プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

民主圧勝…衆愚政治、再び。

いつになく盛り上がった衆議院選挙。
結果は村山内閣を彷彿とさせる左派政権の誕生。
これで公明党が寝返ったら細川内閣の再来だ。
小沢一郎が陰で操る金権政治も健在だろう。
悪い体質の自民党は民主党の中にも生きている。

マスコミの誘導で、みんな左へ左へと流されてしまった。
学生運動で明け暮れた60歳代前後の投票率が高い事も影響しているだろう。
自民党も当選しなくてもいいのが当選して、落ちなくていいのが落ちてしまった。
マスコミに踊らされ、衆愚政治は繰り返される。

これからバラマキという悪平等が蔓延り、ウチには負担しか増えない。
一生懸命働いて払った税金が、バカ親の遊ぶ金に消えるのか…。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


『伊勢神宮と神々の美術(東京国立博物館)』

ダンナ・ピットがチケットを頂いてきたので、今日は『伊勢神宮と神々の美術』を鑑賞に出かけた。

と、その前に遅いお昼を “国立科学博物館・地球館”にある上野精養軒系列の“ムーセイオン”で。
同じ地球館では『黄金の都シカン展』をやっているので、結構な人出だった。

ワンともは一日100食限定のオムハヤシ(¥700)クリームソーダ(¥450)
ムーセイオン・オムハヤシ

ムーセイオン・クリームソーダ


ダンナ・ピットはハヤシライス大盛り(¥700)
ムーセイオン・ハヤシライス

本店は高くてなかなか食べられないので、ランチとはいえこの値段で食べられるのは嬉しい。ちょっと社食っぽい雰囲気だったけど、味は普通に美味しかった。上野公園内のほとんどの施設には精養軒系列のレストランが併設されている。




さて本命の展示場所は上野公園内にある“東京国立博物館・平成館”
東京国立博物館


中は撮影できないのでロビーの天井を。
東京国立博物館・ロビー


今回の展示は2013年に行われる伊勢神宮式年遷宮を記念したものだそうだ。

展示がいきなり日本書紀から始まって、度肝を抜かれる。
実は写しなのだけれど、それでも450年ほど前のものだ。
他にも7~8世紀の物から近年までの貴重な品々が見られる。ある意味、日本人のルーツに繋がる展示でもある。

一度は行ってみたい、お伊勢さん。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:美術館・博物館

THEME:美術館・博物館 展示めぐり。 | GENRE:学問・文化・芸術

ワールドカップ南アフリカ大会…大丈夫?

おとといは『安全地帯で強盗殺人多発』、昨日は『兵士数千人がデモ』…。

外務省の『安全対策基礎データ』によると南アフリカは犯罪発生率が世界で最も高い国の一つとなっている。しかも銃を使った強盗殺人などの凶悪犯が多いようだ。07年の統計では殺人が日本の28倍! かお
防犯対策には公共機関は危ないから利用しないようにとあった。信号停止中のカージャックも多いらしい…。

で、ワールドカップ開催を約1年後に控えて、上記の事件。
今年7月にはワールドカップ・スタジアム建設の労働者による賃上げのストがあったという。この状態で本当に開催できるのだろうか。
能天気な記事を書いている特派員もいるけど、何かと偏向の多い毎日新聞の記者だから額面通りには受け取れない…。


他にも問題はある。残念ながら日本が出場できなかったコンフェデレーションズカップでは、宿泊と交通が課題だったとか。宿泊に関しては前から言われていたけど、B&Bや民宿まで入れても絶対的に足りないらしい。ちなみに大会期間中である来年6月中旬の宿泊状況をBOOKING.COMで調べたところほとんど残っていなかった。多くのホテルは大会関係者や旅行代理店などに抑えられているという。治安も考えると取り敢えず行ってみるというのも危険そうだ。安全のためには相当の出費が強いられるかもしれない。


何の利権があって南アフリカに決まったのは知らないけど、代替地開催というのも本気で考えた方がいいんじゃないだろうか。日本はもちろんだけど、前開催地のドイツやEURO08の開催地だったスイス・オーストリアなら即対応できると思う。日本サッカー協会は積極的に働きかけているのだろうか。今の体制ではあまり期待できないけど…。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


機内持ち込み荷物の厳格化

国内線で、今年の12月から客室持ち込み可能な手荷物預け入れについて厳格化するという記事が載っていた。
身の回り品意外に、付属部分(取っ手やキャリー部分など)を含む3辺の合計が115cmで10kg以内のものが一つ。機材によっては範囲内でも持ち込めない場合があるらしい。
羽田空港には今も大きさを測るスケールが置いてあるので、自分の荷物の大きさはそれに当て嵌めて確認できるようになっている。


しかし、日本の空港で厳格化されるという事は規定を無視して持ち込む人が多いということかだろうか。確かに「それ、規定より大きいよね」という人はいるけど…。


海外の飛行機も機内持ち込み荷物の大きさには規定があるが、あきらかに規定外の大きなキャリーを持ち込んで、座席上の荷物入れを一人で占領して平気な顔をしている人もいるし、自分の席の上がイッパイだと、どこでもいいから空いている所に入れてしまう人もいる。
特に預け入れ荷物の一個目から課金するような格安航空会社の場合、何が何でも機内に持ち込んで強引に押しこんでいる人は多い。ギュウギュウに入れるので何かの拍子に扉が開いて落ちてきそうで怖い…。カウンターのスタッフも規定オーバーだと分かるはずなのにナゼ通すのか?外国ってつくづく個人主義だと思わせられる。日本はそうなって欲しくないけど。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


東京ラーメンストリート『六厘舎』

昨日のお昼食は、ダンナ・ピットが小耳に挟んできた東京ラーメンストリートに出店しているラーメン店“六厘舎”へ。


人気店だということで少し時間をずらして行ったのだけど、13:30ごろでこの行列。
六厘舎①


並んでから席に着くまで約1時間かかった…。店内はカウンター席とテーブル席を併せて30席ないぐらい。


さて肝心のラーメン。
ワンともが食べた“つけめん(味玉入り)”¥950
六厘舎②


ダンナ・ピットが食べた“つけめん大盛り(味玉入り)”¥1,050
六厘舎③


ここの麺は太い。細めのうどんといっても過言ではない。スープは魚介系で濃い。でもしつこくなくて甘みも感じられた。なんといっても魚粉がいい風味を醸し出している。
以前ウチの近所にあったお店の味とちょっと似ていて懐かしかった。あの行列に並ぶと思うとちょっとメゲるけど、できればまた食べたいと思った。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ(グルメ)

THEME:ラーメン | GENRE:グルメ

水不足の年は、旅行自由化の年

毎日jp『昭和毎日』に載っていた昭和のニュースの一つ。

東京で水不足
東京の水がめである小河内ダムなど3つの貯水池の貯水量が、満水時の3%、656万tにまで減少。これをうけて東京都は45%節水の第4次給水制限を実施した。都心の高台やビル街では、蛇口をひねってもほとんど水が出てこない状態に。第3次給水制限が始まった7月21日から都水道局に寄せられた苦情は1万2000件にのぼった。この年はカラ梅雨で、5月以降の降雨量が平年の半分以下だった。



今から45年前の1964年(昭和39年)は、東京が水不足になった年だそうだ。井戸のある家庭にもらい水する写真が掲載されている。当時は目黒区でも井戸水を使っている家庭があったのか。今もあるのだろうか…。


同じく、同記事で紹介されている人工降雨実験。最近の試みかと思っていたけど、ずいぶん昔から研究されていたことだったようだ。
緊急の場合は仕方がないにしても、某国のようにオリンピックだから、皆既日食だからとういう理由で安易に人工降雨を試みるのはどうかと思う。


この年は東京オリンピックの年でもあった。2016年にまた東京でのオリンピックが見れるといいけど。


また、為替貿易の自由化に伴う日本人の海外旅行自由化もこの年からで、第一陣の行き先は憧れのハワイだったそう。
ただし渡航は年一回、現金の持ち出しは500USドルまでという制限付き。当時は1ドル=360円の固定相場。大卒の初任給が2万円の時代だから、旅費を払って更に18万円の外貨を持てるというのはごく一部の人達だっただろう。例えば石原裕次郎とか?
この年の渡航者は約15万3千人。今は約1700万人だそう。

この自由化の少し前に、サントリーが「トリスを飲んでハワイに行こう」というプレゼントキャンペーンを実施したそう。実際には行けなかったので、旅行資金としての預金証書が商品だったそうだ。
今のハワイ旅行プレゼントと比べると、為替レートだけでも3倍以上の価値。今だと「ビジネスクラスで行く」が付いて同じ感覚だろうか。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


燃油サーチャージ復活…

ANAが10月1日発券分から燃油サーチャージを復活させるようだ。JALも復活の予定だとか。

今回は6月~7月の原油価格の上昇に合わせて、とりあえず11月30日の発券分まで。8月~9月にまた60ドルを下回ったらまた廃止にするとか。今までは3ヶ月ごとの見直しだったが、細かく見直していかないと集客にも影響するのだろう。

ということは、今も廃止していない欧州系の航空会社が据え置きというコトはないだろう。そうなると、この冬の旅行分は9月中に発券したい。

う~ん、せめて座席クラスごとに金額を分けて欲しい。

それに原油への投機を規制してくれないと、いつまでも翻弄されてしまう。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


JAL、驚きの航空運賃

そろそろクラシコのチケットの発売が近そうだ。
チケットが首尾よくゲットできたら、すぐ航空券の手配をしなければならない。できれば燃油サーチャージが上がる前の9月中に予約してしまいたい。ということでクラシコやその前後のホームゲームのある11月末から12月中旬にかけての航空運賃を調べてみた。

旅行の条件は、11月末出発バルセロナ、ローマを含む複数都市訪問可能のオープンジョー・チケット。今回はローマにも寄って観光したいと思っている。

このルートをYahooトラベルで調べたところ、一番安いのは英国航空の59,700円。同じ金額でオーストリア航空。
7万円以内にアエロフロート、スイスエアー、KLM、スカンジナビア航空、エールフランス、大韓航空などがある。

これで驚きだったのが、あのJALが61900円~の運賃を出してきたこと。JALはバルセロナへの直行便がないので、この運賃は直行便が就航しているロンドン、パリ、ローマなどまでのものだが、今までに比べると破格に安い。

乗り換えをしてバルセロナまで行った場合の運賃をJALのHPで調べたところ、ヒースロー空港経由で7万円。税金や諸費用を併せると87,310円だった。ワンとも達はバルセロナ→ローマの移動を地元の格安航空会社を使う予定なので、それの分は含まれていない。

ちなみに、その部分も含めた場合の運賃は8万円で、税金・諸費用を含めると97,310円。バルセロナ→ローマの移動はアリタリアになる。

このルートでJALを利用した場合のメリットは、帰りの飛行機が直行便になるので乗り換えをしなくて済むことだ。
アリタリアを使ってストップオーバー(途中降機)しても帰りは直行便になるが、燃油サーチャージも掛かるし、去年のフライトキャンセルで振り替えになったこと(詳しくは「アリタリア欠航…そして振り替え」参照)を考えるとあまり利用したくない。機内サービスの評判も良くないし…。

じゃあANAはどうかというと、ローマへの直行便がないので往復とも乗り替えになる。乗り換えで利用する航空会社の組合せによって料金は変わるがだいたい8万円台(バルセロナ→ローマの移動分は含まず)。
しかも欧州のエアーは燃油サーチャージを廃止していないので、さらに料金が複雑に変わってくる。
このルートでローマに行く場合は、直行便のあるJALの方がお得で便利のようだ。

ただ、運賃は少し安い欧州系エアーだが、全部のルートに燃油サーチャージがかかることを考えると、ANAも同じぐらいか、もしかするとちょっとお得かもしれない。
こうなってくると、更に細かく料金パターンをシュミレーションしないといけないのが面倒くさいけど、まずは日系のやる気が見えたことを評価したい。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


シドニー違い

Yahooのトップページで見掛けたこの記事。

『オーストラリア目指した男性、カナダのシドニーに到着』
オーストラリアにいる親類に会うためアムステルダムの空港を出発した71歳のオランダ人男性が、孫と一緒にシドニーに到着したが、そこは目的地からは1万7000キロ離れたカナダのシドニーだった。
 豪現地紙イラワラ・マーキュリーによると、男性はオランダの旅行会社にオーストラリアのシドニーまでのフライトを手配するよう依頼。その際に、間違った行き先が予約されてしまったのだという。
 7日にオランダを発った2人は、オペラハウスやハーバーブリッジのあるシドニーに12日になって無事たどり着いた。
 かつては炭鉱町だった人口2万6000人のカナダ・シドニーに誤って到着するという同様のミスはこれまでにも何度かあり、2002年8月には英国人旅行者が同地で休みを過ごしたほか、昨年もアルゼンチンからの旅行者が空港で地元住民と仲良くなり、予定を変更して休暇を楽しんだ。(ロイター)




そんなことってあるんだねぇと思っていたら、この記事とはちょっと違うけど、ダンナ・ピットの知り合いがアメリカで目的地とは別の空港に着いてしまったということがあったそうだ。どうもゲートが変わっていたらしいのだが、本人も搭乗口のスタッフも気付かず、席もたまたま空席だったので、そのまま出発してしまったようだ。10年以上前の話しだから、搭乗の際のチェックも機械じゃなかったのかも。
英語ができないワンともに同じ事が起こったら、多分どうすることも出来ず、ロスト・パッセンジャーとして日本に返されるだろう…。

それにしても、カナダのシドニーに行ってしまうミスが何度かあるというのが驚く。で、そのまま楽しんでしまう人がいるということも…。

アメリカにはベルリンという地名の都市があるらしいが、間違ってドイツのベルリンに行ってしまったということはないだろうか。

ちなみにワンとも達がサッカー観戦で行くスペインのバルセロナ。このバルセロナという地名は南米の国にもいくつかある。まさか間違えないとは思うけど、エクアドルやドミニカに着いたらシャレになりません。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CAの制服がチャイナドレス

「男性乗客に朗報!?チャイナドレスの客室乗務員がまもなく常駐」という記事。

四川航空というエアーが客室乗務員の通年の制服としてチャイナドレスを採用するそうだ。中国四大刺繍一つ四川の「蜀綉」を施した手縫いのシルクのチャイナドレスをオーダーメイドしたとか。

確かに男性乗客にウケそうだが、もし集客が減ってきたらスリットがどんどん深くなっていくのだろうか。
それにしても体系の維持が厳しそうな制服だ… ムム…


チャイナドレスは中国の民族衣装だと思っていたら、そもそもは清王朝を打ち立てた満州族の民族衣装だとか。なかなか秀逸なデザインだと思います。が、現在のスタイルは20世紀になってからのもので、しかも花柳界から生まれた形だそうだからちょっとセクシーなのも納得。
そういえば以前映画やテレビで流行った「キョンシー」の衣装も満州族の民族衣装だそう。

ベトナムのアオザイもチャイナドレスの発展型らしいが、あれも体系を選ぶ服だと思う。どっちも基本は柳腰か… ムム…


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


日本人旅行客の印象は?

少し前に発表になった海外ホテル予約サイトの『エスクペディア』が実施した“エクスペディア・ベストツーリスト2009”
これは無作為に選んだ世界のホテルマネージャーが、各国のツーリストを評価するというもの。

このアンケートでは、なんと日本は3年連続で総合一位なのだとか。ヨーロッパ、南北アメリカ、アジアパシフィックのエリア別でも一位を獲得。
9つある評価項目でも次の五つが一位に。

1.行儀(現地のマナーやエチケットに従って行動する)
2.礼儀正しい
3.部屋をきれに使う
4.静かで騒がしくない
5.苦情や不平が少ない


総合2位はイギリスで概ね良い旅行者なのだが、苦情が多いらしい。でも言うべきところは言うという成熟した旅行者という評価もあり、逆に日本人は遠慮して言わないのではという見方も。
でもイギリス人のレビューを見ると、「それを納得して予約したんじゃないの?」というクレームが多い。例えばホテルの概要にコールドビュッフェとあるのに「食事が温かくない」とか、ポットは無いと書いてあるのに「ポットがなくてお茶が飲めなかった」とか。「立地が悪い」なんて意見に至ってはホテルもどうしようもないと思う。ちゃんと地図も載っているんだから確認してから予約すればいいことだと思うのだけれど…。


ちなみに最下位はフランス。この評価から見えるフランス人旅行客と言うのは行儀が悪くて、無愛想で、部屋が汚くて、ケチで、うるさくて、文句ばっかり言っているけどファッショはいいんじゃない、といった感じだ。

総合ではフランより評価が良いのだけど、アメリカの方が項目ごとのワースト一位は多いような気がする。アメリカの評価はうるさくて行儀も愛想も悪く、部屋も汚いし、格好もダサい。でも金遣いがいい点は高得点というところだろうか。

金遣いという点ではフランス、イタリア、スペインがワースト3を独占。ラテン圏ばっかり(~_~;)。が、何気にオランダ人も渋いようだ。
最近ぼったくりレストランが話題になったイタリアは、ケチでぼったくりのイメージが…。せめてぼったくり撲滅を望む。

ちなみに日本人は「現地の言葉を話す努力」が足りないようだ。
ワンともは挨拶ぐらいは現地の言葉でするようにしているけど、それ以上になるとなかなか厳しい。だって現地の言葉で返事が返ってきても困る。
この項目に関してアメリカが高評価なのだけど、日本に来ているアメリカ人が日本語を積極的に話しているようなイメージはあまり無いけどなぁ。たまに道を聞かれてもほとんど英語だし(ワンともは英単語と日本語のチャンポンで返すけど…「そのこコーナーをレフト」とかね…)。
ひょっとして、ちょっとした挨拶も日本人は全部「ハロー」で通してしまうことが多いのだろうか。それならこの評価も納得だけど。「こんにちは」「ありがとう」ぐらいは意識して現地の言葉を使った方がいいのかもしれない。
ダンナ・ピットはスイスのスペイン・バルで、カウンターのタパスを指さして「ウノ」「ドス」なんてスペイン語で注文して店員さんに笑われていたけど、ダンナ・ピット曰く、スイスでもスペイン・バルだからスペイン語でOKなんだそうだ。
一見アホっぽいけど、とりあえず何でも使ってみようというチャレンジ精神はちょっと偉いと思ったりします。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


JALの再建について

最近、JALが経営悪化を受けて不採算路線を減便・廃止するニュースが出ていたが、今日またこんな記事を見かけた。

『日本航空赤字 いらだつ銀行団 抜本リストラ要求へ』

このままでいくと下期にも1000億円ほどの融資を受けないと赤字が膨らむ見通しで、不良債権化したくない銀行が本気のリストラを要求しているそうだ。


ANAも赤字だけど景気次第で回復の見込みがあるのに対し、JALはかなり厳しい状況だとか。4~6月期は前年比37.1%の減収。国際線は46.1%、国内線は14.7%も落ち込んだらしい。


業績悪化は景気の悪化や新型インフルエンザの影響もあるけど、やっぱり高コストが原因のよう。

その一端を担っているのがOB年金。これって今年破綻したGMでも経営を圧迫する一因になっていたような…。でもOBから猛烈な反対に遭っているらしいのでどうなることやら。

ただ、聖域なき改革とはいっても、安全面のコストはケチらないで欲しい。

でも利用者が減っている一番の理由は運賃が高い!からだと思う。国際線の運賃なんて庶民を嘲笑うかのようだ。その高い運賃も人件費に消えているというイメージが強いし、そこのリストラが甘いという悪印象があるから利用者が減るんじゃないだろうか。

あとこれはウチの都合だけど、マイレージの参加グループがJALはワンワールド、ANAはスターアライアンスという点でも軍配はANAに挙がる。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


30年前の旅行先1位は…

まずは広島原爆の日に合掌。


頚肩腕症候群に加え若干の腱鞘炎。
更新が精一杯でコメントもなかなかできない…シクシク 号泣

それでもネットを巡っているとこんな記事にぶつかった。

『昭和54年のGW動向 海外旅行先1位は…』

1位はハワイ、次いで台湾、韓国、ヨーロッパ。
この年は第二次オイルショックの影響で不況だったため、旅行も安・近・短が人気だったとか。でも、一泊旅行に出かける人は前年比7%増。海外も13%増だったらしい。


同じような原油高に不況風が吹いている現在、新型インフルエンザの発生もあって減ったといわれる旅行者だけど、それでも30年前の4倍の人が海外旅行に行っているらしい。行き先も韓国、中国、ハワイの順。今度行く台湾はランク外になっちゃったのか。まさか中国に入っているワケじゃないよね?


田舎の小学生で、東京すら外国のように感じていたワンともには、海外旅行なんて全く別世界だった。まさか毎年サッカー観戦で海外に行くなんて想像もしていなかった。それだけ海外旅行が手軽になったってことだろうか。
とはいえ30年前も現在も、不況の割には旅行代が高い時期にこんなに海外へ行く人がいる。不況って一体なんなんだろう。
そう考えると、しつこいようだけど、子連れで海外旅行に行ける家にまで“子ども手当”って要る!?




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


下谷七福神

今日は法事で里帰りするお義母さんを羽田空港に送ってから台東区下谷七福神めぐりへ。あいにく雨になってしまったので回ったのは次の3つ。


『~福禄寿~真源寺(入谷鬼子母神)』
「恐れ入谷の鬼子母神」で有名な鬼子母神。神様になったので鬼の上の“点”がない。ここの七福神の福禄寿は道教の神様なんだとか。御利益は“人望福徳”。しかし、おみくじを3回引いて3回とも“運気悪し”。吉なのにナゼだ~!!
鬼子母神
上の画像は本堂。



『~大黒天~英信寺』
真言宗のお寺。
真源寺


大黒天はインドのシヴァ神の化身だが、日本だと大国主命と習合した形になるらしい。ここの大黒様は弁財天と毘沙門天が合体した“三面大黒天”。御利益は“裕福蓄財”
三面大黒天



『~毘沙門天~法昌寺』
上杉謙信が信仰していたイメージが強い毘沙門天。多聞天ともいうらしい。御利益は“勇気授福”
毘沙門天



『小野照崎神社』
東京メトロ“入谷駅”へ向かう途中、ついでに寄った。平安時代の漢学者・小野篁(おののたかむら)に縁の神社だそうで、学問・芸能に御利益があるそうだ。ここでもおみくじを引くが吉なのにまたまた“運気悪し”…。
小野照崎神社


あと四福人が残っているけど、おみくじが惨敗だったので再訪にはちょっと躊躇ってしまう。下谷はあまりワンともにはご縁がない土地なのかもしれない。今度は日本橋七福神で仕切り直ししてみようか…。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ

THEME:東京23区 | GENRE:地域情報

ホテル、決まる

台湾旅行のホテルが決まった。
まだだいぶ時間があるから、なんて悠長に構えていたら意外と空きが少なかった。しかも料金は高め…。
秋のゴールデンウィークの影響はあった。
第一希望ではないけど、まぁまぁのホテルが取れたと思う。


ホテル検索をしていたら、またまた頚肩腕症候群がぶり返してしまった。悪化しないようにPC操作を控えていたら更新もコメントも滞りがちに…。
頚肩腕症候群、なかなかしつこい症状ですナ。
なっている人も多いようなので、みなさんも気を付けてくださいね。
一緒にストレート首噛みしめ症候群にも御注意を。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY

CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: