FC2ブログ

なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP2018 バルセロナ&ベルギー ≫ バルセロナ・サンツ駅

バルセロナ・サンツ駅

バルセロナ2日目。
この日はバレンシアまで行きました。

まずは午前9時半の電車に乗るためにバルセロナ・サンツ駅へ。
2018 バルセロナ・サンツ駅①



チケットは事前にrenfe(スペイン国鉄)のホームページから購入済み。
renfeに英語ページはあるものの予約の途中からスペイン語になるわ、
クレジットカードは拒否されるわで最終的にペイパルで決済しました。
一人往復53.30ユーロ(約7,360円)。二人で約14,720円。


ところが、本来なら時刻表の上から3番目、9時30分発のTALGO697に乗るはずだったのに、下から2番めの10時発EUROMED1101に乗るハメに!
2018 バルセロナ・サンツ駅②


実は、発車時間の20分ぐらい前に改札に行ったら重大な問題が発覚!

駅員「このチケットは出発がルネス(月曜日)ですよ!」
※実際には13日・マルテス(火曜日)。駅員も曜日間違い。

そう、この日はサバード(土曜日)!
どうやら日付を間違えて買ってしまっていたようです。

ガビーン!!

慌ててスペイン版みどりの窓口へ。
2018 バルセロナ・サンツ駅④


「日付のチェンジはできませんか?」
「No!」
「キャンセルは?」
「No!」
「じゃあ、今日の同じ時間のチケットを買い直します」
「Sold out」
「!!!」

仕方なく予定より30分遅い10時発のチケットを買い直しました。
それがこのチケット。
一人往復41.78ユーロ(約5,770円)。二人分で約11,540円。
img062.jpg


間違えて買ったチケットが交換もキャンセルも不可だったのは
格安料金だったからでした。
この料金はこれから引き落としになります…

しかし、外国の駅員ってどうしてああもマイペースなんでしょうね。
空港の職員とかにも感じる時があるんですけど、明らかに焦っている客を前にして急ぐ様子もないどころか隣のヤツと話し始めたりするし、なんか面倒くさそうな態度だし
マイペースというか、どちらかというと不遜で不親切な感じ。
何だかJRが国鉄だった頃みたい、なんていうと年がバレる?


関連記事
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





Comment

No title
編集
焦りましたね。

とりあえず次に乗れただけでも良かった、
というところでしょうか、
2018年02月24日(Sat) 07:42
Re: 片田舎動物病院 院長さん
編集
焦りましたね~。
笑っちゃいましたね~。

次に乗れただけでも御の字ですが、
バレンシアはこれ以外にも色々ありました。
2018年02月24日(Sat) 14:21
格安チケット
編集
日付を間違えちゃいましたか。ホテルの宿泊日を間違えたんじゃなくてよかったです。(^_^;) 格安チケット、予約はキャンセルできない(払い戻しができない)ことが多いですよね。ホテルも「更に2,000〜3,000円安くはなるけどキャンセル不可」ってプランがありますもんね。何があるか分からないのでリスクは取りませんけどね。
外国の「お客様窓口」は日本の窓口とは随分勝手が違いますよね。日本の応対に慣れていると確かに不快に感じることが少なくありません。スーパーのレジだってそう。大行列ができていても、店員さんはマイペース。まぁ、確かに焦ったって出来ることは限られていますからね。私がレジ担当だったら相当テンパると思いますけど。残業時間を比較されて「ドイツ人は残業せずに効率よく仕事をこなす」みたいな記事を見かけますが、なんか違うような気がします。日本の顧客サービスは行き過ぎ(=客が求めるものも多い)、ドイツの「客が待つのは当たり前」的な仕事の仕方、そりゃ差は出ます。中間くらいのサービスがあればいいのかも。
2018年02月28日(Wed) 15:30
Re: Kakaさん
編集
火曜日の電車のチケットを予約した後だったのでうっかり間違えちゃったんだと思います。ダンナ・ピットにしては珍しいミスでした。最近、航空券とホテルはキャンセル可で予約するようになりました。この二つはキャンセルした時のダメージが大きいですからね。
日本のサービスに慣れてしまうと自国に帰ってイライラするという外国人も多いようですね。外国だと何かあってもお手上げポーズをして終わりですもんね。自分だって時間がない時にゆっくりされて困った事があるでしょうに、相手の立場に立って考えないのかなって思います。教育が個人主義だからでしょうかね。確かに日本の仕事の仕方には過剰で非効率的な部分もありますが、質を考えずに単純に比べられちゃ日本の労働の負担は増えるばかりな気がします。ホント、中間ぐらいがあればいいですよね。ていうか、外国がもうちょっと日本の質に寄れよ!って思います。
2018年03月01日(Thu) 09:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム