なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年06月
ARCHIVE ≫ 2011年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年06月  | 翌月 ≫

あのお店が…!

夕方のニュースを見ていたら偶然、
去年のゴールデンウィークに行ったお店が出てきました。


宮城県は女川にある『ニューこのり』
美味しい穴子丼を食べたところです。
ニューこのり①


海に近い場所でしたが少し高台だったので大丈夫かと思ったのですが、
残念ながら津波に流されてしまっていました。

そこの女将さんは今、避難所になっている旅館で
賄いを作っているそうです。


今は大変でしょうけど、一日も早いお店の再開が待たれます。

美味しいんですよ、『ニューこのり』の穴子丼。
また絶対食べたいです。
ニューこのり②






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





エステー『消臭力』のCM

「この子の後ろの景色、どこかで見た事あるね…」

「リスボンじゃない!?」


やたら歌の上手い男の子のシンプルで妙に印象に残るエステーのCM。
あのソフトバンクのお父さん犬のCMに次ぐ高感度2位なんだそうですね。

『外国の少年が歌う消臭力CM 高感度調査で2位を獲得』


エステーのHPによるとロケ地はやっぱりリスボンだったようで、
男の子の後ろの街並は確かバイシャ地区だったかな。
丘の上のお城は“サン・ジョルジェ城”だと思われます。
サン・ジョルジェ城①
『バイシャ地区とサン・ジョルジェ城』(2007年2月)


男の子のいる場所はサンタ・ジュスタのエレーベーターだと思ったんですけど、
HPのメイキングを見るとエレーベーターから伸びている
連絡橋を渡った辺りのバイロ・アルト地区っぽい気がします。

他にもリスボンの違う場所の違う別バージョンのCMもありますが、
場所が分かったのはこの男の子のだけですね。

それにしてもこの男の子、歌が上手いはずです。
ポルトガルでCDを3枚も出しているプロなんですって。

ポルトガルへはまた行ってみたいと思っているんですけど、
その時は逆に他のバージョンの撮影場所を見つけてみたいですね。



このCMは、東日本大震災後に
「日常に戻ろう」というメッセージを込めて作られたんだそうです。

制作担当者は後で知ったそうですが、
リスボンは1755年に大きな地震と津波があって約6~9万人が亡くなっています。
推定マグニチュードは8.5-9.0なので東日本大震災の規模と近いですね。

当時のポルトガルの宰相が優秀で強い指導力を持った人だったので
復興は早かったとか。
それに比べて日本は…史上最低最悪のダメ宰相だよぉ~







ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





ラッキーヱビス

今日、いつものスーパーで珍しいヱビスビールを見付けました。
ラッキーヱビス①





ラベルの部分をよく見てみると…魚籠の中にもう一匹鯛がっ!

なんと!ラッキーエビス!!
ラッキーヱビス②




瓶ビールの数百本に一本という確率であるもので、
見つけると「福がおとずれる」という噂が

噂には聞いていましたが、本物を見たのは初めてです。
思わず買ってしまいました。

さて、何かいい事あるかなぁ…

この瓶、なかなか捨てられませんね。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





京都のお土産『阿闍梨餅』

ダンナ・ピットは木金と一泊で京都旅行…もとい、京都出張でした。
京都へ行くのは30年ぶりだったらしく、
「京都も意外と近代的な建物が多い」と言っていました。

泊ったホテルの清算が全て機械だったらしく、
ちょっとカルチャーショックだったみたいです。

ワンともも最後に京都にいったのは20年ぐらい前で、
しかも真夏だったので、ただただ暑かった事しか記憶にないんですよねぇ…。

最近、ドラマで『JIN-仁-』や『新選組血風録』を見ていたら
また幕末熱が出てきて、京都に行ってみたくなっていたんですよ。

伊勢神宮や香川へのうどんの旅も案に挙がっているんですが、
時間とお金が許せば全部まとめて行きたいところですけどね…。

高速1,000円も終了して改正案も流れて、利用者にはただの値上げですからねぇ、
当分はナシですね。


今回の京都出張のお土産は満月の『阿闍梨餅』
皮がモチモチしていて半生の鯛やきみたいな感じで美味しいです。
阿闍梨餅

ワンともが事前に調べたリストの中から買ってきてくれました。
京都駅に不案内なうえに時間も無かったので
何とか見つけて買ったのも新幹線の時間ギリギリだったみたいです。

ご苦労様でした。

でもね、三越日本橋店でも買えるんだって…







ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





特定規模電気事業者(PPS)

昨日に引き続き電気の話なんですけどね、
最近、どっちを向いても節電節電じゃないですか。

少し前から電気料金の請求明細と一緒に
「節電のお願い」といったチラシも入ってくるんですけど、
これがねぇ、見るとイライラするんですよ~。

電気代減らすのに日頃から結構節約してますよ~。

それよりにこのチラシ作るのにいくらかかったのよ?
当然、相見積とったよね?もしかして言い値?
まさか製作費も電気料金に上乗せしてるんじゃないでしょうね?
とか、勘ぐっちゃって…。

ワンともは、そもそも「ホントに電気足りないのか!?」と
電力不足自体を疑っているものですから。



今回の地震が起きてから初めて知ったんですけど、
電力事業というのは実は2000年に自由化されていたんですって。
知ってました?

日本の電気事業には特定規模電気事業者(PPS)というのがあって、
企業が自家発電した電力の余剰分を直接売る事ができるらしいんです。
(送電線は既存の電力会社の物を使うので使用料を払っているそうです)
このPPSから電気を買うと電気料金がかなり安くなるそうですよ。

ただ販売できるのが50kw以上の大容量の電気を使う需要者だけ。
中小企業や個人が恩恵を受ける事はないそうですけど…。
そんなの自由化っていうのか!?

PPSの発電方式は石油やガスなど様々で、
発電コストは原油高などに左右される事もあるようですが、
電気料金は大量に使えば単価が安くなる方式。
しかも発電所の建設費用は既存の電力会社の半分ぐらい。
1/3とか1/4といった数字もあるみたいですね。

それに比べて東電などの既存の電力会社の電気料金は
発電に要したコストに利益を上乗せした「総括電価方式」
つまり使えば使うほど電気代が上がる方式。
ほぼ独占なのをいいことに運営コストが割高でもお構いなし。

それで7千万円とかいう高額な役員報酬が成り立つわけですか。


経済産業省は今の独占状態を維持したいので、
PPSが一般に普及しないように規制を設けているうなんですよ。
東電と経産省は相当な仲良しらしいので、
そりゃ東電の不利になるような事はしないですよね。

でも、そんな経済産業省はとっととPPSを利用していて
安い電力の恩恵にあずかっているんですって。

電力会社は経産省の他にも色々と仲良くしているせいか、
テレビでも放射性物質の拡散とか節電の話題はやりますけど
電力会社を執拗に叩いたりするような事がない気がします。
ましてやPPSの話題には触れませんよね。

PPSの規制が緩和されて一般でも利用できるようになったら、
既存の電力会社の奴隷的な料金体系から抜けて
もっと電気料金は安くなるかもしれません。
今だってもっと安くできるだろうと思いますけどね。

その前に電力不足が解消されるんじゃないでしょうか。
そもそも発電量自体を正直に出しているのかが疑問ですけど…。

再生可能エネルギーもいいですけど、
先にこういう部分を改革することが政治主導なんじゃなですかね。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム