プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

セビリア『Casa Tomate』

晩ご飯のお店を探しながらサンタクルス街をぶらぶら。
画像の通りはマテオス・ガゴ通り。
入り組んだ路地にもたくさんのお店があって迷うほど。
時間的に結構どこも混んでいました。
2016 セビリア サンタクルス街



このマテオス・ガゴ通りから一本入ったパサヘ・デ・ビラという路地沿いにある
『Casa Tomate』というお店にしました。トマトの家?
2016 セビリア Casa Tomate⑧
『Casa Tomate』
Calle Mateos Gago, 24, 41004 Sevilla <MAP>
OPEN 12:00-24:00


店内がイッパイだったのでテラス席でした。
それも一席しか空いていなかったのでギリギリだったかも。



まずはビール。
冬の夜のテラス席でビールが飲めちゃうぐらい暖かったですね、セビリアは。
でもコートは着たままでしたけどね。
2016 セビリア Casa Tomate①



鶏むね肉のグリル(TAPAS)
※TAPASが小サイズ、DISHがレギュラーサイズ。
2016 セビリア Casa Tomate②



カンタブリのアンチョビとトマトのパン(DISH)
意外と高くて10.5ユーロ(約1,260円)しました。
カンタブリア海(スペイン最北)産のアンチョビって高級品だそうですね。
ダンナ・ピットがアンチョビ苦手なのでほとんどワンともが食べました。
レギュラーサイズしかないメニューだったので結構量が多かった…
2016 セビリア Casa Tomate③



トマトとツナのサラダ(DISH)
トマト大きい。日本のトマトより二回りぐらい大きい。
2016 セビリア Casa Tomate⑤



イカのグリル(DISH)
日本のイカが不漁で最近あまり食べられていないので、イカ美味しかった。
2016 セビリア Casa Tomate④



アボカドのシーフード詰め(TAPAS)
カニカマが入っていたような気がします。カニ缶かもしれない。
カニカマとアボカドのマヨ和えみたいで美味しかったですけどね。
2016 セビリア Casa Tomate⑦



ワンともが追加注文したサングリア。
ここのはちょっとワイン多めだったかも。
お店によって味が違うんですね。
2016 セビリア Casa Tomate⑥


レシートが見当たらないので詳しい金額は分かりませんが、大体40ユーロ(約4,800)ぐらいだったと思います。
タパスは一皿3.5ユーロ(約420円)ぐらいなので、日本の居酒屋感覚で色々食べられますね。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

夜のセビリア散策

グラナダからセビリアに戻ってきたのは夜の8時半過ぎ。
ホテルには戻らず、晩ご飯のお店を探しつつ夜のセビリアを歩いてみました。

夜のコンスティトゥシオン通りは昼間同様の賑わい。
煙っているのは焼き栗の屋台から出る煙です。
2016 セビリア 夜のコンスティトゥシオン通り


焼き栗の屋台はポルトガルでもイタリアでも見かけました。
ヨーロッパの冬の風物詩のようですね。
現地ツアーで一緒になったブラジル人から一つ貰って食べたことがありますが、ホクホクした素朴な味でした。
「寒いときに食べると暖まるよ」と言っていました。
ブラジルでも焼き栗を食べるんですね。それに暑い場所だと思っていましたが冬は寒いんですね。



夜のクリスマスマーケット。
この時期、クリスマスマーケットは始まったばかりだったようで、
人出はこれからといった感じでしょうか。
2016 セビリア 夜のクリスマスマーケット



夜のヒラルダの塔。
2016 セビリア 夜のヒラルダの塔


この画像の手前側にあるサンタクルス街は、
細い路地にレストランやバルが沢山あって一際賑わっていました。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

『アルハンブラ宮殿』 ~Ⅲ~

いよいよ『ナスル朝宮殿』へ。

まず、一番古い『メスアールの間』
何度も改築されたのでオリジナルはよく分からなくなってしまったそう。
イスラムの時は執務室と裁判所、キリスト教になってからは礼拝堂として使われていたそうですよ。
全体が分かるような画像を撮っていなかったようです…。天井と壁のタイルと床のタイルを貼っておきます。
2016 アルハンブラ宮殿㉒

2016 アルハンブラ宮殿㉓ 2016 アルハンブラ宮殿㉔



次は『メスアールの中庭』
画像はコマレス宮のファサードの壁面。
左側にちょっとだけ写っていますが、中庭のど真ん中に修復用の足場がドドーンと設置されていました。
2016 アルハンブラ宮殿㉕



アルハンブラといえばここ!『アラヤネスの中庭』です。
色んな画像を見ると逆側から撮っているのが多いですね。
2016 アルハンブラ宮殿⑪



こちらは『大使の間』
これも画像に撮ってきました。
ちょっと暗くて後ろの方がグダグダしてますが大目に見て下さーい。
※音が出ます。ボリューム注意。




ここも有名ですね。『ライオンの噴水』です。
ちょっと白っちゃけてしまいましたが列柱の奥にライオンの噴水があります。
2016 アルハンブラ宮殿⑧



別な角度から見るとこんな感じ。
ここも修復中の足場とか囲いで覆われていました。
なんでも10年ぐらい掛けて修復している最中らしいです。
2016 アルハンブラ宮殿㉗



地震でもあったら一発で崩れそうな天井。
吊り天井ではないようですが…。
2016 アルハンブラ宮殿⑫



『アベンセラッヘスの間』の天井。
ここはアベンセラッヘス一族の男を皆殺しにしたと言われる場所だとか。
2016 アルハンブラ宮殿⑨



『諸王の間』
2016 アルハンブラ宮殿⑬



『二姉妹の間』の天井。
このイスラム独特のデザインはムカルナスというそう。
2016 アルハンブラ宮殿㉘



人が被っちゃってよく分からないですが、
ここは『リンダハラの出窓』といわれる場所です。
2016 アルハンブラ宮殿㉙


ナスル朝宮殿は細かい所を端折るとこんな感じでしょうか。

アルハンブラ宮殿は規模に対して庭園多め建物少な目な印象でしたが、
とにかくイスラム独特の建築技法と細かい装飾は見事でした。
土や粘土、木で造られているので風化防止が大変なようですが、いつまでも繋いでいって欲しいい史跡ですね。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

『アルハンブラ宮殿』 ~Ⅱ~

広~い庭園を一回りした後はいよいよ宮殿へ。
2016 アルハンブラ宮殿⑩
『ぶどう酒の門』
ここに連結する建物がトイレ休憩スポット。


この門まで来る途中、昔の貴族の館を改装したパラドールが二軒あったんですが、一つは高級ホテルで一つはお安く泊まれるらしいですよ。
パラドールって一度泊まってみたいですけど、郊外の所が多いしお値段的にもちょっとハードルが高いです。



まずは、16世紀に建てられた『カルロス5世宮殿』

建物の外観は正方形。
2016 アルハンブラ宮殿⑱



内部は円形の中庭という変わったデザインの宮殿。
広いので動画に撮ってきました。※音が出ます。ボリューム注意。




丘の西側にある城塞『アルカサバ』
2016 アルハンブラ宮殿㉑



この城塞の色が「赤い城」と呼ばれる所以になったそうです。
2016 アルハンブラ宮殿⑲



アルカサバから臨む『アルバイシン地区』
アルハンブラ宮殿と一緒に世界遺産に登録されたかつてのイスラム教徒の居住区。
以前は、治安があまり良くなかったことから”危険な世界遺産”と言われていたそうですよ。
2016 アルハンブラ宮殿⑳



次は『ナスル朝宮殿』へ。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

『アルハンブラ宮殿』 ~Ⅰ~

グラナダでの自由行動の後はいよいよ『アルハンブラ宮殿』です。
市街地の傍かと思いきやバスに乗ってから結構な距離を走りました。
時間にすると15~20分ぐらいでしょうか。

到着後、まず、アルハンブラ宮殿の傍にあるツアーデスクで
参加者用のシールと音声ガイドのレシーバーを受け取ります。
同じバスで来た人もここで言語ごとのグループに分けられ、他所の英語ツアーの人達と混成になりました。全部で20人ぐらいだったでしょうか。
2016 アルハンブラ宮殿②


ここからアルハンブラ専属のガイドさんに代わります。
ワンとも達のガイドさんは、ちょっとアントニオ・バンデラスが入っているお兄ちゃんでした。


旅行記の最初にUPした画像は夏の離宮『ヘネラリフェ』にある『アセキアの中庭』
少し高い場所にありました。
2016 12 スペイン



とにかく庭の種類が多くて広かったです。
2016 アルハンブラ宮殿⑮

2016 アルハンブラ宮殿⑯ 2016 アルハンブラ宮殿⑭



ニャンコが元気に走り回っていました。
結構、栄養状態がいい感じ?
2016 アルハンブラ宮殿⑰



庭の他にもこんな遺構が。
2016 アルハンブラ宮殿④



庭園から望むアルハンブラ宮殿はなかなかな佇まい。
2016 アルハンブラ宮殿③


次もアルハンブラ宮殿。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

霰(あられ)

今日の朝、霰(あられ)が降りました。
DSC_0108.jpg

ゴミを出しに外に出たらパラパラ音がするので、
何が降っているのかと思ってよく見たら霰でした。
最初は雪の結晶かと思いました

霰が降ったのもほんのわずかな時間だけ。
その後は霙(みぞれ)や雨が降ったり止んだり。
最高気温も5度ほどでした。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


エルビラ通り

カテドラルの後はエルビラ通りへ

バスの中でもらったグラナダの地図に主要な見所が○で囲んであって、
エルビラ通りもそんな一つでした。

エルビラ通りはアラブの雰囲気漂うエキゾチックな通り。
小物や雑貨アクセサリーなどのお店が多かったですね。
2016 グラナダ・エルビラ通り①



アラビア風のランプは素敵だけど持って帰るのも大変だし、
こういういランプは天井が高くないとね。
2016 グラナダ・エルビラ通り②



何となく歩いて来たら辿りついた
エルビラ通りの一方の端にある『エルビラの門』
2016 グラナダ・バル①


エルビラ通りでランチを食べようと思ったんですが、
12時頃から開いているお店がなかなか無くてランチ難民に…。


そうこうしているうちに時間もなくなってきたので、
バス待ち合わせ場所の周辺で開いていたお店に入りました。
2016 グラナダ・バル③
『Taberna Alpha』 <MAP>



窓とかテーブルとか一見アラブ風なのかと思いきや
壁にはアメコミの切り抜きがイッパイ。
2016 グラナダ・バル③



まずはビール。
地元グラナダのビール“Alhambra Especial”
柔らかい苦味のライトなビールで日本人には馴染みやすい味だと思います。
日本でもネットで売ってました。楽天で1本288円。
2016 グラナダ・バル②



このパンはお通しみたいなものかな。
ミートソースのようなものにチーズがのっていてなかなか美味しかったです。
2016 グラナダ・バル④



食事の方はセットメニューから
ダンナ・ピットがカラマリ(イカ)とポテトとサラダのセット。
2016 グラナダ・バル⑥



ワンともがコロッケとポテトとサラダのセット。
思えば芋がカブっちゃってるセットだったな… 。
2016 グラナダ・バル⑤


パンが美味しかったので期待したんですけど、どちらも、ものすごく冷凍食品でした。
イカのフライなんて噛んだら水が滲み出てきたし…。
しかも、出てくるのにちょっと時間が掛かって、注文が入ってからフライヤーを熱し始めた感じなのかもしれない。

う~ん、トリップアドバイザーのステッカーに騙されたなぁ。

ホントに時間がなかったので速攻で食べてお会計したら、お店の人が「えっ、もう終わり!?」っていう表情していました。
お店の人は感じ良かったんですけどね。


さっき、改めて地図を見て思ったんですが、レストランが集中しているのはワンとも達が歩いてきたのとは逆方向にあるヌエバ広場の辺りだったのかも。
ヌエバ広場の横にあるこの手書きの「R」ってRestauranteの「R」だったのかな
2016 グラナダの地図


おそらく、もう行くことはないであろうグラナダでの食事が…
この日は夜ご飯までモヤッとした気分でした


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

『グラナダ大聖堂(カテドラル)』

11時半ごろグラナダに到着。
ここから13時15分まで自由行動です。

まずは外せない見所の一つ『グラナダ大聖堂(カテドラル)』へ行ってみました。
モスクの跡地に建て始めて完成までに181年かかっているそうです。
181年って江戸時代に建て始めてようやく今完成ぐらいな感じですよね。
2016 グラナダ『カテドラル』①



大聖堂内部。
白い石を使っているので内部が明るいのだそう。
2016 グラナダ『カテドラル』②



豪華な金色の主祭壇。
ステンドグラスとフレスコ画も見事。
2016 グラナダ『カテドラル』⑤



立ち止まって写真を撮る人が何人かいたけどコレって何なんだろう?
2016 グラナダ『カテドラル』⑥



これも大きくて豪華なパイプオルガン。
向かい合わせに2台ありました。
2016 グラナダ『カテドラル』③



これも何か分かりませんが目を引く豪華なレリーフでした。
2016 グラナダ『カテドラル』⑦



キレイなマリア様だなぁと思ったけど
王冠被っているからマリア様じゃないのかな?
2016 グラナダ『カテドラル』⑧



カテドラルの一角にこんなジオラマが置いてありました。
サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂にも同じよな物が置いてあったんですけど、コレなんでしょうね?
2016 グラナダ『カテドラル』④


大聖堂の傍には見所の一つでもある王室礼拝堂があったようなんですが、
また今度もガイドブックをちゃんと読んでいなかったので、そんな事は知る由もなくカテドラルを後にしたのでした


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

ショートトリップ 『グラナダ』

セビリア2日目はグラナダへのショートトリップです。

今回のショートトリップもVELTRAから予約しました。
英語ツアーで大人一人137ユーロ(約16,000円)。
集合場所はコンスティトゥシオン通り沿いのアンダルシア・エクスカーションズ。
2016 セビリア VELTRA集合場所



集合時間は朝の6時でしたがその後変更になって7時に。
しかし、ワンともがその変更メールに気付かず1時間も雨の中で待っていました

時間を間違えて1時間も待つ羽目になりましたが、
点検で点灯されたX’masイルミネーションが観られたのはラッキー。
早朝の暗い時間に点検するですね。
2016 セビリア・クリスマスイルミネーション



7時近くにツアー催行会社のスタッフがやって来てバウチャーをチェック。
スマホやタブレットの予約画面を見せてもいいみたいでした。
いずれにしろ、予約確認ができる物は必ず要るようです。


集合場所からバスの停めてある場所まで徒歩で移動。
結構遠くて10分ぐらい歩きました。
中心部は細い道が多くバスを停めておく場所もあまり無いみたい。

バスに乗ってからも2~3ヶ所を回って参加者をピックアップ。
参加者は全部で20人ぐらい。
アジア系の参加者もいましたが日本人はワンとも達だけでした。


グラナダまでは高速道路を利用して4時間ぐらいだったでしょうか。
途中、トイレ休憩でサービスエリアに寄りました。
2016 グラナダ・サービスエリア③ 2016 グラナダ・サービスエリア②



朝だからかもしれませんが軽食中心。
オーストリアのSAの朝メニューと比べると大分簡単メニューですが、これは食生活の違いもあるのかもしれませんね。
2016 グラナダ・サービスエリア①

サービスエリアの食べ物が高いのはスペインも同じ。
この中で一番高かったのが搾りたてのオレンジジュース。
街中オレンジの木だらけなのにオレンジジュースが高いなんて



VELTRA


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

セビリア『La Azotea』

セビリア最初の夕ご飯は、リーズナブルで美味しいとホテルのフロント・スタッフに教えてもらったお店『La Azotea』へ。
店内はバル・スタイルで、お肉もありましたが基本シーフードのお店のようでした。
2016 セビリア『La Azotea』⑥
『La Azotea』
Calle Zaragoza, 5c, 41001 Sevilla <MAP>
OPNE/13:30-16:30 20:30-00:00

カテドラル近くのマテオス・ガゴ通り沿いにも姉妹店があるようです。



とりあえずビールとオリーブ。
2016 セビリア『La Azotea』①



サーモンのタルタル。
2016 セビリア『La Azotea』



これなんだっけな?
確か海老を春巻きの皮で包んで揚げたものだったと思います。
2016 セビリア『La Azotea』



がっつり肉が食いたいというダンナ・ピットの希望で牛フィレのグリル。
2016 セビリア『La Azotea』



ワンともはサングリアも飲んでみました。
甘いけど結構サッパリ。
バルセロナに比べるとセビリアは強サングリア押し。
2016 セビリア『La Azotea』


入店してしばらくするとほぼ満席になりました。
食事も美味しかったしスタッフも感じ良かったんですけど、
そんなに広くはないバルっぽいお店なので、ゆっくり食事がしたい人にはちょっと落ち着かないかも。

レシートが見当たらないので詳しい金額は分かりませんが、50ユーロぐらいだったと思います。




帰りにスーパーに寄ってお水を買ってホテルに戻りました。
上記のお店と同じサラゴサ通沿いに『SPAR Express』がありました。




入口はこんな感じ。
2016 セビリア『SPAR』


営業時間は9:00-23:00のようです。
ホテルの近くに遅くまで開いているスーパーがあって助かりました。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

セビリア散策

ホテルにチェックインして少し落ち着いてからセビリアの街へ。
少し前まで降っていた雨も止みました。

ホテルから歩いてくるとちょうどカテドラルのある辺りに出てきます。
ここまで徒歩5分ぐらい。
ホントに好立地のホテルでした。

カテドラルとインディアンス総合古文書館の間の広場にクリスマスマーケットが出ていました。
2016 セビージャ中心部①



アンダルシアのクリスマスの飾り物はアラブ風味。
バルセロナともちょっと違うしドイツとは全く違ったテイストでした。
2016 セビージャ中心部②



この日は日曜日だったせいかカテドラルは大混雑。
中の見学は日を改めることにしました。
2016 セビージャ中心部③



カテドラルの横にあるヒラルダの塔
ヒラルダとは風見という意味で、かつてはモスクの尖塔だったそうです。
2016 セビージャ中心部⑤



こちらはアルカサル
ここも見学は後日。
2016 セビージャ中心部④



インディアンス総合古文書館の周りを半周して路面電車の通る
コンスティトゥシオン通りに出てきました。
2016 セビージャ中心部⑥



ここからグアダルキビル川の方へ歩いて行くと見えてきたのが
トゥーレ・デル・オロ(黄金の塔)
2016 セビージャ中心部⑦


ここまでで、青池保子『アルカサル-王城-』の舞台はこんな位置関係だったんですね。


ホテルに戻る道すがら前を通ったタブラオ。
ここはホテルのお勧めのお店でした。
この辺りはArenalって付くお店やホテルが多かった気がします。
2016 セビージャ中心部⑧


せっかくセビリアに来たのでフラメンコを観ようかと思ったんですけど、
結構予定を詰め込んでいたのもあって結局行かず終いでした。



これ、全巻持ってます!
この辺の時代だけスペインの歴史に詳しくなりました。
日本の南北朝時代だけ詳しい外国人みたいな感じっすね
 


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

セビリア『Hotel Las Casas deEl Arenal』

セビリアのサンタ・フスタ駅からホテルまではタクシーを利用。
15分から20分ぐらいでしょうか。
料金はちょっと忘れてしまいましたが12ユーロぐらいだったかな…


セビリアでの宿泊は『Hotel Las Casas de El Arenal』
18世紀に建てられた2つの邸宅を改装したホテルだそうです。
Hotel Las Casas de El Arenal⑨



ホテルを入ってすぐは中庭になっていました。
Hotel Las Casas de El Arenal⑥



フロントは入口を入ってすぐ右横の小部屋。
そこでチェックインをしているとウェルカム・ドリンクのサービスがありました。
Hotel Las Casas de El Arenal①



部屋はクラシックな雰囲気で、狭くもなく広くもなく、太い梁が平行に並んだ
高い天井がいかにも古い邸宅っぽかったです。
ベットタイプはツインもありますが、ほぼキングかクイーンの1Bedのようです。
これはちょっと狭かったな…。
Hotel Las Casas de El Arenal③



窓の外は四方外壁ビュー。
景色はつまらないけど静かなのは良かったです。
Hotel Las Casas de El Arenal②



電気ポットとコーヒー紅茶セットも有り。
Hotel Las Casas de El Arenal④



バスルームとトイレは別になっていて割にゆったりと配置されていました。
Hotel Las Casas de El Arenal⑧



靴を脱いで荷解きをしていたら部屋のドアをノックする音が。
なんと!ウェルカム・フルーツとボトルのお水が届きました。
※栓抜きはセーフティーボックスの上にありました。
Hotel Las Casas de El Arenal⑤


シャンパンにフルーツと4つ星とは思えないサービスの良さ!
スタッフもフロントからお掃除の人まで感じが良かったし、立地も良かったし、
いいホテルでした。

4泊して税込み603ユーロ(約72,360円)。
もうちょっとお値段が安かったらもっと良かったな。

オフシーズンなのに何故か全体的にホテルの料金が高めでした。
バルセロナのホテルも例年より5,000円ぐらい高かったんですよねぇ。
なんでだろう、う~ん…?


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

RAILEEUROPE(レイルヨーロッパ)

今回、AVEの予約に利用したRAILEEUROPE(レイルヨーロッパ)は、
ヨーロッパ域内の鉄道チケットが検索・予約ができて便利ですよ。




ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:旅行(travelog)

THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

スペイン高速鉄道『AVE』

少し間が空いてしまいましたが、旅行記の続きです。

クラシコの翌日、日曜日はバルセロナからセビリアへ移動です。
移動手段はスペインの高速鉄道AVE

ホテルからバルセロナ・サンツ駅へはタクシーで。
もう朝の7時半ぐらいだったのにこの暗さ。
2016 サンツ駅①



乗車するAVEは上から3番目、8:30発のSEVILLA/MALAGA行。
3番ホームから出発です。
2016 サンツ駅③



改札の前に手荷物チェックがありました。
2016 サンツ駅②



チケットのQRコードを改札の機械でピッとやってチェックイン。
ネットで予約したのでPDFファイルをプリントアウトしたものがチケットになります。
キャンセル可のフレキシー料金で大人一人約15,000円(片道)。
キャンセル不可の格安料金だと9,500円ぐらいだったと思います。
2016 AVE⑥


以前、AVEのチケットを取った時はスペイン国鉄RenfeのHPから取りましたが、今回はRAILEEUROPE(レイルヨーロッパ)から取りました。
支払いは円建てでカード決済。





バルセロナ・サンツ駅のAVEのホームはこんな感じです。
2016 サンツ駅⑤



車両の行先表示。
COCHEは何車両目とかいう意味だと思うんですけど、24両もあったかな?
構内の掲示板はSEVILLA/MALAGAでしたが、車両の表示はCORDOBA/SEVILLAでした。
2016 AVE①



今回乗った二等車は座席の並びが2-2。ちなみに一等車は1-2。
2016 AVE②


デッキ部分に荷物置き場がありましたがそんなにスペースはありません。
座席の上の荷物棚には大きいスーツケースも載りましたが、重くて載せるのがちょっと大変でした。



バルセロナ・サンツ駅の売店で買った朝ゴハンと昼ゴハン。
2016 AVE③ 2016 AVE④



5時間半ほどかけてセビリアのサンタ・フスタ駅に到着。
2016 AVE⑤



セビリアはスペイン南部の中心地だけあってサンタ・フスタは大きい駅でした。
2016 セビージャ サンタ・フスタ駅



ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


CATEGORY:2016 バルセロナ&アンダルシア
TAGS:
THEME:ヨーロッパ旅行記 | GENRE:旅行

桜花公園

出掛けたついでに『桜花公園』にも寄ってきました。

桜花公園というのは新日鐵住金鹿島製鉄所の正門の傍にある公園で、
かつてこの一帯には「海軍航空隊神之池基地」があったそうです。
そんなに大きな公園ではないので、初めてだとちょっと分かりづらいかも。




ここには当時、使用されていた掩体壕が残っています。
DSC_0098.jpg



掩体壕は外側から見るとこんな感じで、一見、飛行機のシェルターのようには見えません。
DSC_0104_20170104143741554.jpg
変な光はハレーションで霊現象じゃありませんよ。



掩体壕の中には「桜花」のレプリカが展示されています。
DSC_0097.jpg
「桜花」は頭部に爆弾を充填し尾部に推進ロケットを装備する高速滑空機で
操縦者1名が搭乗する有人ロケット爆弾です。(※説明看板より一部抜粋)


桜花という特攻兵器があったことは知っていましたが詳しくは知りませんでした。
終戦までに桜花による特攻で55名が戦死しているそうです。



そして、ここは『特別攻撃隊 発祥の地』なんだそうです。
DSC_0102.jpg

DSC_0094.jpg DSC_0095.jpg


特攻はフィリピンのマバラカット飛行場が最初だと思っていましたが、
フィリピンは最初に出撃した場所で、特攻隊の編成自体はもう少し前。
神風特攻隊より前に「桜花」による特攻隊が編成されていて、
その訓練をここで行っていたから特攻隊発祥の地なんですね。

鹿島にはしょっちゅう来ているのにこの公園の事は全く知りませんでした。
でも、元旦から訪れる人がぽつぽついたので、きっと知る人ぞ知る場所なんでしょうね。

毎年8月には遺族や関係者が集まって慰霊祭をしているそうです。


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


2017 謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、今年の初詣も鹿島神宮へ行ってきました。
年が明けてすぐに行ったら、とんでもない行列ができていたので
一旦帰って寝てから出直しました。

鹿島アントラーズのクラブワールドカップ準優勝効果でしょうかね。

人は流れていましたが、
元旦の午前中でもやっぱり人出は多かったです。
DSC_0083.jpg



楼門の手前の手水舎も大混雑。
DSC_0085_201701021610131b6.jpg



今年も少ないお賽銭で沢山お願い事を。
お札じゃないと効果がないってホントですか
DSC_0087_20170102161016572.jpg


お参りの後はお札を買っておみくじを引いたら…なんと!凶
もう一回引きましたよ~。2回目は吉でした。



鹿島神宮の後は鹿島アントラーズのクラブハウスへ。
元旦から開いていました。
午後から天皇杯決勝もありましたからね。
DSC_0088.jpg


天皇杯は延長戦を制して優勝
19冠を達成

次のシーズンはACLもあって大変だと思いますけど、目指せ、20冠

がっくん、リーガのいい感じのチームに移籍できるといいな…


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


ブログ内検索
参加ブログランキング
ポチッとクリックお願いします♪

CLICK&BUY

CLICK&BOOK
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】







blogram
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: