FC2ブログ

なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP2018 バルセロナ&ベルギー ≫ 『ラ・ロンハ・デ・ラ・セタ(絹の商品取引所)』

『ラ・ロンハ・デ・ラ・セタ(絹の商品取引所)』

カテドラルからバレンシア中央市場までは徒歩5分ほど。
しかし、開いている時間は午後3時まで。
行ってみたらもう閉まっていました。
2018 バレンシア中央市場



その中央市場の傍にある『ラ・ロンハ・デ・ラ・セタ(絹の商品取引所)』
バレンシア語だとリョジャ・デ・ラ・セダ。
海洋貿易で栄えた15世紀後半に建てられ、1996年に世界遺産に登録。
ここには、ラ・ロンハが建つ以前から海洋・商事に関する裁判所や市営銀行があったそうで、建物が面している広場も商業広場(Plaza del Mercado)というぐらいバレンシア商業の中心だったようです。
2018 ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ①



絹の商品取引に使われていた“契約の広間”は、捻じりの効いた柱が印象。
この広間のテーマは「ヤシの木が生い茂る楽園」だそうで、柱はヤシの木をイメージしているらしいですよ。
やっぱり楽園=南国=ヤシの木なんですね。
2018 ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ②



隣の塔に昇るための螺旋階段もありました。
塔には牢獄があって支払いが滞ると収監されたらしいですよ。
今もこの制度があったらリーマンショックの時なんて牢獄が溢れていたかも…
2018 ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ⑦



オレンジの木が繁る“オレンジの中庭”
2018 ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ③



一旦、中庭に出て外階段を上った所にある“海洋領事の広間”
建物はゴシック様式ですが、この広間はルネサンス様式。
2018 ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ⑤



この広間で印象的なのが豪華な天井。
37年かけて完成されたそうです。
確かに細かくて凝ったデザインの天井ですが何に37年も掛かった!?
金がいっぺんに集まらなかったとかでしょうか。
2018 ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ④


地下に下りる階段もあるらしいんですけど、どこにあったのかな?


関連記事
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム