後は結果度外視でいい試合をして欲しいです。
勝負強いドイツには無欲じゃないと勝てない気がします。
ビジャの欠場が痛いけど、今の控えなら十分穴を埋めるでしょう。
体は大きくないけど層の厚い『アルマダ』がいよいよ出航します。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


EURO2008 トルコ散る

今度は京産大の学生が、岐阜の短大生が落書きしたのと同じイタリアの大聖堂に落書きしていたらしい…アホですナ。
この手の輩が芋づる式に出てきそうで暗澹たる思いですうーん
こんなのばっかりじゃないと思いたいけど…。


さて、EUROもいよいよ準決勝に突入。
昨日のドイツ-トルコはTBSの放送がなくて観れませんでした。準決勝からは3試合だけなんだし全部放送してくれてもよさそうなものですが…。
どうやらトルコは負けてしまったようですがドイツ相手にメンバー落ちで善戦した模様。
3-2というスコアを見るとどっちもイケイケだったのかも。
あ~あ、観たかったなぁ。

さて、今日はスペインを応援するゾ~。
早く寝て準備しよう。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


イタリア・フィレンツェのドゥオーモに女子短大生、落書き

岐阜市の市立女子短大(松田之利学長)は24日、学生6人が今年2月に海外研修旅行でイタリア・フィレンツェ市を訪れた際、13世紀から15世紀にかけて建設された「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁に落書きしたと発表した。・・・YOMIURI ONLINEより

バカタレ!

の一言ですよ。
よりによって油性ペンで書いちゃって…
ちゃんと落ちるんでしょうか…。
大聖堂側は「謝罪があったので責任は問わない。費用の負担は無用」ということらしいですが、大聖堂が許しても日本人が許さん!怒
足跡を残したいなら寄付の一つでもして来い!と言いたいです。
今後、旅行者には「建物などには落書きをしないように」なんて、いちいち注意されるようになるかもしれない。そうなったら情けない話です。

大事になって当人達は相当凹んでいると思うけど、これが世間の教訓となって落書きが減るといいとは思います。…逆に模倣するのが増えないことを祈りたいですね。秋葉原殺傷事件のように逮捕されるのが分かっていて書き込みをする人もいるし…。

世界遺産に係わらずヨーロッパは中世の古い町並みが残っていたりしますが、これがけっこう落書きは多いんですよね絵文字名を入力してください
スペインのトレド旧市街は今回のフィレンツェの保護区やベルン旧市街同様、街全体が世界遺産に登録されているが、落書きは多かったです。
渋谷などで見かけるようなスプレーでの落書きだから、多分地元のバカ者の仕業でしょう。せっかくの景観が台無し。しかも雰囲気や治安が悪く見えるし。この手の落書きはどこの国でも困っているのかもしれないですねうーん…

ただ、トレドは狭い路地が迷路のようになっていますが、そこを車が走り、サイドミラーが建物の壁を削って凹んでいました…d001壁も削れたけどサイドミラーも削れるハズだとおもうけど…。特に車の乗り入れが規制されているワケでもないところを見ると、そういうことは気にしないのかもしれない。…ホントは困っているのかもしれないけど。

Toledo.jpg
『古都トレド』(スペイン・トレド/2002年11月)
マドリードからのオプショナル・ツアーに参加。
ここはガイドさんがいないと迷う、と思います。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


EURO2008 スペイン-イタリア

またまた3時半からEUROをTV観戦してから寝て、お昼に起床。
生活のリズムが半日ズレて結構シンドイ・・・もう夜中に起きていられなくなっているぅ~。

朝起きて 昼起きてWebで結果を確認。
なぜならPK戦は長くなるから延長終了したところで寝ちゃったから。

スペイン 0 - 0 イタリア
         PK(4-2)

勝った!!

スペインは勝った。


ベスト8とイタリアの壁を両方撃破。
…ワンともが見てない方が勝つのかしら ムム…

ボールの支配率はスペインが上だったけどペナルティエリアに近づけないからミドルシュートが多かったし、打ってもコースが塞がれるから枠から反れるし、なかなかゴールが破れませんでした。ああなるとイタリアのカテナチオは芸術。

何度か危ないシーンはあったけどトニの不調と運に助けられた感じ。
ほんのちょっと運の天秤が傾いたら危なかった。
昨日はカシージャスに運が傾いた感じです。
カシージャスは02年W杯の時、スペイン代表GKだったカニサレスの負傷を受けた代打だったけど、結局そのまま正GKに。※カニサレスは香水ビンを足に落として骨折したのだ。
FCバルセロナ・ファンのワンともとしてはヴィクトール・バルデスに頑張ってもらいたいけど、やっぱりカシージャスの方が一枚上かも。だってバルデスは小難しいのを止めても簡単なのを受けられなかったりするし…。まるで「憂鬱」は書けても「元気」を度忘れするような感じ。

次は脱税監督ヒディンク率いるロシアと。
無敵艦隊 vs バルチック艦隊 
海戦は巨艦より案外、小ぶりな方が分が良かったりするんですよね。

ミスター・バルサ、頼れるキャプテンのプジョー。
昨日も魂のディフェンスでした。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ショック!オランダ敗退… EURO2008

またまた夜中の3時半からEURO2008をTV観戦したおかげで、今日も朝寝てお昼に起きました苦笑

オランダ 1 - 3 ロシア

ショーック <( ̄口 ̄||)>!!!

あんな脱税監督率いるロシアにオランダが負けるなんて・・・がっくり
ありえない結果になってしまいました号泣

ロシアなんか勝ったって

つまんないんだよ~!!


ロシアに3点が入ったところでもう寝てしまったんですが、イライラしてなかなか寝つけませんでした。チャンピオンズリーグのリバプールじゃあるまいし、3分で3点は無理。

EUROって予選で全勝するとトーナメントで勝てないっていうジンクスがあるそうです。じゃあ、スペインも・・・ムム…
でもフランスは過去に全勝で勝ってるから全く無い話しではない。

まぁ片翼にもよるけど、ロシアが決勝まで上がってきたらもう観ないだろうなぁ。強豪オランダに勝ったというドラマチックな展開以外に何の面白みもない、あんなロングボールばっかりのゴリゴリ・カウンターサッカーなんて…jumee☆faceA101


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


『熊公園』のブリュワリー・レストラン/スイス・ベルン2003

世界遺産のベルン旧市街の通りを西から東行き、アーレ川に掛かるニーデック橋を渡ったすぐ右にあるのが『熊公園』。公園には数頭の熊が飼育されていました。熊の飼育が始まったのは1513年から。熊は領主の狩りの戦利品だったとか。“熊(ベーレン)”はベルンのシンボルで、街の名前の由来にもなっているそう。
DSCN0459.jpg



熊公園の側には『ショップ&ブリュワリーレストラン』がありました。この建物の中で、ベルンの歴史を上映するショーもあったみたいですけど、気が付かなかった・・・。
DSCN0464.jpg



お土産に買った熊のぬいぐるみ。20cmぐらいの小さなもので17.90スイス・フラン。当時のレートで1,500円ぐらいだったでしょうか。
Barengraben5.jpg



ここのブリュワリーで少し遅いお昼をとりました。
窓際の席からはベルン旧市街の眺めがとってもいいんですが、残念ながら満席。ウェイトレスさんに限定醸造の“クリスマスビアー”を勧められたのでそれを注文。これはなかなかイケましたね。画像を加工したら分かりにくくなっちゃいましたけど、黒ビールでコクがあってほろ苦で・・・また飲んで見たいです。
さすがスイス・・・ここもやっぱり高いんですよ 苦笑
そこで比較的安くておススメにもなっていた白ソーセージ2本とベーグル、サラダのセットを2人でシェア。白ソーセージは甘いソースをつけて食べるアレですね。
Barengraben2.jpg



ここのトイレは地下にあるんですが、行ってみたらズラ~っと醸造タンクが並んでました。もうちょっと安かったら他のビールも試してみたかったんですけどね・・・泣き顔  でもジョッキでド~ンだから、アレコレ試してたら飲み過ぎて帰って来れなくなってたかもうしし

この後、ブラブラと散策をしながら駅の方へ向かい、夕暮れ前にベルンを離れました。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


世界遺産の街・ベルン旧市街 ②

ベルン駅から歩いていくと最初に見えてきたのがこの『牢獄塔』
もともとは西門で、その後牢獄として19世紀末まで使用されていたとか。
今の塔は17世紀に再建されたもの。
Bern2.jpg
後期ルネッサ~ンス(髭男爵風)様式だそうです。



1530年製のからくり人形が時を知らせる天文時計の『時計塔』
天文時計は普通の時計に加えて天体の情報が示されているから文字盤がちょっと変わっていて装飾的な感じです。
ベルンのランドマークで、街の発祥当時は境界を示す門だったそう。
DSCN0450.jpg



時計塔のちょっと先にある『アインシュタイン・ハウス』
EinsteinHouse1.jpg



1階はレストランになっていて、2階がアインシュタインがベルン特許庁勤務の時に住んだ部屋のようです。この時はちょうど休館日で中が見れずに残念でした。
EinsteinHouse2.jpg

ここに住んでいる時に「特殊相対性理論」に関する重要な論文を執筆したんだそうです。それから有名な式E=mc²を発表したのもここに住んでいる時なんですって。この式、有名なんだ・・・ワンともには模様にしか見えないケド。何のための式なんでしょう???



旧市街の東端ニーデック橋から見たアーレ川。
少し小高くなっている所が『バラ公園』みたいです。
Bern5.jpg
ニーデック橋を渡った右側が『熊公園』

土地勘がないので無駄に歩いてしまったかも・・・あせ
旧市街自体はそんなに大きくないんですが、見るところは結構ありました。半日だけだとアーケード街を往復して終わっちゃう感じ。もうちょっと時間があればもう少し細かい部分も見れたかも・・・。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


世界遺産の街・ベルン旧市街 ①

中世の街並が残るベルン旧市街世界遺産登録は1983年。
12世紀後半に都市計画に基づいて創設された街で、1405年の大火災後に再建。1848年にスイス連邦の首都に。
Bern1.jpg
『熊公園』から見た『ベルン旧市街』
熊公園の北の丘にある『バラ公園』からは更に眺めがいいようです。



先日、UPした画像と同じ画像ですが、このアーケードは15世紀のものでヨーロッパ最長の6km。
Bern4.jpg
地下道や落とし穴kao05 があるらしいんですけど・・・。

                                ・・・つづく


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


電車でGO!チューリヒ⇔ベルン・スイス2003

EUROも今日のDグループの2試合が終わるとベスト8が出揃います。
昨日のイタリア-フランスは見逃してしまいましたが、予想通りイタリアが勝った模様。これでスペイン-イタリアの対戦が決定しました。ルーマニアはやっぱりオランダに勝てませんでしたね。Cグループでは予想に反していい試合をしただけに残念。
これでスイス・ベルンでの試合も終了。
これをきっかけに今日から2003年のスイス旅行を振り返っていこうかな思います。


スイスに4日いたうちの前後2日は移動日だったので、観光できたのは実質2日だけ。そのうちの2日目にベルンへ行きました。
StZurich1.jpg



チューリヒからICという急行電車みたいのに乗って1時間ちょっと。
運賃はちょっと忘れちゃいましたけど、往復で3,000円ぐらいだったかな・・・。チューリッヒの駅は改札が無くて、特に仕切りも無いので道路から直接ホームに入れたりするんです。ちょっと変な感じ。
改札はないけど車内の検札はありました。
寝てる人も起こしてたような気がします。
「キセルは許さん」って感じなんでしょう。
StZurich2.jpg

駅の窓口で「ベルン」と言っても通じなかったので、時刻表の表記を指差したら「ああ、ベーンね」って。ドイツ語だと「ベァールン」という感じの発音みたいですが、ワンともたちには「ベーン」にしか聞こえませんでした。フランス語圏では「ベルヌ」というそうです。さすが公用語が4つもある国は違う。



ベルンの駅は大きくはないけどガラス張りで近代的。
DSCN0447.jpg



ベルン駅のホーム。
DSCN0468.jpg



世界遺産の旧市街はすぐそこ。

駅前の広場では街の人が大きなチェスに興じる姿が。
周りで見ている人は割りに静か。
考えている間は一緒にジッとして、駒を動かすとちょっと息を抜いたり体を少し動かしたり・・・。人の将棋を見物してる雰囲気に似てるかも。
StBern3.jpg


で、どっちが勝ってたんだろう・・・。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


世界遺産の旅・プレゼントキャンペーン

先日、買い物に出たついでに最寄のH.I.Sでチラシを貰ってきました。
なるほど、燃油サーチャージ込みの総額表示で、ちゃんと内訳も併記されていました。これは分かり易いふるーつ☆Cultivation・!青

海外ツアーでは、
6月にシンガポール航空利用のロサンゼルス5日間が
7.98万円(内燃油費16,760円)

9月にノースウェスト利用でフロリダまで行くツアーだと
11.4万円(内燃油費は34,000円)

同じアメリカでも距離と利用航空会社によっては倍ぐらいちがうんですね。

最近注目のドバイは7月・9月出発のキャセイパシフィック利用で
12.9万円(内燃油費16,800円)

それぞれに保険、出入国税、施設使用料などが加わるわけですナ。
(どれも数に限りがあるようなので予約の際は確認して下さいね)
ちなみに産油国の航空会社エミレーツ航空は燃油サーチャージなんて無いかと思いきや日本⇔ドバイは片道17,000円
「えっ、取るの!?」って感じです。

来月にはまた原油が上がるというし、二人分の燃油費でもう一人行けちゃうじゃないの。こんなんじゃ、どこにも行けないっ悩む

もう、当てるしかない!!

ということでH.I.Sの世界遺産キャンペーンを見つけたので
ご紹介。投票した世界遺産がベスト3に入れば、抽選で選んだ世界遺産に行けるツアーが当るらしいです。応募の締め切りは6月30日


特に意識してなかったけど、何ヶ所か行ってましたね・・・世界遺産。
200412.jpg
『グランドキャニオン』(2004年6月/アメリカ・アリゾナ州)
この間、パナソニックの乾電池を使ったロボットが登りきりましたね。
渓谷に突き出る展望台「スカイウォーク」なるものができた模様。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ラーメン『珍来』

先日の土曜日に浦安にいったついでに、懐かしいラーメン屋さんに行ってきました。
昭和3年創業の『珍来』

場所は西友の前にあるスターバックスの裏あたり。
ここに来るのも何年ぶりでしょう。
改装したらしく外も中もキレイになっていました。
DSCF1895.jpg DSCF1896.jpg



メニューも定番に加えてちょっと新しいものも。
DSCF1898.jpg DSCF1894.jpg



大ぶりの餃子(300円)とチャーハン(600円)。
ダンナ・ピットがチャーハンも食べるというので・・・。
お祭りの勢いもかってお昼から生ビールビールを中ジョッキでうしし
DSCF1899.jpg DSCF1902.jpg
昔は中東の人が餃子を焼いていたけど・・・。
手際よく上手に焼いていたんですよ。



ここに来ると昔からダンナ・ピットは“もやしラーメン”
ワンともは“タンメン”
シンプルであっさりしていて昔ながらのって感じの味です。
それに量も多い。
DSCF1903.jpg DSCF1900.jpg
画像左上が“もやしラーメン(600円)”、右が“タンメン(630円)”

酸辣湯麺が新しくメニューに加わっていたので、今度チャレンジしてみようかなぁ。
でもまたタンメンにしそうです。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


浦安三社祭

昨日は、ダンナ・ピットがどこからか情報を仕入れてきた
”浦安三社祭”に行ってきました。浦安は十数年前にダンナ・ピットがちょっとだけ住んでいた場所です。

“浦安三社祭”は浦安の3つの神社共同で、4年に一度オリンピックイヤーに行われるお祭りなんだとか。起源は漁師町らしく大漁祈願。昔は山車だったらしいんですが、電線の登場で大正時代から御神輿になったようです。
DSCF1851.jpg

今年のお祭りは6月13日から15日まで
宵宮の神社での儀式は女人禁制らしいです。

昨日は2日目。
「着いたら御神輿を探さなきゃ」と思っていたらすぐ出くわしました。
御神輿は女性も担げるようですが、混成なんですね。



子供神輿も一緒に練り歩いてました。
DSCF1863.jpg



掛け声はちょっと変わった「まいだぁ~」
理由は不明。
Uchiwa.jpg



お祭りを盛り上げるお囃子や太鼓。
DSCF1886.jpg DSCF1892.jpg



浅草の三社祭りと比べるとちょっと地味だけど、地元の人たちは熱い!
DSCF1884.jpg



ワンともの田舎では秋祭りに御神輿が出ます。
御神輿が通る道すがら火を焚いて道案内をするんですが、だいたい勢いあまって火に突っ込んでいきましたね。もう今は危ないから焚いてないかもしれません。お神輿の終点の神社はちょっとした山になっていて上まで石段があるんですが、そこを登っている最中に毎回下の池に落ちる人が出ました。ワンともの父も落ちた一人。田舎のお祭りも熱いんです炎



近くの橋から見た旧江戸川。
東京と千葉の境界。
両岸には屋形船がいっぱい停泊。
災害の時は渡し舟の役割をするんです。
DSCF1905.jpg



遠くにはディズニーランドのビッグサンダーマウンテンの山が見えました。ちょっと小さくて分かりづらいかな・・・。
DSCF1907.jpg



いつか浅草の三社祭りにも行ってみよう。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


EURO2008 オランダは強い

“死のグループ”のグループCで圧倒的な強さを見せたオランダが予選突破。
もっと混戦になると思っていましたが、イタリア、フランスの不調とルーマニアの頑張りが予想外の結果をもたらしています。そこで際立つのがオランダの強さ。
ワンともの予想通り決勝進出チームの片翼になるかも???

昨日の夜中から2連チャンでEUROを観戦したらヘロヘロになってしまいました。で、午後から外出したらグッタリなので、今日はこの辺で・・・。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


燃油サーチャージの総額表示

H.I.Sが先駆けて導入を始めた海外旅行ツアー料金と燃油サーチャージを含む総額表示ですが、これを国土交通省が各旅行会社に通達する方針だそうです。
これにより各旅行会社は10月までに総額表示にする模様。

確かに燃油費については分かりづらかったですよね。
旅行会社とお客との間のトラブルも多かったようだし、価格の二重表示にもなっていました。それに燃油費が掛かるのは分かっていても、実際に値段を聞くとかなりブルーになりますよね。これが解消されてハッキリした価格が分かるのはいいことですが、航空会社は反発しているんだとか。旅行会社は3ヶ月前ぐらいからツアーなどを販売しますが、「そんな前から燃油費を確定できない」ということみたいです。

燃油費に関する意見の中には「ファーストクラスやビジネスもエコノミーと金額が同じなのはおかしい」「金持ちが原油価格を吊り上げているんだから金持ちから取れ」といったものもありました。ど庶民ワンとも「そうだ、そうだ」と諸手を挙げて賛同しちゃったりします。それに航空会社によって燃油費が違うのは国によって仕入れ金額に差があるかららしく、日本なんかは結構高く買っているみたいですね。
ちなみに去年12月にKLMオランダ航空を利用した成田~ミュンヘン経由~バルセロナ往復の燃油サーチャージは19,200円。航空運賃63,000円に諸費用と燃油サーチャージを含めた総額は95,040円でした。19,200円あれば旅行先で結構いいものが食べられましたね・・・泣き顔
現在の同区間のKLMの燃油費は32,800円とエライ高騰ぶり。ひょっとすると格安航空券はちょっと安いのかしら?全部、同額負担だったと思ったけど・・・。でもKLMは他の欧州系航空会社と比べるとずいぶん安いんですよ。
(上記の金額はあくまでもワンともが調べた参考価格ですので、実際の予約はちゃんと旅行会社か航空会社に確認して下さいね)
燃油サーチャージ額一覧(日本旅行)

とっとと廃止になって欲しい燃油費ですが、1バレル=45ドルを下回るぐらいじゃないとダメみたい。それじゃ~当分、無理じゃん怒り
それに以前TVで観た航空業界評論家の「便乗値上げ」発言も気になりますね悩む
燃油費もマイルに換算してマイレージに乗っけてくれるなら多少はガマンしないでもないけど・・・。希望としては現在の加算マイル数の1.5倍。

そうそうアメリカン航空とユナイテッド航空は預け入れ荷物も有料化しているみたいですね。アメリカンは1個15ドルユナイテッドは2個目から25ドル。ヨーロッパの一部格安エアラインでも有料化しているみたい。格安エアラインはさておき、アメリカ路線は“預け入れ荷物に鍵を掛けるな”とかいうルールをいいことに空港職員が荷物の中から物を盗ったり、危険物の発見率が低かったりするくせに荷物に課金???
そもそも原油高騰の一因はアメリカのサブプライム問題だって言われているのに・・・「いい加減にしろ、バカ!怒って感じです。


昨日のEUROはドイツがクロアチアに負けたとか。

どひゃ~ ∑(゚◇゚;)

あれだけ前評判が高かったのに・・・。
これだからサッカーは分からない。
もし2位で通過したらポルトガルと当りますね。
こりゃ、面白いうしし


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


EURO2008 ポルトガル予選突破

ポルトガルが早々に予選突破を決めました。

早っ!Σ( ̄□ ̄!)

前回準優勝のポルトガルの予選突破は順当なところですが、
それにしても早い。まだ2試合しかしてないのに・・・d001
デコ(バルセロナ)が2得点に絡む活躍。今期はケガでリーグも欠場がちでしたが復調のようでなにより。でも来期は移籍の見込み・・・う~ん、残念。デコのお祖父さんはインド出身らしく風貌がちょっとアジア系っぽいんですよね。03-04チャンピオンズリーグと06年TOYOTAカップのMVP。
3点目を決めたクアレスマ(ポルト)も元バルサの選手。
デコがポルトからバルセロナに移籍する際、移籍金の不足分をクアレスマで払った経緯があります。あの時はちょっと可哀想でした苦笑
クアレスマはロマ(北インド起源の移動型民族)の家系。現代では定住者が多いようで、民族的にもジプシーとは区別されるみたいですね。
ポルトガルって人口が1千万ちょっとなのにサッカーが強いってことは、人口と選手層は比例しないってことか~。
それからビックリなニュース。ポルトガル代表のスコラーリ監督(ブラジル出身)がEURO終了後、チェルシーの監督就任が決まったとか。
う~ん、チェルシーかぁ・・・。

それにしても・・・因縁の相手トルコに負けて、開催国なのに予選敗退が決まったスイス。スイス-ポルトガルは消化試合になってしまいましたね。
今回のEUROは今のところ実力に即した結果が出ている感じ。
でもポルトガルが早いだけで、まだ分かんないですけどね。


去年の2月に初めてポルトガルに行きました。
首都のリスボンからして“下町”みたいな雰囲気。
また行ってみたいと思っています。
DSCF0099.jpg
『勝利の門』(ポルトガル・リスボン/2007年2月)

『勝利の門』があるコメルシオ広場は昔、宮殿があった場所。
リスボンは1755年に大きな地震にみまわれ、宮殿もその際に崩壊。
同じように、あのバスコ・ダ・ガマの航海に関する記録やルーベンスティツィアーノの絵画なども失ったそうです。ううっ・・・残念号泣
ヨーロッパで大地震があったこと自体が驚きでしたけど、津波の被害も大きかったみたいです。リスボンは河口の街だから津波が川を遡ったってことでしょうかね。それに地震前の動物の異常行動の証言もあるそうです。

下の画像の銅像のおじさんが地震の再建で名を挙げた当時のポルトガル宰相で、近代地震学の先駆者と言われている人なんですって。
DSCF0062.jpg
ポンバル侯爵像(ポルトガル・リスボン/2007年2月)

これより約200年前の1531年にも地震が起きてるみたいなんですが、またないとも限らないってことかしら・・・???



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


EURO2008 スペイン大勝!

ワンともの応援するスペインがあのヒディンク監督率いるロシアに4-1と大勝しましたオンプ 

やったー!!\(*^▽^*)/

ゴリゴリのパワーサッカーをするヒディンクのサッカーはあんまり好きじゃないんですよね~。デカくて当りが強けりゃ勝つようなサッカーは面白くない。
地上波での放送が無かったので詳細はわかりませんが、ビジャ(バレンシア)がハットトリックだったとか。なんだかフェルナンド・トーレス(リバプール)との相性も良さそう。
イニエスタ(バルセロナ)がビジャの3点のうちの1点をアシストしたようだし、セスク(アーセナル)も1点いれました。セスクはバルセロナのカンテラ(下部組織)出身。シャビプジョール(どちらもバルセロナ)も先発フル出場でバルサ・ファンとしては嬉しいかぎり。
・・・ああ、観たかった・・・がっくり

スペインは体格的に日本とそんなに変わらないかも。そのスペインが大きくて当りの強いロシアに大勝したということは、体格に差があっても勝てるということ。日本代表も何か学べるんじゃないでしょうかね。

スペイン-ロシアの試合会場はオーストリアインスブルック
“死のグループ”の試合会場がスイスなので日本ではイマイチ注目度が低いオーストリア。そのオーストリアのビール会社『オッタクリンガー』が、1次リーグのポーランドとドイツとの対戦で自国チームの選手がゴールしたら一生分のビールを無料で提供する、なんていうニュースを見かけました。CEOも個人的に1年分提供するそうですよ。ちょっとゴールキーパーには不公平な気もしますね。オーストリアのFIFAランクは日本よりも下の92位。12日にポーランド、16日にドイツ。これでモチベーションが上がって番狂わせなんてあると面白いんですけど・・・。誰が一生分のビールを獲得するかも注目ですね。

それにしてもオッタクリンガーってどんなビールなんだろう。
オーストリアではメジャーみたいなんだけど・・・。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


スイス・ベルン2003

夕べは午前3時半から放送のEURO2008オランダ-イタリアを観戦してから寝たので今日は1日中眠かった・・・。3時半って起きてるのも一旦寝るのも微妙な時間帯ですね~。

昨日の試合会場はBERN(ベルン)
3万5千人ちょっと収容のスタジアムは7割方オランダ・サポーターでした。
結果は3-0でオランダの快勝。
でも内容は得点ほど差があったわけでもないんですよね~。

ベルンへも2003年に行きました。
チューリッヒからICで1時間ちょっと。
日帰り旅行にはちょうどいい距離です。

ベルンはスイスの首都で旧市街は世界遺産になっています。
旧市街の通りの建物の下は6kmものアーケードになっていて、
あちこちにいろんな噴水があるのも印象的でした。
Bern4.jpg
世界遺産の旧市街


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


スイス・チューリッヒ2003

初めてスイスに行ったのは2003年12月。
最高気温が2、3℃、最低気温が-2、3℃
とにかく寒かった・・・怖い
ホテルに戻っても体が冷えきって暖かくならないので
浴槽にお湯をためて足湯してました。

チューリッヒの中心部はそんなに広くないので
だいたい歩いて回れましたね。
でも寒くてどこをどう回ったのか憶えてない・・・d001
『ビュールレ・コレクション美術館』にはルノワールの名画“少女イレーヌ”があったのかぁ・・・気が付かなくて残念。『バイヤー時計博物館』などはダンナ・ピットが喰いつきそうなテーマでしたね。

メインストリートのバーンホフ通りを歩いて行ったら、
“チューリッヒ湖”に行き当たったので遊覧船に乗船。
ワンとも達が乗ったのは観光用というより生活の足だったみたいで、
何ヶ所か船着場を回りながら湖を半周して元の所に帰ってきました。
DSCN0420.jpg



この遊覧船は乗船料がとっても安かったんですけど、
それ以外の物価はぶっ飛ぶほど高かった・・・マジですか
マクドナルドの一番安いバリューセットが当時のレートで800円ぐらい手書き風シリーズ汗2
着いた日の夜はホテルのレストランで食事をしたんですけど、
日本だったら3,000円程度のディナーが7,000円ぐらいに・・・手書き風シリーズ汗1
途中からダンナ・ピットがおかしくなりました。
「ぜーんぶ高い、あはははは」って・・・がーん
物価は日本の1.5倍から2倍ぐらいでしたね。
予備知識なしで出かけた上での悲劇号泣
航空運賃はそこそこ安かったのに・・・。
後で知ったんですけど、スイスは人件費が高くて
アルバイトでも時給が2,000円ぐらい出るから、物価が高くてもそれなりに生活は成り立つそうです。
日本で時給2,000円欲しいよ・・・。

スイスはEUに加入していないのでスイス・フランなんですけど、
ユーロも使えました。
でもお釣りはスイス・フランで返ってくるのでスイス・フランのコインばっかり残っちゃって・・・たぶんタンスの引き出しにしまってあるハズ。
使う機会は当分なさそうです。
つーか、あそこはお金がないと無理!
今EURO2008でヨーロッパ各地からサポーターが終結してると思うけど、会場によってはイタリアとかドイツに宿泊する人もいそうですね。実際、国境付近ではイタリアなどに買出しに行く人が多いみたいです。

そうそう、
ちょうどクリスマス・シーズンだったからイルミネーションがキレイでした。
DSCN0474.jpg
まだまだデジカメの性能が低かったので夜景はキツイ・・・。
このライトアップされている建物はなんだっけ???


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


EURO2008 始まる!

4年に一度のEURO2008が始まりました。
今回はスイス・オーストリアの共同開催
開幕戦はスイスのバーゼルでスイス-チェコ。
Bern1.jpg
スイス『ベルン』の街並

ベルンでは“死のグループ(Cグループ)”の試合3試合を開催。
ここはオランダとイタリアと予想。
アンリには頑張って欲しいけど、フランスの監督は星占いで選手を選ぶからなぁ・・・。


バレーボール男子が北京行きを決め、
ワールドカップ・アジア3次予選ドローでズッコケた後の流れで、
スイスーチェコの開幕戦を観ました~。
終わったのが夜中の3時・・・ゆえに今日は眠いです~。
WOWOWに入っていないのでTBSで放送する分しか観れませんけど、
これからは夜更かしが続きそう・・・。

昨日は残念ながら開催国のスイスは0-1の負け。
う~ん、ちょっとチェコの方が上だったかな・・・。
やっぱり決める時に決めないと勝てませんね。
でも前回大会ホスト国のポルトガルも開幕戦でギリシャに負けてるし、
まだまだわかりませんけど。
次の対戦は06年ワールドカップ欧州予選で殴り合いのような試合をしたトルコ。必要以上に熱くなりそうな予感・・・。
そのトルコにポルトガルは2-0で勝ったようです。これは順当かな。

ワンともはスペインを応援しています。
“無敵艦隊”といわれながらなかなか勝てないんですけど
今回のメンバーはかなり楽しみ。
目立つ所でフェルナンド・トーレス、セスク・ファブレガス
バルサだからプジョール、シャビ、イニエスタ
なるべく長く楽しませて欲しいですね。
でも予選を勝ち上がってくれないとTVで観れない・・・。
全部放送してよ、TBSぅ~泣き顔
Clasico2002.jpg
『エル・クラシコ 2002』(カンプ・ノウ/バルセロナ,スペイン)


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


Summer Time ~サマータイム~

Mr.Summer Time ~オンプ 

という懐かしい歌じゃなくて、夏の間だけ時計の針を1時間進める制度のこと。
サマータイムはイギリス英語、日本語だと夏時間、アメリカではDaylight Saving Time(DST)デイライト・セービング・タイムというそうです。

始まりは第一次世界大戦中のドイツ。
夏は遅くまで明るい欧米では一般的に行われていますが、赤道に近い国では実施していない国が多いそうで、アメリカはハワイ全州とアリゾナの一部で不採用らしいです。もちろん日本では採用していませんね。
Bastille.jpg
上画像の撮影時間は夜の8時ごろのパリ・バスティーユ広場。
日没はさらに1時間ぐらい後でした。



このサマータイムが日本でも実施されようとしています。
早ければ来年の夏から。
主要先進国でサマータイムを採用していないのは日本だけなんだとか。
(他所は他所、日本は日本だと思うけど・・・)
メリットとしては「明るい時間を有効に使える」「省エネ対策」「犯罪の低下」など。
政府は地球温暖化対策・環境対策の切り札として位置付けているようですがデメリットの方が多いという声の方が強いような気がするんですよね。
例えば、生活リズムの混乱・・・夏時間を採用している所では「疲れてだるい」という不調を訴える人が増えるそう。人は昼夜という大雑把な区別ではなく、日周体調リズムとういう体内時計に従って動いているのでそれが狂うと体調にも影響があるのだとか。また商業・医療・交通など各種システムに内蔵されている時計の誤作動残業が常態化する懸念も。それに日本では北と南では日照時間差があって全国一律実施は不向だし、省エネの面でもエアコンが普及している現代ではむしろマイナスになる可能性が高いし、青少年の夜間外出が助長される懸念もあるし、一説にはこれらを含めた経済的損失は約3兆円になるという試算も・・・。
北海道では実験的に実施されていますが、時計は進めず早く出社するフレックスタイムなんだそうです。滋賀県でも以前、やぱり実験的に実施されたそうなんですがどうだったんでしょうね。

サマータイムで生活したことのあるダンナ・ピットに聞いたところ
「え~ヤダ、面倒臭い」
と、全然乗り気じゃないですね。
ワンとももどうかと思うんですよ。
フレックスならまだしも勝手に1時間勧めるなんて傲慢な気がして・・・。

実際、ドイツ・フランス・ブラジルでは廃止意見が増加しているみたいだし、ロシアではサマータイムの切り替え前後に心筋梗塞による死者が増加していて廃止法案も提案されたそう(成立困難)。
昔、米軍占領下の日本でも4年だけ実施されたことがあるそうですが、過剰労働が増えて不評だったんだそうです。

このサマータイム導入は日本経団連が提案しているのだとか。
政府が強く実施したい背景には経団連からの政治献金でのプッシュが効いているから・・・という話も・・・。

なんだかデメリットの方が説得力あるのにサクサク話しが進んじゃって・・・
やっぱりお金の力には敵わないのかしらねぇうーん…



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


『El Convent ~エル・コンヴェン~』

TORRESに行く前にランチで寄ったお店です。
旧市街にある『サン・ジュセップ市場』の裏手にあるレストラン。
『El Convent』「修道院」という意味らしく、どうも修道院を改装したレストランのようです。
ElConvent.jpg



お店の外に「RB★★★」とスペイン語で「推奨店」という表記が。
店内も古い部分を残しながらキレイに手直した感じです。
2階はもっとアンティークで雰囲気があったのに写真に撮るのを忘れてしまった・・・。
ElConvent1.jpg



お昼からビール。うふふふ。はーと
ElConvent3.jpg



ダンナ・ピットはカルボナーラ。
ElConvent5.jpg

カルボナーラは・・・う~ん、マズくはないけど微妙だったみたい。
スペインで食べるパスタはどうしてソフト麺みたいに柔らかいんでしょうね。
イタリアはお隣なのにスペインに来るとカルボナーラもちょっと違うものに・・・。
この上にかかっているドライ・ハーブっぽいのが曲者。



ワンともはラビオリ。
ElConvent4.jpg

ラビオリの中は魚介のすり身でした。黒いのは多分イカスミ。
白い方は長いハート型。こちらは悪く無かったですけどね。



メニューを見るとパエリアもあるし、お魚のメニューが多い感じ。
たまたま選んだのが悪かったみたいd001
ご飯が美味しいスペインで「推奨店」になるぐらいなんだから
きっと他は美味しかったはず・・・。
やっぱりスペインでパスタはもうやめよう・・・。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


『TORRES~トーレス~』ワイナリーへの行き方

バルセロナからTORRESの最寄り駅“ヴィラ・フランカ・ペネデス”までは国鉄近郊線の“セルカニアス”を利用します。“renfe”という表示がそうです。

ワンとも達が利用した駅はカタルーニャ広場の地下に広がる
“プラサ・デ・カタルーニャ”
いくつもの路線が乗り入れていている大きな駅です。
ここにはもう一つの近郊線カタルーニャ鉄道も通っていているんですが、この2つは地下で連絡していないので入口を間違えると地上からやり直しなんですね~はぁあんまり利用者の利便性は良くないかと・・・でも、地元の人は気にしてないのかも。
CatalunyaSt4.jpg
“renfe”の目印はちょっと斜め左向きの“逆C”のマーク。
入口はFCバルセロナのオフィシャルショップのお向かいにあります。



改札口の前には大きな時計。
この近くに時刻表が置いてあったので前日に貰っていって時間をチェック。
手の平サイズに折り畳んであるので持ち歩きに便利。
CatalunyaSt.jpg Lenfe2.jpg



切符は券売機で購入。
CatalunyaSt2.jpg



タッチパネル式なので画面に触れて操作します。
何カ国かの言語で表示可能でしたが、残念ながら日本語はナシ。
英語の他、フランス語やイタリア語、ドイツ語もあったかな・・・。
CatalunyaSt1.jpg



行きも帰りも自動改札なので切符は失くさないように。
日本の切符と違って大きい。新幹線の切符ぐらいありました。
バルセロナ⇔ペネデスの運賃は片道3.1ユーロ(07年12月)
Lenfe3.jpg



ホームは更に地下にありますが、
同じホームなのに前と後ろでは行き先の違う電車が停まったりします。
馴れない旅行者には間違えのもとですね。
Renfe.jpg

カタルーニャ広場の次は長距離列車も発着する“サンツ駅”
ここからも乗車できますよ。



電車の座席は対面式。
見ず知らずの地元の方と膝を突き合わせて座りました。
Renfe1.jpg



バルセロナから離れるにしたがって段々ブドウ畑が多くなってきます。
のどかな田園風景を見ながら何駅か飛ばしつつ、1時間ほどで“ヴィラ・フランカ・ペネデス”に到着。
VilaFrancaDelPenedes.jpg



改札は1つなので迷うことはないでしょう。
田舎の無人駅のような所を想像してたんですけど割りにシッカリした駅で、駅前もちょっとした町になっていました。時間があったらちょっと食事をしたりお茶したりするのもいいかも。さっそくTORRESを飲んじゃうとかね。
VilaFrancaDelPenedes1.jpg


駅前からタクシーに乗って一言「TORRES」と言えばワイナリーまで連れて行ってくれます。交通量にもよりますが時間は15分~20分、料金は7~12ユーロほど。ワンとも達が行きに乗ったタクシーは女性のドライバーさんでした。帰りはTORRESのレセプションにお願いすればタクシーを呼んでくれますよ。

問題は帰りの電車です。
乗車券はバルセロナと同じ機械なので大丈夫ですが、乗り場の表示板がないので2つあるホームのどっちがバルセロナ行きなのか分からないのです。仕方ないので、ダンナ・ピットが停車していた電車の乗客に聞いて乗車しました。
みんな何見て乗っているんだろう・・・馴れかな???
だとすると、ちょっと旅行者にはキビしいシステムですよたはー
気が付かなかっただけでどこかに表示があったのかしら・・・。

戸惑う部分もありつつ、なんとか無事行って来いしました。
バルセロナから半日、郊外に出かけるにはちょうどいい場所でしたね。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


『TORRES~トーレス~』 ワイナリー・ツアー②

このワイナリーは17世紀から続いていますがスペイン内戦(1936-1939)の時に破壊され、その後再建されたものだとか。内戦前は確か巨大な樽だったかな・・・があって、それがシンボルだったそうです。
醸造設備は今や近代化されていましたが、伝統的な部分も大事にしているんだとか。

赤ワインを絞るタンク。
Torres7.jpg



白ワイン用タンク。
Torres6.jpg

圧搾するんだと思っていたらブドウの重みだけで果汁を抽出するんですって。決してブレンドもしないそう。



斜面を利用した貯蔵庫の入口はひっそりとしていました。
Torres8.jpg



中は温度や湿度が一定に保たれ、樽は収穫された年・種類・畑などごとにきちんと管理されています。こんなトンネルが何本も奥に延びていました。
Torres3.jpg

ヴィンテージで一番古いのは1906年もの。
1906年というと日本では明治39年。夏目漱石が「坊ちゃん」を発表した年で、前年は日露戦争が終結した年です。
でも、ワインはもって80年が限界。
1~3年ぐらいで飲むのが一番いいんだとか。
ヴィンテージはあくまでもディスプレイだそうですよ。



バルセロナから少し離れた辺りからずーっと続く葡萄畑。
初夏から秋にかけて行ったら、全然様子が違うんでしょうねぇ・・・。
Torres9.jpg

TORRES社はペネデス以外にもスペインの各地やチリ、カリフォルニアにも畑を所有しているそうです。


約1時間ほどのツアーが終わり、試飲をしてお土産を買ってペネデスの駅まで戻ると夕闇が迫っていていました。この時は冬至が近かったですけど、17時でも十分陽が残っていました。
途中にフレシネの醸造所を見かけたので次回訪ねてみたいですね。
VilaFrancaDelPenedes4.jpg
“ヴィラ・フランカ・ペネデス駅”


TORRESの見学はホームページから予約できます。
トップページからのアクセスは「COME AND VISIT」
「Our Winely in Pacs (Spain)」から。
「Request Visit」が予約フォーマットです。


見学ツアーをしているTORRESのワイナリーは他にもあるので、
バルセロナからペネデスへ行く場合は
上記の「Pacs」を選んでください。

見学ツアーの時間は午前10:00~と午後16:00~の2回のみ。
料金は一人4ユーロ
最後におつまみ少しとグラスに一杯のワインの試飲をしました。
(ワンともはもう一杯飲ませてもらっちゃいました~オンプ 

全体の所要時間は約5時間。
移動の方法は明日ご紹介しますね。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


『TORRES~トーレス~』 ワイナリー・ツアー①

去年の12月にバルセロナへ行った際、
昨日ご紹介した『Esmeralda』の醸造元
『TORRES~トーレス~』
ワイナリーに行ってきました。
Torres2.jpg



場所はバルセロナから近郊鉄道で約1時間の
“ヴィラ・フランカ・ペネデス”
ワイナリー・ツアーは10:00と16:00の2回。

レセプション。
Torres1.jpg



ロビー。
Torres.jpg


16:00の回に参加したんですが、平日の夕方、しかも季節外れということもあってか参加者はワンとも達2人だけ。よって社用車で回るプライベート・ツアーになってしまいましたが、本来はトラムに乗ってワイナリーを回るみたいですよ。社用車も貴重な体験でしたが、トラムにも乗ってみたかったなぁ・・・。
Torres4.jpg

トラムで回る前にVTRや視聴覚体験もありました。
VTRは日本語で、なかなかしっかり作ってありましたよ。
でも、まだまだ日本人の参加者は少ないみたいですね・・・。







ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


TORRES 『Esmeralda』 ~トーレス・エスメラルダ~

最近、和食にもピッタリな懐かしいワインを見付けました。
02年に初めてスペインに行った時にバルセロナのメソンで飲んだワイン。
『Vina Esmeralda ~ヴィーニャ・エスメラルダ~』
(nの上に~が付きます)
DCP_0320.jpg



『Esmeralda』とは宝石のエメラルドという意味。
スペインの名門ワイナリーTORRES(トーレス)社が醸造した、
フレッシュで香り高いやや辛口の白ワイン。
DSCF1828.jpg DSCF1826.jpg


ワインの知識が無いワンともですが、美味しいのは確かです。
口当たりが良くてゴクゴク飲めちゃうのがナンですが・・・。


ウチの近所のスーパーでの価格は、1本=1,880円
Webショップでは取扱店が多くて、もう少し安かったです。

それにしてもバルセロナで飲んだ時はこんなに高くなかったような・・・。
これってやっぱりユーロ高と原油高の影響かしら???



ワイン王国 2007年 11月号 [雑誌]ワイン王国 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/10/15)
不明

商品詳細を見る
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


旅の必需品 『耳栓』

耳栓・・・「ああ、飛行機の中で使うのねぇ」と思いますよね。
いいえ、ワンともは寝る時に使います。
もちろんこの間の旅行にももって行きました。
これを忘れると大変なことになるんです。
なぜんならダンナ・ピットのイビキがスゴイから・・・。
とにかく、

ものすごぉぉぉぉぉぉぉぉく ウルサイ!!

夏場に窓を開けて寝ていると外まで聞こえるし、
リビングで昼寝されるとTVが聴こえない。
一定ならまだしも大きくなったり小さくなったり時々静かになったり・・・。
昔は一緒の部屋でワンともが耳栓をして寝ていましたが、だんだん耳が馴れてきちゃうし夏は蒸れて痒くなるし、もうガマンできずに寝室を分けました。分けたといっても隣だから全然聞こえるんですけどね。それでもなんとか日々の安眠を確保したワンとも。

またこれが寝相も悪いんですね 号泣
一晩中動いてますね。それもベッドの幅だけ動くんですよ。
「やっぱり枕はソバ殻」なんて言ってますが、
枕を使っているのは寝付くまで。
たまに覗くと布団が暗闇で踊っていたりしますd001
ゆえに布団が上下逆転なんてことはしょっちゅう。
で、朝起きてきて「今日は寝た気がしない」とか言ってるわけですよ。
そりゃ、あれだけ動いてイビキかいてれば寝た気もしないでしょうよ。
一晩中大声出しながら運動しているようなモンなんですから・・・。

で、問題は旅行の時なんです。
2ベットルーム以上のスイートにでも泊まれればいいんですが、
それは無理なお話。
仕方なく、たいがいツインルームです。海外ではダブルの時もありますね。
旅行中、ワンともはイビキ&寝相に悩まされるワケです。
よって旅行に耳栓は不可欠!
うっかり忘れると大変 マジですか
一度忘れて大変な目にあったので、“うっかり”しちゃった時のために旅行用のポーチやバックなどあちこちに耳栓を仕込んでいますし、泊まることの多い実家には常備されています。

おかげでいろんな耳栓を試しているのでちょっとした耳栓通。
通常市販されているのはワンともには少し大きくてフィット感がイマイチ。
フィット感が悪いと寝ている時に外れて凶悪なイビキに起こされるんですね。
以前スカンジナビア航空を利用した時にもらったアメニティ・セットの耳栓はGOODナイスでした。でもヘタってきちゃうのでこれに近いのを探してやっと見つけたのが

『イヤーウィスーパーSサイズ』
(2ペア4個入り、ケース付き 483円)

小さいから少しでもヘタってくると緩くなっちゃうんですんですけどね、新品のフィット感は今のところピカイチサンサンです。現在、古いのから順次交換中。

ワンともがこれだけ努力しているんだからダンナ・ピットも何か改善の努力をしてくれてもいいと思うんだけど・・・

「キラキラ、サラサラ寝てる!」

と言い張って全然聞く耳を持たないんですね~。

こいつはぁ・・・(-""-;)

いつか、どげんかせんとイカン!!!!! 怒り



イアーウィスパー Sサイズ
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム