プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

2013年 バルセロナ-プラハ旅行⑨ 『L’OLIVE』

パレードが終わって食事をしに外に出たら、
近所のレストランやバルはどこも大賑わい。

ワンとも達は少し足を延ばして
バルセロナ大学の少し北側にあるレストラン『L’OLIVE』へ。

ここは前回ランチの時に利用した事のある『BALCERONETA』の姉妹店。
よって、メニュー内容も似ています。
2013 L'OLIVE⑨


モダンで落ち着いた店内。
2013 L'OLIVE⑧



まずはビール。
Krombaherはドイツのビールのようですね。
2013 L'OLIVE①



"パン・コン・トマテ"
この薄切りのサクサクのパンが美味しいんですよ~。
2013 L'OLIVE②



サラダはお店の名前が付いた”L’OLIVE Salad”
ネギがアクセントになっていて美味しかったです。
2013 L'OLIVE③



こちらは”まぐろとアボカドのタルタル(Tuna tartar with avocado)”
美味しかったんですけど、BALCERONETAの方がアボカドが多かったような・・・。
2013 L'OLIVE④



“イカのリングフライ(‘Calamares’ battered squid rings)”
イカ関係だとメニューにもう2種類ありました。
小イカのフライは高くて、イカの足のフライは安い。
2013 L'OLIVE⑤



メインは”フィデウア(‘Rossejat’ sea food noodles)”にしました。
アイオリ・ソースと食べると絶品です。
2013 L'OLIVE⑥



デザートまでは入らなかったのでコーヒーで〆。
2013 L'OLIVE⑦


一品多かった感もありますが、やっぱりビールはお腹膨らむ・・・。

これでIVA(消費税)も入れて81.15ユーロ(約9,500円)。

ちょっとお高めですけど、初日の夜食べ損ねたので「ま、いいか」って感じです。
何より美味しかったですしね。



『L’OLIVE』
C/ Balmes, 47 08007 Barcelona <MAP>
Tel: 934 521 990 /Fax: 934 512 418
e-mail: restaurantolive@rte-olive.com
営業時間/昼13:00 ~ 16:00 夜20:30 ~00:00
休/日曜の夜




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:バルセロナのレストラン
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

2013年 バルセロナ-プラハ旅行⑧ ~ 東方三賢者(レジェスマゴス) ~

バルセロナに着いてから、なんとなく街がそわそわしているし、バルサのショップは大混雑だし、クリスマスの飾りは出しっ放しだし、ホテルの宿泊料金も4日だけ高いし、「何かあるのかなぁ」と思って調べてみたら、1月5日はレジェスマゴスの日のパレードがあるとこが分かりました。
2013 レジェスマゴス30
ちょっと日陰・・・。
Bon Nadalはカタルーニャ語でメリークリスマスのこと。
ちなみにスペイン語だとFeliz Navidadだそう。



レジェスマゴスというのは、イエスキリスト誕生の時に贈り物を持ってやってきた
東方の三賢者のことで、東方の三賢人とか東方の三博士とも訳されています。

ちょっともったいぶって「まだ名前を言ってはいけないあの人達」と言っていたのは、
この人たちのこの人達のことでした。

スペイン語圏のクリスマスは12月24日から1月6日まで約2週間あるらしくて、
子供たちは1月6日にプレゼントを貰うんだそうです。
そういう理由でバルサショップが大混雑だったんですね。

ちなみに悪い子には炭のプレゼントだそうですよ。
これを聞いてドイツやオランダの黒いサンタを思い出しました。
日本だと年神様と一緒になまはげがやってくるような感じでしょうかね。

その前日の1月5日の夜に、聖書の「東方三賢者の礼拝」に因んだパレードが、
毎年スペイン各地で行われているんだそうです。

で、調べたところによると、どうも泊まっていたホテルのすぐ横の通り(Ronda de la Universitat)がパレードのルートになっているみたいだったんですよ。

パレードがどのぐらいのスピードでやってくのか分からなかったので、スタート時間の17時半頃にホテルにいれば確実だよね、ということでジローナから帰ってくる電車の時間を決めていました。


ホテルに戻ってテレビを点けると早速レジェスマゴス上陸のニュースが。

バルセロナの東方の三賢者は、まず船に乗って海からやってきます。
内陸の街だと三賢者は車や飛行機でやってくるみたいです。


道路には規制線のテープが張られていて、
17時半ごろからホテルの近くの道路の場所取りが始まりました。

いい時間になると、周りのビルのベランダも人でイッパイです。
2013 マゴスレジェス③



19時半頃、先導のパトカーが沿道の列を整理しながらやってきました。
2013 ジローナ31



次に騎馬警官。
2013 マゴスレジェス①



その後から馬糞掃除の清掃車。
2013 マゴスレジェス②



そして、いよいよパレードがやってきました。

大掛かりな仮装パレード程度に考えていたら、
大きくて派手なデコレーションの乗り物がやってきてビックリ!
2013 マゴスレジェス④



乗っている人が沿道に向かってお菓子(飴っぽい)を投げます。
2013 マゴスレジェス⑤



大きな流れ星の山車。
2013 マゴスレジェス⑦



上では幻想的なパフォーマンス。
2013 マゴスレジェス⑥



アラブっぽい衣装でカートの中のお菓子を投げながら進みます。
2013 マゴスレジェス⑧



でっかいキャンディーのバルーン。
2013 マゴスレジェス⑨



これはトンボでしょうか。
2013 マゴスレジェス⑩



これもアラブっぽい衣装の太鼓隊。
2013 マゴスレジェス⑫



金色のジュディ・オング隊。
2013 ジローナ⑪



パジャマ?ピエロ?のダンス隊。
2013 マゴスレジェス⑬



三賢者の一人がやってきました!
2013 マゴスレジェス⑮



こんな山車に乗っていました。
2013 マゴスレジェス⑭



エレクトリック・ダンスwww
2013 マゴスレジェス⑯



二人目の三賢者!!
2013 マゴスレジェス⑰



モニターがいっぱい付いている山車。
何が映っているのかはちょっと分かりませんでした。
2013 マゴスレジェス⑱



ベッド隊。
2013 マゴスレジェス⑳



ベッドの上はこんな感じ。
2013 マゴスレジェス⑲



この山車の先端には・・・
2013 マゴスレジェス22



クレーンで持ち上げられたベッド。
その上にヒゲもじゃのオッサン。
2013 マゴスレジェス21



鳥。
2013 マゴスレジェス23



キリン。
2013 マゴスレジェス24



像。
2013 マゴスレジェス28



沿道の中にはこんな傘でお菓子を独り占めしようとする人が。
いい大人が恥ずかしい。
2013 マゴスレジェス25



多分、これに3人目の三賢者が乗っていたと思うんですよねぇ。
2013 マゴスレジェス27



バルセロナのツーリスト・バスまで動員。
2013 マゴスレジェス29



パレードは1時間半ほど掛けて過ぎ去っていきました。
2013 マゴスレジェス26



どんなお菓子を投げているのかちょっと気になりましたけど、
あの人混みに揉まれる元気はありませんでしたね。

全く思いがけずバルセロナのクリスマス・パレードの日に行き合わせたうえ、
パレードがホテルのすぐ傍を通って行くなんてホントにラッキーでした。


1月6日が過ぎるとスペインはバーゲン・シーズンに突入するそうです。



PS:今夜放送の『笑ってコラえて!』でレジェスマゴスの放送があるみたいですよ。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2013 バルセロナ&チェコ
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

2013年 バルセロナ-プラハ旅行⑦ ~ ジローナ(Girona)Ⅲ~

城壁を歩き終わったらお昼にしようと思っていたんですが、思わぬ事態にちょっと時間をロスしてしまいました。

事前に良さげなお店を調べていったんですが、スマホの地図アプリでなんとかなるだろうとお店の住所しか控えて行かなかったら、これが住所を読み込まないんですよねぇ。事前にジローナの地図を引き込んでおかないとダメだったみたいです。イマイチ、スマホを使いこなせていない・・・。

一つ見つけたお店は夕方からの営業でNG。

仕方が無いのでカテドラルに向かう坂道の途中にあるレストランに入りました。
席に着いたのが14時ぐらいだったので、ワンとも達にはちょっと遅めなお昼だったんですが、店内はまだ空席が多くて、30分後ぐらいしたらどんどん人が入って来てぼぼ満席になりました。何度も同じ光景を見ているんですが、やっぱりスペインの食事時間は昼も夜も遅いよねぇ~。


前衛的な絵が飾られている落ち着いた雰囲気の店内。
2013 ジローナ29



ここでもお得なランチセットを注文。

まず飲み物は二人とも赤ワインにしたのでボトルがドンと一本。
2013 ジローナ26



前菜はダンナ・ピットがグリーンサラダ。
オレンジはワンともが食べました。
2013 ジローナ25



ワンともが焼き野菜。
2013 ジローナ24



メインはダンナ・ピットがジローナ・ソーセージ。
ジローナ・ソーセージはちょっと皮の固い荒挽きソーセージで、
お肉の種類は分かりませんが味はクセも無くて食べやすかったです。
2013 ジローナ28



ワンともがパエリア。
ちょっとお米に火が入り過ぎている感じでしたが味は美味しかったです。
2013 ジローナ27



デザートは二人ともクレマ・カタラナ。
2013 ジローナ30



これで24ユーロ(税金・サービス料込)。

まぁまぁ美味しかったですね。


『L’amfora』
Forca 15 17004 GIRONA
TEL/972-20-50-10





この日は夜にとあるイベントがあったので、17時ぐらいまでにはバルセロナに戻る予定でした。ちょっと短い時間でしたがこれでジローナとはサヨナラです。

帰りは目を引く赤い橋を渡って旧市街の対岸の路地を歩いてみました。
2013 ジローナ31



その後は来た道を戻ればよかったんですが、違う道を行ったらちょっと迷ってしまいました。近くにいたオジサンに道を聞いてなんとか駅にたどり着きましたが、余裕だと思っていた電車の時間もちょっとギリギリで焦りました。
2013 ジローナ32



電車も途中でノロノロ運転とか止まったり、来た時ほどスムーズには進まず、
「(まだ名前を言ってはいけない)あの人達が来ちゃう~」とヒヤヒヤ。

少し遅れましたが、「まだ名前を言ってはいけないあの人達」が来る前にホテルまで戻ってくる事が出来ました。



「まだ名前を言ってはいけないあの人達」については次回




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2013 バルセロナ&チェコ
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

2013年 バルセロナ-プラハ旅行⑥ ~ ジローナ(Girona)Ⅱ~

カテドラルのすぐ傍にある回教徒浴場。
ここは料金を払って見学してみました。一人2ユーロ。
2013 ジローナ⑭



パンフレットによるとここはドレッシングルームだそうです。
円柱で囲まれた井戸みたいな所には水が溜めてあって、体を洗うなどの用途があったようです。
2013 ジローナ⑨



パンフレットのイラストより、
ドレッシングルームってこんな感じだったんじゃないかナ・・・。
回教徒浴場 図説①



ここが浴場部分。
今は土台だけになっていますが、パンフレットの図解を見ると、かつては板か石板が敷いてあって、その下にお湯を循環させる蒸し風呂のような感じだったみたいです。
2013 ジローナ⑩



明かり取りの天井の窓の形がカワイイ。
2013 ジローナ⑪



ここは風呂焚きをしていた所。
火を焚いた跡が壁に黒く残っていました。
ローマ人はあちこちに浴場を残していますが、イスラムの人もお風呂好きだったんですね。同じくジローナのユダヤ人住居跡にも浴場があるみたいです。
2013 ジローナ⑫



パンフレットのイラストより、
浴場と風呂焚き場はこんな感じだったんじゃないかナ・・・。
回教徒浴場 図説②



次はジローナのビューポイント、カテドラルの裏手にある城壁へ。
地図を見ると多少の登りはあってもすんなり行けそうな感じだったんですが、そうは問屋がおろし大根。

一応、所々に案内はあるんですけど城壁と思しき表記は見当たらず。
「おススメのスポットが、どうして案内に無いんだ~!!」
2013 ジローナ⑧



仕方がないので色々と見当を付けて目指してはみたものの、結局、坂道を登ったり下りたり、登ったり下りたり・・・
1月とは思えない暖かさの中、汗だくになって、どうにかこうにか城壁の入口に辿り着きました。

城壁の上からは遠くの山まで一望できます。確かにいい眺め
2013 ジローナ23



城壁ってこんな感じで南北に1km近く続いています。
2013 ジローナ22



この城壁の上は歩く事ができるので、下まで戻るついでに歩いてみました。出口はインフォメーションよりちょっと南に行った川沿いです。
2013 ジローナ⑯



城壁には何ヶ所か出入口があるんですが、扉は施錠されていて入れないようになっていました。途中、何人かの若者が扉を乗り越えて入ってきたのを見て、「脱獄みたい」と言って笑っていたんですが、その言葉がまさか自分に返ってくるとは思いもせず・・・。



1km近い道のりを歩いてようやく出口に来たと思ったら、

ナント!出口の扉に鍵が!!


じゃあ仕方がないから入口に戻って・・・なんて事はなく、先に着いていた何人かが扉を乗り越えている最中でした。

引き返すのも億劫なので、ワンとも達も彼らに倣って扉を乗り越えることにしました。
脱獄みたいな若者達を笑っていたら、自分たちが脱獄するハメになるなんて


ちょうどフランスから来たと思われる初老の夫婦が乗り越えようとしていたので、ここは日仏共同作業です。

結構、高い扉です。180cmぐらいあったと思います。
画像の右側はもう城壁の外。勢い余ってはみ出したら真っ逆さまです。
2013 ジローナ33


なんたって、このぐらいの高さなんですから。
2013 ジローナ22


ムッシュは背が高くて足も長いので一人で越えられましたが、マダムの方はちょっとムリだったので、ワンとも達が手で足場を作ってサポート。
扉の上に取り付くことはできても越えようと伸び上がると中間部分に足が届かないので、踏ん張るための足場が無いから上部を跨ぐ事ができないんですよ。

次にワンともが足場を作ってもらって乗り越え、ダンナ・ピットは画像左側の壁からアプローチして乗り越えました。

初めての日仏共同作業は無事成功。
マダムは別れ際「Remember」と言っていました。
ワンとも達も忘れないでしょう。

しかし、この状況でワンとも達二人だけじゃなかったのも不幸中の幸いでした。


ワンとも達が乗り越えたころ、連絡を受けたのか、警備員のような人が無線で話しながらこちらにやってくるのが見えましたが、特に何か言うでもなくチラ見しただけで何処かへ行ってしまいました。


ちゃんと開けとけ~!!




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2013 バルセロナ&チェコ
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

2013年 バルセロナ-プラハ旅行⑤ ~ジローナ(Girona)Ⅰ~

バルセロナ2日目は少し足を延ばしてジローナへ。

ジローナはカタルーニャ州ジローナ県の県都で、バルセロナから北に100kmぐらいのところにある古い街です。ダリ美術館のあるフィゲラスよりは南ですが、スペイン全体の地図で見るとかなりフランスに近いです。
ジローナ①



ジローナへはスペイン国鉄renfeを利用。
パッセージ・ダ・グラシア駅から乗ったんですが、バトリョ邸とは道を挟んだ反対側にある入口がちょうど工事で閉鎖中でした。

素っ気なく微妙な角度で別の入口を案内する矢印を疑いながら歩いて行くと、プレハブの仮設チケット売り場が見えてきました。その背後に地下に下りていくエスカレーターがあって、そこがrenfeのホームの入口でした。アプローチの方向によってはかなり分かりづらいかも。
2013 renfeチケットブース



ホームに行ってからも一苦労でした。
路線図もないし停車駅も表示されないし、旅行者にとっては情報量がちょっと少なくて分かりづらい。結局、近くにいる人に教えてもらいました。
海外に行って分かる日本の鉄道の親切さ。
2013 ジローナ⑰



renfeのホームページによると、パッセージ・ダ・グラシア駅からジローナに行く電車はMDとREGIONALの2種類で、MDだと1時間15分ぐらい、REGIONALだと1時間半ぐらい。
一つ前のサンツ駅からだとAVANTやAVEも利用できて40分ぐらいで着くようですが、その分お値段もグンと高くなります。
ちなみにワンとも達が乗ったREGIONALは往復15.7ユーロ(約1,800円)で、
終点はフランスのCERBERE。ダリ美術館のあるフィゲラスにも停まります。
2013 ジローナ renfeチケット



ジローナの駅は割合大きくて近代的な駅でした。
2013 ジローナ⑱



前日の夜、うっかり寝過ごしてしまい夕飯が食べられなかったので、特にダンナ・ピットは朝から腹ペコ。街歩きを始める前に駅中のカフェで軽食を摂りました。
2013 ジローナ駅カフェ



観光のメインである旧市街の入口までは600~700mぐらい。
ぶらぶら歩いて15分~20分ぐらいでしょうか。

旧市街へ入る手前にはオニャー川という川が流れていて、いくつかの橋が架かっています。ワンとも達はノウ通り(Carrer Nou)から続く橋を渡りました。
橋の上には露店が。
2013 ジローナ⑲



橋を渡ってすぐの所にインフォメーションがあります。
ここで地図をゲット。係りの人に言うとくれます。無料でした。
2013 ジローナ⑳



こちらは午前11時頃の旧市街のメインストリート。
お昼が遅いスペインでは、お店もようやくOPENしたばかりといった感じ。
冬だから寒々しいですけど、暖かくなったら並木の緑がキレイでしょうね。
2013 ジローナ21



さらに歩いて旧市街の奥へ。
丘になっているので徐々に坂道になっていきます。
2013 ジローナ①



確かこの辺はユダヤ人街だった所だったかな。
趣きもありますが、昼も薄暗い所もあってちょっと怖い感じもしました。
2013 ジローナ②



カテドラルへ続く石段。
2013 ジローナ③



迷路のような細い路地。
2013 ジローナ⑤



11世紀に建設が始まって18世紀に完成したというカテドラル。
ロマネスク、バロック、ゴシックの3つの様式が混在しているそう。
建築期間が長いから、その時代時代のトレンドを取り入れた結果でしょうかね。
2013 ジローナ④



こっちが正面かな。
前には一度降りたらもう上りたくない長~い階段があります。
2013 ジローナ⑥



つづく。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2013 バルセロナ&チェコ
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

2013年 バルセロナ-プラハ旅行④ 『CAN CULLERETES』

バルセロナ最初のお昼は、ずーっと前から気になっていた、レイアール広場の近くにある歴史あるレストラン『CAN CULLERETES』へ。人気店のようなんですが、地元客多めでちょっと敷居が高かったんですよねぇ。

1786年創業ですよ。あれ?ってことは、某ガイドブックにバルセロナで一番古いと書いてある『セッテ・ポルタス』より古いんじゃ・・・。
CASA CULLERETES1786⑨
『CAN CULLERETES』 <MAP>
住所/Carrer d'En Quintana, 5 08002 Barcelona, Spain
TEL/933 17 30 22
13:30~16:00,21:00~23:00



入り口の印象に比べて店内は奥に広く、壁には大きな絵とたくさんの著名人のサインや写真が飾られていました。
CASA CULLERETES1786①



ここではお得なランチメニューを注文。
前菜とメインとデザート、飲み物(水かワイン)がセット。
お料理やデザートはそれぞれ5種類ぐらいずつあって、その中から好きな物を一品ずつ選びます。

まず飲み物ですが、二人とも赤ワインを選んだので、ハウスワインが瓶でドンと出てきました。なかなか飲みやすい赤でしたよ。
CASA CULLERETES1786④



そして、第一のお皿。
ダンナ・ピットはグリーンサラダ。
CASA CULLERETES1786③



ワンともがカネロニ。
これは、幅広のパスタで具を巻いてホワイトソースをかけて焼いたもので、中の具は色々らしいんですが、この時はツナフレークのようなものでした。イタリアンっぽいですがカタルーニャ料理です。イタリアに逆輸入されたお料理らしいですよ。
CASA CULLERETES1786②



第二にお皿。
ダンナ・ピットは確か鶏肉のラタトュユ煮込み。
CASA CULLERETES1786⑥



ワンともが牛肉の煮込み。
CASA CULLERETES1786⑤



〆のデザートは、ダンナ・ピットがホームメイドアイスクリームのウイスキーがけ。
CASA CULLERETES1786⑧



ワンともは焼きプリン。
CASA CULLERETES1786⑦



食後にコーヒーを飲んで全部で37ユーロ。
コーヒーは別料金なので、コーヒー無しだと30ユーロ(一人15ユーロ)ぐらいだと思いました。


バルセロナ最古のレストランは、何となくホッとする味のカタルーニャ料理のお店でした。パエリアを食べている人もいたので、パエリアもメニューにあるようです。



ワインでちょっといい気分になりつつホテルへ戻る道すがら、カタルーニャ広場に大きなテントが設置してあるのが目に入り行ってみたら、なんと!仮設のスケートリンクでした。
2013 カタルーニャ広場スケートリンク



この後、ホテルに帰って少し横になったらそのまま寝てしまい、起きたら夜中の1時半ぐらいになっていて、この日の夕食を食べ損ねました・・・

時差ボケに優しい夜発の便でも、やっぱり飛行機で寝たのは寝たうちに入らないのか、それとも、ワンとも達の体力の問題か




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:バルセロナのレストラン
TAGS:
THEME:バルセロナ旅行 | GENRE:旅行

2013年 バルセロナ-プラハ旅行③

7:10にフランクフルトを出てバルセロナには9:30前に着きました。
到着はターミナル1。新しい方の空港です。

空港バスを使ってホテルへ。
往復のバス料金は二人分で19.90ユーロ
往復で買うとお得。
でも、前回行った時(2011年12月)は18.30ユーロ(一人9.15ユーロ)
また値上がりしてる

ホテルは定宿、『HOTEL JAZZ』
本来のチェックインは15:00からなんですが、まだ10:00ごろにも係わらずお部屋に入ることができました。後はもう、勝手知ったる、といった感じです。
2013 Hotel JAZZ



荷物を置いて一息ついてから、バルサグッズのお買い物をしに”カンプ・ノウ”へ。

スタジアムの敷地入り口に着いてみるとスゴイ人だかりが。
たぶん選手の出待ちだろうなぁと思っていたら、バルサの選手移動用バスが入ってきました。後部座席にはメッシの姿も!
専用バスで選手が入ってくるなんて、何かイベントでもあったんでしょうか。
それにしても、みんな情報入手が早いなぁ~。
2013 バルサBUS


マシアの辺りも立ち入り禁止になっていたし、横の練習場も駐車場に変わっていました。帰国後の番組で知ったんですが、練習場を別な場所に移動したみたいです。
練習に来る選手に遭遇するチャンスがちょっと減っちゃったかな。

そうそう、同じ番組情報ですが、選手が練習に遅刻すると罰金100ユーロ(約5万円)なんだそうです。高給取りのバルサの選手も5万円は痛いということなんでしょうか。もし、ロナウジーニョがいたら毎回取られてそう?


ショップでは今期のレプリカ・ユニフォームを購入。
ダンナ・ピットは、クラブワールドカップ・チャンピオンのマークが入ったセスクのユニを買うと言っていたんですが、もう在庫が僅か。
しかも合うサイズが無く、仕方が無いので、通常のユニにCWCチャンピオンのマークを入れてもらおうと思ったら、「もうチャンピオンじゃないからダメ」と言われました。ま、確かにそうですね・・・

仕方が無いので通常のユニを買ったんですが、バルセロナを離れる日の空港のショップで、マネキンが来ているCWCチャンピオンマーク入りのセスクのユニを発見!
何とかの法則発動?



さて、ここから先はバルサのソシオ関係の話なので、興味のない方は読み飛ばしてください。


READ MORE

ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2013 バルセロナ&チェコ
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

2013年 バルセロナ-プラハ旅行②

チケットはルフトハンザ航空から購入したんですが、ANAとのコードシェア便で、
羽田⇔フランクフルトの運行はANA。
飛行機は今何かと話題のボーイング787-8でした。
2013 Barcelona-Praha ANA787


座席数は223席。
機体はみるからに小さくて、これでヨーロッパまで行けるのかと思いましたけど、ちゃんと行きました。スゴイ燃費の向上ですね。
ただ、今となっては別な意味で「ちゃんと行けた!」って感じになっちゃいましたけど。

座席の並びは2-4-2。
前後のピッチは広く感じました。ひょっとして幅もちょっと広いのかな?

モニターは各座席にあってタッチパネル式。リモコンはモニターの横。
従来のタイプのように間違えて腕で押してしまったりする事がなくていいですね。
他にもUSBとiPodコネクターも付いていました。
パソコン電源もあるようなんですが、ちょっと見付けられませんでした。
映画は割りと新しい作品が多かったような。
「るろうに剣心」と「ツナグ」と「注文の多い料理店」を見ました。


ちょっとスゴイと思ったのはトイレがウォシュレット付き!!
国際線の787にだけある設備らしいです。
トイレの洗浄ボタンを押すと自動でフタも閉まりました。
さすが日本の意見が入れられただけの事はあります。ちなみTOTO製だそう。


それに窓! 
電子カーテンというそうです。一番暗くしても外が薄っすらと見えました。
窓枠の少し下にコントローラーがあります。
2013 Barcelona-Praha B787-8
ちょっと曲がっちゃった・・・。


機内の湿度も調節されているらしくて、確かに静電気による毛布まとわり付きを感じませんでした。


海外旅行で日系の航空会社に乗ったのは初めてだったんですが、
サービスは丁寧だし食事も機内食にしては美味しかったし、何といっても日本語が通じるのが気分的に楽でしたね。あ、でも、往復とも一人だけ外国人の男性CAが乗務してました。エコノミーは一人でしたけど、全体ではどうか分かりません。
2013 Barcelona-Praha JPN-FRK⑤
『到着前の朝食(往路)』
後ろの座席だったので、和食は早々に売れてしまって二人とも洋食でした。
十穀米と焼き鯖・・・食べたかったナ。

そうそう、食事内容をモニターで確認できるんですよ。
それに、食事を配る時にCAが印刷した食事の画像を示して「どちらにしますか?」って聞いてくれるので、外国の乗客にも分かりやすいですね。

2013 Barcelona-Praha FRK-JPN② 2013 Barcelona-Praha FRK-JPN③
『出発後の食事』『到着前の朝食』どちらも復路
到着前の方は和か洋か選べたんですが二人とも和食にしました。
そろそろ和食が恋しくなる頃だったんですねぇ。


それから、機内で配られたペットボトルの水は東レのモノでした。
「東レって水商売もしてるんだ」と思ったんですが、濾過フィルターとかトレビーノとか作ってるから、水を売っていても不思議ではないですね。
東レは787の機体の素材を担当しているみたいです。

今回のチケットはルフトハンザのSクラスで、ユナイテッドのマイレージに100%加算できました。燃油費が値上がりする前に予約できたのもラッキー。
っていうか、燃油費っていつになったら廃止になるんでしょう。
利用者もウンザリですが、航空会社の経費も圧迫しているんでしょうね。
だから燃費のいいB787を開発したんでしょうけど、最初はトラブルが多いとはいえこの飛行機はちょっと多すぎなのかな。

昨日もANA機の高松空港緊急着陸がありましたし、今日はとうとう国交省から運行停止命令がでてしまいました。これはアメリカが同様の命令を出したのを受けてのようですが。

バッテリー系のトラブルが多いようですが、バッテリー自体は日本のGSユアサ製。
そのバッテリーは電源周辺関係を請け負ったフランスのタレス社に納入されたとか。

車の話ですが、我が家の前の愛車は4WDの欧州車でしたが、6ヶ月点検か何かの時にバッテリーの配線がメチャメチャだった事が発覚しました。
もちろん車体の製造はヨーロッパ某国の工場です。某国王室御用達の有名メーカーですから、よもやバッテリーの配線を間違えているなんて思いもよらなかったので、そのまま半年も乗っていたワケです。ふつうは新車のバッテリーの配線の事なんて気にしませんよね。あのまま乗っていたらそのうち発火とかしたんでしょうか。

そんな事もあるので、今回のB787もバッテリーのトラブルだからといって一概にバッテリー自体が悪いとも言えないのかも。いずれにしても早急な原因究明が待たれますが、願わくは日本製品がトラブルの原因じゃありませんように。
YS-11とかはありますけど、戦後、自前で飛行機を作ることを禁じられてきただけに、100%日の丸印の飛行機が飛ぶまでは、ここで躓いて欲しくないという気持ちです。



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2013 バルセロナ&チェコ
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

2013年 バルセロナ-プラハ旅行①

今回は初めての羽田空港国際線ターミナルからの出発でした。
2013 Barcelona-Praha 羽田空港①



出発が深夜01:10だったので、22時過ぎぐらいに羽田に行ったんですが、
遅いのでまともな夕飯は食べられないと思っていたら、遅くまで開いているお店があって助かりました。24時間営業のお店も何店舗かあるようです。
レストランのあるフロアーはイルミネーションがキレイでした。
2013 Barcelona-Praha 羽田空港②



レストラン街は江戸の町並みがコンセプトになっているんですね。
2013 Barcelona-Praha 羽田空港⑥



今回、出発前に夕食を食べたのがこちらの”銀座 おでん おぐ羅”
ダンナ・ピットが海老天茶漬けセット、ワンともが七品おでんとだし茶漬けセット。
飛行機に乗ってから到着前の食事が出るまで、軽食のサンドイッチしか出なかったのでここで食べておいて正解でした。
2013 Barcelona-Praha 羽田空港④ 2013 Barcelona-Praha 羽田空港③



今回乗った飛行機は今話題の最新鋭機ボーイング787-8だったので、
その話は別に次回で。


今回はルフトハンザ航空からの予約だったので、往きも帰りもフランクフルト経由でした。フランクフルト空港は06年以来です。

フランクフルト空港といえば、少し前に税関が連続でバイオリンの名器を押収して話題になりましたが、ワンともたちの出発前後にもブンデスリーガでプレーする乾選手が高級腕時計を押収される事件がありました。
ここの税関、ちょっと度が過ぎるような・・・。こんな事が続くとドイツ全体の印象にも関わってきそうですけど。それに日本人や日本に関係する人だけに押収が集中しているのかどうかも気になりますね。人種に関わらず被害があるのならその辺も報道しないと要らぬ誤解も発生しそうな気がしますしね。

入国審査では久々に審査官からご下問がありました。
簡単な英語だったので何とか答えられましたが、英語力ゼロのワンともはドキドキでした。パスポートを受け取る時に「ダンケシェーン」と言ったら「サヨナラ」と返してくれましたよ。


乗り継ぎのターミナルへ移動してから搭乗口近くのトイレに行ったんですが、
中国人とおぼしき女性がトイレのドアを開けっ放しにして用を足していてビックリ

子供が一緒にいたので目が離せなかったんでしょうけど、ドア全開を選択するか!?
一緒に入るか、何人か家族が一緒だったので一旦戻って家族に預ければいいんじゃないかと思うんですが、どちらも面倒だったんでしょうかねぇ。
あちらは平気でも、いきなりのニーハオ・トイレにこっちがギョッとしました
2013 Barcelona-Praha フランクフルト空港①
『乗り継ぎの搭乗口』


フランクフルトからバルセロナまではルフトハンザ航空で約2時間。
機材はA321。座席の並びは3-3でした。

朝の7:20発だったんですが外はまだ真っ暗。
2013 Barcelona-Praha フランクフルト空港②


離陸してからしばらくすると軽食が出ました。
こんな感じの2段重ねのシリアルです。
2013 Barcelona-Praha FRK-BCN①


チョコチップ入りシリアルと無糖プレーンヨーグルトを混ぜて食べるんですが、
これがちょっとした不味さで・・・。
別々に食べたらマシなんじゃないかと思ってそうしてみたら更に不味かったので
否応なく混ぜて食べました。
2013 Barcelona-Praha FRK-BCN②


8:00近くなってようやく空が明るくなってきました。
ヨーロッパと日本では日の出が1時間以上違うんですね。
2013 Barcelona-Praha FRK-BCN④



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2013 バルセロナ&チェコ
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

ちょっと出掛けてました。

1月4日からまたサッカー観戦の旅へ行っていて
昨日、帰国しました。

少しずつ旅行記をUPしていきたいと思いますので
気長にお付き合いください。


ジローナ①
『ジローナ(スペイン)』




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2013 バルセロナ&チェコ

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

明けましておめでとうございます。

大晦日の夜にダンナ・ピットの実家へ行き、そのまま新年を迎えました。

元旦は遅く起きてお雑煮を食べた後、鹿島アントラーズのクラブハウスへ。
クラブハウスは元旦から営業中。
昨年はロクな成績じゃなかったので今年に期待したいところですが、
監督がまたヒゲ・・・期待できねぇ~
2013 アントラーズ・クラブハウス



この後、ちょっと足を延ばして銚子方面へ。

銚子港の側にある水産物卸売センター“ウオッセ21”は元旦から営業中で、
たくさんのお客さんで賑わっていました。
ウオッセ②

中はたくさんの海産物店が。お食事処もあって海鮮を食べることができます。
ウオッセ①


ウオッセに隣接する"銚子ポートタワー"にも昇ってみました。
銚子ポートタワー③


ポートタワーの展望台から見た東京方面。
流れている川は利根川で、ちょうどこの方向に富士山が見えるようなんですが、
残念ながら霞んで見えませんでした。
銚子ポートタワー①


寒いけどちょっと気になって食べた“しょう油アイスクリーム”
千葉は醤油の醸造所がいくつかあるんですよね。
アイスは後味に香ばしさがあるような感じもしましたが、ちょっと寒くて味がよく分からなかったです。違う季節にまた挑戦したいですね。
銚子ポートタワー②



更に足を延ばして犬吠埼へ。前に来たのは15年ぐらい前です。
午後の人出はぼちぼちでしたけど、早朝は賑わっていたかもしれません。
なんといっても高地離島を除くと日本で一番最初に初日の出が見られるそうなので。
犬吠埼①


景観保護でしょうか、白いポストです。
犬吠埼②


ちょっと目立つ碑があるなぁと思ってよく見てみたら
”犬吠埼ロカ岬友好記念碑”ですって!
こんなところでロカ岬の名前を目にするとは。
ロカ岬はユーラシア大陸最西端。犬吠埼は関東最東端。
最端つながりってことでしょうか。
犬吠埼③



鹿嶋に戻る前に銚子駅へ。
銚子駅


銚子電鉄の車両を見れればと思ったんですけど、今回は残念ながら見られなかったので跨線橋からホームだけ見てきました。
銚子電鉄のホームはJR銚子駅のホームの一部にあるんですね、へぇ~。
もちろん、名物のぬれ煎餅も(ポートタワー内の売店で)買いました。
銚子電鉄ホーム


すっかり夕方になってから鹿島神宮に初詣へ。
いつものように少ないお賽銭で山ほどお願いをしてきました
2013 鹿島神宮②


お参りの後に引いたおみくじは、ナント!大吉!!
ちょっといい年になりそうな予感?
ちなみにダンナ・ピットは吉。
2013 鹿島神宮③




そんなこんなで幕を開けた我が家の巳年ですが、
今年もルーズなブログに気長にお付き合いくださいませ。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:茨城

THEME:ちょっとおでかけ | GENRE:旅行
ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY

CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: