なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月
ARCHIVE ≫ 2013年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

スマホケース

間もなくスマホを機種変更します。

新しく変える機種も決まっているので先にスマホケースを買ってしまいました。

ダンナ・ピットは第一希望が売り切れだったので赤のケースにしました。
たぶん本体を黒にするつもりで赤にしたんだと思いますけど、
それってあのチームのカラーじゃね?

ワンともはシンプルな半透明のダイヤモンド柄。
ソフトタイプなので少しグニャっとなるみたいです。
本体は白にするつもりなので遠目にはあまり変わらないかも。
2013 08 スマホケース


それにしても、店頭にあるauのスマホケースはバリエーションが少な過ぎです。
純減一人負けのdocomoのケースより少ないってどういうこと?
iPhoneはい~っぱいありました。こちらはユーザー数の違いですね。

ネットにはauのケースもたくさんあるんですが、逆に多すぎて選べないというか、
デザイン性のあるものは若い人向けのが多くて選び難いというか・・・。
結局、店頭でも売っているのをネットで買いました(^^;)

じゃあ、バリエーションがなくてもいいじゃんって思うかもしれませんが、
色々見て迷ったりするのが楽しいんですぅ~。





ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





ロシアに逸れました

次回のヨーロッパ旅行はバルセロナとベルギーに決定したので
ベルギーのガイドブックを2冊購入したんですが、他にも何かないかなぁと思って
図書館に物色に行ってきました。

で、旅行コーナーの書架に地球の歩き方『シベリア』を見付けて驚いたんですが、
後日、本屋さんで確認してみたらちゃんと売ってました。


『シベリア』だけで一冊あるってことは、結構行く人が多いってことですよね。
何が載っているんだろうと思ってめくってみたら、
シベリア鉄道とかウラジオストックとかサハリン、カムチャッカ半島などなど。

飛行機から見ると真っ白なあのシベリアか・・・。
冬に行ったら旅行じゃなくて冒険になりそう。

でも、ユーラシア大陸の最東端(デジニョフ岬)にはちょっと興味があります。
最北端(チェリュスキン岬)もロシアにありますが行くのは探検に近い気がします。



そして、ベルギー関係の本を探しに行ったのに何故か借りてきた本がコレ↓
ガイドブックコーナーの向かいの書架にありました。

『お伽の国‐日本―海を渡ったトルストイの娘』

トルストイの末娘・アレクサンドラ・トルスタヤの約2年間の日本滞在記です。

アレクサンドラは文豪トルストイの四女として帝政ロシアに生まれましたが、
ロシア革命以後は共産主義・軍国主義の生活が嫌になっちゃって
日本でのトルストイ文学の講演という名目で招待されたのをきっかけに
1929年(昭和4年)日本にやってきます。

1929年というとソ連ではスターリンの独裁が完成、世界恐慌のきっかけとなったユーヨーク証券取引所の株の大暴落などがあった年で、日本関係では前年に張作霖爆殺事件が起きています。

戦前の日本は軍国主義で貧しくて閉塞感漂う暗黒時代だと教わってきました。
確かに不況や凶作など今と比べたら世情不安定な時代ではあったんですが、
少なくても彼女の目にはスターリンの囚人と化したソ連よりもはるかに文化的な生活をしているように見えたようです。

まだ、半分しか読んでいませんが、ちょっと驚いた事が一つ。
最近は見ませんが、何層も重ねたお盆を肩に担いで自転車に乗るあのお馴染みの出前スタイルですが、当時はそれを100円払って習得していたそうなんです。

確か、当時の1円は現在の2,000円ぐらいって聞いたことがあるんですよね。
100円というと約20万円!

アレクサンドラはこの出前スタイルに驚いたようなんですが、
日本人は多分この金額の方に反応すると思うんですよね。

ワンともはてっきり中卒ぐらいの子が親元を離れて食堂やお蕎麦屋さんに奉公に入って、毎日失敗して叱られながら習得したんだろうなと思っていて、
その健気に努力する姿を想像して胸を熱くしていたのに、20万払って習得!?
 えーっ!! なんか、ちょっと期待と違う・・・

まぁそうは言っても、一人前になるまでに出前をひっくり返さ続けたらお店もたまらないですもんね

ウチの婆ちゃんが「昔は100円あったら家族4人が3ヶ月暮らせた」と言っていたので結構な投資ですが、それだけの需要とそれなりの収入があったということでしょう。

外国人が書いた日本記って視点が違っていて面白いですね。


あ、一応ベルギー関係の本も借りてきました。
ビールと食べ物のページばっかり見てます。





ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





ナンパじゃなくて勧誘かよっ・・・

今日は歯列矯正の調整で銀座の歯科に行ってきました。
矯正を始めて早3年ですが、ちょっとずつしか進まないし、そもそも面倒臭い状態だったので、たまにストレスでキレながら気長にやってます。

で、いつも銀座をブラブラして帰って来るんですが、銀座四丁目の交差点の付近で、
「すいません、この近くで美容師をやってるんですが、髪を切らせてもらえませんか?」ってよく声を掛けられるんですよ。その通りを通る時は必ずと言っていいほど声を掛けられます。

いつも立ち止まらずに「時間が無い」とか何も言わずに手を振って立ち去るようにしています。

結構、歩いている人多いのに何故わたし?
前にも後ろにも横にもいっぱい人はいるのに。

前々回は女の子だったんですがやっぱり同じように声を掛けられました。
この時は「髪切ったばっかりだから」と言って止まらずに歩き続けたんですけど、
「いやでも切ったばかりでもなんたらかんたら」とか言いながら結構食い下がって付いて来るんですよ。
「切りません!」と少し強く言ったら引きましたけど、ロングならまだしもワンともはショートだし、しかもホントに切ったばっかりだったんですけど、それでもしつこく来るのはワンともの髪型がワサワサとかボサボサとかダサイとかだからでしょうか。
それともノルマでもあるんでしょうかね。

今日は若いお兄ちゃんが近づいて来たので『お、ナンパか!?』って思ったら
「この近くで美容師やってるんですけど・・・」

お前もか! そうだと思ったけど!!

今回は「ちょっと時間がないので」と言ったらあっさり引きました。

以前、渋谷で友人と立ち話中に若い女の子から声掛けられて、
「いつもどこで髪切ってるんですか?」と聞かれたので地元の名前を言ったら、
ちょっと小バカにした感じで「渋~い」って言われたので、
「そーお?」って顔で笑いながら『渋谷がそんなにエライのかよっ!ケッ!!』
って思いながら立ち去った事もあります。
ワンともの渋谷コンプレックスが小破裂ですかね。

それにしてもカットモデルって道端で声掛けてお願いするものなんですかね。
今度、行きつけの美容院で聞いてみよう。

ずいぶん前は銀座の同じ辺りで何度もエステの客引きにも声かけられましたし、
あ、エステの声掛けはちょっとチャラいお兄さんが多かったです。

あと、最近は見なくなりましたが、マリオンの辺りでは「手相の勉強してるんですけど、手相を見させてもらえませんか?」っていうの、多かったですね。
アレはスピリチュアル系の団体(笑)の勧誘だよって聞いたことがありますが真偽の程は分かりません。

なんというか、ワンともが「来る、来る」と思いながら無視して通り過ぎようとしても、
彷徨っている霊が「あなた私が見えますよね」的に勧誘の人が声を掛けてくるのは、ワンともが拒否できなさそうな人相をしているからでしょうかね。

こっちが気付いている時はいいけど、全く気付いていない時はちょっとハッとして立ち止まってしまうので、眼中に無さそうだなと思った時はスルーして欲しいですね。

つーか、路上での勧誘って法的にどうなんでしょうね?




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





ブリュッセル航空の予約 ~後日談~

昨日のブログの後日談です。

実は昨日またユナイテッドからダンナ・ピットのメールに「チケット取れました」
というメールが来たそうです。

言われた通りにもうブリュッセル航空のサイトから取り直したばかりだったので
早速、電話してその旨を伝えるとちょっと戸惑った感じだったみたいですが、
結果的にユナイテッドの方はキャンセルということになりました。

まぁ、ブリュッセル航空をキャンセルするとキャンセル手数料が掛かるので
ユナイテッドをキャンセルにしてもらわないと困るんですが。

「取り直せ」と言われたり「取れた」と言われたり戸惑ったのはこちらなんですが、
ブリュッセル航空は英語での予約になるので、その辺に気を使って何とかしてくれたのかもしれません。

トラぶった時のことを考えると、ホントは日本のオフィス対応で予約したほうが
安心感があっていいんですけどね。

ちなみにANAのサイトからもブリュッセル航空の予約はできませんでした。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





ブリュッセル航空の予約

先日、予約した1月の旅行の航空券はオープンジョーなので
バルセロナ発ブリュッセル着のチケットがまだ取れていませんでした。

この区間のチケットもスターアライアンス系の航空会社の利用でANAのサイトからまとめて予約できましたが、周遊チケットになると運賃が一気に倍近くに跳ね上がります。

そういうこともあって、これまでも日本と欧州の往復はオープンジョーで予約して、
バルセロナから欧州各地への移動は主に欧州のLCCを利用してきました。

ですが、何故だかバルセロナ発ブリュッセル行きは早朝か夕方便ばっかり。
夕方便は時間が勿体ないし、かといって朝3時起きっていうのもね。
空港バスが動いていないからタクシー利用になっちゃうし・・・。

そこで目に留まったのがブリュッセル航空(Brussels Airline)
日本への就航はありませんが、スターアライアンスに加盟しているベルギーのフラッグキャリアです。

この便だと9:10バルセロナ発でお昼前にブリュッセルに着きます。
料金は他のLCCに比べるとちょっと高いですが数千円の差ですしマイルも加算されるし、早朝のタクシー代を考えるとそんなに悪くない金額です。

このフライト分はユナイテッド航空のマイレージ・プラスに加算したかったので
ユナイテッド航空の日本語サイトから予約してみました。

この予約はダンナ・ピットがしたんですが、なんだかちょっとサイトの応答があやふやな感じでスムーズではなかったんですね。でもまぁ、結果的に予約は出来ました。
でも決済が出来ずに「電話下さい」というメールが来たそうです。

早速、日本のオフィスに電話してみたところ、「この予約は無効なのでブリュッセル航空のサイトから取り直してください」と言われたみたいです。

本来なら提携航空会社のチケットはユナイテッド航空の就航していないエリアやユナイテッド航空への搭乗が絡まない便は予約が出来ないそうなんですが、
今回は何故だか知らないけど予約が出来てしまったのだとか。

担当者も「なんででしょうねぇ」と困惑しきりだったみたいですが。

そんなこんなで、何とかブリュッセル航空のサイトからチケットは無事に取れました。
マイルもマイレージ・プラスに加算できます。

これでホテルまで全部決まったので、あとはリーガのチケットだけです。


それにしてもユーロ、また上がりましたね。
今、換金レートで1円=135円弱ですけど、一時100円を切ったのがウソみたいですが170円までいったのもウソみたいです。

旅行するには円高の方がいいですが、日本経済の事を考えるとこのぐらいがちょうどいいんでしょうか。

最近はカード払いが多いので、旅行の時だけちょっと円高になってくれるといいんだけどなぁ・・・。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム