プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

Restaurant 『Els Barrils』

『Els Barrils』は、2003年にダンナ・ピットがスイス・エアーで飲み過ぎた後、バルセロナに着いてから行ったレストラン。

『エル・バリル』と読むんでしょうか???
たぶん“rr”はスペイン語独特の巻き舌で発音するんじゃないでしょうかね。
例えば、スペイン語で鉄道は“Ferrocarrile”
“フェロッカリル”と発音するが、巻き舌の部分が2つもあって舌を攣りそうになります。
まぁ、練習しても実践したことはないですが…。

このレストランは、泊まったホテル『ベスト・ウェスタン・ダンテ・ホテル』の近くにありました。特にガイドブックに載っているわけでもなく、フラッと入ったので場所もロクに覚えていません。カタルーニャ鉄道の駅“プロベンサ”の近くだったと思います。
Els Barrils1
食事をするテーブル席は2階。1階はカウンターがあってバルのようになっていました。
※上の画像は翌日撮影したもの。


バルセロナに着いたダンナ・ピットはアルコールが抜けて元気になっていました。
すると反動のようにお腹が空くようです。
ごらんのようなごっついステーキをペロリと平らげました。
ワンともは「軽く白身魚のグリルを」と思って注文したのだが、頭から尻尾まで20㎝以上のモノがまるまる一匹ドーンと出てきました。切り身が出てくる思っていたのでちょっと面喰らいました。メインの前に山盛りのサラダを食べていたので、結構お腹は膨れていましたし…。でも最後にデザートの“クレマ・カタラナ”はしっかり食べましたよ。“クレマ・カタラナ”はスペイン版クリーム・ブリュレのような美味しいプリン系デザート。またこれも結構な量があったんですよねぇ~。
ElsBarrils1.jpg



このレストラン、入った時は全然人がいなくて流行ってないのかと思いましたけど、そのうちどんどんお客さんが入ってきました。ワンとも達はすっかり遅くなってしまったと思っていましたが、スペインの人たちの夕食は遅いので、むしろ早くて人がいなかったみたいです。
レストランの夜のOPENは20時から20時半ぐらいが多いですね。
(お店によっては昼からずっと開いているところもあります)
最初は空いていても9時を過ぎると段々混んでくるので、OPEN直後に行くのがすぐ座れて早く食べられるコツと言えばコツですが、お腹が空いて辛いからOPENの時間を待ちわびて出向いているのがホントのところだったりします。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:バルセロナのレストラン

THEME:バルセロナ | GENRE:旅行

お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか

ドラマなどで、飛行機の乗客に急病人が出て苦しみだす。
スッチーが「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」と叫ぶ。すると一人の乗客がすっと立ち上がる。そう彼は医者だった…ってなことはまだ経験していませんし見たこともありません。

でも具合が悪くなったことはあります…ダンナ・ピットが…。

まず2003年、スイス・エアーでのこと。
ダンナ・ピットは機内で飲んだワインが殊のほか美味しかったらしく、調子に乗って2本も飲みました。
200ml程度の小瓶とはいえ空の上では気圧の関係で酔いの回りが早い。
ワインの前にビールも飲んで、空港でも飲んで。
そのうち気分が悪くなって苦しみ始めました。
ちょっとヤバそうだったので、「スッチー呼ぶ?」って聞いたら
「…呼んで…」と、ダンナ・ピット

『えっ、呼ぶの!?』 (ワンとも心の叫び)

ワンともが英語できないのすら分からなくなっていましたd001

仕方ないので、ワンともの英語力をフル活用してスッチーに説明。

カレ、ワルイ、キブン

ワイン、ノンダ、イッパイ


スッチーは理解しました。
そして氷とアスピリンを持って来てくれました。
おかげで暫くすると少し良くなりました。

ワインで気分が悪くなったことはワンとももありますが自力で治しました。ダンナ・ピットは、それをずっとからかっていたんですけれどこれで対等、いやいやワンとも優位でしょう。


次は2006年、KLMでのことです。
出発前夜、飲み会だったダンナ・ピットはしこたま飲んで帰宅が午前様でした。
この時期、仕事の忙しさもあったのに飲み会で飲み過ぎ、ロクに寝もしないで出発。案の定、行きの車の中からもう調子が悪いと言う始末。
熱もありました。
成田では通路のベンチで寝ていました。

薬は持っていきましたが預け入れ荷物にしてしまったので意味ありません。
飛行機に乗って2、3時間すると我慢できなくなったらしく、
今度は自分から「スッチー呼んで…」と言いました。

『ひぇぇぇぇぇ~』 (ワンとも心の叫び)

仕方がないのでスッチーを呼んでまた説明しました。

カレ、ワルイ、キブン

ベテランのおばさんスッチーはダンナ・ピットの様子を見て全てを理解しました。
まずダンナ・ピットをシートに寝かせるため、ワンともを前の席に、
隣に座っていた乗客を別な席に移動させました。
結構、混んでいたから何人かには迷惑を掛けました。

おばさんスッチーはダンナ・ピットを寝かせタオルで頭を冷やしました。
そしてワンともに「英語できる?」と聞きました。
きっぱりと「ノー」です。
するとこれまた近くの日本人に「通訳して」と言って話し出しました。
「目的地はどこか?」「スキポール空港に医務室があるから良くならなかったら行って」などなど。
ワンともは全部聞き取れて、なんとか全部答えられました。
こういうのを“火事場のバカぢから”と云うのでしょう。

最後に「たぶん疲れているだけだから、すぐ良くなる」と言いました。
おばさんスッチーの安心感はただごとではないですね。
KLM…ご飯は不味いけどスッチーは“ブラボー”です。

その後、ダンナ・ピットはなんとかバルセロナまで移動し、しんどいながらもしっかり夕食を食べ、一晩寝たらだいぶ良くなりました。
持っていったヴァファリンが効いたのかもしれません。
この時以来、薬は手荷物で持ち込むようにしました。

後でワンともがどれだけ大変だったか説明すると
「いい経験になって良かったね」とダンナ・ピット。

ワンともは心の中で絶叫しました。

『日本に帰ったら、覚えとけ…』

あれから2年…
何とかの法則が働くのか、ダンナ・ピットは旅行の前日に飲み会が入ります。
以前ほど深酒しないで帰ってくるようになりましたが、できれば飲み会はキャンセルして早めに帰って来て早めに寝て欲しいんですけどねぇ。
もう「スッチー呼んで」は御免です。

「日本人のスッチーも乗務しているよ」と思う人もいると思います。
でも英語、英語、英語…って思い込んじゃうと、そんなことすら全く頭に浮かばなくなっちゃうのです。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


機内のビール銘柄について

有料の機内食について調べていたら機内食のデータに出くわしました。
AB・ROAD.netに出ていた人気エアラインの機内食と無料サービス大公開がそれです。

特にビールは銘柄まで載っていて興味深いです。
※データは日本との路線で提供されるものについて。

JALとANAは日本の主要銘柄の4社、JALウェイズはサントリーがないですね。

アメリカ系の航空会社だと…
ノースウェストはサッポロ、アサヒ、バドワイザー
ユナイテッドはキリン、ミラー、ミラーライト
コンチネンタルはキリン、ハイネケン、ミラー、フォスター
ノースウェストとユナイテッドは被っていない。
ノースとコンチは同じスカイチーム系だけど、ユナイテッドはスターアライアンス系だからかでしょうか…?

アメリカに行く時はノースウェストばかり利用していますし、現地でもバドワイザーなので、ずーっとバドワイザーばかり飲んでいる気がします。

ヨーロッパ系の航空会社だと…
KLMオランダ航空はハイネケン
エールフランスはクローネンバーグ1664
ルフトハンザはベックス、クラウスターラー、WARST

去年、KLMを利用した時、ダンナ・ピットはハイネケンを飲んでたような…。
この細い缶は飛行機ならではの容量ですね。
AirlineBeer.jpg

オランダはアムステルも有名ですが、アムステルは35年以上前にハイネケンに買収されて、今はハイネケンがアムステルを造っているそうです。

クローネンバーグ1664ってどこの銘柄かと思ったらイギリスでした。でもハイネケンとカールスバーグに買収されちゃったのね…コンチネンタルで提供されるフォスターも。

ルフトハンザはドイツだけあってドイツビールが3銘柄も。
ベックスは飲んだことありますがあとの2銘柄はまだありません。
有名なのかしら?
今度乗ったら飲んでみようかな。

アジア系の航空会社だと…
人気のシンガポール航空はアサヒ、タイガー
タイ航空はキリン、アサヒ、ハイネケン、シンハー、シンハーゴールド、チャン
コリアンエアーはOB、HITE、CASS、CAFRI
キャセイパシッフィックはキリン、アサヒ、カールスバーグ

タイのシンハーは今年の3月に利用した時に機内で、チャンは現地で飲みました。
シンハーの方が軽い感じだと思います。

右がシンハー、左がチャン
TokyuCafe3.jpg DSCF1271.jpg


コリアンエアーのは韓国のビールでしょうか。
一つも飲んだことがありません。

オセアニア系の航空会社だと…
カンタスがアサヒ、ビクトリアンビター、フォーエックス
ニュージーランドがキリン、アサヒ、ライオン、ハイネケン

オセアニア系は利用したことがないので全く未知です。
カンタスのビクトリアンビターとフォーエックスは名前だけだと英国っぽい。

こうしていろんなエアーのいろんな銘柄を見ていると、それぞれのエアーに乗ってそれぞれのビールを飲んでみたくなりますね。
いくつも試したら大変なことになりそうですが…。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:旅行(travelog)

THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行

Jリーグ観戦 鹿島アントラーズ-浦和レッズ

久々のカシマスタジアムでの観戦。
鹿島は東京と比べると涼しいかったです。
車外気温が東京だと36℃でしたが鹿島は28℃でした。
試合終了後にはもっと下がって23℃。

前回、埼玉スタジアムでの失態の反省からか、今回の応援は特に目立った行動はなく、いつもより幕が多いぐらいでした。浦和相手だと過剰反応してた今までがみっともなかったんですよね~。
_DSC3653.jpg _DSC3654.jpg



昨日は右サイドバックの内田が五輪召集のため中後が入りました。
_DSC3659.jpg _DSC3663.jpg



キックオフ!
_DSC3681.jpg



それにダニーロが先発。最近、アントラーズになくてはならない存在になりつつあります。ここにきてダンナ・ピットはダニーロ・ファンです。
_DSC3693.jpg



いい感じで攻めていましたが得点がないまま雷雨のため試合が中断。

ワンとも達の席は屋根があったにも拘らず、強風で吹き込んできた雨でずぶ濡れに。
幸いカッパを持っていたので他の人より被害は少なかったですけど…。
DSCF1935.jpg DSCF1936.jpg



強い雷が鳴って危ないからコンコースかスタンド上段に避難するようにとの
再三のアナウンスを無視して応酬合戦をする鹿島&浦和の

バカ・サポども

もはや応援というより自己満足のための意地の張り合い。
もし何かあった時に及ぼす影響とか迷惑を全く考えていない。
DSCF1939.jpg



ようやくゲームが再開した後も雷は鳴り続けていました。

フラッグは危ないから振るなという警告をどちらも無視。
ホント、バカ 

どっちもリーダーの資質に問題があると思います。
DSCF1942.jpg
指示に従えないなら来るな!!


前半に中断した残り5分から試合開始。

すぐに小笠原のシュートで先制。
素晴らしいミドル・シュートでした。
ミドルと言えば先月のミドル・シュートが『スカパーの月間ゴール賞』をもらいましたね。確かにあのゴールは良かった。
_DSC3701.jpg



これは帰ってきてから観たTVで知ったんですけど、不可解なジャッジに抗議した監督が退席処分になっていました。退席処分になるほど強く抗議した問題のプレーについてクラブはJリーグに意見書を出すらしいです。確かにマルキーニョスと興梠に対するプレーはスタジアムで観ていてもファールでした。メイン2階席にいたワンともが見てもファールなのに審判はどこを見てノーファールにしたんでしょうか。その他にも不可解ジャッジは多く、浦和もオフサイド取ってもらえなかったりしていましたけど、程度と割合からしてやっぱり審判は浦和がお好き???審判はサッカー協会から何か含まれているのか、勝手に気を回しておもねっているのか、技術がないのか、どうもスッキリしないレフェリングが目立ちます。こういったことがサポーター同士のトラブルを助長する要素にもなっていると思います。で、これは鹿島だけが感じている事じゃないと思うんですよね。
referee.jpg
昨日、笛を吹いたのは吉田主審

監督退席で指揮力が落ちたとはいえ半分以上の時間帯で押していたわけですし、チャンスに決められないのは相変わらず問題。
FCバルセロナの本拠地『カンプ・ノウ』では、ゴール前で弱気な横パスなんてしたら大ブーイングですよ。
3685 1944


中断のおかげで帰りはすっかり遅くなってしまったけど雨もすっかり上がって涼しくなっていました。
そして試合が終わっても延々と続く“We are Reds”コール
勝ったわけでもないし、ましてや優勝したわけでもないのに…
他所のスタジアムではしつこいほどコールするくせに自分の所でやられると文句言うんですよね。その声に呼応してスタジアム外でも“We are Reds”を連呼するアホもちらほら。でもね、「ああいうのがいるからレッズ・サポ全体が誤解されるんだよ」ってレッズ・サポの人が呟いていましたよ。
…レッズ・サポもバカな身内には苦労しているんですねぇ。


帰りに給油したらこんな金額になってしまいました…とほほ…。
ここは他と比べるとかなりお安いんですけどね。
ガソリン高騰のおかげでスタジアムでのサッカー観戦も厳しくなりました。
DSCF1949_20150622193724012.jpg




『ピンチおじさんのたまたま日記』のたまさんから頂きました
“WANTLERS”です。
Wantlers.jpg


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:サッカー観戦

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ

土曜に土用の鰻(うなぎ)

昨日の晩ご飯は“うな重”でした。
需要の多さから値段が上がったと言われていますが、
ウチのご近所の鰻屋さんはお値段据え置きでした。
ガソリンも高騰している今、出前で据え置き価格だと
ちょっと心苦しくもあります。

Unagi20080726.jpg
特に確認はしてないけど、国産だよね…???

毎年、土用の丑の日の1、2日前に食べていましたが、
今年は都合で後になってしまいました。
当日は出前なしの営業なうえ、土用丑の日の前の方が美味しいと聞いたので
これまでは前日に出前してもらっていたんですよね。

土用の丑の日の後は「ちょっと質が落ちる」って言っていましたけど、
見た目にも食べた感じも遜色ないと思いましたけど、
一年に一回しか食べないから違いがよく分からないですね…。

土用の丑の日って一年に一回だと思っていたら実は数回あるるそうですね。
しかも土用のうちに丑の日が2回あることもよくあるそうで、
2回目の丑の日を“二の丑”というそうです。
ちなみに今年の“二の丑”は8月5日
来年も夏の土用の丑の日が2回あるみたい。

夏の土用は立秋の前の18日間。
あと2週間ぐらいで立秋ということですかね。

鰻屋さんは、“二の丑”の鰻よりは最初の丑の日の鰻の方が質はいいと言っていたけど、また鰻を食べるいい口実にはなりそう。

「二の丑の鰻はあんまりねぇ」って、
ウチの近所の鰻屋さんは商売っ気がないです。
むしろ2回あることを宣伝すればまた食べる人もいるでしょうに…。

鰻は夏バテ防止などに有効なビタミンBが豊富なので
夏の暑い時に食べるのは理にかなっているらしいです。

でも近年の夏の暑さでは、土用の丑の日以外も鰻を食べないと
乗り切れない気がします…。
もうちょっとお手頃なお値段なら、一週間に一回ぐらいは食べられますけど
無理そうだから豚肉中心で乗り切ろうっと。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:世間話し

THEME:今日の晩ご飯 | GENRE:グルメ

機内食シリーズ① ~KLMオランダ航空~

“ソフト麺”のパスタもナンですけど、せっかく旅行先で美味しい食事をしたのに最後の最後で機内食にガッカリな食事を提供され、テンションがシオシオのパ~になることも少なくないです。

最近のヒットというか、不味くて食べられなかったのが コレ!!
AirlineFood5.jpg
『KLMオランダ航空の機内食』(2007年12月)
帰国便、2度目の食事。

左側の白っぽいモノはリゾットというかお粥というか、
お米を柔らかく炊いたものですが、問題は 味!!

なんとヨーグルトで煮たような味だったのですっ。
知らないで食べたら腐っているのかと思うような酸味…
そして妙な甘み…。
一口食べてギブアップ!!
オランダの人は、この味がマズイと思っていないんですねぇ…ハァ…



こんなに不味いのはグランドキャニオンのバスツアーで、ランチに寄ったビュッフェ・レストラン以来です。
あそこのビュッフェは何故かワゴンのライトが真っ赤
食欲減退するライトアップでしたし、見た目も匂いも全く期待できない感じでしたd001

期待通りというか予感的中というか、案の定ここのランチもポテトサラダとオレンジジュースとコーヒーぐらいしか食せなかったです…
だからといってそれらが美味しかったワケじゃなく…。
コーヒーはネスカフェを置いててくれた方が親切なぐらいでした。

でもアメリカ人は大量に盛って食べていました。

味音痴にも程がある!!!


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:バルセロナ&マドリー・チューリッヒ・アムス

THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行

サグラダ・ファミリアを見ながらブランチ

“誕生のファサード”に向かって右側にFCバルセロナのオフィシャルショップがあって、ただ見るだけでも必ず寄る場所です。

その並びにあるイタリアンのカフェ
半地下になっているので少し階段を数段下りて入ります。

ワンとも達が行ったのは06年4月。
AM11:00ぐらいでランチライムが始まったばかり。

晴れた日にはテラス席でのビールが美味しそうですが、
日差しが暑いぐらいだったので店内で食事をしました。

ヨーロッパでイタリアンというと“ソフト麺”のようなスパゲティでガッカリしてきましたが、今回はパスタ以外のメニューを注文しました。というかパスタがないようでした。

ダンナ・ピットはピザの生地にミートソースっぽいものを包んで焼いたもの。
美味しかったのは覚えているけれど具体的な味は忘れてしまったらしい。
Lunch1.jpg
食べ物のことを忘れるなんて、ちょっと調子が悪かったんでしょうか。
ビールじゃなくてオレンジ・ジュースだったし…。



ワンともはソーセージとトマトソース、玉子をオーブンで焼いたもの。
けっこう大きなソーセージで食いでがありました。
Lunch2.jpg
こちらもなかなかに美味でしたよ。
お皿の横に付いている小さなパンは固そうですが実はモチモチで柔らかくて、ちょっと意外だったので、このパンのことを一番よく覚えています。


ちなみにこのお店の傍にケンタッキー・フライドチキンがあって、その横を斜めに伸びている通りを行くと『サン・パウ病院』に辿り着きます。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2006 バルセロナ/ドイツW杯&パリ

THEME:★スペイン★ | GENRE:旅行

彫刻で見る『サグラダ・ファミリア』

一般的に有名なのは“誕生のファサード”
ここにはイエスの誕生からエジプトへの逃避までを表現していて、3つあるファサードのうち、ガウディが生きているうちに完成したものだそうです。
その後、スペイン内戦で建物も損傷したり、詳細な設計図などもうしなったんだとか。
現在は残った資料を元に建築しているそう。

あと古い彫刻を修理しながら新しい彫刻を作成したりもしているそうです。
コーヒーのCMで一躍有名になった外尾悦郎氏の作品はこの“誕生のファサード”で見ることができますね。
SagradaFamiliaEAST.jpg
『誕生のファサード』
(バルセロナ・スペイン/2003年12月)
新しい彫刻は他と比べて白っぽい。
入口から見える内部の足場が建築中って雰囲気。



“誕生のファサード”が装飾的なのに対し、“受難のファサード”はカクカク角ばって抽象的にディフォルメされた彫刻になっています。ここはカタルーニャ出身の彫刻家スビラックスが作成したもの。最後の晩餐、イエスの処刑から昇天までを表現しているんだそうです。
ここが作られた時、ガウディはすでに亡くなっていたので、西側のファサードがこういった彫刻になったことは知りません。
SagradaFamiliaWEST.jpg
『受難のファサード』
(バルセロナ・スペイン/2003年12月)
“誕生のファサード”に対して“受難のファサード”はあんまり人気がない感じでした。テーマも重いし、華やではないから仕方ないのかもしれないですね。

でもメインは、まだ完成していない南側の“栄光のファサード”
ここは正面入り口。もっとも重要で壮麗なファサードになるらしいです。

“栄光のファサード”“受難のファサード”もスペースに余裕がないから、広角レンズがないとちょっと全体が撮りづらい。
“誕生のファサード”は前に公園があって、その池の向こうがベストボジションなんですが、なかなかそこまで来る人は多くないです。だいたいファサードの下から、かなり仰り気味で撮っていますね。

半日観光などのツアーだと時間が無いかもしれませんが、余裕があったら公園の池の向こうまで行ってみてください。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:バルセロナ&マドリー・チューリッヒ・アムス

THEME:スペイン | GENRE:旅行

世界遺産『サグラダ・ファミリア』

バルセロナといえば『サグラダ・ファミリア』
DSCF0288.jpg
『サグラダ・ファミリア』
(バルセロナ・スペイン/2007年12月)



少し前までは「完成まであと100年」と言われていましたが、今は入場料と潤沢な寄付金、重機の使用で2020年には完成の見込みだとか。
02年に行った時は2050年と言われていたから一気に30年縮まったワケですね。
とりあえず内部ができたらミサをする予定らしいです。
DCP_0286_20150612200125fe3.jpg
『工事中の聖堂内部』
(バルセロナ・スペイン/2002年11月)



ここは全てを寄付で賄う「贖罪の教会」なのに落書きがいっぱい。
ここに来る人の中にも不心得者がいるようですね…。
DCP_0287.jpg
『鐘楼の螺旋階段』
(バルセロナ・スペイン/2002年11月)


実はガイディが設計を変更してから今まで120年以上、建築許可を取っていなかったので違法建築らしいです。教会の下に鉄道のトンネルを通すかどうかっていう問題もどうなったんでしょう???


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2007 バルセロナ&ミュンヘン

THEME:スペイン | GENRE:旅行

世界遺産『サン・パウ病院』

カタルーニャ音楽堂と同じ建築家ドメネクが設計した
ムデハル様式の『サン・パウ病院』
世界遺産であり現役の総合病院でもあります。
SantPau1.jpg
『サン・パウ病院』
(バルセロナ・スペイン/2007年2月)



建築家ドメネク最大のプロジェクトで本人は完成を見ることなく亡くなりましたが、遺志は息子に引き継がれ着工から7年の歳月をかけて完成。
SantPau3.jpg


見学は無料、ガイドツアーは有料。
現役の病院なのにガイドツアーがあるあたりは世界遺産って感じです。
ワンとも達が行った時は休日だったので人は少なかったですけど、裏手に救急車が停まっていましたし、入れる場所も限られていました。
SantPau2.jpg



サン・パウ病院から南に延びる通りの先にはサグラダ・ファミリアがあります。
ガウディがサグラダ・ファミリアに通じる通りも含めて整備しようと計画していましたが、結局この通りだけしか完成しなかったようです。
SantPau4.jpg
サン・パウ病院からサグラダ・ファミリアを眺む
(バルセロナ・スペイン/2007年2月)
1kmないぐらいだから十分歩けます。

「芸術には人を癒す力がある」というドメネクの信念のもとに、かなり装飾性に富んだ病院を作りましたが、年月がたった今となっては雰囲気あり過ぎて入院したら怖そうです…。まぁ、病院だからご縁がないにこしたことはありませんが…(~_~;)

最寄りの地下鉄駅は『オスピタル・デ・サン・パウ』


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2007 バルセロナ&リスボン

THEME:スペイン | GENRE:旅行

ルフトハンザで行くバルセロナの旅プレゼント・キャンペーン

ルフトハンザ航空の日本語ホームページを見ていたらプレゼント・キャンペーンを見付けました。ワンともの大好きなバルセロナの旅が当たるキャンペーンです。

『魅惑あふれるスペインを知って!答えて!
当てよう!キャンペーン』
~第6弾 カタルーニャ音楽堂とバルセロナ~


このキャンペーンはバルセロナにあるカタルーニャ音楽堂が、今年竣工100周年を迎えるにあたり企画されたようです。
場所はゴシック地区で、この間ご紹介した『4GATS(4匹の猫)』は比較的近く。ワンともは7回もバルセロナに行っているのに、まだカタルーニャ音楽堂に行ったことがありません。今年の冬に行けたら必ず行ってみようと思います。
Gotic.jpg
『ゴシック地区の路地』
(バルセロナ・スペイン/2006年4月)

竣工100周年の記念イベントは6月から来年の3月ごろまで催しがあるようです。


昨日の夜中にリーガ・エスパニョーラ新シーズンのスケジュールが出ました。
今年のバルセロナでのクラシコは12月14日
いよいよバルセロナ旅行の日程が見えてきた感じです。

ただ去年あたりから日本のソシオがクラシコのチケットは手に入れるのが難しくなりました。赤字解消のためにソシオ会員を無計画に増やしたけど、その後のフォローが全くダメうーん

ロナウジーニョもエトーもいなくなっちゃうし、こんな不親切な体制じゃ俄かファンはソシオから去っていくでしょうねぇ…。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


暑い…

連日の30℃越え。完全に夏バテしています。
「もう梅雨は明けたんじゃないの?」と思いきや、梅雨明けっていうのは一週間雨が無かったら梅雨明けなんだそうで、特に天気図などで判断するわけではないんだとか。
明日あたり雨が降るらしいので関東の梅雨明けはまだのようです。

暑さのせいか昨日のJリーグで鹿島アントラーズはアウェイで負け…。
今日の上位の結果次第では首位陥落で三日天下。
祇園祭真っただ中の京都・西京極での試合でしたけど、確かに京都の夏は纏わりつくような暑さだから思ったように動けなかったのかもしれません。ただ前の試合から中二日で暑い京都での試合っていうのもどうかと思います。ベストな日程をはじき出すという“日程くん”も大したことないですね。気候的にヨーロッパと同じ開催の方がいいのかも…。


暑いので目に涼しい画像を見て避暑をしようっと。
下の画像は、昨年の12月に行ったチケットセンターからリンダーホフ城までの道すがらの風景。雪はあったものの意外と寒くなかったです。
Linderhof.jpg
『リンダーホフ城』付近
(ミュンヘン・ドイツ/2007年12月)


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


ワールドパークス特典旅行 <JAL国内線>

ワールドパークスは日本の航空会社とパートナー提携はしていませんが、JALが日本国内の特典旅行の発券をしています。
この日本国内の特典旅行に今年の10月1日から条件が付きます!

ワールドパークス・エリート会員の資格を得る指定のクレジットカードに加入しなければなりません
ワールドパークス・エリート会員になるには最低でも年間25,000マイル分乗らなければいけません。これは、例えばバルセロナに年2回行く勘定です。宝くじでも当たれば別ですが行けるのはせいぜい年一回が限度。

それにワールドパークスに有効期限はありませんが、ヨーロッパ往復に掛かるマイルを貯めるのは結構大変。

15,000マイルで国内旅行ができるので今のマイルを使って国内旅行でも…と思っていましたが、この条件だと今後クレジットカードを作らなければ発券してもらえない状況です。
でもクレジットカードはもうこれ以上要らないし年会費も払いたくない。
国外の移動か何かで利用するしかないですかねぇ…。

ヴィジット・ジャパン500マイル・キャンペーンなんて気前のいいキャンペーンをやってた割には、特典旅行の条件を厳しくしてない???
なんだかワールドパークスって日本では使いづらいプログラムになりつつありますねぇ悩む

発券条件が厳しくなった割にはまたまたキャンペーンを実施中。

『ノースウエスト航空 名古屋-デトロイト線
就航10周年記念キャンペーン』


10万ワールドパークス・マイルやJCBギフトカードなど10賞品が当たるようです。
応募できるのは日本在住のワールドパークス会員で、事前にホームページからキャンペーンに参加登録し、指定の期間中に名古屋-デトロイト間を利用した場合のみ。
面倒くさいキャンペーンだなぁ…。
デルタに吸収されるのが決まってからキャンペーンもセコくなった気がします…うーん…


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:旅行(travelog)

THEME:マイレージ | GENRE:旅行

バルセロナからの手紙

Official Letter from BARCELONA ~♪

昨日、FCバルセロナから手紙が届きました。
ラポルタ現会長ほか役員に対する不信任投票の参加のお知らせだです。
FCバルセロナは市民クラブなので、クラブを運営する会長をソシオ会員の投票で選びます。ウチもダンナ・ピットがソシオ会員なので立候補しようと思えばできます。今回の不信任投票は2シーズン無冠という成績を受けてのものです。

しかし、この投票は6月6日
手紙が着いたのが6月14日

どうなっとんじゃい!!

消印が無いのでいつ投函したかは不明ですが、投票が終わってから届いても意味ないのです。ちなみにクラブに関する投票は現地に行かないと参加できないのでどのみち無理ですが、「そういう問題じゃな~い」と声を大にして言いたいっ!
会報も来たり来なかったりするのは、やっぱりどこかで行方不明になっているからでしょうか???


DSCF0491.jpg
『カンプ・ノウ』のVIP席
(バルセロナ・スペイン/2004年11月)
会長ほか役員などはVIP席で観戦。



オランダから送られてきた『シルク・ド・ソレイユ』のチケットは約一週間で届きました。スイスに送った写真も、仕事でドイツに荷物を出した時も一週間程度で届きました。
しかし、ラテン圏の郵便事情はかなり怪しいらしい…。
日本の郵便&流通に慣れていると、届かないこと自体が信じられない…。


ソシオ会員になる前の02-03年シーズン、03-04年シーズンは、日本のチケット手配会社からチケットを購入していました。
クラシコのチケットが一枚約4万円。今はもっと値上がりしているようです。

一番最初の年はチケットの手配がギリギリになったので現地で手渡しでした。スペインの郵便事情が悪いため時間がない時は郵送しないらしです。翌年は宿泊したホテルに届いたが、ピンセットでつまんで持ちたいぐらい小汚いチケットでした。
チケット
『リーガ・エスパニョーラ』のチケット
(バルセロナ・スペイン/2006年4月)
この時のチケットは定価で購入。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


海外ホテル予約『エスクペディア』プレゼント・キャンペーン

一昨日、スカンジナビア航空とのタイアップキャンペーンを実施中の『エクスペディア』
メールマガジンに登録すると宿泊券が当たるキャンペーンを実施中
このキャンペーンは毎月、行われているようです。
今月はハワイの『ハレクラニ ホテル』3泊分上海の『ル ロイヤル メリディアン上海』3泊分
来月はどこでしょう…。


エクスペディアは去年12月のミュンヘンのホテル予約で利用しました。
宿泊したのはミュンヘン中央駅そばの四つ星ホテル
『Eden Hotel Wolff(イーデン・ホテル・ヴォウフ)』
サーモンピンクの外観が印象的。
ミュンヘン中央駅の空港バス停留所が道を挟んで反対側、徒歩1分という立地が魅力で選びました。
EdenHotelWolff2.jpg
『Eden Hotel Wolff(イーデン・ホテル・ヴォウフ)』
(ミュンヘン・ドイツ/2007年12月)
参考宿泊費:ツイン一室×3泊 =61,143円



部屋は、ベッドの両脇にスーツケースが広げられるぐらいの十分な広さがあって清潔。路地に面した部屋だったので静かでしたし、ちょうどクリスマス・シーズンだったので枕の上にドイツ版サンタっぽいチョコが置いてありました。
EdenHotelWolff.jpg



バスルームも広くてちゃんと掃除が行き届いていましたし、ちょうど風邪をひいていて部屋で休んでいる時間も長かったので、居心地のいいホテルで良かった。

この画像だとバスルームが狭く見えるけど、結構広いです。
EdenHotelWolff1.jpg


同じ時期に商用っぽい日本人がたくさん宿泊していましたけど、イベントか何かあったんでしょうか???

『エクスペディア』はネット予約ですが日本語で予約できますし、日本円で料金が確定しているので宿泊後清算のようにレートに左右されず予算が立てやすいです。
宿泊料の引き落としは事前ですが予約したタイミングと利用するカードによって異なります。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:旅行(travelog)

THEME:ホテル | GENRE:旅行

格安ツアーのホテルあれこれ

以前は旅行費用が優先でした。
目的地と値段が折り合えばある程度エアーやホテルは二の次でした。

飛行機はマイレージなんて気にしていませんでしたし、ホテルは出発の一週間前ぐらいに送られてくる旅行計画書で知る、という具合でした。
パンフレットにはグレードごとにホテルが記載されていますが、調べてみると同じスタンダード・クラスでもかなり落差があったりします。
思ったよりいいホテルだった場合はいいですけど逆の場合は最悪…。
その最悪だった例をいくつか挙げると…

12年ほど前に宿泊したニューヨークのホテル『Inn on 57』
その名前の通りマンハッタン57丁目にあるホテルでしたが、あらゆる所が劣化していました。特にバスルームはできれば靴を履いたまま入りたいと思うぐらい薄汚れていて、赤錆びの混じったお湯が出ました…。シャワーを浴びたらむしろ汚れるような感じでしたね。
ベッドは何となく体が痒い…。特に湿疹が出た訳でもないけどムズムズと痒かったです。その数年後に通りかかった時は『Holiday inn』になっていました。
これはニューヨーク&ロサンゼルス8日間で一人約18万円の格安ツアー。


カナダのバンクーバーのホテルは木造でエレベーターがありませんでした。部屋に冷蔵庫が無く、廊下にある製氷機まで氷を取りに行かなければいけませんでした。そして、ここもバスルームがちょっと…。
これも一人10万円しない格安ツアー。


7年ぐらい前に行った香港のホテルは部屋にいるとクシャミ&鼻水のアレルギー症状が出て辛かったです。外に出ると止まるので、たぶん原因はホテルの何かだったと思います。しかも、ここは部屋も狭いしホテルの周りも汚かった…。
これも一人3万円台の格安ツアー。


初めてバルセロナに行った時のホテルは部屋も狭く、外から帰ってきた時に廃墟と間違えました…。ここはエレベーターが遅いのでたまに階段を使いましたが、幅も段差もガチャガチャでした。
ARAGON.jpg
『ホテル・アラゴン』(バルセロナ・スペイン/2002年11月)
部屋自体は狭いけど、ちゃんと掃除もしてあったし特に問題はなかったんですけどね。


ホテル選びの転機になった04年に泊まったバルセロナのホテル『ルーベンス』
グエル公園の近くにあるこのホテルは一見悪くない感じでした…が、鍵をもらって部屋に入ったらすでに別な人がいました…ここのセキュリティーは大丈夫なのか?と不安になりました。
別な部屋の鍵をもらって入り、カーテンをを開けると目線の高さに車のタイヤがずら~っと並んでいました。そう、ここは斜面を利用して建てているので部屋の窓の高さに道路があったのです…。おかげで車が通るたびにうるさかった。しかもバスルームには前の客のものらしい白いブリーフが置きっ放しになっていましたし、ロビーにある自動販売機は故障していて品物が出てこない上にお金も戻ってきませんでした…。フロントは恐ろしく手際が悪く、しかも朝食の時間を間違って教えられ時間をロスしました。その日は朝から予定があったのに…。
RUBENS.jpg
『ホテル・ルーベンス』(バルセロナ・スペイン/2002年11月)


『ルーベンス』以来、ワンとも達はツアーは止を止め全部個人手配に切り替えました。空港⇔ホテルの送迎や半日観光は付いていませんけど、格安ツアーと同じような値段でもっといいホテルに泊まれることに気付きました。
以前は「どうせ寝るだけ」と思って気軽に考えていましたけど、15時間も飛行機に乗った後、ホテルが酷いと滅入ります…。
高級じゃなくてもいいからそこそこのホテルに泊まりたい!
昔と比べてホテル選びはちょっと頑張っています。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:旅行(travelog)

THEME:ホテル | GENRE:旅行

『スカンジナビア航空』のキャンペーン

初ヨーロッパ旅行は今から6年前の02年11月。
航空券+ホテル+マドリードとバルセロナの半日観光が付いて一人12万円ぐらいの格安パッケージツアーでした。
もちろん、燃油サーチャージはありませんでした。
ユーロも130円台でしたし、いい時代でしたねぇ…。

利用航空会社は“スカンジナビア航空(SAS)”
スウェーデン、ノルウェー、デンマークの三国が共同で運営する航空会社で、デンマークの首都コペンハーゲンがアジア路線の拠点になっています。
ScandinavianAirlines.jpg
『Scandinavian Airlines(スカンジナビア航空)』
(デンマーク・コペンハーゲン国際空港/2002年11月)



この時の行きの便はダブルブッキングで、一つ上のエコノミー・エクストラにアップグレードされました。ちょっと遅れ気味でチェックインしたのが幸いしたのかもにこっ

アップグレードなのに「お客様、申し訳ございません。ダブルブッキングになりましてエコノミーからエコノミー・エクストラになってしまいますが、よろしいでしょうか?」って聞かれました。予約通りじゃない場合は、一応丁寧にお詫びすることになっているんでしょうねぇ。
「え~、たまにはエコノミーに乗りたーい」なんて言うわけもなく…即、OK。

エコノミー・エクストラはエコノミーよりも席が広めで機内食も良かったです。
機体が新しかったのかキレイだったし設備も良かったですし。
アップグレードになったから言うわけじゃないけど、感じのいいエアーでした。

スカンジナビア航空は、海外ホテル予約の『エクスペディア』とパートナーになったことを記念して、スウェーデンのストックホルムまでの航空券とストックホルムにあるバーンシュホテルの宿泊券3泊分をプレゼントするホテルタイアップ・キャンペーンを実施しています。
バーンシュホテルはストックホルムのランドマーク的なクラシック・ホテルだそう。
応募は2008年8月31日まで
ちなみに燃油サーチャージは別途負担しなければならないそうです。
世知辛い…泣き顔


コペンハーゲンからマドリードまでは“Spanair(スパンエアー)”でした。
Spanairはスカンジナビア航空の子会社だそうですが今年、イベリア航空が買い取る予定らしいです。そのイベリア航空はスペインのナショナル・フラッグ・キャリアですが、日本への乗り入れを撤退しています。それが来年から運行を再開する予定らしいです。これで乗り換えなしでスペインに行くことが出来るようになります。楽になるなぁ…うふ
Spanair.jpg
『Spanair(スパンエアー)』
(デンマーク・コペンハーゲン国際空港/2002年11月)


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:旅行(travelog)

THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行

『airberlin.com(エアーベルリン)』

2日連続で航空券の話しできたので、今日は海外の格安航空会社について。

去年2月リスボンからバルセロナ、同12月のミュンヘンからバルセロナへの移動にドイツの格安航空会社『airberlin.com(エアーベルリン・ドット・コム)』を利用しました。
ダンナ・ピットがネットから探し出してきたインターネット予約onlyの航空会社です。

リスボン-バルセロナの片道は一人€59
これに燃油サーチャージと諸費用を入れた合計が約€90
ミュンヘン-バルセロナの片道は一人€49
合計約€85

リスボンからの時はバルセロナが商業イベントの最中でちょっと高かったですけど、一応国際線でこの価格は安いと思います。時期によってはもっと安いこともあるようです。

エアーベルリンはドイツ国内は当たり前ですが、他のヨーロッパ諸国と比べてスペインのカバー率が高いです。
AirBerlin.jpg
『エアーベルリン』(スペイン・マヨルカ島/2007年2月)



ただ、マヨルカ島を経由するのでちょっと時間は掛かりますけど…苦笑
マヨルカ島はエアーベルリンのハブ空港になっているようです。
MallorcaAirPort2.jpg
『パルマ・デ・マヨルカ空港』
(スペイン・マヨルカ島/2007年12月)
ミュンヘンとは打って変わってターミナルの窓際は暑いぐらいでした。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2007 バルセロナ&ミュンヘン

THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行

格安航空券、そして飛行船

昨日の内容はワンともが9月にバルセロナに行くような誤解をあたえる内容だったかもしれません。仮定の話でした。すみませんm(__)m
ただクラシコが9月になったら、それはまた別。

でも、今年中に一度はバルセロナに行きたいとは思っています。
例年通りだとたぶん11月末から12月初旬ごろ。
で、その頃の航空料金も調べてみました。
まだ全部の航空会社の料金が出揃っていませんが、一番安い料金は利用航空会社未定で48,000円。ブリティッシュ・エアウェイズで49,500円
5万円を切っています…えぇ

今までこんな安いのあったけ???

去年もさんざん調べたけど、6万円を切るのはあっても5万円を切るのはなかったような気がします。どういうことなんでしょう。
JRバスのように「むしろ値下げ」方式で顧客の囲い込みをしているんでしょうか。安くなるのは歓迎ですが、燃油サーチャージは取るわけですし、しかも上がっているから結果的に値上げじゃない…?
ブリティッシュ・エアーの燃油サーチャージは片道26,000円(7/22日本発から)。往復だと運賃より高い…バカみたいです。

料金を安くしてお客の気を引くより燃油サーチャージを上げないで欲しいですね。むしろ運賃を多少高めに設定しても燃油サーチャージを取らない方が印象はいいと思いますけど。たとえば運賃は8万円なんだけど燃油費は取らないとか。
とはいえ燃油費を相場に合わせて設定したいから、数か月前からの料金固定はしたくないんでしょうねぇうーん…

ところで「燃油サーチャージは便乗値上げ」っていう話し、以前TVで一度だけ観てから一向に出てきませんけど、その辺のところどうなったんでしょう???

航空会社は機体を軽くするためにボディに塗料を塗らないとか、機内誌のページ数を減らすとか、食器を軽くするとか、色々工夫をしているみたいですけど食器が重いのってビジネス以上の席ですよね~。機内誌もいるのかなぁ。
それより一律で掛っている燃油サーチャージをクラス別に差別化して欲しいですね。ファーストクラスとエコノミーが同じだけ徴収されるのは納得いかないんですけど、航空会社でその辺のことは全く話題にならないのかしら…。

石油の高騰とエコということから考えると飛行船はどうなんでしょう???
ちょっと目的地まで時間は掛かるけど船よりは早いようですし(現在の船での世界一周は約3ヶ月、飛行船は約3週間)、航空機との併用もアリなんじゃないでしょうか。
飛行船というと昭和初頭に起きた“ヒンデンブルグ号の爆発事故”のインパクトが強過ぎて旅客利用が敬遠されてきましたけど、実は乗員乗客の2/3は助かっているそう。今は当時より技術も上がっていますし、今は不燃性のヘリウムを使っているから爆発はしないそうです(ヒンデンブルグ号は可燃性の水素を使用)。一番事故の多い車にはバンバン乗っている訳ですし、事故の事を気にしたら何も乗れません。

※飛行船の情報は日本飛行船より引用。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


『メルセ祭』と航空運賃

EUROが終わって夏の移籍市場が活発に動いています。
FCバルセロナのプレシーズンマッチも発表になりましたし、リーガ・エスパニョーラのスケジュールが出るのもそろそろでしょう。
スケジュールが出たら早々にエアーを決めて予約せねば。

ダンナ・ピットは「“人間の塔”が見たい」というけれど…。
“人間の塔”を作る『メルセ祭』、今年は9月24日
その前後にちょうどよくバルセロナで試合があるかどうか…。
あまり選べないけどホテルは空きがありそう。
やっぱり問題は航空運賃!
ちなみに9月24日前日の航空運賃はYahoooトラベルによると一番安いので航空会社未定の89,500円。学生料金で79,000円。学生料金って何~(― ―゛)まさか、その割引分を一般客に転嫁してないよね???
学生を気軽に海外に行かせるとまた世界遺産に落書きするんじゃないのぉ…(― ―;)

で、この料金のチケットはもう無い可能性が大きいです。
出る数が少ない上に安いからすぐ売れてしまうから。
だいたい問い合わせると「もう無い」と言われます。
「売れたら消してよ~」って思いますけど、客寄せなのかナンなのかそのままです。この辺も総額表示同様なんとかして欲しいですね。せめて“売り切れ”とか“SOLD OUT”ぐらは出せると思うけど、その表示がず~っと続いて結局高いのしか残ってなかったら、たらそれはそれで腹立たしいですけどね。
これに燃油サーチャージが付くから上記のチケットが取れても合計10万円を超えるのは確実。
燃油サーチャージ…これさえなければねぇ…(~_~)


『メルセ祭』はバルセロナを厄災から守った聖女メルセのお祭りで、あちこちでいろんなイベントが行われるようです。
特に有名なのが大きな人形のパレードと“人間の塔”
現地では“CASTELLS(人間の城)”というようです。
LaMerce.jpg
『メルセ教会』(スペイン・バルセロナ/2007年12月)
屋根の上にいるのが“守護聖女メルセ”
『PAPABUBBLE』と同じ通り沿いにあります。



“人間の塔”が行われるのは少し離れたサン・ジャウマ広場
19世紀以前、バルセロナの中心だった所。
Ajuntament.jpg
広場に面した『市庁舎』(スペイン・バルセロナ/2006年4月)
建物は14世紀のもの。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2007 バルセロナ&ミュンヘン

THEME:★スペイン★ | GENRE:旅行

映画『Highlander(ハイランダー)』

今日、この懐かしい映画のタイトルを久々に聞きました。
なんでもアニメーションが劇場公開されるらしいです。
そんなの作ってたんだ、へぇ~…って感じ。

今回のアニメーション『Highlander(ハイランダー)』は制作がアメリカ、アニメーションは日本の会社の製作なんだとか。
ストーリーも“復讐”がテーマだそうです。

小栗旬が主人公マクラウドの声をやるのでTVで紹介していました。
姿形はちょっとイメージではないけれど声なら納得。

この映画が最初に公開されたのは1986年。
ワンともは後にビデオで観ました。

クリストファー・ランバート主演のハリウッド映画で、首を切られるまで死ねない不老不死の戦士たちが、最後の一人になるまで何百年もかけて戦うという友情あり、悲恋あり、復讐もありのストーリー。

クリストファー・ランバートは、だいぶ前にウィスキー「フォアローゼス」のCMにも出ていましたね…。

ちなみに『Highlander』とはスコットランドのハイランド地方の人という意味で、もちろん劇中にハイランド地方も出てきます。(ロケは違う所でしているかもしれませんが…)

セクシー・ハゲこと元祖007のショーン・コネリーも出ていました。
主人公のマクラウドはショーン・コネリー扮する騎士に日本刀を貰うんですが、この刀、紀元前の設定。
そんな時代に日本刀は存在しませんが…調べなかったんでしょうねぇ、刀の起源なんて。

で、この二人にお金を掛け過ぎたせいか女優陣はイマイチだった気が…。

音楽はあのQUEEN

この映画を観たことがある人はだいたい「面白かった」っていう人が多いですね。
その後も続編が製作されたりTVシリーズになったりしたようですが、ワンともは最初のしか観ていません。最初のが面白かったから、それで十分。




ハイランダー 悪魔の戦士ハイランダー 悪魔の戦士
(1999/03/25)
クリストファー・ランバート

商品詳細を見る



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


キャンディ専門店『PAPABUBBLE(パパブブレ)』

一昨日、ご紹介した変なカフェからアンプレ通りを中央郵便局の方へ行く途中にあるキャンディ専門店『PAPABUBBLE(パパブブレ)』
ここは以前、TBSの「ウルルン滞在記」にも登場したスペイン版金太郎飴のお店。オーナーは昔、日本で金太郎飴からヒントを得たと言っていたと思います。
papabubble.jpg
『PAPABUBBLE(パパブブレ)』(スペイン・バルセロナ/2007年2月)



パッと見、飴のお店には見えません。
ガラスの容器にキレイに色分けされてディスプレイされているキャンディ。
店内には袋入りのもあってカラフルで楽しい。
甘過ぎずお値段もお手頃なのでここでもお土産にいくつか買いました。
PAPABUBULE.jpg
店内と作業カウンター(2007年12月)
まだ見たことはありませんが実際に飴を作るスペースがオープンになっています。

バルセロナの他、アムステルダムとニューヨークと東京の西新井にもお店があるようです。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2007 バルセロナ&リスボン

THEME:★スペイン★ | GENRE:旅行

独立記念日

今度はワンともが風邪を引きましたはぁ
夕べから発熱して今日は一日中グッタリ…(;一_一)
夏風は何とかが引く、とか言いますが否定できないのが悲しい。

そういえば昨日はアメリカの独立記念日でした。
2002年にラスベガスに行った時、ちょうど独立記念日に引っ掛かりましたけどそんなに混んでいなかったし、ツアー料金もそんなに高くはなかったように記憶しています。
P1000098.jpg
『ストリップ』
(アメリカ・ラスベガス/2002年7月)
ホテル『PARIS(パリス)』のエッフェル塔の展望台より。



独立記念日だから「夜は花火が上がるんじゃない?」と見物を目論んでいましたが、夕方から寝てしまい起きたら夜中でしたd001
結局、花火があったのかどうかも分からず終い。
フリーモントのショーを見たからいいか、って事で誤魔化しました。
P1000096.jpg
ダウンタウンの『フイリーモント・ストリート・エクスペリエンス』
アーケード街の天井を使ったイルミネーション・ショー。

…でもねぇ、アメリカ独立っていっても、そもそも独立宣言した人達の土地じゃないし、ちょっと違うんじゃないですか?っていつも思います。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:アメリカ

THEME:ラスベガス | GENRE:旅行

ろう人形館のカフェ『EL BOSC DE LES FADES』

バルセロナ旧市街の目抜き通り“ランブラス通り”の海側の端近くにある『ろう人形館 ~Museu de Cera~』
その敷地内にある不思議なカフェ『EL BOSC DE LES FADES』
メトロの駅だと『Drasanes(ドラサナス)』で下車。

店名の意味は…???
ウチにあるスペイン語の辞書は小学生レベルなので…。
「BOSC」は「bosque」?…だとすると『〇〇達の森』かな???

入口からして怪しい感じ。
ここだけじゃなくこの周り全体が古いので、ちょっと手を加えるだけで雰囲気が出来上がっちゃうのがヨーロッパだなぁ。
DSCF1022.jpg
『EL BOSC DE LES FADES』
(スペイン・バルセロナ/2007年12月)
もうちょっとマシな辞書を買おうか…BOOK OFFで。



「何じゃコリャ」なディスプレイ。
さすが『ろう人形館』のカフェだけあって
ワンともはピーター・グリーナウェイの映画「プロスぺローの本」」を思い出していました。ちょっと時代考証が違うけど「イズアローン伝説」も。
DSCF1018.jpg



注文方法はスターバックスやドトールなどと同じセルフ。
カウンターに行って注文して席に持ってくる方式。
カウンターは他より明るいのですぐ分かりました。
DSCF0887.jpg


でも、入ってはみたものの特に注文するでもなく写真を撮って出てきてしまいました。そんな人たちは何組かいましたし、お店の人も特に気にしていない様子でした。
そういうお客さんは多いのかもしれません。

そういえば銀座に“ドラキュラ屋敷”をコンセプトにしたレストランがありましたけど、今もあるのかしら???




文庫 イズアローン伝説 全8巻セット文庫 イズアローン伝説 全8巻セット
()
竹宮 恵子

商品詳細を見る
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:バルセロナのレストラン

THEME:バルセロナ | GENRE:旅行

『クアトロ・ガッツ ~4GATS~』

4人のガッツ石松…ではなくて、スペイン語で『4匹の猫』という意味。
バルセロナ旧市街の路地にあるレストラン&BARで、19世紀末に人気のあったパリのキャバレー『黒猫 ~LE CHAT NOIR~』の影響を受けてできたお店。
ここはカタルーニャの芸術家たちの“溜まり場”で、当時18歳ぐらいでまだまだ無名だったピカソも通い詰めたそう。

また壁の絵やメニューやポスターのデザインなどを、ここに溜まっていた芸術家達が手掛けていたんだとか。
当時のお店は開店から10年ほどで閉店してしまったらしいです。

今のお店は、ピカソ生誕100年の時に当時の様子を再現し再オープンされたもの。

お店はカタルーニャ広場のデパート『エル・コルテ・イングレス』と『カタルーニャ音楽堂』の間あたりの路地沿いにあり、夜はちょっと治安が良くありません。

入口の割に中は広く、手前がカフェ、奥がレストラン。
内装も19世紀の雰囲気があってとっても良かったです。
DCP_0310.jpg
『クアトロ・ガッツ ~4GATS~』
(スペイン・バルセロナ/2002年11月)
意匠はネオゴシック様式だそう。

ワンとも達は奥のレストラン・スペースでランチを食べましたが、残念ながら美味しいとは言えませんでした。
とはいえ行ったのは6年も前だから味も変わったかもしれないし変わっていないかもしれない…。

まぁ観光スポットの要素が強いお店ですし、訪ねたらカフェでコーヒーでも飲みつつ古き良き時代の雰囲気を味わうのもいいかもしれません。

再現とはいえ天才たちの強いオーラを感じることはできるかも。


『クアトロ・ガッツ ~4GATS~』
CARRER MONTSIO 3 BIS 08002 BARCELONA
OPEN/10:00-02:00


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:バルセロナのレストラン

THEME:バルセロナ | GENRE:旅行

分子料理法???

何を調べるともなくネット・サーフィンしていたら見付けたこの言葉…。
分子料理法(ガストロノミー・モレキューレ)とは何ぞや?

そもそもは20年前のフランスで生まれ、フランス国立農業研究所(INRA)の物理研究者エルヴェ・テイスによって提唱されたた調理法で、素材の分子に焦点を当て調理に科学的な考えを取り入れたものだそうです。

例えば、液体窒素を使ってカリカリにしたり、炭酸ガスを使ってフワフワな食感を作ったり、酒石酸に素材を漬けたり、などなど。
酒石酸って語感がちょっと「うっ…」って感じですが、ブドウなんかに含まれる成分で実際にジュースやお菓子に使われているらしいです。
この分子料理法のために調理器具を新しく取り入れたり開発したりもしているんだそう。

この分子料理法、昔ながらのフランス料理シェフなんかにはウケがヨロシクなかったりするみたいですけど、こんな方法を考えついちゃうのはやっぱりフランスならではなんでしょうかね。日本にも料理のコツや裏技を科学的な目線から紹介している人はいたりはしますけれど。

炭酸ガスを作る器具は日本でも売り出されているようで、以前観たTVでは色んなものに炭酸ガスを注入していました。お味噌汁もムースにしていましたけれど、やっぱりお味噌汁はそのままが美味しそうでした。

分子料理法の代表的なレストランは世界で一番予約の取れないことで有名になったスペイン・カタルーニャの「エル・ブジ」
このレストランはワンともも知っています。
バルセロナの北の町カダケスにあるんですよね。
少し遠いしお値段的にもワンともには無理…

でも、「カカオ・サンパカ」なら、なんとか…。
「カカオ・サンパカ」は、「エル・ブジ」のオーナーシェフ、フェラン・アドリア氏の弟で元「エル・ブジ」パティシエのアルベルト・アドリア氏プロデュースするチョコ専門店。
バルセロナにあるお店にはカフェも併設していて、チョコレートのメニューのほかに軽食も提供しています。
販売しているチョコ詰合せもそんなに高くないので、ここでお土産を買うことも多いです。
CacaoSampaka.jpg
『カカオ・サンパカ』(スペイン・バルセロナ/2007年2月)
画像奥「カカオ60%のホットチョコレート」、手前「アイス・トリュフチョコ」
他にもカカオ80%のホット・チョコレートやトリュフチョコとシャンパンなんてオシャレな組み合わせも。
でも大概ここに行く前にビールを飲んじゃっていたりします…苦笑


前出の物理学者と協力関係にある前衛的三ツ星シェフ、ピエール・ガニェール氏のレストランが東京の青山にあるらしいです。
一番安いランチが5,800円から 驚く
新丸ノ内ビルに「カフェ」、新宿高島屋に「パティスリー」もあるそうです。
こっちならなんとか…苦笑


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


新しいパソコン

スペイン、優勝!!
全勝優勝でホントの「無敵艦隊」になりました。
シャビがMVPで、バルセロナの人も喜んでいるでしょう。
ドイツは「オセロの法則」「バラックのシルバーコレクター効果」で残念な結果に。負けたとはいえ基本的にドイツは勝負強いのは間違いないでしょう。
EUROが終わったから欧州の次の注目はW杯予選かな。


昨日はEURO決勝を観たので遅く起き、午後からお隣さんと立ち話をしていたら夜になっていました…d001
それから新しいパソコンと格闘していたら、とうとう更新できませんでした。
本日も格闘中sn

新しく買った『TOSHIBA dynabook TX/66F』
08年夏モデルですが少し型落ち。でもコアツープロセッサー。
以前のものと比べて液晶画面が横長。
ウチのPCは初代からずっとDynabookで、一つ前のはCMが『踊る大捜査線』とこコラボしていた“青島くんの白”。
DSCF1914.jpg



OSは“VISTA”でメモリが2GBありますが“VISTA”は2GBないと動かないみたいです。
XPの時は1GBだったら随分と重くなりました。
HDDも200GBあります。前のは40GB増設して80GBだから、いきなりの容量UPです。数年でこんなにも違うものなんですねぇ…。
DSCF1915.jpg


今“VISTA”と格闘中ですがXPの方が使いやすい気がします。
分かりやすくしたつもりかもしれませんが、アレコレ有りすぎて余計分らん…。
慣れてきたらこっちの方がいいと思うのかなぁ…。
この半分ぐらいの機能で“VISTA Light”とか“VISTA Slim”とか出してくれないかしら。
ワンともにはそれで十分なんだけど…。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY

CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: