FC2ブログ

なんちゃってトラベラー

旅行は計画をたてている時が一番楽しい♪ 旅のあれこれを、気の向くままに…
TOP世間話し ≫ 新しいマットレス

新しいマットレス

先日、15年ぶりにベッドのマットレスを新調しました。

アメリカのメーカー、キングスダウンIDC大塚家具が共同開発した
「レガリア」というブランドの“オネスティ”というモデル。
古いマットレスも同じブランドのものを使っていました。
マットレス①



腰痛もちのダンナ・ピットに合わせて選んだセンターハード仕様。
一番負荷の掛かる中心部分がしっかりした作りになっています。
前のベッドマットもセンターからヘタって沈んできたので、1~2年前からダンナ・ピットは腰にタオルを敷いて寝ていたんですよ。
新しいマットレスになってからはタオルも取れて腰も調子いいようです。
マットレス②


最近は片面使用のマットレスが主流なんですね。
古いものは上下裏表を定期的にひっくり返して使っていましたが、
新しいものは上下ひっくり返すだけでいいようです。
15年の間にウレタンの品質が向上したんですね。

色々あった大塚家具ですが品質が良くて接客が丁寧なことは確かです。
うちなんて15年に一度マットレスを買うぐらいの客なのに、ちゃんと担当者が付いて案内してくれましたし、15年前の顧客情報が保存されていたのにもビックリしました。(民間ができるのに役所がなぜ出来ない!)
まだ色々あるのかもしれませんが、なんとか盛り返して欲しいですけどね。


関連記事
ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング





Comment

うちも大塚家具!
編集
Danさんが実家を出る時に買ったマットレスが大塚家具のものです。もう20年もの? とは言っても、6年程は未使用でしたけど、帰国後にも問題なく使っていました。また帰国したら使うつもりでいますが、流石に寿命だったりするんでしょうかね。(^_^;) 顧客名簿は・・・ もう無いでしょうね。その後はベッドカバーを一度買ったきりですし。顧客名簿ってどれくらい保存しているんでしょうね? クリニック勤務時に、ある顧客から「今回の健診の記録は一生残るんですか?」と、逆の心配をされました。「5年過ぎたものは業者に依頼して溶解処分します」と回答すると安心していました。個人情報の管理も難しいですね。

ダンナ・ピットさんは快眠生活になってよかったですね。腰痛は辛いでしょう・・・
2018年03月13日(Tue) 18:40
Re: Kakaさん
編集
20年もののマットレス!でも実際の使用はうちと同じぐらいですね。今回はヘタってきたので買い換えましたが、問題が無いなら使っていても大丈夫じゃないでしょうかね。大塚家具は顧客情報をデータベース化しているようなので、もしかしたら残っているかもしれませんよ。紙だと保存場所も処分も困りますがデータなら結構な量を保存できますからね。ハッキングというリスクはありますが、効率の問題で紙でも流出が起きる時は起きますしね。検診の記録は残っていた方が良さそうな気もしますけど、なんとなく嫌な気持ちも分かります。こればっかりは相手を信用するしかないですよね。

ダンナ・ピットは今のところ腰は大丈夫なようですが、今朝足がつっていましたよ(笑)。


2018年03月14日(Wed) 10:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ワンとも

Author:ワンとも
計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム