プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

師走~築地へ

昨日は年末恒例の買い出しで、築地へ行ってきました。
相変わらず凄い人出で、細い路地などでは歩くのも大変でしたけど、
なんとか掻き分けて、まずはお昼を食べに『築地青空三代目』へ。
築地2010①
この時期はどのお店も行列しているのですが、
ここも同様でしたけど、回転が速いのでそんなに待たずに座れました。



このお店は、以前放送していた『東京Vシュラン』で、
何度か紹介されているようです。

ワンとも達は“築地最強丼(2,000円)”なるものを注文。
なんでも、その番組で1位だった“大トロ炙り丼”と
第2位だった“金目鯛炙り丼”を併せたものだそう。
築地2010②
これがとろけるような舌触りと甘みで激ウマでした。
高いので滅多に食べられませんが、
せっかく築地にいったならお薦めしたい一品です。

ちなみに“大トロ炙り丼”が「料理人100人が選ぶ築地丼」第1位で、
“金目鯛炙り丼”は「フードライターが選んだ銀座・築地 海鮮丼ランキング」第2位。
“大トロ丼”も「女性雑誌記者が選ぶ海鮮丼」で1位になっていました。




ランチの後は買い出しへ。
築地といえば魚なのにいつも牛肉を買います。

お魚類に比べてお肉を扱うお店は少ないですが、
去年と同じお店(富士ハム商会)で薄切り牛肉を1kg購入。

本当は4等級和牛の切り落とし(398円/100g)が欲しかったのですが、
すでに売り切れ。

少し予算オーバーですが、
これでしゃぶしゃぶとすき焼きを何度か楽しむ予定です。


今年も去年と同じぐらいの時間に行ったのですが、
他にも完売しているお店がいくつかあって、
テリー伊藤の実家の玉子焼き屋さんもすでに完売。
他の玉子焼き屋さんにも長蛇の列ができていました。
築地2010③


“ル・パン”のパンも焼きが間に合わないぐらい。
仕方がないので“ル・パン”を断念し、
“深大寺そば”を食べて帰ってきました。

人出は去年と変わらないかちょっと少ない感じでしたけど、
節約疲れもあって、財布の紐が少し緩んでいるのかもしれませんね。




ワンともは喪中なので新年のご挨拶を控えさせていただきますが、
みなさんには、良いお年を。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:ちょっとお出かけ(グルメ)

THEME:東京23区 | GENRE:地域情報

大阪・神戸の旅⑤

2日目は大阪城公園からスタート。
4年も住んでいて一度も行ったことがありませんでした。
仙台の青葉城と同じですね…。

地下鉄“天満橋”から歩いて『大手門』へ。
大手門から公園内へ入場しました。
戦国時代から太平洋戦争、GHQの失火など燃えまくった大阪城ですが、
この大手門は建造当時の遺構で、国の重要文化財だそうです。
大阪城公園①
それにしても、長くて広いアプローチ。
登城の遅刻にはシャレにならない距離だったでしょう。




公園内に立つ『大阪歴史博物館』
過去には旧第四師団の司令部の建物だったらしく、
戦争遺構でもあるそうです。
大阪城公園③




電車の車窓からしか見たことがなかった本丸。
天守閣にも登れますが、今回はここまで。
大阪城公園②

それにしても中国や韓国からの観光客の多いこと。
彼らは無秩序で、写真が撮りづらかったんですよねぇ。
「自分達以外にも写真を撮る人がいる」という
意識と気遣いが無いように見受けられました。






公園近くのJR“森ノ宮“駅から環状線に乗って大阪駅まで行き、
そこから快速に乗って神戸・元町へ。
元町駅から少し行くと神戸の中華街“南京町”です。
南京町②




南京町でランチを食べる予定だったので
まずは通りの端からお店を見ながら歩いてみました。
この広場に面した『老祥記』というお店には長蛇の列ができていましたけど、
豚まんの人気店のようです。
南京町①




ワンとも達がランチを食べたのは『上海飯店』
上海飯店⑤




二階もあるようですが、店内はそんなに広く無い感じでした。
上海飯店①



ダンナ・ピットは酢豚とエビマヨのセット。
上海飯店③




ワンともはフカヒレスープ麺と点心色々のセット。
いろんな物がちょっとずつ食べられる構成が良かったです。
しかも、どちらも1,000円を切るお値段がお財布に優しい。
上海飯店②



それから追加で五目チャーハン。
上海飯店④




その後、『エストローヤル』“シュー・ア・ラ・クレーム”を買って、旧居留地へ。
エストローヤル






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:京阪神

THEME:国内旅行記 | GENRE:旅行

大阪・神戸の旅④

初日の夕食は鶴橋で焼き肉。
旅行前から予定していたので、
家を出る時に“リセッシュEX”持参で出かけました。


どのお店にしようか迷ったんですけど、
明石家さんまの写真が貼ってあった『大吉』というお店へ。
さんまちゃんファンのダンナ・ピットは即決でした。


結構、混んでいましたけど、幸いにもテーブル席が一つ空いていました。



まずはビールとチヂミ。
大吉①




お肉はロース、カルビ、それからウルテというノドの部分のお肉。
ウルテは細かい軟骨が集まっている感じで、歯ごたえがスゴかったです。
ここのタレは独特の薄い色でしたが、味はしっかりしていました。
大吉②




タン塩とキムチ。
大吉③




更に追加で冷麺とカルビ2人前。
大吉④




更にナムルとキムチと飲み物を追加して全部で1万円ぐらい。
ガイドブックに載っているお店の中には
かなりお高いお店もありましたけど、まぁまぁ納得のお値段で
美味しく頂けました。

炭火焼肉だったらよかったんですけどね。

でも、久々の焼き肉でお腹イッパイ。

このお店は参鶏湯が名物らしいので、次回は食べてみたいですね。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:京阪神

THEME:国内旅行記 | GENRE:旅行

第90回天皇杯サッカー vs 名古屋グランパス

土曜日はカシマスタジアムで天皇杯を観戦しました。
この日が今年最後のホームゲーム。

かなり寒かったので、
カシマスタジアム名物“モツ煮”が美味しかったです。
第90回天皇杯 vs 名古屋①




準々決勝の相手は今年のJリーグ王者・名古屋グランパス。
勝たねばここで終わりです。
第90回天皇杯 vs 名古屋②




割と早い時間に興梠がゴールを決めました。
第90回天皇杯 vs 名古屋③




岩政が負傷退場して、代わりに大岩が入りました。
これがカシマスタジアム最後のピッチです。
第90回天皇杯 vs 名古屋⑥




ドイツから帰国中のウッチーの姿も。
チャンピオンズリーグ16強、おめでとう。
バルサと当たるまで負けるな!
第90回天皇杯 vs 名古屋④




後半、同点に追い付かれてからの大迫の得点。
これが決勝点になって2-1で勝利。
第90回天皇杯 vs 名古屋⑤




試合の後、大岩の引退セレモニーが行われました。
第90回天皇杯 vs 名古屋⑦




プロ16年、長い間、お疲れ様でした。
第90回天皇杯 vs 名古屋⑧


でも、あと2試合あるっ!
天皇杯を優勝して、もう一つタイトルを獲得して、
有終の美を飾ってください。


元旦は決勝だ!!

そして、優勝だぁぁぁ!!!






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:サッカー観戦

THEME:サッカー観戦 | GENRE:旅行

大阪・神戸の旅③

ホテルに荷物を置いてから早速、街歩きへ。

まずは新世界方面へ。
地図を見ると歩けそうな距離だったので、
上本町→日本橋→恵比須町と歩いて行くことにしました。

しかし、これが歩いてみると結構な距離。
おかしいな、昔は恵比須町となんばの間なんてよく歩いたのに…。

でも、“○○ぶ”の地図の縮尺もおかしいと思うんですよねぇ…。


歩いているうちに、すっかり真っ暗になっていました。
ここは新世界の入り口の一つ。
新世界




ここまで来ると通天閣がしっかり見えてきます。
カラフルですねぇ。
通天閣②





通天閣の前に腹ごしらえ。
来る途中の道の駅でお蕎麦を食べたきりだったので、お腹が空いていました。

ここに来たらやっぱり“串かつ”でしょう。
一番最初に目に入った“だるま”に入りました。
だるま③




テーブル席もありましたがカウンター主体の店内で
それでもけっこうな人数が座れる広さでした。
だるま①




実は二人とも串かつ初体験なので、無難に“セットメニュー”を。
追加でレンコンと牡蠣も注文しました。
だるま②

サクサクの衣と甘辛いソースが最高に美味しかったです。
すっかり串あげの虜になってしまいましたが、
この後があったので泣く泣くセーブしました。




次に向かったのは“通天閣”の展望台(600円)。
ワンともはだいぶ久しぶりだったので、登ったこと以外は忘れていました。
通天閣①
大阪の夜景のBGMは上田正樹?やしきたかじん?
ワンともは、きゅるりんアイドル“りなんなん”の「やっぱ好きやねん」ですね。


幸運の神様“ビリケンさん”の足裏もなでなで。
みんなが撫でるのでテカテカの深い窪みができていました。
通天閣③




通天閣でナゼか札幌の“テレビ父さん”を思い出したんですよね。
でも、北海道に溢れるダジャレの数々を考えると
大阪のコテコテ感と相通ずるものを感じるんですけど、どうでしょう。


ここまでですっかり歩き疲れてしまったので、
帰りはタクシーでホテルまで戻りましたが、
乗ったタクシーの運転手さんと東西の食文化の話になりました。

関西は目玉焼きにソース、関東は醤油。
カレーの肉は、関西は牛、関東は豚とか。
ウチはダンナ・ピットのリクエストで関東だけど牛なんですよ。

ちょっと前の『秘密のケンミンSHOW』でやっていましたけど、
カレーの肉の境目は岐阜県の木曽川の中州の町でしたね、確か。

海苔の境目は三重県の亀山だったし、
東西の交わる愛知、岐阜、三重はいろんな境目が多そうですよね。

そうそう、エスカレーターで停まって乗る位置が東京と大阪では逆ですよね。
この境目も確か中部地区にあったような気がするんですけど…。





ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:京阪神

THEME:国内旅行記 | GENRE:旅行

大阪・神戸の旅②

今回は『シェラトン都ホテル大阪』に2泊しました。
予約は宿泊予約サイトの“じゃらん”から。
残念ながらじゃらんポイントは使えなかったんですけどね。
シェラトン都ホテル大阪③


このホテルは宿泊した時の駐車料金が24時間1,000円と
周辺のホテルより1,000~1,500円ほどお安くて、
車での旅行者にはとってもお得です。
チェックインした時間から24時間利用できるので、
時間以内であればチェックアウト後も停めておけるのも良かったです。




予約したのはスタンダード・ツインだったのですが、
スーペリア・ツインにアップグレードしてくれました。
客室も十分な広さです。
シェラトン都ホテル大阪①




バスルームも割と広かったと思います。
シェラトン都ホテル大阪②


多少の古さは否めませんけど、ちゃんとお掃除もしてあるし、
備品も揃っていて問題はありませんでした。


すぐ隣りに近鉄デパートがあって、
鉄道は近鉄線の“上本町”駅と直結していますし、
地下鉄だと谷町線と千日前線の“谷町九丁目”が最寄り駅で、
難波まですぐでした。
阪神なんば線を使うと“阪神三宮”駅にも行けちゃうみたいです。


他に空港リムジンバスが伊丹と関空の両方に出ていて、
立地と交通の便は申し分が無いと思いました。


土・日には結婚式がいくつかあったようで、
ロビーやフロントの辺りがちょっと賑やかでしたよ。





ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:京阪神

THEME:国内旅行記 | GENRE:旅行

大阪・神戸の旅①

ダンナ・ピットが先週の金曜日に休みが取れて3連休になったので、
愛車ラパンに乗って大阪・神戸へ旅行に出かけました。

今年の10月にとうとうETCを付けたので
週末の高速が1,000円で利用できるようになりましたが、
出発が金曜日の夜中だったので、高速が1,000円になりませんから
行きの2/3は一般道を利用しました。

政府は高速の新料金を出したり引っ込めたりしていますが、
そもそも無料化するんじゃありませんでしたっけ???




夜中の都心をスムーズに抜け、箱根の北側を通って静岡方面へ。

朝8時ごろに“三保の松原”の近くを通ったので寄ってみました。
ちょっと早過ぎてお店も閉まっていたし、人影もまばらでしたね。


ここは天女が松の枝に衣を掛けた「羽衣伝説」で有名ですが、
その羽衣の松は今年の10月に世代交代したそうです(えっ?)。

こちらが古い方の松(樹齢650年)。
三保の松原①




こちらが新しい方の松。
なぜ新旧交代したのかは分かりませんが、何か理由があるんでしょうね、きっと。
三保の松原②





海岸線には広大な松原、遠くには富士山。
まさに絶景!!
晴れてて良かった。
三保の松原④




静岡では通勤ラッシュに遭ってしまいましたが、国道1号線を西へ西へ。

途中、“道の駅 掛川”に寄って休憩。
道の駅 掛川③




まだ開店してから10分ぐらいしか経っていないのに
すでに物産の販売所にはたくさんの買い物客が。
道の駅 掛川②




お腹もすいたのでお蕎麦を食べました。
ダンナ・ピットは“かき揚げそば”で、ワンともが“とろろそば”
道の駅 掛川①




掛川からは東名高速~伊勢湾岸道路を利用。
その後、国道25号へ。
この国道沿いにある“道の駅 いが(伊賀)”で再び休憩。
道の駅 掛川④




ここでは伊賀牛のコロッケと伊賀茶のソフトクリームを食べました。
道の駅 掛川⑤


さすが忍者で有名な伊賀の里、
手裏剣投げなどのコーナーもありましたよ。



途中、道を間違えたり四日市の辺りと大阪市内で
渋滞にハマったりして少々時間をロスしましたが、
なんとか無事に宿泊予定のホテルに到着。

朝3時に家を出てから13時間半経っていました。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:京阪神

THEME:国内旅行記 | GENRE:旅行

ケータイ

ワンとも達はauの携帯電話のユーザーですが、
今日、新機種への買い替えを勧めるお知らせがきました。

新しい周波数に切り替わると
今使っているケータイが使えなくなるそうです。

2012年の7月までに使えなくなるらしいのですが、
それがどのタイミングなのかは不明。


今のケータイはもう5、6年は使っているでしょうか。

ゆえに、親の使っている簡単ケータイより機能が劣っています。

この間、久々に会った知人に
「そういう形のケータイ見たの久しぶり」といわれました。
みんなのケータイを見たら、ほぼ最新機種かスマートフォンでした。

そういえば、最新機種から送られてくる画像はデータが重すぎて
ワンとものケータイじゃもう表示できなくなってるんですよね。

最近はパソコンに転送して見ていました…。


でも、バッテリーの買い置きもあるし、
外装もまだまだキレイだし、問題なく使えるし、
何より最近のケータイは「高い!!」んだもの。


あと1年ぐらいは大丈夫かと思いますけど、
なんだか腑に落ちない買い換えとなりそうです。

また、使い方を覚えるのが面倒だなぁ…。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


台北旅行⑬

胡椒餅を食べた後は、台北駅のそばにある“逸仙公園”へ。
逸仙公園①




この建物、かつては日本の割烹旅館でした。
今は孫文の足跡を紹介する“國父史蹟記念館”になっています。
逸仙公園②




公園内には手入れの行きとどいた日本庭園が広がっています。
建物の奥に高架橋が見えるのがちょっと残念。
色々と過去があった日台ですが、
こうして日本の物を残してくれているのを見ると
嬉しいしありがたいですね。
逸仙公園③




この後、一旦ホテルに戻って小休止。
もう暑すぎてバテバテでした。

夕飯は、ガイドブック掲載の小龍包のお店で食べる予定でしたが、
行ってみたら見当たらず、ガッカリしてホテルに戻りました。
それからインターネットで調べて見付けたお店『金品茶樓』へ。
モダンな店内で、日本人率も高かったです。
違うガイドブックには載っているのかな。
金品茶樓⑥




ここでも台湾ビール。
金品茶樓①




そして小龍包。
ここのも薄皮にスープがイッパイで美味しかったです。
針ショウガは細くて繊細でした。
大衆的かそうじゃないかの差は、
針ショウガの細さに表れているような気がしています。
金品茶樓②




ここでもエビ・チャーハン。
もちろんパラパラ・チャーハンです。
毎食チャーハンを食べているのに飽きない!
恐るべし、台湾のチャーハン。
金品茶樓③




これも定番化した鶏スープの麺。
鶏肉がワイルド。
金品茶樓④




もうちょっと食べられるということで追加したエビ餃子。
エビがプリプリ、皮がモッチリして美味しかったです。
金品茶樓⑤




帰りがけに見かけた街角劇場。
台湾の浅香光代が熱演中。
マイク持ちながらの演技って大変そう…。
別な日には人形劇も見たし、よくある風景のようですね。
台湾劇




翌日の飛行機は朝だったので、
アンバサダーホテルまで歩き、そこから空港バスに乗りました。
こちらが意思表示しないと停まってくれないので
危なく置いて行かれそうになりました。
日本と同じ感覚でいると危険です。


空港に着いたらカウンターは長蛇の列。
オーバーブッキングになるかもしれないとのこと。
別便に変更してもいい人を募っていたので手を挙げたのですが、
結局変更はナシ。
詳細が分かるまで待たされただけ時間が勿体無かったかも。
桃園空港




別便に立候補したお礼で配られた食事券で、
空港内のフードコートで食事をしました。
ここでも鶏の麺と小龍包、そしてタピオカ・ミルクティー。
空港のお店なのでそれなりのお味でした。
タピオカ・ミルクティーは小粒のタピオカの方が好みです。
空港ご飯② 空港ご飯①






魯肉飯、食べれなかったなぁ、なんて思っていたら
機内食で出ました。
次はちゃんとお店で食べたい…。
デルタの機内食(帰)




今回の台湾は、暑くて思うように観光できずに心残りです。
まだまだ食べたい物もありますし、
(小龍包とエビ・チャーハンと鶏麺ばっかりだったし)
また絶対リピートしないと!!








『金品茶樓』
<MAP>
104台灣台北市中山區長春路16號
02-2511-7506






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:台北

THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行

台北旅行⑫

淡水から台北車站まで戻って“新光三越”12Fのレストラン
“新葡苑”で昼食を摂りました。
新葡苑⑥




オシャレ中華モダンな店内。
新葡苑①





ここでも“小龍包”
専門店にも負けず劣らず美味しかったです。
3コから注文できるのも嬉しいですね。
新葡苑④




同じく“エビ・チャーハン”
ここのは枝豆?がアクセントになっていました。
枝豆やそら豆ってエビと合いますよね。
新葡苑②




鶏スープの麺。
サーブしてくれたので画像は麺無しですが、
このスープが絶品でした。
新葡苑③




なんだか食べたくなって頼んだ“ゴマ団子”
新葡苑⑤


この後、胡椒餅を食べようと思っていたので
控えめにしたつもりだったのに、このゴマ団子がダメ押しとなって
お腹いっぱいになってしまいました。







でも、新光三越の近くにある胡椒餅のお店へ向かいました。
胡椒餅③




胡椒餅はまさに焼きあがり直前。
お店のお兄さんが窯の様子を伺ったり、
胡椒餅①




他の店員さんが次に焼く胡椒餅の下ごしらえをしたりしていました。
胡椒餅②




出来あがった胡椒餅は熱々。
胡椒餅④


一見肉まんのようですが、ちょっと違います。
皮はモチっとしていて中のお肉も割と塊に近い感じ。
このお店は胡椒が多めのようで、ちょっと辛かったですけど
美味しかったです。
寒い時に食べたら、もっと美味しいだろうと思いました。
これはこれでボリュームがあったので、
次回はホントに前の食事を控えめにしようと思いました。







『新葡苑』
<MAP>
台北市中正區忠孝西路一段66號(新光三越站前店12F)
02-2389-1366




『福州世祖胡椒餅』
<MAP>
台北市中正區重慶南路一段13號
02-2311-5098







ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:台北

THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行
ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY

CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: