なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年08月
ARCHIVE ≫ 2009年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2009年08月  | 翌月 ≫

民主圧勝…衆愚政治、再び。

いつになく盛り上がった衆議院選挙。
結果は村山内閣を彷彿とさせる左派政権の誕生。
これで公明党が寝返ったら細川内閣の再来だ。
小沢一郎が陰で操る金権政治も健在だろう。
悪い体質の自民党は民主党の中にも生きている。

マスコミの誘導で、みんな左へ左へと流されてしまった。
学生運動で明け暮れた60歳代前後の投票率が高い事も影響しているだろう。
自民党も当選しなくてもいいのが当選して、落ちなくていいのが落ちてしまった。
マスコミに踊らされ、衆愚政治は繰り返される。

これからバラマキという悪平等が蔓延り、ウチには負担しか増えない。
一生懸命働いて払った税金が、バカ親の遊ぶ金に消えるのか…。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





『伊勢神宮と神々の美術(東京国立博物館)』

ダンナ・ピットがチケットを頂いてきたので、今日は『伊勢神宮と神々の美術』を鑑賞に出かけた。

と、その前に遅いお昼を “国立科学博物館・地球館”にある上野精養軒系列の“ムーセイオン”で。
同じ地球館では『黄金の都シカン展』をやっているので、結構な人出だった。

ワンともは一日100食限定のオムハヤシ(¥700)クリームソーダ(¥450)
ムーセイオン・オムハヤシ

ムーセイオン・クリームソーダ


ダンナ・ピットはハヤシライス大盛り(¥700)
ムーセイオン・ハヤシライス

本店は高くてなかなか食べられないので、ランチとはいえこの値段で食べられるのは嬉しい。ちょっと社食っぽい雰囲気だったけど、味は普通に美味しかった。上野公園内のほとんどの施設には精養軒系列のレストランが併設されている。




さて本命の展示場所は上野公園内にある“東京国立博物館・平成館”
東京国立博物館


中は撮影できないのでロビーの天井を。
東京国立博物館・ロビー


今回の展示は2013年に行われる伊勢神宮式年遷宮を記念したものだそうだ。

展示がいきなり日本書紀から始まって、度肝を抜かれる。
実は写しなのだけれど、それでも450年ほど前のものだ。
他にも7~8世紀の物から近年までの貴重な品々が見られる。ある意味、日本人のルーツに繋がる展示でもある。

一度は行ってみたい、お伊勢さん。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





ワールドカップ南アフリカ大会…大丈夫?

おとといは『安全地帯で強盗殺人多発』、昨日は『兵士数千人がデモ』…。

外務省の『安全対策基礎データ』によると南アフリカは犯罪発生率が世界で最も高い国の一つとなっている。しかも銃を使った強盗殺人などの凶悪犯が多いようだ。07年の統計では殺人が日本の28倍! かお
防犯対策には公共機関は危ないから利用しないようにとあった。信号停止中のカージャックも多いらしい…。

で、ワールドカップ開催を約1年後に控えて、上記の事件。
今年7月にはワールドカップ・スタジアム建設の労働者による賃上げのストがあったという。この状態で本当に開催できるのだろうか。
能天気な記事を書いている特派員もいるけど、何かと偏向の多い毎日新聞の記者だから額面通りには受け取れない…。


他にも問題はある。残念ながら日本が出場できなかったコンフェデレーションズカップでは、宿泊と交通が課題だったとか。宿泊に関しては前から言われていたけど、B&Bや民宿まで入れても絶対的に足りないらしい。ちなみに大会期間中である来年6月中旬の宿泊状況をBOOKING.COMで調べたところほとんど残っていなかった。多くのホテルは大会関係者や旅行代理店などに抑えられているという。治安も考えると取り敢えず行ってみるというのも危険そうだ。安全のためには相当の出費が強いられるかもしれない。


何の利権があって南アフリカに決まったのは知らないけど、代替地開催というのも本気で考えた方がいいんじゃないだろうか。日本はもちろんだけど、前開催地のドイツやEURO08の開催地だったスイス・オーストリアなら即対応できると思う。日本サッカー協会は積極的に働きかけているのだろうか。今の体制ではあまり期待できないけど…。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





機内持ち込み荷物の厳格化

国内線で、今年の12月から客室持ち込み可能な手荷物預け入れについて厳格化するという記事が載っていた。
身の回り品意外に、付属部分(取っ手やキャリー部分など)を含む3辺の合計が115cmで10kg以内のものが一つ。機材によっては範囲内でも持ち込めない場合があるらしい。
羽田空港には今も大きさを測るスケールが置いてあるので、自分の荷物の大きさはそれに当て嵌めて確認できるようになっている。


しかし、日本の空港で厳格化されるという事は規定を無視して持ち込む人が多いということかだろうか。確かに「それ、規定より大きいよね」という人はいるけど…。


海外の飛行機も機内持ち込み荷物の大きさには規定があるが、あきらかに規定外の大きなキャリーを持ち込んで、座席上の荷物入れを一人で占領して平気な顔をしている人もいるし、自分の席の上がイッパイだと、どこでもいいから空いている所に入れてしまう人もいる。
特に預け入れ荷物の一個目から課金するような格安航空会社の場合、何が何でも機内に持ち込んで強引に押しこんでいる人は多い。ギュウギュウに入れるので何かの拍子に扉が開いて落ちてきそうで怖い…。カウンターのスタッフも規定オーバーだと分かるはずなのにナゼ通すのか?外国ってつくづく個人主義だと思わせられる。日本はそうなって欲しくないけど。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





東京ラーメンストリート『六厘舎』

昨日のお昼食は、ダンナ・ピットが小耳に挟んできた東京ラーメンストリートに出店しているラーメン店“六厘舎”へ。


人気店だということで少し時間をずらして行ったのだけど、13:30ごろでこの行列。
六厘舎①


並んでから席に着くまで約1時間かかった…。店内はカウンター席とテーブル席を併せて30席ないぐらい。


さて肝心のラーメン。
ワンともが食べた“つけめん(味玉入り)”¥950
六厘舎②


ダンナ・ピットが食べた“つけめん大盛り(味玉入り)”¥1,050
六厘舎③


ここの麺は太い。細めのうどんといっても過言ではない。スープは魚介系で濃い。でもしつこくなくて甘みも感じられた。なんといっても魚粉がいい風味を醸し出している。
以前ウチの近所にあったお店の味とちょっと似ていて懐かしかった。あの行列に並ぶと思うとちょっとメゲるけど、できればまた食べたいと思った。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム