プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

池袋・大勝軒~にゃらんcafe

昨日はかねてからダンナ・ピットご希望の『東池袋 大勝軒』
ラーメンを食べてきました。

池袋、久しぶり。
場所は東京メトロの東池袋のすぐ傍です。
大勝軒②




今回は二人とも元祖つけ麺を注文。
オーダーは外の券売機で食券を購入します。

ダンナ・ピットは大盛り、ワンともは並。
並で300g、大盛りは800g!
大盛りの麺はちょっとした洗面器ぐらいの器で出てきました。
大勝軒①


味は「つけ麺の元祖」という感じ。
世の中にはここの味を凌駕したお店もありますが、
そんなお店もここのつけ麺が基本にあるような気がしました。

創業者の頃の味とは少し違うという声もあるので、
元祖の味を食べてみたかったですね。




池袋から有楽町に移動してビックカメラを物色。
そろそろケータイを新しくしようかと検討中。

ビックカメラを出たすぐ傍で事故!
コンテナを積んだトレーラーがJRの高架橋に引っ掛かってしまったようです。
ワンとも達が通り掛かった時には大方処理されていましたが、
後で見たニュースでは結構車体が斜めになっていました。
有楽町・事故




その後、銀座7丁目にある『にゃらんcafe』へ。
ここは宿・ホテル予約サイト『じゃらん』のキャラクター
“にゃらん”のテーマカフェです。
にゃらんcafe①




店内は温泉を満喫する“にゃらん”でいっぱい。
PCも設置してあるので東京観光の検索もできそう。
にゃらんcafe③




ここでしか食べられないオリジナル限定メニューを頂きました。
ダンナ・ピットが“パイにゃっプルマンゴーシェルキー”

にゃらんcafe⑥



ワンともが普通のアイスコーヒーと“肉球ティラミス”
にゃらんcafe②


9月メニューの“抹茶にゃらんシェルキー”も食べたいな。


気になっていた“青い肉球まんじゅう”はとっくに売切れ。
手ぬぐいも売切れ…。
代わりと言ってはナンですが、お土産にコースターを2枚貰ってきました。
にゃらんcafe④ にゃらんcafe⑤
にゃんこもカワイイですね。




『にゃらんcafe』は9月30日までです。




同じ通りのすぐ傍に茨城県のアンテナショップ『黄門まるしぇ』がありました。
茨城アンテナショップ

日や時間帯にも寄るんでしょうけど、場所が良いにも関わらず微妙な雰囲気…。
HPもイマイチ中途半端ですしねぇ…もうちょっと手間を掛けないと。


でも、よかったら『にゃらんcafe』のついでに寄ってみてください。






『にゃらんcafe』
<MAP>
住所:リクルート銀座7丁目ビル1F R25cafe内
電話番号:03-3575-6825
営業時間:平日 8:00-21:00 / 土 9:00-20:00 / 日・祝 9:00-19:00




茨城県アンテナショップ『黄門マルシェ』
<MAP>
住所:東京都中央区銀座5-2-1 銀座TSビル(旧銀座東芝ビル)1階
電話:03-6280-6368
営業時間:11時から20時
休日:なし(年末年始を除く)







ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ

THEME:東京 | GENRE:地域情報

仙台旅行2011 <帰り途>

仙台南ICから東北自動車道に乗りましたが激しい渋滞だったので
国見で降りて一般道を南下しました。

途中、『道の駅 安達 智恵子の里』で休憩。
ここ二本松市は高村光太郎の「智恵子抄」で有名な高村智恵子の出身地です。
道の駅「安達」?

二本松には子供の頃に何度か来たことがあって、
小学校のバス旅行でも来ました。

「智恵子抄」にも出てくる安達太良山や岳温泉、菊人形などが有名ですが、
なんといっても「安達が原の鬼婆伝説」は外せないでしょう。
子供にはエグイ伝説でした。




この道の駅には『和紙伝承館』という施設があって、
和紙製品を買える他に紙漉きの体験もできるようです。
道の駅「安達」?




ちょうど職人さんが和紙を漉いていました。
均一に漉き上げるのは大変そう。
道の駅「安達」?




その横にあるアイス屋さんで珍しいソフトクリームを食べました。
その名も“和紙ソフト(350円)”
道の駅「安達」?


地元名産品の和紙に使う楮(こうぞ)という木の葉を使ったもので、
少~しだけザラっとした感じはありますが、
味はほうじ茶にも似たかな風味も感じられて美味しかったです。
冒険して買って恐る恐る食べてみましたが当たりでしたね。

このアイス屋さん、他にも菊アイスとか味噌アイスとか
個性的な創作アイスがイッパイでした。




地元の農作物や名産品を売る物産館もあります。
福島産は何かと逆風な昨今。
この新鮮な有精卵も「放射能分析結果表」付きで売っていました。
道の駅「安達」?




東北道の渋滞を避けて進んだら郡山まで来てしまいました。
郡山東ICから磐越道を利用。

来る時もそうでしたが帰る時も関東圏のナンバーの車が多かったです。
地元が東北の人達が帰省したんでしょうね。

逆に常磐道は福島ナンバーの車が多かったです。
高速道路無料を利用して西の方に出掛けたんでしょうか。



ここでも途中の『阿武隈高原SA』で休憩&買い食いタイム。
ナゼか京都のポン焼というものを売っていたので買ってみました。
素朴な栗の甘みが美味しかったです。
阿武隈高原SA

冬のヨーロッパの街角で見かける焼き栗も似たような感じなんでしょうかね。
今度買って食べてみようかなぁ。

ちなみにこのSAのおススメは
『めひかり塩チョコ』『醤油ロールケーキ』だったようです。





常磐道はこの先のいわきジャンクションで二手に分かれます。
一方は茨城へ、もう一方は常磐富岡へ。


広野町―常磐富岡は福島第一原発に近いため現在は通行止めです。


いつも仙台への行き来は国道6号線を利用していたのですが、
それも当分はムリでしょう。


道すがら見える風景は水田が青々としていましたが、
放射性物質が検出されないことを祈るばかりです。


今は桃が旬で、福島は桃の生産が全国2位なんですが、
問題が無くても売れ行きが悪いと聞きます。


この人災を招いた経産省の役人3人は更迭なのに退職金が出た上に割増だとか。

因果応報というものがあるのなら、あの世の地獄も当然ですが、
この世の地獄も味わってから逝って欲しいですけどね。



一日も早い故郷の復興を願って。
がんばっぺ東北






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:福島・宮城

THEME:東北旅行 | GENRE:旅行

仙台旅行2011 <2日目>

今回泊ったホテルは『ホテルCOM’Sアネックス』
ユアテックスタジアムに行くにも地下鉄駅が近かったですし、
クリスロードもすぐそこで、とても立地の良いホテルでした。
ホテルCOM'Sアネックス③




広くて明るいロビー。
フロントは2Fにあります。
ホテルCOM'Sアネックス②




部屋はそんなに広くはありませんが、キレイで快適でした。
各部屋にPCあり!しかも無料!!
ホテルCOM'Sアネックス①

今回は車で行ったのですが、近くに提携の平置きの駐車場と
タワーパーキングがありました。
車が小さければタワーパーキングが安くて契約時間も長いのでお得です。




ホテルをチェックアウトしてからフロントに荷物を預け、
仙台駅の中にあるお土産売り場へお土産を買いに。
仙台駅2011

定番の阿部の笹かまごま摺り団子、岩手の銘菓かもめの玉子を購入。
お目当ての一つだった榮太楼の生どら焼は、
残念ながら見当たらず買う事ができませんでした。
これも震災の影響でしょうかね。





お土産を買った後は牛タンを食べに。
途中でクリスロードにある阿部かまでひょうたん揚げを買い食い。
ひょうたん揚げ2011





いつも行くお店がお休みだったので、すぐそばにある『太助 分店』へ。
牛タン「太助分店」③





カウンター席とお座敷席が5席ほど、奥に座敷がありました。
牛タン「太助分店」①





牛タンはぶ厚くて歯ごたえがあってとっても美味。
テールスープも絶品でしたし、山もりの麦飯も完食!
ホント、仙台の牛タンは何処のお店もレベルが高い。
牛タン「太助分店」②





満腹になってホテルに戻る途中、井ヶ田で抹茶ソフトを。
井ヶ田の抹茶ソフト2011



今回の仙台滞在はここまで。

次は道の駅&高速SAでの買い食い話しです。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:福島・宮城

THEME:宮城 美味し国・伊達な旅 | GENRE:旅行

『仙臺居酒屋 おはな』

今回の仙台での夕食は『仙臺居酒屋 おはな』で。
ガイドブックに載っていたお店です。

土曜日は24時まで開いているので、
サッカー観戦で遅くなった時にこういうお店は助かります。
仙臺居酒屋おはな⑨




和モダンな店内にはシャンデリアが。
時間的に帰る人の方が多い感じでした。
仙臺居酒屋おはな②




お通しは「茄子のゼリーよせ」「インゲン豆の胡麻和え」
これからのお料理が期待できる美味しさでした。
仙臺居酒屋おはな①




新鮮でキレイな「おはな刺身盛り合わせ」
ツマの大根まで食べてしまいました。
仙臺居酒屋おはな③




「いわい鶏の唐揚げ」
このジューシーさと衣のカリカリ感が家では出ないんですよねぇ。
仙臺居酒屋おはな④




「銀鱈の塩焼き」
塩加減が上品でした。
仙臺居酒屋おはな⑤




「夏野菜の天ぷら」
野菜が力強くて甘い。
仙臺居酒屋おはな⑥




「仙台茶豆焼き」
いわゆる枝豆を焼いたものですが、甘くて香ばしくて新しい美味しさ発見。
仙臺居酒屋おはな⑦




そして宮城の地酒。
今回は日本酒と柚子で作ったリキュール「雨乞の柚子酒」
醸造元は宮城県大崎市の新澤醸造店、使用している柚子は同じく宮城県柴田産。
雨乞と書いて「あまご」と読むそうです。

もう一種類も同じく新澤醸造の「大島の柚子酒」
こちらは気仙沼沖にある離島・大島産の柚子を使用したもの。
仙臺居酒屋おはな⑧

どちらも柚子をふんだんに使用していて、
「雨乞の柚子酒」はさっぱり、「大島の柚子酒」は濃厚。
特に女性は好きな味だと思います。


大島は気仙沼沖にある島ですが、
今回の地震では一週間ほど島全体の安否が不明だったそうです。
柚子畑も津波の被害に遭ってしまったとか。

醸造元の新澤酒造店の被害も甚大で、今再建に向けて頑張っているそうです。
この酒蔵さんは「伯楽星」が有名ですね。

今後は原発事故の農作物や水への影響が心配されますが、
このお店で使う食材も安全を確認したうえで、
なるべく宮城産の物を使っていきたいと言っていました。


日本酒の酒蔵も多くが被害を受けましたが、
再建に向けて頑張っている所も多いですし、
東北のお酒を飲んで応援しようという人も多いです。

政府は安直に酒税の増税を言い出しますが、
被災地復興というなら酒税を減税して酒蔵再建を後押しするべきです。
被害を受けたビール工場だってあるんだし。

学歴高いのに知恵の無い連中ばっかりですよね、為政者とか役人って!
利権とか見返りがないと何もする気が無いの???






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:福島・宮城

THEME:宮城 美味し国・伊達な旅 | GENRE:旅行

帰省とJリーグ第21節 vsベガルタ仙台

今年は父親の新盆だったので13日に帰省しました。

東北も暑かったです。
福島は盆地が多いので夏は割と暑いんですよ。


法事の後、サッカーを見るために仙台へと向かいました。
東北自動車道は当然ながら大渋滞。
10km進むのに1時間半も掛かったので途中で一般道に切り替えました。
東北自動車道 201108①




この電光掲示板を見ると、
福島を通る東北自動車道の2/3は渋滞していた事になりますね。
東北自動車道 201108②






今回観戦した試合はベガルタ仙台のホームゲーム。
試合会場の『Yurtec STADIUM』に着いたのは18:50ごろ。
19:00キックオフの予定だったのでギリギリでした。
仙台スタジアム201108①




スタジアムは満席。
後々の発表では19,000人超だったそうです。
vs ベガルタ仙台201108③

このスタジアムに来たのは13年ぶり。
アントラーズとコンサドーレの開幕戦を観戦して以来です。

カシマスタジアムを模したサッカー専用スタジアムなので
とても見やすいんですよね。




仙台と言えば牛タン。
やっぱり本場のは美味しい。
仙台スタジアム201108②




およよ、メッシも観戦!?(笑)
vs ベガルタ仙台201108①




スタジアムには復興へ向けた横断幕が。
この試合は被災地のチーム同士の対戦だったんですが、
サポーターにもお互い励まし合う雰囲気がありました。
vs ベガルタ仙台201108②




あの渋滞の中、何時に鹿島を出て何時に着いたんでしょう。
vs ベガルタ仙台201108④




少し遅れて試合開始。
キャラクターの中に入っている人は大変でしょうね…。
vs ベガルタ仙台201108⑤




試合はというと遠藤がペナルティエリアで倒されて貰ったPKを
小笠原が失敗…。
あんまりPK、得意じゃないよねぇ~。
vs ベガルタ仙台201108⑥




またまた遠藤が獲得したPKを今度はフェリペ・ガブリエルが決めて先制。
vs ベガルタ仙台201108⑦




この1点をなんとか守りきって0-1でアントラーズが勝利しました。
が、相変わらず得点力不足は問題。
押し込まれる事もシバシバで、特に後半のロスタイム5分はドキドキ。
またしても安心して見ていられる内容ではありませんでした。
vs ベガルタ仙台201108⑨




新加入のタルタも後半途中から出ました。
得点は無かったもののスピードはありそう…かな。
初出場でいきなりイエローカードもらっちゃったけど。
アレックスと並ぶと区別がつかない…。
vs ベガルタ仙台201108⑧




今回は審判の試合さばきが悪くて、双方ともストレスを感じる試合でしたが、
負けた方はよりストレスが溜まるジャッジでしたね。

そんな試合だったのに粛々と家路につくベガルタ・サポが印象的でした。

お互い勝ち点も得失点差も一緒の9位と10位。
これから上位を目指して頑張りましょう。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:福島・宮城

THEME:サッカー観戦 | GENRE:旅行

台湾旅行2011⑨

3日目の夜は小龍包の専門店『明月湯包』へ。
看板が目立たなければ見逃してしまいそうな小さなお店。
少し離れた所にオシャレな支店もあるようです。
明月湯包④




店内も狭くて昔ながらのラーメン屋さんのようでした。
お持ち帰りのお客さんもひっきりなしでしたよ。
日本語メニューも有ります。
明月湯包⑥




ここでもまずはビール。
この日は紙コップかプラカップでしたね。
明月湯包⑤




お待ちかねの小龍包。
上の段がレギュラーの小龍包「明月湯包」(120元≒360円)
下が「カニみその小龍包」(230元≒690円)
ここの小龍包は皮が厚めなので汁が熱々で出てきます。
それに、なかなか冷めないので長く美味しく頂けました。
明月湯包①




それから「サケ卵炒飯」(150元≒450円)
お米がパラパラで塩加減もよくて美味しかったです。
台湾で鮭は珍しい気がするんですが、そうでもないんでしょうかね。
明月湯包②




「桜エビとブロッコリー炒め」(160元≒480円)
これはまぁまぁ。
ちょっとエビとシイタケの風味が強すぎたかなぁ。
明月湯包③


美味しくてお財布にも優しいお店でした。
お店の名前が付いた「明月酢醤麺(ジャージャー麺)」を食べ損ねたのが心残りです。




お店を出てから少し歩いた所で『臨江街観光夜市』を発見。
士林夜市ほどではありませんでしたが、なかなか大きな夜市でした。
臨江街観光夜市①




人出も多かったのは日曜だったからでしょうか。
平日もこのぐらい賑わっているのでしょうかね。
臨江街観光夜市②




夜市を抜けて駅へ向かう大通りからは『台北101』が見えました。
台北101 2011




地下鉄でMRT「中山」まで戻ってきました。

そこから歩いて台湾の甘味処『春水堂』へ。
ここは“タピオカ・ミルクティー”発祥のお店です。
春水堂③




モダン・チャイニーズな店内。
そんなオシャレな店内に反して話し声がウルサイ。
そして、飲食が終わってもずっと喋ってなかなか帰らない。
人気店なので並んでいる人も多かったんですけど気にしないみたいです。
春水堂①


注文は、席でオーダー票に印を付け、それをレジに持って行ってお会計をする
セミオーダーシステム。
注文した物は席まで運んで来てくれます。
日本語メニューも有りました。




ダンナ・ピットは“タピオカ紅茶”だったかな…?
ワンともはもちろん“タピオカ・ミルクティー”
そして“タピオカ愛玉子(オーギョーチ)”
春水堂②


愛玉子は初めて食べましたけど、さっぱりレモン風味。
暑い台湾の夏にはピッタリのデザートですね。

春水堂はけっこう遅くまで開いているので
夕食の後にいっても十分間に合いました。

ただ、タイミングによってはかなり待つかも…。







『明月湯包』
<MAP>
台北市大安區基隆路二段162之4號
TEL:02-2733-8770

最寄駅:MRT木柵線「六張犁」




『春水堂』
<MAP>
TEL:02-2521-3359
最寄駅:MRT淡水線「中山」







ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:台北

THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行

台湾旅行2011⑧ <平渓線・乗り方>

平渓線の乗り方に着いてですが、
ガイドブック「ことりっぷ・もっと台北」にも少し掲載がありますけれど、
それだけでは不十分だったのでちょっと記載しておきますね。

平渓線に乗るには台北から瑞芳に行き、瑞芳で平渓線の電車に乗り換えます。

3つ手前の八堵からでも乗れますが、平渓線の一日乗車券で有効な区間が
瑞芳-菁桐なので、瑞芳で乗換えの方が都合が良いと思います。


台北-瑞芳は途中の八堵で西部幹線と東部幹線が切り替わるようで、
台北駅は西部幹線の縦貫線エリア、瑞芳は東部幹線の宜蘭線エリアのようです。

同じ幹線上で名前が変わるのでちょっと混乱しました。




まず、台湾鉄道「台北站」のインフォメーションで
平渓線の時刻表を貰ってください。
台北駅・インフォメーション



A4サイズの紙に上下線の時刻が載っています。
これが無いと結構大変かも。
もし、日本ができるスタッフがいれば、より詳しく説明してくれると思います。
平渓線時刻表
※クリックするともう少し大きい画像が表示されます。



裏には台北→瑞芳までの時刻と電車の種類と値段なども書いてくれました。
区間というのが各駅停車で自強は特急のようです。
ちなみに台北-瑞芳は片道運賃は区間(各駅停車)が49元(約147円)、
自強が76元(約228円)、平渓線一日乗車券が52元(約156円)でした。
平渓線C




次にインフォメーションの傍にある券売機で台北-瑞芳の切符を購入。
行き先によって売っている券売機が違うので、
「瑞芳」のボタンがある券売機を探して買います。
ボタンは漢字と一緒に英語表記もありました。
台北駅・券売機




ワンとも達は往復切符(return ticket)を購入。
台鉄の切符




次は券売機の並びにある34番窓口で平渓線の一日乗車券を買います。
瑞芳でも買えますが台北で買った方が楽でしょう。
台北駅・窓口




切符はこんな感じです。
平渓線の切符





平渓線は時間によって30分に一本走っている時もあるようですが、
基本的に一時間に一本の運行です。

乗り遅れちゃったりタイミングが悪いと
次の電車までかなり待つことになるでしょう。



台湾の電車はちょっと運行時間がアバウト。
2~3分は遅れますし各駅の停車時間も長いので、
乗換えに余裕がないと焦ります。

実際、瑞芳での乗換え時間は18分でしたが、
上記のような事情で時間が無くなってちょっと焦りました。

が、平渓線もだいぶ遅れてきたので問題なく乗れたんですけどね。

帰りは帰りで切符が各駅停車のものだったので
自強には乗れず、八堵で乗換えて台北まで戻りました。
往復切符は便利ですけどこういう時に困りますね。




上記の情報は2011年7月10日のものなので、
実際に行かれる場合は駅や案内所などでご確認ください。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:台北

THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行

台湾旅行2011⑦ <平渓線・その3>

昼食の後は『十分大瀑布』へ。
十分の駅から歩いて20分ぐらいあるでしょうか。
道々出ている案内に沿って行きます。

途中で見かけた天燈(ランタン)を作る家。
十分?




中ではせっせと天燈を作っていました。
一声かけて写真をパチリ。
十分?




十分は旧正月の天燈節(ランタン祭)が有名です。
※音が出るのでボリュームにご注意。





普通の日でも希望があれば天燈を上げることができるようで、
沿線のお店には天燈とメッセージを書くスペースが設けられていました。
十分⑰




晴天の空に時々飛んでいく天燈が。
十分⑯




さて、十分大瀑布までの風景はのとてものどか。
でも、暑っい~。
ダンナ・ピットはみるみる溶けかけたアイスのような状態になり
ワンともはうっかり日焼け止めを塗り忘れた両腕が後で大変なことに…


大瀑布に行く途中では吊橋を渡り、
十分⑩




線路沿いを歩き(何かと線路が近い)、
十分⑬
オバちゃんが飲み物を売っていました。



入口にようやく到着。
入場料80元(約240円)。

入口付近にも展望台がありますが、
さらに奥へ向かうと正面から滝を眺められるスポットがあります。
ちょっと登り降りが大変ですけどね。
十分⑭
マイナスイオン~~~




帰りも溶けたアイスと腕焼き放題で駅まで戻りました

十分站でクールダウン。
味はマンゴーと抹茶。
十分⑱




炭鉱博物館も行ってみたかったですけど、
時間と体力がリミットのため断念。


次に来た電車に乗り、また瑞芳経由~八堵乗換えで台北站まで戻りました。
十分⑮

帰りは座れなかったので余計に疲れたぁ。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:台北

THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行

台湾旅行2011⑥ <平渓線・その2>

平渓線の続きです。

終点の青桐駅から戻るかたちで十分へ。
平渓線⑫




この駅のスゴイのはプラットホームレベルに商店街が連なっていること。
平渓線⑭




1時間に一度、電車に注意!
それ以外はみんな自由に線路を横切っていました。
十分⑫




十分も炭鉱の町だったそうで、炭鉱博物館があります。
平渓線⑬




ちょうどお昼どきだったのでここで昼食を摂りました。

台湾風オープンテラス(屋台)のお店が多かったですが、
暑さに負けたワンとも達は冷房の利いたお店へ。
十分⑦
『十分寮客棧』
日本語のメニュー有り。


なんとなく雑然とした食堂風の店内。
ここの飼い犬でしょうか、
店内を大きな黒い犬がポテポテ歩いていました。
あ、あと女将らしきマダムの服がラメラメでしたね。
十分①




壁には色んなサインが書かれていました。
元Jリーガー武田氏も来たようです。
その横に“ヒロミGO~”の落書きも(笑)
十分②




まずはビール。
紙コップっていうのがナントも。
十分⑪





豚と青菜の焼きそば
あっさりしていて美味しかったです。
十分③




魚丸湯
大サイズを頼んだらラーメン丼ぐらいの器にタップリ入って出てきました。
薄味でしたけど暑かったからちょうど良い塩梅でした。
十分④




凸肉(豚肉のフリッター)
甘辛いソースを付けて頂きます。
コロモがサクサクでした。
十分⑥




特産の筍の炒め物
姫筍のような細い筍を炒めた料理でスゴく美味しかったです。
お店のおススメでもありましたけど、これは確かにおススメです。
十分⑤



周りの屋台に比べると少しお高めのようですが、
これだけ食べて全部で2,000円弱ぐらい。

お料理には大と小の2タイプありますが、
小サイズでも十分な量でした。



十分は筍が名産品らしくて路上でも売っていました。

もし入ったお店に筍料理がメニューにあったら
試して見る価値アリだと思います。







ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:台北

THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行

人形町せともの市2011

今日は人形町のせともの市に行ってきました。
前に行ったのは2008年だから3年ぶり。

前回は猛暑で大変でしたが、
今回は比較的涼しくてバテずに見て回る事ができました。
人形町せともの市2011③




ろくろ体験できるコーナーも。
人形町せともの市2011① 人形町せともの市2011②





陶器だけじゃなくガラスや木製品もありました。
この画像のガラスは昭和初期頃のアンティーク。
人形町せともの市2011④ 人形町せともの市2011⑤
人形町せともの市2011⑦ 人形町せともの市2011⑥




今回の目的はご飯茶碗。
とある露店にあった茶碗を手にとろうとした時、目に入った値段。

なんと!ペアで8万円!!

触んなくてよかった~
もはや露店で売る値段じゃないですよねぇ。

でも、結構、高額商品も置いてあるので目の保養にはいいですよ。




こちらは笠間焼のお店。
人形町せともの市2011⑨




小品を何点か買いました。
人形町せともの市2011⑫
『小皿』

人形町せともの市2011⑬ 人形町せともの市2011⑭
『一輪差し』と『土鈴』




そしてお目当てのご飯茶碗はこちら。
これは有田焼のお茶碗で、外側はビビットな青と赤。
白メシが良く映えそうだと思って。
人形町せともの市2011⑩



内側の底には今年の干支“兎”
「よく跳ねる」ということで縁起のいいモチーフなんだそうです。
人形町せともの市2011⑪




人形町に行ったついでに『水天宮』へもお参り。
水天宮2011①

年齢的に崖っぷちどころか
崖から落ちて途中の木に引っ掛かっている状態ですが、
頑張って産みますっ!どうか、お授けくだされ~




熱いお願いの後おみくじを引いたら、なんと!大吉でした。
良い事あるかなぁ~。
水天宮2011②




そして、帰りがけにドラマ『新参者』にも登場したたい焼き屋さん『柳屋』で
たい焼きを買って帰宅。
これから美味しく頂きますが、
買ってすぐ食べたらもっと美味しかったでしょうね。
鯛焼き「柳家」




『柳屋』さんの近くの甘味処の店先で見掛けた“抹茶ビール”
どんな味なんでしょうねぇ、すごくキレイな緑色ですけど…。
抹茶ビール



人形町は路地も興味深い。




人形町せともの市は8月1日から3日(9:00-21:00)まで開催中。






ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング


CATEGORY:ちょっとお出かけ

THEME:東京 | GENRE:地域情報
ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY

CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: