プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

新型インフルエンザ

新型の豚インフルエンザとやらがメキシコで発生した。日本政府は水際で止めるために色々と対策を講じているようだけど、メディアでは大騒ぎだ。「あまり危険じゃないらしい」「通常のワクチン製造を止めてまで…云々」と。
逆に「状況を見守る」なんて言ったら、対応が遅いとか危機意識が低いなどと叩くんだろうなぁ。弱いとはいえ免疫のない新型のウイルスが蔓延しそうなんだし、全く入ってこなければそれはそれでいいことなんだし、今発生しているインフルエンザのワクチン開発を優先して何が悪いんだろう。何でも批判すればいいってもんじゃないと思うけど。それでも段階が「4」に上がってから多少論調が変わったかな。

今朝、成田に入って来たメキシコからの飛行機が早速、機内検疫を受けたというニュースをやっていた。機内でチェックして疑いのある人がいた場合は隔離され、その人の周囲2m以内に居た人も10日間ほど指定のホテルに隔離されて様子を見るんだとか。

かなり昔のことだけど、ワンともの父親はこの隔離を受けたことがある。
病名はコレラ
一緒にタイに行ったツアーの人からコレラ患者が出たのだ。
保健所で検査した後、一週間自宅待機と言われて帰宅した。今と比べるとだいぶユルイ対応だと思うけど、明らかに問題がなかったからだろう。元気な父親は一週間のあいだかなり暇を持て余していたっけ。コレラになってしまった人は、どうもうっかり生水かなにかを飲んでしまったようだ。その後、無事回復したみたいだけど。
水の危険性は熱帯の国の宿命なのかもしれない。だんだん暑くなっている日本も人ごとじゃないのかも。

ワンともはこの時に初めて“コレラ”という病気を知った。
どんな病気なのかはもっと大きくなってから知った。
手塚治虫『陽だまりの樹』には幕末に蔓延したコレラの話が出てくる。コレラはコロリといって恐れられ、庶民は八つ手をぶら下げたり節分のように豆を蒔いたり、中には怪しい祈祷師が患者の体を叩いて病魔を追い出そうとしたりなどの迷信が行われていたらしい。
ストーリーでは手塚治虫のご先祖の医者が治療に奔走するのだけど、湯ざましを飲ませて塩を摂るという治療を施していた。もちろんこれで誰でも治るというわけではないのだけれど、当時はとりあえずそうするしかなかったようだ。
そいえば以前、海外で正露丸も利かないような下痢やおう吐に見舞われた時は、塩とブドウ糖を水に溶かした経口補水液(ORS)を飲むといいような話を聞いたことがある。脱水症状を防ぐためらしい。ポカリスエットでもいいらしいので、旅行の時は粉末を一袋持って行くようにしている。幸いまだ使ったことはないけれど。

SARSの時もそうだけど、何か伝染病の話しが出るたびに父親のコレラ騒動と手塚治虫のこの漫画を思い出す。



陽だまりの樹 (5) (小学館文庫)陽だまりの樹 (5) (小学館文庫)
(1995/05)
手塚 治虫

商品詳細を見る
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


『エビス本』

なにげに入った書店で見かけた『エビス本』
まるまる一冊エビスビールに関する本だった。
用事の合間にザザッと立ち読みしただけなので詳しい内容は分からないけど、ワンとも達の好きな“琥珀エビス”<生>があるらしい。
お店でしか飲めないらしいけど、限定醸造だからもし飲めるとしたらまた秋かな。
今、家には発売終了前に、まとめ買いした琥珀エビスが山ほどあるのだ。
これも飲み終わったらまた秋まで待たないと。



エビス本 (エイムック 1715)エビス本 (エイムック 1715)
(2009/04/24)
エイ出版社

商品詳細を見る
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


~クラシコ~ バルサvsレアル・マドリード(’09.12.14)

もう4か月も経ってしまったけど去年のバルセロナ旅行の話しがまだ終わっていなかったので続きを…。

近々(現地時間5/2)に今期2回目のクラシコが行われるが、旅行記の再開も一回目のクラシコから。これから現地まで観戦に行かれる方、場所が違うので参考になるかどうか…。まぁ、雰囲気だけお伝えできれば。ちなみにチケット入手の状況はバルサもレアル・マドリードもさして変わらないと思う。


試合開始はほとんど21時からだけど、ビッグ・ゲームは22時スタートが多い。ということでクラシコも22時から。
天気予報では夜から雨だったけど、ホテルを出る時はちょっと曇っている程度だったので、試合が終わるまでは大丈夫だろうとカッパを持たずに出た。ところがスタジアム近くの地下鉄駅から地上に出たら雨!地下鉄に乗っていた20分ちょっとの間に降り出したらしい。
ちゃんと日本から100円ショップで買ったカッパを持って行ったのに現地のカッパ売りからショボいカッパを5euroで買うハメに…かお
クラシコ2008①
『試合開始一時間前のカンプ・ノウ』
現地の人は試合開始ギリギリに席に着く。

雨が降ってなかったらダンナ・ピットがデジ一で撮る予定だったけど、雨脚がどんどん激しくなったのでワンとものコンデジで撮影。あまり状態が良くないけど、なんとなく雰囲気が伝わるかな。
クラシコ2008②
『ゴール裏のバルサ・サポーター』
幕にはなんて書いてあるのかは分からないけど、1899はバルサの創設された年。

クラシコなどのビッグ・ゲームではスタンドにカラーシートを使った人文字が作られるのだけど、今回は雨だったので屋根のある席の人しかシートを掲げられずグダグダに…かお
クラシコ2008⑪

本当ならこんな風になる。
クラシコ2006
『2006 クラシコ』


いよいよ試合開始。
クラシコ2008③

やっぱりコンデジじゃ、ボケちゃうし色調もバラバラでキレイに撮れなかった。
クラシコ2008④ クラシコ2008⑤
クラシコ2008⑥ クラシコ2008⑦
クラシコ2008⑧ クラシコ2008⑨


終わってみれば2-0の快勝。銀河系軍団と言われたレアル・マドリードは引きっ放しで、下位チームよりお粗末な試合っぷり。今は首位バルサに6ポイント差で2位につけているけど、この時は年俸だけが銀河系レベルのダメ・チームだった。
クラシコ2008⑩


帰りも雨は止まず、ワンとも達は押し出されるままマリア・クリスティーナ駅の方へ。10万人近くが一気に吐き出されるので、利用したい駅に行くのは至難の業だ。利用したい駅に行きたい場合は試合終了前に席を発つしかない。
流れに押されてマリア・クリスティーナの方へ行ったけど、おかげで少し雨が避けられるコースを発見した。

さて佳境を迎えているリーガ・エスパニョーラだけど、昨日のヴァレンシア戦を皮切りに強豪との連戦が続く。マドリードでのクラシコはチャンピオンズリーグのチェルシー戦に挟まれたキツイ日程だ。一般的には好調のバルサと映るらしいけど、監督の極端なメンバー構成を見ているとちょっと心配。それにケガ人や累積で出場停止が出たらかなり危ないと思う。


アントラーズも昨日の山形戦は引き分けで勿体ない事をした。
いくら小笠原が出場停止とはいえ、決める時に決めていれば勝てた試合だったと思う。とはいえあまり内容の良くない試合ではあった。アントラーズはどうも初モノに弱い。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2008 バルセロナ&ヴェネチア

THEME:★スペイン★ | GENRE:旅行

札幌・小樽の旅、お土産リスト

帰りは夕方の便。
意外と時間が無かったので急いでお土産を買った。
新千歳空港のお土産売り場って広いから見て回るだけでも時間が掛かる。花畑牧場の生キャラメルには相変わらず長蛇の列ができていた。マスコミの影響ってスゴイなぁ。ワンともの中では田中義剛の好感度がイマイチ低いので、横目に見るだけ。なんだか独善的でワンマンそうなんだもん。


さて、今回買ったお土産は次の通り。

味付うずらタマゴ
“味付けうずらタマゴ(¥230)”
地下鉄大通駅の地下街にある“きたキッチン”で購入。
家ですみれのラーメンに入れて食べた。美味しかった(*^_^*)

ドゥブル・フロマージュ
ルタオの“ドゥブル・フロマージュ(¥1,575)”
とっても美味(*^_^*)
帰って来てから東京大丸の物産店でも買ってしまった。
あと同じお店の“生ストロベリーチョコ(¥840)”を実家のお土産に購入。季節限定だから今はもうないかも。

小樽ビール⑥
“小樽ビール(¥1,000)”
少し前にブログでご紹介した小樽の地ビール。

きたやさいスープカリー
“きたやさいスープカレー(¥1,080)”
想像した以上に美味しかった。今度は違う種類を食べてみたい。

じゃが豚
“じゃが豚(¥995)”
大人気なだけあってモチモチした食感がGood。

ご当地ポテトチップス
“ご当地ポテトチップス3種類”
左から“うすしお”“バターしょうゆ”“焼きとうもろこし”
メーカーはそれぞれ違う。バターしょうゆがカルビー。

北の海鮮鮨
“北の海鮮鮨(¥1,155)”
家に帰ってから夕飯にするために買ったお弁当。

画像はないけど、ぎょれんの“イクラしょうゆ漬け200g(¥1,500)”、六花亭の“バターサンド”“ストロベリーチョコ”“すみれの味噌ラーメン(¥577×3ヶ)”“白い恋人(¥740)”Noraさん、“白い恋人”買ってたみたいです。実家へのお土産だったのですっかり失念してました…m(__)m

お土産用にバックを一つ持って行ったけど、ポテトチップス3袋でイッパイになってしまった。ポテチはお土産に向かないという教訓になった。

午前中に“けやき”でラーメンを食べてから食事をしていなかったので、空港のレストランで食事をした。つっこ飯ほどではなかったけれど。
鮭イクラ中丼
『鮭いくら中丼(¥1,200)』
レギュラーは¥1,600。


札幌・小樽の旅行記はこれで終了。
長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。
次は最北端か知床の方へ行ってみたいな。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

7-9月燃油サーチャージがゼロに

YahooのトップにJALANAが7-9月の燃油サーチャージをゼロにする見通しだというニュースが出ていた。(YOMIURI ONLINE)

ようやくこの時が来た。この不愉快な制度が始まってから何年経っただろう。なんと4年半だそうだ。
一番高い時の燃油サーチャージは、ヨーロッパ路線の片道が33,000円した。格安航空運賃より高かった。ユーロも170円を超えた。バカみたいな高騰ぶりだった。原油バブルに沸いた国も、今では減産して値崩れを防ごうとしても値段が上がらないようだ。できれば一歩進んで先物相場に規制を掛けて欲しいものだ。

思えば去年の12月の旅行はこの燃油サーチャージのせいで取り止めの危機にも瀕したけど、今年撤廃になる事を思えば一番高い時にマイルを使って良かった。ノースウエストの合併でマイルもどうなるか分からなかったし。あとは再び上がらないことを祈るのみ。ユーロもね。

あ、でも一部のエアーで2-3月の燃油サーチャージが往復56,000円だから運賃34,000円、燃油費が下がった4月は運賃68,000円で燃油サーチャージが14,000円みたいな、トータルで辻褄を合せるような金額設定があったけど、こんな変な運賃設定はナシにして欲しい。これでは、これまでの運賃って何だったの?と思ってしまう。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


木造民家珈琲の家『森彦』

ダンナ・ピットのラーメンと同じで、札幌ではいくつかレトロ・カフェに行ってみたいと思っていたワンとも。初日に行った『北地蔵』の他にもう一つ、ということで丸山にある『森彦』へ。路地を入った所にひっそりと建っている築50年の木造民家。ちょっと分かりづらい所にあって、ワンとも達も迷ってしまった。
森彦①
『森彦』
札幌市中央区南2西26-2-18 <地図>
jumee☆telephone1c 011-622-8880



店内に入るとすぐカウンターがあって、コーヒーのいい匂いが漂っていた。1階の奥にもテーブル席があって古いミシンが載っていた。足踏みミシンを改造したテーブルかも。
森彦②


ギシギシと音のする狭い急な階段を上って2階席へ。2人掛けのテーブルが3つ、4人掛けのテーブルが一つ。改装されてワンフロアーになっているけど、ここは押入れだったんだろうなとか、襖だったんだろうなとか想像できるような感じ。
森彦⑥


木造民家とはいえそこは北海道。木枠だけど窓は二重になっていた。桟の部分に溝が2本あるから以前は襖でもあったのかな。
森彦④


ダンナ・ピットはブレンド、ワンともは今日のコーヒーとチョコレートタルト。ワンともの組合せで850円ぐらい。コーヒーもケーキも本格的で美味しかった。
森彦⑤


空港に向かう時間をちょっとオーバーしていたので、急いで飲んで食べた。ここの他にも古民家を改装したレトロ・カフェがいくつかあるので、次回行ってみたいと思う。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

『白い恋人パーク』

“けやき”で朝食兼昼食を食べた後、『白い恋人パーク』へ。地下鉄東西線の終点“宮の沢”で下車。
本当は丸山エリアを散策しようと思っていたのだけどお天気も芳しくなくて寒いし、一日乗車券“ドニチカ”も残っているし、前日小樽から戻ってくるバスの車内から見て気になっていたというのもあって行ってみることにした。
ちなみに“ドニチカ”というのは、土日祝限定の500円/1日で乗り放題の乗車券。
白い恋人パーク①
『白い恋人パーク』
隣りにはコンサドーレ札幌の練習グラウンドがあった。


中はヨーロッパ調の建物が並び、時間になると音楽が鳴って人形が踊りだしたり、シャボン玉が噴き出してきたり、色々と仕掛けがあるようだ。建物の中は製造見学やレストランやショップが入っている。人形のアトラクションは動きがぎこちなくてあまり可愛くない…。ファンシーな動物の方がカワイイと思うけど。
白い恋人パーク② 白い恋人パーク③


せっかく来たのだからファクトリー見学をしてみた(見学料/600円)。白い恋人の製造工程以外は、陶器のカップ・コレクションやチョコレートについての展示、お菓子のパッケージ・コレクションなど。
白い恋人パーク④ 白い恋人パーク⑤
(左)『カップ・コレクションの間』
(右)『白い恋人製造工程』

何故かレトロなオモチャや生活雑貨コレクションがあったけど、これが一番面白かったかも。
白い恋人パーク⑥ 白い恋人パーク⑦
(左)『「三丁目の夕日」的茶の間再現』
(右)『軍艦・鹿島のブリキのオモチャ』
“なんでも鑑定団”で500万円の値が付いたとか。艦名の由来はもちろん鹿島神宮から。それだけで親近感沸く。


ここはいい歳の大人が二人で来ても楽しいかと言うと微妙だけど、家族連れには楽しく過ごせるかも。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

味噌ラーメン専門店「けやき」

3日目の最終日。
まずはホテルのすぐ傍にある“北海道庁旧本庁舎”へ。
前回来た時に中を見たので今回は外で写真だけ撮った。
北海道庁旧本庁舎


盲導犬が来ていたけど、ホント賢い。
北海道庁旧本庁舎②


その後、すすきのにある味噌ラーメン専門店「けやき」へ。
旅行前に見たネットの口コミだと“すみれ”より評価が高かった。期待を胸にお店に向かうと、すでに数人のお客が外で待っていた。ワンとも達も寒いけど並んで待つ。
けやき①


店内はかなり狭くカウンター席だけで10席もない。
並んでいる間に注文を聞いてくれるので、席に着いてからそんなに待たされることはない。
けやき②


ここのラーメンは野菜がたくさん入っているので甘みがあってマイルド。メニューも基本は味噌ラーメンだけで、トッピングで多少の差があるぐらい。大盛りも煮玉子もないのでダンナ・ピット的にはご不満のようだった。大盛りはさておき、このラーメンに煮玉子は合わない気がする。
けやき③
『味噌ラーメン(¥850)』
札幌ラーメンはちょっとお高め。やっぱり味噌が高いのかな。


“けやき”を出て二条市場まで歩いてみた。
あまり活気は無いようだったけど、時期的なものもあるのかな。
ツアー客がたくさん来るのかもしれない。前回来た時はここから実家にカニを送ったっけ。
二条市場

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

「超肥満者は2席買え」…(・・;)

今日、面白い記事を見付けた。
ワンともも以前から気になっていた話題だ。

記事の一部を抜粋してみると…、
米国の大手航空会社が、「1つの座席に体が収まらない人は2座席分チケットを買うように求める」という方針を相次いで打ち出している。肥満の乗客の隣に座った乗客からの苦情が、航空会社に対して相次いだのが原因だという。
米大手航空会社のユナイテッド航空は2009年4月15日、米メディアに対して、座席の運用について新たなルールを設けることを明らかにした。新ルールでは、満席状態の便で、隣の座席の乗客から「窮屈だ」との苦情が寄せられた乗客に対しては、その便の予約を取り消した上で、次の便で2座席分の購入を求めていく、というもの。同社には、「隣に座っている『サイズが大きすぎる人』が、自分のスペースにまではみ出してきている」といった苦情が、毎年「数百件単位で」寄せられていたといい、今回の方針が09年1月に決定されたという。
同社は、全世界で200か所以上の空港に就航しており、その中には国内の成田・関西の2空港も含まれる。同社の日本地区の広報担当者に聞いてみると、「今回のルールは、(今回のような措置が違法だとされた)カナダ以外のワールドワイド(全世界)に適用されます」とのことで、やはり日本路線も影響を受けることになるようだ。
J-CASTニュース


エコノミー席って日本人でも狭いと感じるのに欧米の人にとって、あのサイズは適正なのだろうか? ボーイングなんて、とてもアメリカ人が考えたとは思えない座席幅だ。
日本路線は日本人が多いから、あまりそんな目に遭った事は無いけど、確かに巨漢が隣にきたら圧迫感あるだろうなぁと思う。
巨漢同士が隣になっても大変な事だ。

ワンともも中学のバス旅行の時、サイズが大きすぎる子の隣になってかなり窮屈な思いをした。まず座席の1/4はこっちにハミだしていた。バスの座席の1/4は結構大きい。でも「ハミ出さないで」と言ったところで急に痩せるワケでもなし、相手が女の子だったから何となく言いづらかったし…。(スカートの上にも乗られて身動きとれませんでしたかお

航空会社の言い回しも、「一つの座席に体が収まらない人」とか「お座席が余分に必要なお客様」とか「サイズが大きすぎる方」など気を使っている感じが出ている。

あくまでも主観的な事だから、「シートベルトが締められない」「アームが下ろせない」などの目安はあるようだ。

このルールが違法とされたカナダ以外の全世界で適応されるらしいが、アジア路線での適応は少ないとみられている。日本人の15歳以上の肥満率は4%に満たないそうだ。でも、今日、肥満予備軍の子供を見た。最近の子供を見ていると、将来はもっと割合が上がりそうな気がする。

それにしてもアメリカの15歳以上の肥満率が34.3%ってちょっと多すぎじゃないだろうか。見ているともっと多い気もするのだけど。それに肥満といっても日本人の比じゃない。ワンとも二人分以上の人がたくさんいる…。

それにしても、サイズの大きい方の2席購入はアリとして、エコノミーの座席幅とピッチってもうちょっと何とかして欲しいな。あと機内食も。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


羅臼の海鮮料理『はちきょう別亭おやじ』

小樽から札幌に戻って一休みした後、夕食へ。2日目の夜は羅臼の新鮮な魚介が食べられる『はちきょう別亭おやじ』
ここはワンともがネットで見つけた、イクラがたらふく食べたいダンナ・ピットの希望を叶えるお店だ。テレビでは何度か紹介されているお店らしいのだけど。
はちきょう別停おやじ①


基本は居酒屋さんでカウンター席の方が多い感じ。19時の予約で行ってもうすでに満席に近い状態。このお店、男性店員はナゼか全員坊主なんだけど、とにかく威勢が良くて接客も感じがいい。女性の店員さんも坊主じゃないだけでとってもいい。
はちきょう別停おやじ②
ちょっと暗く写っちゃったけど、店内はもっと明るい。


今回食べたお料理は次の通り。

はちきょう別停おやじ③ はちきょう別停おやじ④
(左)“突き出し”
ちょっと食べちゃった…。
(右)“シーザーサラダ”
海鮮も入っていてとっても美味しかった。

はちきょう別停おやじ⑤ はちきょう別停おやじ⑥
(左)“お刺身の盛り合わせ”
特製の醤油や魚醤にワサビや七味などを溶いて4種類の味を楽しめる。
お刺身は文句なく美味しかった。
(右)“ほっけ”
ホコホコで力強い味。いつも食べているスーパーの“ほっけ”とは雲泥の差。

はちきょう別停おやじ⑦ はちきょう別停おやじ⑧
(左)“ほっけの頭を焼いた珍味”
ぐるなびのクーポンをプリントアウトして行ったら出てきた珍味。
酒が進む味。
(右)“鶏の唐揚げ”
海鮮だけじゃない。

はちきょう別停おやじ⑨
“塩水ウ二”
ぜんぜん生臭くなくて、甘くて、トロトロで、う、うまい~(T_T)


そしてダンナ・ピットの希望を叶える“つっこ飯”
お客が「ストップ」というまでどんぶり飯にかけられるイクラ。
つっこ飯が出てきた時の盛り上がりはお店に行って体験して欲しいな。
はちきょう別停おやじ⑩

てんこ盛りになったイクラのお味もダンナ・ピットが「今までで一番」というぐらいの美味しさ。もちろん自家製。未だに「つっこ飯~、つっこ飯~」と呟いている。
はちきょう別停おやじ⑪


お料理の美味しさにワンともは珍しく日本酒まで突入。
この日は、地元北海道は増毛の“国稀(くにまれ) 上撰”と香川の“悦凱陣(よろこびがいじん)”を一合ずつ。ダンナ・ピットのビールも進んでいたようだ。


最後は“羅臼ソフト”で〆た。
上に掛っているのは抹茶。ちょっとプチプチする食感があっていいアクセントになっているのだけど、お米でも入っているのかと思ったら乳脂肪の塊だそうだ。甘過ぎずミルクの味も濃くて美味しかった。時々思い出してムショーに食べたくなる。
はちきょう別停おやじ⑫


これに中生ジョッキを3~4杯、日本酒を二合飲んで全部で12,000円ぐらい。ウチはちょっと食べ過ぎなのかもしれないけど…。

久々に大満足の美味しい海鮮を食べた。
お料理もお店の雰囲気も他では味わい難い楽しいお店だった。
今年の夏頃、東京の恵比寿にもお店を出す予定だとか。
その時は行ってみたいな。ダンナ・ピットは東京店にも“つっこ飯”があるかどうかが気になるらしい。東京だとちょっとお値段が上がっちゃうのかな…。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

『アイスクリームパーラー美園』

小樽ビールから小樽駅へ戻る途中、雪に埋もれた線路を発見。
これは“旧手宮線”の線路で、 横にある案内板によると
石炭などの資源の輸送のために明治13年に施設(昭和60年廃線)された北海道最初の鉄道だそうだ。
旧手宮線


一服するために寒いけど創業大正8年、北海道のアイスクリーム発祥のお店『アイスクリームパーラー美園』へ。
お店は小樽駅に近いアーケード商店街の建物の二階にあるのだけど、二階にあるとは思わなかったので最初に見過ごしてしまって少し迷ってしまった。
アイスクリームパーラー美園①


入口に比べて広い店内は昭和の町の喫茶店の雰囲気が漂う。
残念ながらここも過剰で雑然とした商品宣伝…。昔の写真や有名人の色紙ももうちょっと素敵にディスプレイして欲しい。
それに魚拓はどうかと…。それはそれで立派なものなのかもしれないけどアイスクリームパーラーには合わないと思う。
せっかく大正のアイスクリームを味わうんだから、それなりのお店の雰囲気を求めてしまうのは観光客のワガママ?
アイスクリームパーラー美園②


アイスクリームの味はというとアイスクリンに近いかも。
材料にもこだわっていて地元の牛乳、ヨード卵、アカシアの蜂蜜を使っているんだとか。脂肪分はジェラートと同じで一般的なアイスクリームと比べると少ないらしい。サッパリとした甘さと口当たりは夏向きかも。なんだか『赤毛のアン』でアンが初めてアイスクリームを食べた時の話しを思い出してしまった。
アイスクリームパーラー美園③
ダンナ・ピットは『アイスクリーム』

アイスクリームパーラー美園④
ワンともは『クリームソフト』
どちらも450円
ガラスの器も地元のものかな…。

ちなみにお向かいの喫茶店も古いお店らしい。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

定額給付金の申請

おととい定額給付金の申請書が郵便で届いた。
さっそくダンナ・ピットが書き始めたところ、不備発見!

まず届いた封書には次の書類が入っていた。
・申請書
・手続きの案内
・返信用封筒
・振り込め詐欺の注意喚起のパンフレット


給付金は世帯主の指定した金融機関の口座に振り込まれるため、申請書に口座番号を書いて送り返すのだけど、一緒に名義人と口座番号の分かる預金通帳のコピーもいる。面倒だけど、書き間違いなどの防止のためには仕方ないのかもしれない(でも家にコピー機がない人は、その手間とお金が掛るよねぇ…)。

問題は、案内書には「預金通帳のコピー」としか書いてないのに、
申請書には「預金通帳、キャッシュカードのコピー」と書いてあること。
どうして案内書と申請書に書いてあることが違うの?

この預金通帳とキャッシュカードの間の「、」はどういう意味なんだろう??? どちらかの場合は、「または」「もしくは」などの言葉が入らないと意味が分からない。
キャッシュカードのコピーでもいいの?
どっちも要るの??
通帳が無いプランの口座の人はどうすればいいの???


それから申請書のミシン目。
申請書の左側は明細で右が記入するところ。
間にはミシン目があるのだけど何も書いていない。
たぶん切り取って申請部分だけを送り返すんだろうけど、世の中にはミシン目があっても切り離してはいけない場合もある。せめて「切り離して申請書だけを送り返して下さい」ぐらいの表記があってもいいと思うけど…。


そして返信用封筒。
その裏に「本人を確認できるもののコピーを同封してください」の一文が。うっかり見逃して封をしちゃったらOUTじゃないのっ。

全部まとめて案内書に書けー!!



ドタマにきたダンナ・ピットが、さっそくクレームの電話を入れようとしたら
土日はお休み。(24時間年中無休のコンビニを少しは見習えっつーの)
仕方がないので返信用封筒の裏に文句を書いて送り返した。
ダンナ・ピットは返信用封筒の宛名に「御中」って書くのも嫌だと言っていたけど、裏に文句を書いただけに、その辺はちゃんと形式を取らないと「文句言う割には常識がない」って言われるよと言ったら渋々書いていた。


ワンとも達の住む区役所の窓口はどちらかというと感じのいい印象だっただけに、やっぱりお役所仕事のご多分に漏れず杜撰だったことにちょっとガッカリ。だいたい書く方の身になってみれば分かる事だと思うけど、自分たちだけで納得して完結しちゃっているからこんなことが起こるんだろうなぁ。

今日は問い合わせの電話がイッパイ鳴っていることでしょう。
ホント、バカですね~。

しかし、こんなことで個人情報の管理は大丈夫なのかな。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


小樽運河と小樽ビール

お約束の小樽運河
お天気が良くて、前日の札幌の雪模様と比べると格段に温かかったけど、まだ路肩には雪が残っていた。
小樽運河


この運河を渡って対岸の倉庫群へ。
あまり運河の向こうまで行く人は少なかったけど、この倉庫群も改装されていろんなお店になっている。

たまたま目に止まった看板に「醸造所見学」の文字が。
無料とあったし、イッパイ飲めるかなと思って入ってみた。
(先に言っておくと、試飲はない)
ここはかつて倉庫だった所を改装したブリュワリー・レストラン
“Otaru Beer(小樽ビール)小樽倉庫№1”
小樽ビール⑤


お店の中央に大きなタンクが二つあって目を引く。
これはちゃんと醸造に使われている。
三階部分に麦が貯蔵されていて、不純物を取り除いてキレイにしたあと粉砕され、ダイレクトにこのタンクに投入されるようになっているそうだ。麦はドイツから輸入した有機栽培のもの、ホップはこだわりのアロマホップ、仕込み水は小樽の水。
小樽ビール①


説明をしてくれたのはここの醸造責任者のヨハネス・ブラウンさん(ちとボケてしまった…)。実家はフランクフルトのちょっと北にあって、200年以上ビールを造っている家系だそう。本人もブラウマイスターで、小樽でもドイツのビール醸造法に沿った作り方をしているそうだ。
小樽ビール②
案内は必ずブラウンさんとは限らないみたい。
タンクの所まで行って蓋を開けて見せてくれた。この日は仕込みのない日だったから、ここまで入れてくれたのかもしれない。


次は発酵中のタンク。
酵母を加えて発酵させると泡がムクムク育ってくる。まだ初期のモノはこれよりだいぶ泡の位置が低い。もっと発酵が進むと泡がこぼれてしまうほどになるとか。日本酒もそんな感じになるよね。この辺が職人の勘どころ、腕の見せどころなのかも。
小樽ビール③


次は熟成するタンク。
低温で数週間熟成される。ここで温度管理を間違えるとせっかくの努力も水の泡。結構気を使う工程のようだ。
小樽ビールは無殺菌、無ろ過なので、少しに濁りがあって酵母が生きている。その分、賞味期限が短くて約2週間ほど。
小樽ビール④


代表的なビール3種類。
画像左からヴァイス、ドゥンケル、ピルスナー
ワンとも達はヴァイスが好みだけど、真夏にはピルスナーをゴクゴク飲みたい感じ。
小樽ビール⑥
今回は時間が無くてお土産用の3種類セット(¥1,000)を買って帰って来たけど、地ビールにしては良心的な値段設定だ。

4月からこの見学を有料にするって書いてあったけど、まだ料金は発表されていないみたい。でもこれまで無料だったぐらいだから、そんなに法外なお金は取らないと思うけど。
小樽ビール見学、なかなか面白くて勧めです。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

小樽の歴史的建造物

小樽はも歴史的建造物ひしめいていた。
だいたいが明治から大正時代にかけて造られたもののようだ。
そして今はだいたいが改装されて何らかのお店になっていた。

北のウォール街には日銀の他にもいろんな銀行の旧支店があって、今もホテルやレストランなどに姿を変えていた。

旧北海道銀行小樽支店
『旧北海道銀行 本店』
今は”小樽バイン”というワイン・レストランになっている。
外観正面は創建当時とほとんど変わらないらしい。

旧北海道拓殖銀行小樽支店 旧三井銀行小樽支店
(左)『旧北海道拓殖銀行 小樽支店』
今は”ホテル・ヴィブラント・オタル”というホテル。
(右)『旧三井銀行 小樽支店』
平成14年まで営業していたそうだけど、今は閉鎖されたままのようだ。

旧百十三銀行小樽支店 旧第百十三国立銀行小樽支店
(左)『旧百十三銀行 小樽支店』
今は“小樽浪漫館”という硝子装飾品のお店。
(右)『旧百十三国立銀行 小樽支店』
今は”花月堂”という老舗のお菓子屋さんの店舗。


そして乙女心をくすぐる堺町通り。
とにかく"北一硝子"をはじめ、歴史的建造物を利用したあまたのショップがひしめき合っている。
岩永時計店
『岩永時計店』
今も営業している時計屋さん。カフェもあったような…。
お隣は有名な昆布専門店だとか。

境町通り 旧木村倉庫
(左)『境町通り』
(右)『旧木村倉庫』
今は北一硝子三号館

旧名取高三商店 山久久保商店
(左)『旧名取高三商店』
今は“大正硝子館”
(右)『山久 久保商店』
今は“さかい家”という甘味処。


硝子屋さんが多くてガラス吹きの体験ができるところも多かた。何か買ってこようと思ったのだけど、多いと逆に選べない状態に…。そういえば北一硝子のアウトレット店があってかなり賑わっていた。硝子店って、うっかり割ってしまいそうで緊張する。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

北のウォール街『日本銀行旧小樽支店』

今は”金融資料館”として公開している『日本銀行旧小樽支店』
明治45年に完成した石造りの建物で、設計は日銀本店や東京駅と同じ辰野金吾ら。2002年まで営業していたというので驚いた。廃止後、業務は札幌支店に統合されたとか。
日本銀行旧小樽支店①


この金融資料館、なんと見学料が無料。
ロビーにある受付で名前を書くだけ。
しかもカメラ撮影OK。
中に入って印象的なのが高い天井と個性的な照明。
日本銀行旧小樽支店②


普通なら見られない窓口の内側。
日本銀行旧小樽支店③


『ルパン三世』などに出てくるような金庫。
現物はちょっと物々しくて怖い感じ。
よく見ると蝶番が扉の半分もある。
日本銀行旧小樽支店④


ドアの厚みは細みの人一人分ぐらいあったかも。
一般人にはちょっとピンとこない厚みだ。
日本銀行旧小樽支店⑤

中はこんな感じ。
日本銀行旧小樽支店⑥
このお金はレプリカだと思うけど、こんな風に保管されていたのか。この横に持ち上げて一億円の重さを体験できるコーナーもあった。一億円は10kgあるけど、お金に目が眩んでいれば持って逃げれないこともない…かも?


お札ギャラリーには戦後からのお札が展示されていた。
「懐かしい五百円札」なんて言うと年齢がバレそうだけど。
ちなみに新しい方の五百円札のほうですよ。

それにしても今のお札の偽造防止技術ってスゴイ!!
偽造されにくさは世界トップレベルだそうだ。
以前テレビでお札の原版を彫っている人を見たことがあるけど、あの技術も恐ろしく精緻だった。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

小樽『幸寿司』

羊ヶ丘展望台からJR札幌駅まで移動。
そこから快速エアポートに乗って小樽へ。
途中5駅ほどしか停まらないので乗車時間は30分ちょっと。
運賃は620円。連休だったせいか車内はすっごく混んでいた。
電車は海岸線ギリギリを走るので、行きは右側の席に乗ると石狩湾を眺めながら行くことがでる。

小樽駅
『JR小樽駅』
小樽駅の駅舎は上野駅がモデルなんだとか。


時間的にちょうどお昼でお腹も空いていたので、かねてから決めていた寿司屋通りへ。たくさんお店があるので選ぶのも迷ってしまう。
寿司屋通り


ここはガイドブックに載っていた『幸寿司』へ。
ちょっと路地にあるので地図がないと見付けづらい。
お店はカウンターが7席、お座敷に4卓。二階にも座敷があるようだった。
小樽・幸寿司① 小樽・幸寿司②


さて肝心のお寿司はというとかなり美味しかった。
ちょっとお高めだけど、この通りの寿司屋にはランチというものがないらしく、どこもだいたい同じような価格だった。
港があるからといって、驚くほど安く食べられるワケじゃないのね。

小樽・幸寿司③
ダンナ・ピットは”はなにぎり(3,150円)”

小樽・幸寿司④
ワンともは”幸にぎり(2,730円)”

それにしても旅行だと財布の紐が緩む。
次はいつ来れるか分からない、と思うからかな。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

『羊ヶ丘展望台』

さて、札幌・小樽旅行に戻って続きを。

旅行二日目は、前日に時間切れで行けなかった羊ヶ丘展望台へ。
冬季は17時でClosedなのだった。
羊ヶ丘展望台①
まだまだ寒い北海道。周りは雪景色だった。


今回の旅行はレンタカーを借りなかったので、展望台へはバスで移動。地下鉄東豊線の終点の福住駅。そこからバスに乗って15分ほど。
羊ヶ丘展望台行きバス乗り場③

バス乗り場はターミナルになっていて行き先も分かり易く表示されていた。
乗り場のドアはバスが来てからじゃないと開かないようになっている。
羊ヶ丘展望台行きバス乗り場① 羊ヶ丘展望台行きバス乗り場②


ここの丘に何があるかというと…あの有名なクラーク博士の像があるのだ。もちろんみんなあのポーズで写真を撮っていた。
もっと街中にあるのかと思っていたけど、ここにあったのか。
遠くに札幌ドームが見える。
羊ヶ丘展望台②


他にお土産物店やジンギスカン・レストランのある建物がある。
まだ時間が早かったのでお客さんはまばらだった。
羊ヶ丘展望台③


そのジンギスカン・レストランの側に羊小屋…。
羊ヶ丘展望台④


他に『札幌オリンピック資料館』『結婚式場』『石原裕次郎歌碑』などがある。『札幌オリンピック資料館』は無料でなかなか面白かった。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行

今年の桜 PARTⅢ ~上野・谷中~

今日は上野・谷中散策の合間に撮った建物いろいろを。
あの辺は歴史的な建物や風情のあるというか雰囲気のある建物も多い。京都ほどじゃないけどお寺も多かった。

2009桜 上野・谷中⑪
『国立博物館の正門』
名作名品揃いなので今度行ってみよう。
奥に見えるクーポラのある建物は『表慶館』というらしい。


2009桜 上野・谷中⑫
『旧東京音楽学校奏楽堂』
“東京・春・音楽祭”というのをやっていた。


2009桜 上野・谷中⑱
『博物館動物園駅』
昭和8年にできた京成電鉄の駅で、1997年に休止、2004年に廃止。
外観もレトロで雰囲気あるけど中は再現公開とかしないのかな? そうしたらテツっちゃん達も喜ぶだろう。ワンともは1、2度利用したような気がするんだけど、イマイチ記憶が定かではない。


2009桜 上野・谷中21
『東京芸術大学・正木記念館』
第五代校長の正木直彦の功績を讃えるために建てられた美術館だそうだ。他にもいくつか美術館があるんだとか。すごいね~、東京芸大。

2009桜 上野・谷中⑲
道を挟んだ所には黒田清輝の作品が収められた『黒田記念館』がある。ここは見学無料だったらしいので見てくれば良かったかな…。桜がキレイだったので正面ではなく側面を。


2009桜 上野・谷中⑬
『寛永寺・根本中堂(本堂)』
言わずと知れた徳川家の菩提寺。天璋院篤姫もここに埋葬されているとか。ダンナ・ピットは「ねもとちゅうどう」って呼んでいた。隣の寛永寺幼稚園の桜もキレイだった。


2009桜 上野・谷中⑮ 2009桜 上野・谷中⑭
『天王寺』
今は天台宗のお寺だけど鎌倉時代に開創した時は日蓮宗で名前も違っていたらしい。現代の宝くじに当たる“富くじ”の興業が許されていた三か所のうちの一つだったとか。クジ運にご利益あるかな…。

2009桜 上野・谷中⑳
大仏もあったよ。


2009桜 上野・谷中⑯
『愛玉子(オーギョーチィ)』
ひときわ異彩を放つ雰囲気のお店。
台湾産の愛玉子(イチヂク科の果物)を使ったゼリー状のデザートのことらしいけど、どんな味がするんだろう。この日はもう売り切れていた。大人気みたいだ。


2009桜 上野・谷中⑰
『吉田屋本店』
代々谷中で酒屋を営んでいた「吉田屋」の家屋を移築公開したもの。建物自体は明治43年の築だとか。“下町風俗資料館”の付設展示場として一階部分だけ公開している。ちょうど閉館時間でササッとしか観れなかった。


他にもいろいろあって面白そうな谷中界隈。
そろそろ花粉も終わってもっと暖かくなるし、
今度は愛玉子でも食べついでに散策してみようかな。





この日はちょうど北朝鮮が人工衛星という名の長距離弾道ミサイルを撃った日だった。

READ MORE

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


今年の桜 PARTⅡ ~上野・谷中~

桜昨日上野公園の桜を見に出掛けた。
天気予報は曇りで夜は雨ということだったが、日中は陽も差して温かかった。去年閉店したレストラン『聚楽』前の交差点から混んでいたけど、満開の桜は数百メートルにわたって薄ピンクのキレイなアーチを作っていた。
それにしても、どこを撮っても人の頭が写ってしまう。
2009桜 上野・谷中③


弁天堂から不忍池付近は屋台が並んでいるのでかなり込み合っていた。不忍池にはボートやスワンなどが所狭しと浮かんでいて芋洗いの様相。
それでも乗りたい人の列ができていた。ボートは一時間600円。
2009桜 上野・谷中① 2009桜 上野・谷中⑩


遊歩道は宴会をするエリアと完全に区切られているので、歩行の妨げにはなっていない。いろんな宴会グループがあったけど、疲れちゃったのか飲み過ぎちゃったのかすっかり寝込んでしまっている人達もいたし、そんな日本の花見風景を写真に撮る外国人観光客もいた。郷に入りては何とやらで宴会している外国人もちらほらいた。
2009桜 上野・谷中② 2009桜 上野・谷中④
2009桜 上野・谷中⑤ 2009桜 上野・谷中⑥

迷子の案内は大人で呼び出されている人もいた。きっと携帯を持っていない人だったのかも。外国人の子供の呼び出しもあったが、呼び出しは日本語だけ。せめて英語の呼び出しぐらいはした方がいいんじゃないだろうか。


桜上野公園を抜けて谷中霊園へ。
徳川慶喜を始め多数の著名人のお墓がある都立の霊園だけど、
桜の名所でもある。
2009桜 上野・谷中⑦


墓地なのにシートを敷いて宴会をしちゃっていたが、上野に比べたら静かなものだった。一応お墓だし。
2009桜 上野・谷中⑧ 2009桜 上野・谷中⑨

「トイレも多いし、水道もあるし、花見環境がいいね」とダンナ・ピット。
…トイレも水道もお墓参り用だと思うよ。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


ジンギスカン『まつじん 札幌南1条店』

ホテルにチェックインしてからしばらく休憩した後、羊が丘展望台へ行こうと思ったら17:00で終りだったので、仕方なく札幌ドームを見て帰って来た。最寄りの地下鉄駅は同じなのだ。
ここで去年の最終戦に勝ってアントラーズが優勝した。
ワンとも的にはサッカー場だけど、どちらかというと野球の方がメインな感じだった。
札幌ドーム


JR札幌駅まで戻り、駅中にあるお土産ショップ2件を物色。
だいたい置いてあるものは同じ感じだったかな。
JR札幌駅…ワンともは全然覚えていなかったんだけど、ダンナ・ピットは変わったと言っていた。
JR札幌駅


夜はジンギスカンを食べに『まつじん 札幌南1条店』へ。
ここはガイドブック“ことりっぷ 札幌・小樽”にも載っていたお店で、ネットの口コミでも評判が良かったので行ってみることにした。
まつじん①


店内はモダンでシック。
飛び込みだったけどタッチの差で席に着けた。
人気店らしく次から次へとお客さんがやってきていた。
名前を書いておくと携帯に連絡をくれるらしい。
まつじん②


ワンとも達が注文したのは食べ飲み放題4,000円のコース。
久々のジンギスカンだったので、最初だけお店の人にやってもらった。鍋の周りに野菜を敷き詰めててっぺんにお肉を置いてタレを掛ける。
まつじん③


お肉は表面の色が変わってきたぐらいが食べごろ。
火が通り始めた状態がコレ↓
まつじん④


ここのジンギスカンのラム肉はクセがなくて美味しい。特上ラムはもちろんレギュラーのラムでも遜色ない。ちょっと甘いタレとお肉から出た肉汁が野菜に滲みわたってこれまた美味。
ここのお店はお薦め。行く時は人気があるので予約した方がいいかも。たぶん予約できたと思う。

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2009 札幌

THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行
ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY

CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: