なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年07月
ARCHIVE ≫ 2008年07月

Restaurant 『Els Barrils』

『Els Barrils』は、2003年にダンナ・ピットがスイス・エアーで飲み過ぎた後、バルセロナに着いてから行ったレストラン。

『エル・バリル』と読むんでしょうか???
たぶん“rr”はスペイン語独特の巻き舌で発音するんじゃないでしょうかね。
例えば、スペイン語で鉄道は“Ferrocarrile”
“フェロッカリル”と発音するが、巻き舌の部分が2つもあって舌を攣りそうになります。
まぁ、練習しても実践したことはないですが…。

このレストランは、泊まったホテル『ベスト・ウェスタン・ダンテ・ホテル』の近くにありました。特にガイドブックに載っているわけでもなく、フラッと入ったので場所もロクに覚えていません。カタルーニャ鉄道の駅“プロベンサ”の近くだったと思います。
Els Barrils1
食事をするテーブル席は2階。1階はカウンターがあってバルのようになっていました。
※上の画像は翌日撮影したもの。


バルセロナに着いたダンナ・ピットはアルコールが抜けて元気になっていました。
すると反動のようにお腹が空くようです。
ごらんのようなごっついステーキをペロリと平らげました。
ワンともは「軽く白身魚のグリルを」と思って注文したのだが、頭から尻尾まで20㎝以上のモノがまるまる一匹ドーンと出てきました。切り身が出てくる思っていたのでちょっと面喰らいました。メインの前に山盛りのサラダを食べていたので、結構お腹は膨れていましたし…。でも最後にデザートの“クレマ・カタラナ”はしっかり食べましたよ。“クレマ・カタラナ”はスペイン版クリーム・ブリュレのような美味しいプリン系デザート。またこれも結構な量があったんですよねぇ~。
ElsBarrils1.jpg



このレストラン、入った時は全然人がいなくて流行ってないのかと思いましたけど、そのうちどんどんお客さんが入ってきました。ワンとも達はすっかり遅くなってしまったと思っていましたが、スペインの人たちの夕食は遅いので、むしろ早くて人がいなかったみたいです。
レストランの夜のOPENは20時から20時半ぐらいが多いですね。
(お店によっては昼からずっと開いているところもあります)
最初は空いていても9時を過ぎると段々混んでくるので、OPEN直後に行くのがすぐ座れて早く食べられるコツと言えばコツですが、お腹が空いて辛いからOPENの時間を待ちわびて出向いているのがホントのところだったりします。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか

ドラマなどで、飛行機の乗客に急病人が出て苦しみだす。
スッチーが「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」と叫ぶ。すると一人の乗客がすっと立ち上がる。そう彼は医者だった…ってなことはまだ経験していませんし見たこともありません。

でも具合が悪くなったことはあります…ダンナ・ピットが…。

まず2003年、スイス・エアーでのこと。
ダンナ・ピットは機内で飲んだワインが殊のほか美味しかったらしく、調子に乗って2本も飲みました。
200ml程度の小瓶とはいえ空の上では気圧の関係で酔いの回りが早い。
ワインの前にビールも飲んで、空港でも飲んで。
そのうち気分が悪くなって苦しみ始めました。
ちょっとヤバそうだったので、「スッチー呼ぶ?」って聞いたら
「…呼んで…」と、ダンナ・ピット

『えっ、呼ぶの!?』 (ワンとも心の叫び)

ワンともが英語できないのすら分からなくなっていましたd001

仕方ないので、ワンともの英語力をフル活用してスッチーに説明。

カレ、ワルイ、キブン

ワイン、ノンダ、イッパイ


スッチーは理解しました。
そして氷とアスピリンを持って来てくれました。
おかげで暫くすると少し良くなりました。

ワインで気分が悪くなったことはワンとももありますが自力で治しました。ダンナ・ピットは、それをずっとからかっていたんですけれどこれで対等、いやいやワンとも優位でしょう。


次は2006年、KLMでのことです。
出発前夜、飲み会だったダンナ・ピットはしこたま飲んで帰宅が午前様でした。
この時期、仕事の忙しさもあったのに飲み会で飲み過ぎ、ロクに寝もしないで出発。案の定、行きの車の中からもう調子が悪いと言う始末。
熱もありました。
成田では通路のベンチで寝ていました。

薬は持っていきましたが預け入れ荷物にしてしまったので意味ありません。
飛行機に乗って2、3時間すると我慢できなくなったらしく、
今度は自分から「スッチー呼んで…」と言いました。

『ひぇぇぇぇぇ~』 (ワンとも心の叫び)

仕方がないのでスッチーを呼んでまた説明しました。

カレ、ワルイ、キブン

ベテランのおばさんスッチーはダンナ・ピットの様子を見て全てを理解しました。
まずダンナ・ピットをシートに寝かせるため、ワンともを前の席に、
隣に座っていた乗客を別な席に移動させました。
結構、混んでいたから何人かには迷惑を掛けました。

おばさんスッチーはダンナ・ピットを寝かせタオルで頭を冷やしました。
そしてワンともに「英語できる?」と聞きました。
きっぱりと「ノー」です。
するとこれまた近くの日本人に「通訳して」と言って話し出しました。
「目的地はどこか?」「スキポール空港に医務室があるから良くならなかったら行って」などなど。
ワンともは全部聞き取れて、なんとか全部答えられました。
こういうのを“火事場のバカぢから”と云うのでしょう。

最後に「たぶん疲れているだけだから、すぐ良くなる」と言いました。
おばさんスッチーの安心感はただごとではないですね。
KLM…ご飯は不味いけどスッチーは“ブラボー”です。

その後、ダンナ・ピットはなんとかバルセロナまで移動し、しんどいながらもしっかり夕食を食べ、一晩寝たらだいぶ良くなりました。
持っていったヴァファリンが効いたのかもしれません。
この時以来、薬は手荷物で持ち込むようにしました。

後でワンともがどれだけ大変だったか説明すると
「いい経験になって良かったね」とダンナ・ピット。

ワンともは心の中で絶叫しました。

『日本に帰ったら、覚えとけ…』

あれから2年…
何とかの法則が働くのか、ダンナ・ピットは旅行の前日に飲み会が入ります。
以前ほど深酒しないで帰ってくるようになりましたが、できれば飲み会はキャンセルして早めに帰って来て早めに寝て欲しいんですけどねぇ。
もう「スッチー呼んで」は御免です。

「日本人のスッチーも乗務しているよ」と思う人もいると思います。
でも英語、英語、英語…って思い込んじゃうと、そんなことすら全く頭に浮かばなくなっちゃうのです。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





機内のビール銘柄について

有料の機内食について調べていたら機内食のデータに出くわしました。
AB・ROAD.netに出ていた人気エアラインの機内食と無料サービス大公開がそれです。

特にビールは銘柄まで載っていて興味深いです。
※データは日本との路線で提供されるものについて。

JALとANAは日本の主要銘柄の4社、JALウェイズはサントリーがないですね。

アメリカ系の航空会社だと…
ノースウェストはサッポロ、アサヒ、バドワイザー
ユナイテッドはキリン、ミラー、ミラーライト
コンチネンタルはキリン、ハイネケン、ミラー、フォスター
ノースウェストとユナイテッドは被っていない。
ノースとコンチは同じスカイチーム系だけど、ユナイテッドはスターアライアンス系だからかでしょうか…?

アメリカに行く時はノースウェストばかり利用していますし、現地でもバドワイザーなので、ずーっとバドワイザーばかり飲んでいる気がします。

ヨーロッパ系の航空会社だと…
KLMオランダ航空はハイネケン
エールフランスはクローネンバーグ1664
ルフトハンザはベックス、クラウスターラー、WARST

去年、KLMを利用した時、ダンナ・ピットはハイネケンを飲んでたような…。
この細い缶は飛行機ならではの容量ですね。
AirlineBeer.jpg

オランダはアムステルも有名ですが、アムステルは35年以上前にハイネケンに買収されて、今はハイネケンがアムステルを造っているそうです。

クローネンバーグ1664ってどこの銘柄かと思ったらイギリスでした。でもハイネケンとカールスバーグに買収されちゃったのね…コンチネンタルで提供されるフォスターも。

ルフトハンザはドイツだけあってドイツビールが3銘柄も。
ベックスは飲んだことありますがあとの2銘柄はまだありません。
有名なのかしら?
今度乗ったら飲んでみようかな。

アジア系の航空会社だと…
人気のシンガポール航空はアサヒ、タイガー
タイ航空はキリン、アサヒ、ハイネケン、シンハー、シンハーゴールド、チャン
コリアンエアーはOB、HITE、CASS、CAFRI
キャセイパシッフィックはキリン、アサヒ、カールスバーグ

タイのシンハーは今年の3月に利用した時に機内で、チャンは現地で飲みました。
シンハーの方が軽い感じだと思います。

右がシンハー、左がチャン
TokyuCafe3.jpg DSCF1271.jpg


コリアンエアーのは韓国のビールでしょうか。
一つも飲んだことがありません。

オセアニア系の航空会社だと…
カンタスがアサヒ、ビクトリアンビター、フォーエックス
ニュージーランドがキリン、アサヒ、ライオン、ハイネケン

オセアニア系は利用したことがないので全く未知です。
カンタスのビクトリアンビターとフォーエックスは名前だけだと英国っぽい。

こうしていろんなエアーのいろんな銘柄を見ていると、それぞれのエアーに乗ってそれぞれのビールを飲んでみたくなりますね。
いくつも試したら大変なことになりそうですが…。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





Jリーグ観戦 鹿島アントラーズ-浦和レッズ

久々のカシマスタジアムでの観戦。
鹿島は東京と比べると涼しいかったです。
車外気温が東京だと36℃でしたが鹿島は28℃でした。
試合終了後にはもっと下がって23℃。

前回、埼玉スタジアムでの失態の反省からか、今回の応援は特に目立った行動はなく、いつもより幕が多いぐらいでした。浦和相手だと過剰反応してた今までがみっともなかったんですよね~。
_DSC3653.jpg _DSC3654.jpg



昨日は右サイドバックの内田が五輪召集のため中後が入りました。
_DSC3659.jpg _DSC3663.jpg



キックオフ!
_DSC3681.jpg



それにダニーロが先発。最近、アントラーズになくてはならない存在になりつつあります。ここにきてダンナ・ピットはダニーロ・ファンです。
_DSC3693.jpg



いい感じで攻めていましたが得点がないまま雷雨のため試合が中断。

ワンとも達の席は屋根があったにも拘らず、強風で吹き込んできた雨でずぶ濡れに。
幸いカッパを持っていたので他の人より被害は少なかったですけど…。
DSCF1935.jpg DSCF1936.jpg



強い雷が鳴って危ないからコンコースかスタンド上段に避難するようにとの
再三のアナウンスを無視して応酬合戦をする鹿島&浦和の

バカ・サポども

もはや応援というより自己満足のための意地の張り合い。
もし何かあった時に及ぼす影響とか迷惑を全く考えていない。
DSCF1939.jpg



ようやくゲームが再開した後も雷は鳴り続けていました。

フラッグは危ないから振るなという警告をどちらも無視。
ホント、バカ 

どっちもリーダーの資質に問題があると思います。
DSCF1942.jpg
指示に従えないなら来るな!!


前半に中断した残り5分から試合開始。

すぐに小笠原のシュートで先制。
素晴らしいミドル・シュートでした。
ミドルと言えば先月のミドル・シュートが『スカパーの月間ゴール賞』をもらいましたね。確かにあのゴールは良かった。
_DSC3701.jpg



これは帰ってきてから観たTVで知ったんですけど、不可解なジャッジに抗議した監督が退席処分になっていました。退席処分になるほど強く抗議した問題のプレーについてクラブはJリーグに意見書を出すらしいです。確かにマルキーニョスと興梠に対するプレーはスタジアムで観ていてもファールでした。メイン2階席にいたワンともが見てもファールなのに審判はどこを見てノーファールにしたんでしょうか。その他にも不可解ジャッジは多く、浦和もオフサイド取ってもらえなかったりしていましたけど、程度と割合からしてやっぱり審判は浦和がお好き???審判はサッカー協会から何か含まれているのか、勝手に気を回しておもねっているのか、技術がないのか、どうもスッキリしないレフェリングが目立ちます。こういったことがサポーター同士のトラブルを助長する要素にもなっていると思います。で、これは鹿島だけが感じている事じゃないと思うんですよね。
referee.jpg
昨日、笛を吹いたのは吉田主審

監督退席で指揮力が落ちたとはいえ半分以上の時間帯で押していたわけですし、チャンスに決められないのは相変わらず問題。
FCバルセロナの本拠地『カンプ・ノウ』では、ゴール前で弱気な横パスなんてしたら大ブーイングですよ。
3685 1944


中断のおかげで帰りはすっかり遅くなってしまったけど雨もすっかり上がって涼しくなっていました。
そして試合が終わっても延々と続く“We are Reds”コール
勝ったわけでもないし、ましてや優勝したわけでもないのに…
他所のスタジアムではしつこいほどコールするくせに自分の所でやられると文句言うんですよね。その声に呼応してスタジアム外でも“We are Reds”を連呼するアホもちらほら。でもね、「ああいうのがいるからレッズ・サポ全体が誤解されるんだよ」ってレッズ・サポの人が呟いていましたよ。
…レッズ・サポもバカな身内には苦労しているんですねぇ。


帰りに給油したらこんな金額になってしまいました…とほほ…。
ここは他と比べるとかなりお安いんですけどね。
ガソリン高騰のおかげでスタジアムでのサッカー観戦も厳しくなりました。
DSCF1949_20150622193724012.jpg




『ピンチおじさんのたまたま日記』のたまさんから頂きました
“WANTLERS”です。
Wantlers.jpg


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





土曜に土用の鰻(うなぎ)

昨日の晩ご飯は“うな重”でした。
需要の多さから値段が上がったと言われていますが、
ウチのご近所の鰻屋さんはお値段据え置きでした。
ガソリンも高騰している今、出前で据え置き価格だと
ちょっと心苦しくもあります。

Unagi20080726.jpg
特に確認はしてないけど、国産だよね…???

毎年、土用の丑の日の1、2日前に食べていましたが、
今年は都合で後になってしまいました。
当日は出前なしの営業なうえ、土用丑の日の前の方が美味しいと聞いたので
これまでは前日に出前してもらっていたんですよね。

土用の丑の日の後は「ちょっと質が落ちる」って言っていましたけど、
見た目にも食べた感じも遜色ないと思いましたけど、
一年に一回しか食べないから違いがよく分からないですね…。

土用の丑の日って一年に一回だと思っていたら実は数回あるるそうですね。
しかも土用のうちに丑の日が2回あることもよくあるそうで、
2回目の丑の日を“二の丑”というそうです。
ちなみに今年の“二の丑”は8月5日
来年も夏の土用の丑の日が2回あるみたい。

夏の土用は立秋の前の18日間。
あと2週間ぐらいで立秋ということですかね。

鰻屋さんは、“二の丑”の鰻よりは最初の丑の日の鰻の方が質はいいと言っていたけど、また鰻を食べるいい口実にはなりそう。

「二の丑の鰻はあんまりねぇ」って、
ウチの近所の鰻屋さんは商売っ気がないです。
むしろ2回あることを宣伝すればまた食べる人もいるでしょうに…。

鰻は夏バテ防止などに有効なビタミンBが豊富なので
夏の暑い時に食べるのは理にかなっているらしいです。

でも近年の夏の暑さでは、土用の丑の日以外も鰻を食べないと
乗り切れない気がします…。
もうちょっとお手頃なお値段なら、一週間に一回ぐらいは食べられますけど
無理そうだから豚肉中心で乗り切ろうっと。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム