プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

The 昭和な食堂『御徒歩街食堂』

アメ横で買い物をした後、
JRの高架沿いを御徒歩街のほうへ歩いて移動した。
ちょうどうお昼時でもあるし押し合いへしあいでお腹も空いたし食事をすることに。そこで高架下の食堂『御徒歩街食堂』に入った。
以前通りかかった時に賑わっていたのでちょっと興味をもっていたのだ。

昭和テイストの外観。
メニューを見ると中華系の多いお店のようだ。
御徒町食道④

店内も“The 昭和”
古さはあるけど小奇麗だった。
トイレは和式だったけどちゃんとしていた。
トイレをちゃんと掃除しているお店って信用できると思う。
これはワンともの想像だけど、家族経営でお母さんとお嫁さんが配膳、男性陣は厨房といった感じ。接客はテキパキしつつもなんなく柔らかで心地いい。
御徒町食道③

食事はというと、ダンナ・ピットはハンバーグ定食(¥880)。
ワンともはタンメン(¥600)。
とにかく安い。
御徒町食道② 御徒町食道①

ハンバーグ定食は日替わり定食でもあったらしく、
おかずをもう一品付ける事が出来たのでカキフライを選んだ。
おかずは他にネギトロ、冷奴、納豆などなど。
ネギトロと冷奴ってずいぶん値段に差がありそうだけど。
タンメンは細麺でスープに旨みが出ていて美味しかった。
野菜もたっぷりだったし。

同じ高架下の2軒隣ぐらいに、こちらも“The 昭和”な和食の食堂があった。
次はこっちも入ってみたいな。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ(グルメ)

THEME:東京23区 | GENRE:地域情報

晦日のアメ横で買出し

東京に住んでのべ10年近く経つけど
初めて師走のアメ横に行ってみた。
なんつーかテレビで観た通りの人出だった。
アメ横2008晦日②

でもちゃんと左側通行で一応の秩序は保たれていた。
ちゃんと「左側通行です」とか「押し合わないように」とか
警察官が街頭スピーカーで注意を促していた。
アメ横2008晦日③

“アメ横”に警察官がいるの、分かるかな?

そうは行っても鮮魚店が並ぶ辺りでは人が溜まっちゃうから
どうしても流れが悪くなる。
アメ横2008晦日④

特に最近テレビで紹介されたお店は押すな押すなの大盛況。
ワンとも達も人ごみをかき分けて何とか買い物を済ませた。
買った後も人ごみをかき分けて流れに乗るのが大変だった。
アメ横2008晦日① アメ横2008晦日⑤
画像左は天津甘栗を買ったお店。この辺りはまだ平和。
画像右は牛肉を買ったお店。ここはテレビに出たのでスゴイ人だかり かお

今回買ったのは…

天津甘栗(たぶん1袋=500円のもの)4袋 1,000円
大トロ 一冊 1,000円
すき焼き用和牛 約1kg 3,500円
20cmぐらいの海老 10尾 2,000円
ウニ 2パック 1,000円

ダンナ・ピットが所望だったイクラは予算的に無理だったので断念。
それでも一箱6,000円のが3,000円だった。
テレビで観たカニは6,000円が2000円になってたから、
そのぐらいのつもりだったんだけど…。
今年のイクラはちょっと高いそうだ。

さっそく今夜はすき焼き用の和牛でしゃぶしゃぶ。
明日はウニ丼の予定。

あの人ごみをかき分けて来年も行くかというと、たぶん行くでしょう。
なんといってもイッパイ買うっのて楽しい。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ

THEME:東京 | GENRE:地域情報

クリックエアー(clickair)

エアーの紹介をしてきたので、
ついでに今回の旅行で利用したエアーをもう一つご紹介。
ヴェネチアへの小旅行の際に利用したクリックエアー(clickair)はバルセロナに本拠地を置く格安航空会社で、スペインのフラッグキャリア・イベリア航空の子会社。
予約等の経緯は以前の記事でご紹介したので、今回は実際に搭乗した様子を。

バルセロナ・プラット空港のヴェネチア行きのターミナルは“B”
クリックエアーのカウンターで荷物を預ける際に「ビザは?」と聞かれた。
そんなこと聞かれた事が無いのでちょっと面喰ったけど
日本の近所の某国と間違えたか混同したのかも。
それに日本人がこのルートで飛ぶのも珍しいだろうし。
実際搭乗してみたらアジア人はワンとも達だけだった。
日本人がイタリアへ行く時に3か月以内の観光旅行ならビザは必要ない。

バルセロナとヴェネチアは所要時間1時間半ほど。
とはいえ国際線なので出国審査を受けた。

クリックエアーの飛行機は全部エアバス320だそうだ。
ワンとも達が乗ったのもエアバス320。
座席の並びは3-3の約180人乗り。
エアバスだから当然シートはRECARO。
シートのピッチも心なしかボーイングより広いような気がした。
clickair①
『バルセロナ・プラット空港のゲートから』

格安エアーだけあって飲み物や食べ物は全部有料。
その辺は割り切って低価格に徹していて清々しいぐらいだった。
ちなみにドリンクは3~5ユーロぐらい、
サンドイッチなどの軽食が8~10ユーロぐらいだっただろうか。
一応免税品の販売もあった。

帰りの飛行機の機体はナゼか真っ白。
雲に対して保護色だ。
ペイントが間に合わなかったのか急に機体を交換したのか…。
でも問題なく無事にバルセロナに着いた。
バルセロナに着いたらなんだかちょっとホッとしたのが不思議だったナ。
clickair②
『ヴェネチア,マルコ・ポーロ空港にて』

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

KLMオランダ航空・ビジネスクラス「機内食」

KLMも離陸から2時間ぐらいで食事の準備が始まった。
こちらもテーブルにクロスを引いてくれる。
昔乗った時と違ってサービス内容が上がっている。
搭乗の際に配られたメニューの中からお料理を選択。
ダンナ・ピットは洋食、ワンともは和食。
油系の多い食事が続いていたから疲れた胃には嬉しかった。
ちょっと失念したが和食は有名な料亭がプロデュースしていたと思う。

帰りはうっかりメニューを持ち帰るのを忘れてしまって
メニューの詳細が分からなくなってしまったので説明が適当かも…。

ダンナ・ピットが選んだ洋食コースの前菜とメイン。
画像左の前菜はツナフレークをキュウリで巻いてアボガドのソースを掛けたもの。メインは鶏肉のグリル。付け合わせはリゾットと人参のグラッセ(?)。
KLM機内食① KLM機内食④

ワンともの和食は前菜に小鉢が4種類。
冷奴と鯖の柚子塩焼きとホタテとサーモンのマリネ風、それから香の物。
トレーの微妙なスペースにはご飯とお味噌汁かしら?と思っていたら
そのままだった…。メインはサーモンの照り焼き(?)っぽいもの。
たぶんフリーズドライだと思われるお味噌汁。でも悪くない味。
KLM機内食② KLM機内食③

飲み物はワインもあったけどダンナ・ピットはビール。銘柄はハイネケン。
ワンともはとりあえずお水。食後には熱いお茶も出た。プラスチックのカップじゃなくてちゃんと陶器の湯呑みで。

ダンナ・ピットはデザートの代わりにチーズの盛り合わせを。
ワンともはチョコレートのムース。
KLM機内食⑤ KLM機内食⑥


やはり到着2時間ぐらい前になると朝食に当たる軽食が出た。
こちらは搭乗の時にシートが配られるので、希望のメニューにチェックし渡しておくとそれらをトレーに載せて運んできてくれる。
画像はワンともが選んだもの。スクランブルエッグにポテト、フルーツにコーンフレーク、スモークサーモンにヨーグルト。量もたっぷりだった。
ダンナ・ピットは帰国後ラーメンを食べに行きたいので、フルーツとヨーグルトだけと控え目にしていた。
KLM機内食⑥

エコノミーと比べると格段にクオリティが高いし、
和食が選べたのは得点高い。
でもやっぱりエールフランスの方がねぇ。
食文化の違いが出ちゃったかな。
でもワンとも達には十分な内容かも。
次からはエコノミーだから、このビジネスの食事が素晴らしく感じるに違いない。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

やったバカが払え!~鹿島と柏に制裁金~

Jリーグは26日、J1の柏に200万円、鹿島に100万円の制裁金とけん責処分を科すことを決めた。9月20日に柏であった両チームの対戦で、鹿島サポーターが最前列で大旗を使用し、柏のアレックスの頭に当てて試合が一時中断されるなど、選手の安全確保ができなかった。また、大分に対し、07年9月に増資をした際、Jリーグ事務局に相談がなかったとしてけん責処分を科した。<毎日jp>

せっかく優勝した後にこのニュース…。
やったヤツは分かってるんだからそいつに払わせればいいのに。
クラブが実行犯に支払いを求めてもいいんじゃないかな。
(だいたい旗を当てた犯人はホントに入場禁止になってるの???)

微々たる金額とは言えワンとも達が払ったチケット代やグッズ代が
こんなバカどもが起こした事件の制裁金に遣われるなんて納得できない!!
(よく考えたら、バンコクまで応援に行ってるんだから一家庭の出費としては微々たるもんじゃないよね)

応援を笠に着て傍若無人なインファイト。
連帯責任でインファイトが払っても構わないんじゃない。
それが組織ってもんでしょ。そうじゃないならただの烏合の衆。
烏合の衆ならまた同じような事件を繰り返すかもね。
いろんなトコに散々迷惑かけて…全くお荷物っ!

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


オランダ・アムステルダム『スキポール空港』の出国審査

KLMビジネスクラスの食事を紹介する前に
オランダの玄関口スキポール空港について。

スキポール空港
『スキポール空港』(2005年11月)
スキポール空港を初めて訪れたのは2005年11月。
この一か月前には滑走路の一つで前の大戦のときの不発弾騒ぎがあったようだ。不発弾騒ぎは今の日本でもたまにあるけど、ヨーロッパでもあるのねぇ。戦場だったんだから当然と言えば当然か。

スキポール空港はとにかく大きな空港で
日本に帰ってくる便ではゲートを離れて滑走路に行くまでに
何キロあるのかと思うほど長い距離を移動していた。

ゲートからゲートへの移動も大変。
バルセロナから着いて日本行きのゲートまではかなりの距離だ。
その前に出国審査があり手荷物の検査がある。
バルセロナからの乗り継ぎはあまり時間が無いので
たくさんあるショップに目もくれず移動するのである。
スキポール空港②
『スキポール空港ターミナル内』(2007年12月)
今年のクリスマス・イルミネーションは去年と一緒だった。

出国審査場はいつもいつもいつも大行列。
ホントに時間のない人が「先に行かせて」とお願いしている光景も見る。
今回はここが問題だった。
いつもいつもいつも大行列だが今までは多少の余裕を持って通過していた。
審査ブースはユーロ圏とその他のパスポートに分かれていて、審査の係員は一つのブースに2人ずついる。
ここは日本行きのゲートがあるので日本人が多い。
中央のブースに人が集まりがちなので、比較的列の短そうな一番端の列に並んだけどこれが裏目に出た。

この係りの若いのがとにかく 細かくてしつこい!

パスポートとチケットは当たり前だけど
「Eチケットの控えを出せ」とか「今日はどこから来たのか」とか「いつ日本を出発したのか」とか事細かに聞いてくる。
これを全部の人にやっている。中には横にある事務所から出てきた人に改めてチェックされている人もいた。これもしょっちゅうあった。
この兄ちゃんは些細なことですぐ事務所から人を呼ぶ。

それに英語の発音が悪い。を全部で発音するから
You leave Barcelona?のleaveleaf(葉っぱ)に聴こえる。
「バルセロナを葉っぱしたのか?」
「いつ日本を葉っぱしたのか?」
それでなくても英語のできないワンともには???だ。
困ったので後ろに並んでいるダンナ・ピットを呼んだ。
で、また同じ質問を繰り返す。
(ダンナ・ピットにもleaveがleafに聴こえたらしい)

とにかく四角四面で融通の利かない「マニュアル通りにやる男くん」だった。
同じブースの隣りの係員が時々ため息混じりの視線を向けていたっけ。
(見るだけじゃなくて何か言ってやってよ~)

いいから、さっさとハンコ押せー!!

と、ワンともは心で叫んだ。
多少声に出して言っていたけど日本語だから分かるまい。
あんまりにもイライラしたので、帰国したらオランダ大使館に文句言ってやろうかとちょっと思った。次またこの若いのに当たったら言うかも。

この後、搭乗口の前で手荷物の検査があって、また一行列。
ベルトや時計などの外し忘れでしょっちゅうキンコンキンコン鳴るから
こっちも思いのほか時間が喰う…。
(ここには日本人のスタッフがいるのでいくぶん気が楽)
そのうちチェックインが済んでいない人の名前の放送が始まる。
たぶんあの出国審査に並んでいるんだろうな…と思いつつそれを聞いた。
そんな感じだから出発時間も押す。
それでも多くの客が日本人だからある程度の時間には出発できるけど、
これがルーズな国民性だったらどうなるんだろう…。

結局、搭乗してから貨物付近の不具合で30分遅れて出発。

あれだけイライラ、バタバタしたのに 遅延…。

今回はビジネスだったからシャンペン飲みながらゆったり待てたケド、エコノミーで乗ったまま30分待ちはちょっとグッタリかも。(次あったらグッタリ確定…)

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

KLMオランダ航空・ビジネスクラス

バルセロナからの帰りはKLMオランダ航空を利用。
こちらもアリタリア欠航で振り替えになった便だ。

画像の機体はアムステルダム-成田で乗ったボーイング747-400
バルセロナ-アムステルダムはボーイング737
KLM①
『スキポール空港』(アムステルダム・オランダ/2008年12月)

747-400は客室が2階建てでかなり大きな飛行機だった。
ラッキーな事にワンとも達の席はこの2階だった。
座席は2-2の並びでとっても余裕がある。
座席の横にもキャビネットがあって、
ちょっとした小物を入れられて便利だった。
KLM③

座席はもちろんほぼ180度フラットまで倒せるけど、
エールフランスの席と違って倒せば後ろの席に影響がある。
ピッチが広いから邪魔になるほどではないけど、
シェル型で全く影響が出ないしRECAROの革シートのエールフランスにはちょっと負けるかな。
KLM②

KLMもエールフランと同じようにコート類を預かってくれるし、
コットンのカバーが付いたピローは大きくてフカフカだった。
でもやっぱりブランケットはアクリルで静電気バチバチ…。

ワンともの席のシートベルトが座席に噛んじゃって締められなかったんだけど、直すのに座席をボコッと外したのには驚いた。
意外と簡単に外れるもんなのね~。

ビデオンデマンドのモニターは肘掛から出すタイプ。
前の座席の後ろにモニターがあると
座席を倒した時に画面が見えなくなるからね。
行きの飛行機で途中になった『ナルニア国物語~カスピアン王子の角笛』を見直そうと思ったらプログラムに無かった。ちょっとラインナップもイマイチだったなぁ。う~ん。

配られたアメニティはKLMカラーのブルー系。
内容的にはエールフランスと同じような感じ。
KLM④
ちなみにKLMのエコノミーでアメニティは配られない。

こうして書いてみると、
なんだかエールフランスと比べてイマイチな印象を与えてしまうかもしれないけど、それはその通りかも…正直なところ。
行きと帰りに違うエアーに乗った事で図らずも比べてしまう状況になって、アメリカ製とフランス製の違いを見た感じがした。
でもやっぱりビジネスは快適。
またビジネスに乗れるならエールフランスでもKLMでも贅沢は言いません。
ビジネスに乗ってみて思ったのは、やっぱりエコノミーの環境をもうちょっと何とかして欲しいってことかな。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

シャルル・ド・ゴール国際空港

シャルル・ド・ゴール空港
乗り換えで利用したフランスのシャルル・ド・ゴール空港
通称「ロワシー」
06年にも同じく乗り換えで利用したことがある。
ターミナルが3つもある大きな空港で、
今回の乗り換えのための移動距離もかなりあった。
鉄骨とガラスでできている様子から国際フォーラムを思い出したけど
設計者は別なようだ。
遠くから見ると透明なカマボコみたいにも見える。
1964年に着工というだけあって、
当時想像した「近未来」的デザインだと思うけど、
でもそんなに経っているようには見えなかったな。

空港からパリ市内へはタクシーや鉄道を利用するか、
エールフランスのシャトルバスが15分間隔で運行している。
他にもロワシーバスというのがあるそうだ。

ヨーロッパに行っていつも思うのは、
空港から市内へのシャトルバスがすごく便利だということ。
早朝から深夜までだいたい15分から30分間隔で運行されているし、
料金もそんなに高くない。
バルセロナは片道4.05ユーロ、ミュンヘンは9ユーロ(確か)、
この間行ったヴェネチアは片道3ユーロだった。

それに比べてリムジンバスの成田~東京駅は片道3,000円。
いくら都内まで距離があるとはいえ高過ぎ。
しかも運行間隔はヒドイと次の便まで2時間近く開いたりする。
JALやANAもシャトルバスを運行して、この理不尽な運行間隔を埋めて欲しいものだ。できれば片道1,000円ぐらいで。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

エールフランス・ビジネスクラス「機内食」

飛行機が離陸して2時間後ぐらいから食事の用意が始まった。
テーブルには白いクロスが掛けられナイフとフォークがセットされる。
搭乗の時に渡されたメニューにあるオードブル、メイン、デザート
それぞれ2種類の中から1つを選ぶコースになっている。
しかも一皿ずつ順番で出てくるのだ。
以前ノースウエストのビジネスに乗った時は、内容こそエコノミーより良かったけど全部一緒のトレーで出てきた。最近のビジネスは本格的なサービスになってますね~。

まずはオードブル。
ワンともはサーモンのタルタル(画像左下)、
ダンナ・ピットは鴨胸肉のロースト(画像右下)。
AIRFRANCE・機内食① AIRFRANCE・機内食②

次のメインはワンともが的鯛フィレと蒸し海老(画像左下)、
ダンナ・ピットが牛フィレ肉のグリル(画像右下)。
機内食で鯛が出る事もビックリだけどダンナ・ピットの牛フィレ肉の分厚さにも驚いた。そしてなかなかのお味だった。
AIRFRANCE・機内食③ AIRFRANCE・機内食④
胃の調子の良くないワンともも完食。
しかも温かいお味噌汁もあった。これはダンナ・ピットが飲んだけど、出汁が利いててなかなか美味しかったらしい。

ワインは3種類の中からボルドーの赤ワイン「Medoc Chateau Haut Condissas2004」を。
メルローを主に造られた上品でなめらかなワインだそうだ。
AIRFRANCE・機内食⑧
エコノミーでは、スッチーが「こちらのワインでございます」なんてラベルを見せてくれることはないし銘柄は選べない。

デザートは二人ともマンゴーのシャーベットとビスケット
しっかりマンゴーの味がして美味しかった。
量もしっかり1カップ分ぐらいあったしね。
AIRFRANCE・機内食⑤

ビジネスクラスにはバーがあってカップ麺やサンドイッチやおにぎりなどの軽食が用意してある。好きな時に行って好きなものを食べていいのだ。
ワンともが寝ている間にダンナ・ピットは2回もカップ麺を食べたらしい。

飛行機が着陸する2時間前になると朝食に当たるやや軽めの食事が出る。これもまたテーブルにクロスが敷かれる。
こちらは一つのトレーに一緒に出てきた。
オードブルとデザートは共通。
オードブルはフォアグラと鴨胸肉の燻製
フォアグラ!!
デザートはスターアミス風味のコーヒーチョコレートムース

メインは2種類からチョイス。
ワンともはラタトゥイユラザーニャ(画像左下)、
ダンナ・ピットはサーモンフィレのグリル(画像右下)。
AIRFRANCE・機内食⑦ AIRFRANCE・機内食⑥

さすが美食の国フランスのエアーだけあって満足できる機内食だった。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

エールフランス・ビジネスクラス「まずは一杯」

搭乗して席に落ち着くとまず飲み物が配られた。
エコノミーでは離陸前に飲み物を配るなんてことはない。
ダンナ・ピットはシャンペン、ワンともはオレンジジュース。
エールフランス・飲み物

グラスもプラスチックのカップじゃない!
(強化ガラスっぽい感じ)
飛行機が動き出したので残っていたけど慌てて返そうとしたら、
「まだ、いい」と言われた。どうもギリギリまで飲んでていいみたいだ。
スゴイなビジネス。
でもまぁ、このヘンが乗り慣れていないのバレバレかお

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:飛行機/フライト/機内食 | GENRE:旅行

エールフランス・ビジネスクラス

今回は長年溜めたマイルを吐き出してビジネスクラスを利用。
直前の振り替えでアリタリアからエールフランスへ。
いや~、振り替えに感謝したいぐらいいいエアーだった。
以前エコノミーを利用した時も2-3-2で比較的楽だったし。
AIRFRANCE⑦
『シャルル・ドゴール空港』(2008年12月)
画像の機体はパリ-バルセロナで利用したエアバスA320。
成田-パリはエアバス330

ビジネスはエコノミーと同じで進む方向は一緒。
やっぱりファーストは特別なのね~。
AIRFRANCE①
『成田空港・エールフランス搭乗口』

今までは「ううっ、広い…」と
横目に見ながら通り過ぎていたシートがそこに。
座席の並びは2-2-2。
トイレの事を考えていつも通路側を選んでいたけど、
今回は気兼ねなく窓側を選べた。
シートはRECAROの革張り(合成皮革かも)。
ダンナ・ピットいわく、RECAROはレースカーにも使われているとか。
ピローも大きくてフカフカ。カバーもコットンだった。
コート類は全部預かってくれるし、頭上の棚も余裕がある。
一つ注文があるとするとブランケットかな。
アクリルだから静電気が凄くて…。
AIRFRANCE②

足元は前の座席の下を利用した窪みになっていて、
シートを倒すとほぼフルフラットになる。
前の座席裏にビデオ・オンデマンドのモニターがあるが、
シェルタイプなので背もたれを倒しても後ろの席に響かない。
前のポケットにある雑誌まで手が届かないほど
座席のピッチがあるのがまた感動的。
AIRFRANCE③

画像左はビデオ・オンデマンド用のリモコン。
画像右のボタンで細かく座席の角度を調整できる。
今回は『ウォーリー』と『ナルニア国物語・カスピアン王子の角笛』を途中まで観た。前夜あまり寝ていなかったのでほぼ寝ていたかも。
あの寝心地を堪能しないのも勿体ない。
AIRFRANCE⑥ AIRFRANCE④

座席横のポケットにはヘッドフォン、水のペットボトル、スリッパ。
ヘッドフォンは性能が良くてしっかり音が聞こえたし、
水はフランスのエアーらしくエビアンだった。
エコノミーだとスリッパは持参するものだよね、フツー。
AIRFRANCE⑤

機内で配られたアメニティもオシャレで立派。
クラランスのフェイスクリームが入っていた。
そういえばAFはエコノミーでもアメニティをくれたっけ。
こんなに立派じゃないけど、くれるだけサービスいいかも。
AIRFRANCE⑧

エールフランスのビジネスクラスがすっかり気に入ったダンナ・ピット。
「もうビジネスクラスにしか乗れない体になってしまった~」と連呼。
じゃあ、また乗れるように頑張って稼ごうね。

次は機内食をご紹介。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

クリスマス・ツリー

成田空港に着くと今年もクリスマスツリーが迎えてくれた。
今年はブルーと白で色合い的にシンプルなツリー。
周りの輪っかと天使がちょっと凝ってたかな。
2008ツリー・成田第一北ウイング
『成田空港第一ターミナル北ウイング(2008年)』

去年はディズニーとコラボしたツリーが飾られていたっけ。
2007ツリー・成田第一北ウイング
『成田空港第一ターミナル北ウイング(2007年)』

これは第一ターミナル北ウイングのツリーだけど、
各ターミナルごとにツリーがあるのかな。
南ウイングへも行こうと思えば行けたけど
当日はそんなこと思いもしなかった。
次もきっと忘れちゃって、また帰って来てから思い出すんだろうなぁ。

バルセロナでは街中であまりツリーを見掛けなかった。
モミの木は売っていたので多分各家では飾るんだろうけど。
ガイドブックによると、スペインではツリーの代わりに
イエス誕生のシーンを再現したベレン人形を飾るのが一般的だとか。
国や地域によって色々と特色があって面白い。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

車って5年もてばいいと思う???

ちょっと旅行とは離れたお話を一つ。
ダンナ・ピットは車が大好きだ。
今の車は欲しくて欲しくて無理して買った外国車の4WD。
もう11年になる。
あちこち劣化して、この間の車検ではボーナスが吹っ飛んだ。
同じ車を買い替えるのは無理なのでまた10年乗るつもりでいる。

そのダンナ・ピットが昨日の夜言った。
「トヨタの会長の奥田ってサァ、
クラウンのオーナーは5年で買い替えるから5年もてばいい
って言ったらしいんだよね」
いつも読んでいる、とある地方の自動車整備会社のブログで見つけた記事らしい。
実際Wikipediaで調べたら、過去の株主総会でそういった発言はあったようだ。

ブログ主の方は車の整備をしているから、これは納得いかない発言だったようだ。11年同じ車に乗っているウチだって聞き捨てならない。
ユーザーが買い替えるのと車のクオリティを下げるのは話が違う。
こんな輩がトップにいるせいか、トヨタはダントツのリコール王だそうだ。

リコール王トヨタ 欠陥車率3年連続100%超も、回集率さえ非公表
(My News Jyapan 2006年)


リコール王トヨタ “口止め料”日本一の威力
(My News Jyapan 2006年)


世界に冠たる日本の企業だと思っていたけど…。
「5年もてば十分」そういう車を作れと言われた社員の気持はいかばかりだろうか。“物作り日本”の牙城は、こういった利益追求型で価値観のズレたアホのせいで揺らいでいくのだろう。お金と権力は持ってるけど品格はないみたいだ。
そういえば今の経団連会長の御手洗キャノン会長もヘンな人みたい。
経団連会長って誰が選んでるの???


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


プチ・トラブル ~出発前~

旅行の話しは、まず出発前日のドタバタから。
ダンナ・ピットが出張から21時ごろ帰ってきて、
「今日の夜から断水するんじゃないの?」と。
「え、そうだっけ???」
そういえばちょっと前に工事断水のお知らせが来てたなぁ…。
お知らせを見ると、前日の夜11時から翌朝6時まで水道工事で断水

ヤバい!

早くしないとお風呂に入れなくなる。
家を出るのは断水が終わる午前6時前。
となるとトイレの水も流せなくなる。
トイレを流せないまま10日以上家を空けたくないっ!

水を溜めねば!!

慌ててお風呂に入りご飯を食べ、
浴槽やヤカンや大きなお鍋に水を溜めた。

今回は直前に飛行機が振替になったり断水したり、
なんだかこの旅行も面倒な事が起こる予兆なのかと思ったり、
いい旅行になる前の毒出しかと思ったり…。

水が出ないからといって旅行に行けないワケじゃないけど
すっきりした気分で旅行に出れない。

出発当日の朝、試しに蛇口を捻ってみたら水が出た。
どうも工事の終わった所から段階的に復旧していたようだ。
無事、お風呂にも入り洗濯も済ませ出発することができた。
溜めた水を捨てるのは勿体なかったけど。

これもブログのネタになるように
旅行の神様が用意してくれたプチ・トラブルだったのかかも。

バルセロナの水飲み場
『バルセロナ旧市街の水飲み場』
残念ながら水は出なかった。ここも断水中???

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


帰国

本日、無事帰国。
明日からぼちぼち更新の予定。
長々と引っ張るつもりなので、
お付き合いよろしくお願いします(*^^)v

VENECIA・イルミネーション
『ベネチアのクリスマスイルミネーション』
ベネチアでは水攻めに遭った…。












ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

旅行と薬

10月末に逆流性食道炎と診断されてから、膨満感と食欲不振が続いていてなかなか良くならない。痛みがないだけマシだけどなんだか胃の動きが鈍い感じ。せっかくご飯の美味しいバルセロナとベネチアに行くのに!しかも飛行機はビジネスだというのに!このままだと非常に口惜しい。そもそも胃腸が強くないワンともだけど、旅行までには何とかしたかった…。夏に引いたおみくじの「病い=長引く」がまさかホントになるとは…。

そんな胃腸に問題を抱えたまま出発するワンともの持参するお薬について。
以前、預け入れ荷物にして失敗した苦い記憶から薬は機内持ち込み荷物に入れている。今回の内訳は次の通り。

・お医者さんから処方された胃腸の薬
・市販のかぜ薬
・正露丸
・キャベジン
・バファリン
・目薬
・絆創膏
・鼻炎薬(時々ワンともに鼻炎が出る)
・イソジン

これだけあれば10日ぐらい何とかなるだろう。
ダンナ・ピットの発熱はバファリンで乗り切ったし、インドに行く訳じゃないから下痢したら正露丸で何とかなるだろう。
でも去年のカゼは持って行ったカゼ薬を飲みきっても治らずに結局バルセロナで買ったけど…。ホント日本の市販薬って高い割に効かない。
結局ワンともはインフルエンザの予防接種ができなかったし、ダンナ・ピットはカゼが怖いのでイソジンで予防することにした。もちろんマスクも持参。
あとは出発直前に出張に行っているダンナ・ピットが、また体調を崩さないといいけど。明日の夜帰ってきて明後日の早朝にに出る予定。「本人は寝ないで出る」と言っているけど、それが良くないんじゃないの???
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


アリタリア欠航…そして振り替え

今日の午後3時ごろノースウエストから電話があった。
なんと!しあさって出発のアリタリアの飛行機がフライト・キャンセルになったので他社の便に振り替えて欲しいというのだ。このところ欠航が相次いでいるという。電話をしてきたノースの人も「アリタリアさんも状況が状況なので…」と困った様子。
ダンナ・ピットが見たアリタリアのHPには「12月1日から資産の移行がどうのこうの」という内容のプレスリリースが出ているようだ。
予約した時に「振り替えにならないかなぁ」なんてブログに書いたけど、
まさホントに振り替えになるなんて…。

ワンとも達が今回予約したのは特典旅行なので同じワールドパークス加盟のエアーでしか振替が利かない。その上ビジネスクラスは特典旅行の席の設定が少ないから、最悪マイルの返却ということになるらしい。それにこっちからの返事も“今日中”という急ぎよう。電話中にも席がどんどん埋まってきているようだし、出発3日前に旅行自体を取りやめるワケにもいかない。結局行きがエールフランス、帰りがKLMになった。行きが9:30とちょっと早めだけどKLMは前回バルセロナに行った時と同じ時間だ。

アリタリアだとバルセロナに着くのが夜遅くだったので、一日目のホテルを空港近くにしたけどエールフランスだと18時前に着く。キャンセルして市内に取り直そうかと思ったけど面倒だからホテルはこのままにした。この機会に郊外の町をちょっと散策してみるのもいいかも。何にもない可能性は大きいが…。成田のホテルの周りも何もないしね。

アリタリアは、破綻した時に再建すると言っていたけど無理なのか…?
こう言っちゃナンだけどフライト・キャンセルはある意味ラッキー。
アリタリアの場合は組合が経営の足を引っ張っていたと聞いていたし、こんな時も自分たちの雇用や待遇にばかり気が行ってしまって仕事がおろそかになってるんじゃないかと、ちょっと安全性に不安を感じていたし…。
当初は経由地のローマで降りて観光しようかと思っていたけど、結果的にそうしなくて正解ということになった。不幸中の幸いかもしれない。

そういえばルフトハンザがイタリアに新会社を作るような記事を読んだけど、そっちが軌道に乗って遠距離も飛ぶようになったらアリタリアの再建も大変そうだ。第二次大戦のとき、イタリアの戦闘機は高い所から適当に爆弾を落としていくから全然怖くなかったけど、ドイツの飛行機は低空で飛んできて的に正確だから怖かったという話を何かで読んだ。お互いの性格がモロに出ているような話だと思った。ルフトハンザ新会社とアリタリアの市場競争もそんな感じになるのかな…。
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY



CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: